> > 年収や職業で徹底比較!どんな人がプロミスを利用すべきか?

年収や職業で徹底比較!どんな人がプロミスを利用すべきか?

お金が必要な時に手持ちがないといったトラブルに、すぐに対応してくれるのが消費者金融です。しかし、その種類は非常に多いです。

消費者金融を利用する際には、利用者側が適切な選択をすることが、損をしないために最も重要なことです。

適切な選択というのは、収入などから、金融業者からどのように見られるかを把握した上で、最も相性がいい候補を選ぶということです。

今回は、消費者金融の大手であるプロミスを利用する人は、具体的にどのくらいの収入が必要なのか。

あるいは、どんな職業についている人がプロミスと相性がいいのかについて解説していきます。

近くにプロミスがあって借り入れを考えている人や、消費者金融を利用するための具体的な借り入れ基準を知りたい人は必見です。

借り入れの時に重要なのは何?収入か職業か

お金を金融業者から借りたことがない人が、不安として真っ先に挙げることは、「自分でも借り入れが出来るのか?」ということです。

特に、非正規雇用者など収入が不安定と言われる人や、サラリーマンのような一般的な職業ではない人が強い不安を持っています。

実際のところ、収入が不安定になればなるほど借り入れをするための審査の難易度は上がってしまうのも事実です。

しかし、審査の難易度が上がったとしても、それだけの理由で借り入れができなくなるということは滅多にありません。

収入や職業よりも、消費者金融が重視していることはもっと別のところにあることが多いのです。

意外?金融業者が審査で一番重視していることは何か?

プロミスなどの消費者金融だけでなく、多くの貸金業者が利用者の信頼を測る時に最も重視しているのは収入の継続性です。

収入の継続性とは、その人が得ている収入がどのくらい確実なものかということです。金額は大して気にされません。

簡単に言えば、長く働いていれば、収入の額が小さくても借り入れで断られることはほとんどないのです。

その理由は、「収入が途切れることがない=返済が滞る危険性が低い」という、安定した利用者と考えられるためです。

消費者金融よりも、銀行の借り入れの方が、この傾向は顕著に現れます。銀行の方が安定性を求めているのです。

契約時は収入の継続性?なら収入が重要になる場面とはいつ?

収入や職種といった基準がなくてもいいというわけではありません。借り入れの契約においては、この2つも重要なファクターです。

ですが、プロミスなどの消費者金融の場合、極端な話、無職や日雇いといった非常に不安定な収入でなければ、借り入れは簡単です。(こちらもご参考に→無職でもプロミスで借りられる?

では、この収入と職種(職業)という2つの要素は、具体的にどういったときに最も重要になるのでしょうか?

それは、利用限度額を増額する際の追加審査の時です。この時には、収入の額が特に重要になります。

消費者金融の限度額の仕組みと収入が重視される2つの理由

消費者金融を利用したことがある人はピンとくると思いますが、借り入れは簡単でも、に限度額を上げるのは簡単ではありません。

どの消費者金融でも、利用者を増やしたいので、借り入れの最初の審査は驚くほど簡単で、しかも早く終わります。

しかし、実際に最初の時点で借り入れ出来る金額は、当初期待していた金額より多くないのが現状です。

そのため、限度額を引き上げるために審査を受けるのですが、この審査が厄介で、年収や職業なども考査対象に含まれるのです。

消費者金融からすれば、少額のお金であれば、幅広い人に貸すことができるのですが、100万円を超えるようだとそうはいきません。

高額の借り入れは、それだけ利用者に対しての不安要素が強くなり、借り入れ自体のリスクも大きくなるので、審査も厳重になります。

収入が重視される理由の1つ目は、返済トラブルを起こすリスクを回避するためです。自己破産などがそのトラブルの代表例です。

もう1つの理由が、高額借り入れができる利用者を選別するためという理由があるのです。

こちらの理由は、消費者金融の本音に近いでしょう。つまり、より安全な人に沢山のお金を貸して利益を得たいのが貸金業界なのです。

プロミスを利用して得になる収入と職種の基準はどこ?

