> > すぐに出来る!プロミスの契約時に郵送物や手紙なしにする方法

すぐに出来る!プロミスの契約時に郵送物や手紙なしにする方法

プロミスやレイクなどの消費者金融で借り入れをした時に、その事実を隠したいという人はたくさんいます。

隠したい相手は、家族であったり、仕事の同僚であったり、友人であったりと様々ですが、とりわけ家族に知られたくない人が多いです。

消費者金融を利用した時に、自宅に何か送られてくるのを嫌がる人は、それによって家族に借金が発覚することを恐れています。

今回は、どういった時に自宅や勤務先に消費者金融から電話があったり郵送物が届くのかを解説していきます。(こちらもご参考に→プロミスの契約書は自宅に届く?

また、契約の際に手紙などが自宅に届かなくする方法と、具体的にどういったものが届くのかを説明していきます。

誰にも知られずに、消費者金融からお金を借りて、気づかれることなく返済までをおこないたいと考えている人