さて、収入や職種が限度額増額審査で重要になるといっても、初めて借り入れする人にはまだ早い話です。

実際問題として、プロミスで借り入れをうまくやっていくためには、どのくらいの収入があったほうがいいのでしょうか?

この疑問に答えるためには、利用者自身が借り入れに対してどういった目的を持っているのかを理解していなくてはいけません。

例えば、数万円しか借りる意思がないのに、100万円借りるために必要な資格や返済能力を調べるのは無意味なことです。

まず、自分がどういった目的で消費者金融を利用するのかをしっかりと決めておく必要があります。

そのうえで、これから解説していく基準についての内容を考慮することが大切です。

消費者金融で30万円以下の借り入れに適した人の収入基準

「ちょっとした買い物のためにお金を借りたい」とか、「生活費が足りなくなってその補填をしたい」といった少額の借り入れの場合です。

消費者金融が最も審査が甘くなるエリアが、この30万円以下の借り入れです。特に10万円以下は、ほぼ誰でも借り入れができます。

プロミスの場合、このエリアの利用金額の場合、継続的な収入さえあれば、その額はほとんど気にされません。

年収100~300万円程度であれば、借り入れから限度額増額まで特に問題なくこなせるでしょう。

また職業の幅も広く、通常借り入れが難しいとされるアルバイトやパートといった非正規雇用者が多いです。

プロミスの利用者で、最も借り入れをうまく利用できるのは、この層だと筆者は考えています。

その理由は、金利の負担が高い消費者金融の借り入れにおいて、返済期間が長くならないこと。

そして確実に目的を果たせる金額を借りるための難易度が低く、この金額帯では業界でもプロミスが非常に優れているためです。

30万円~100万円を利用したい人に求める収入基準

ある程度まとまったお金が必要になった場合、消費者金融を利用するのは意外と勇気がいるものです。

プロミスを利用するときに、よくある疑問として、「いくらぐらいまでなら銀行ではなく消費者金融を利用すべきか」という内容があります。

具体的な基準は特にありませんが、100万円を超える借り入れは、銀行系の貸金業者を利用したほうがいいと考えられます。

どうしても返済が長期に及び、金利計算が煩雑化するので、高額の借り入れが必要なら、まとめて1箇所で借りたほうがいいためです。

しかし、ここで言うような100万円未満の借り入れであれば、消費者金融の利便性と柔軟性の方が優秀です。

この借り入れ額は意外と返済が長くなります。そのため、万が一に備えることができる収入を持っているのが望ましいです。

具体的には、年収300万円程度は欲しいです。また、総量規制のため、年収300万円未満だと100万円の借り入れはできません。

プロミスなどの大手の消費者金融であっても、高額の借り入れになれば、非正規雇用者などは、借りにくくなります。

結局のところ収入や職種は借り入れでどの程度大切なの?

今までの内容を見てもらえばわかると思いますが、職種というのは、実はほとんど審査には影響しないのです。(こちらもご参考に→プロミスを利用できる職業とは?

職業でプラス評価を受けるのは公務員くらいで、あとは、正規雇用や非正規雇用かくらいしか重視されないことが多いです。

そして、それよりもどのくらいの期間、同じ勤務先で働いているかの方が、よほど大きな意味を持ってきます。

なので、自分がどんな職業かについてはそれほど気に病む必要はありません。

収入については、ある程度の基準的な感覚を持っておくといいでしょう。年収のポイントは100万円・300万円・500万円です。

とりあえず借りるだけなら年収100万円、まとまったお金を借りたいなら年収300万円が目安と考えておけば問題ありません。

そして、100万円を超える高額借り入れがしたいのであれば、できれば銀行の借り入れかつ年収500万円以上が理想です。

【参考ページはこちら】
プロミスなら法人融資も可能?

新着記事
TOPICS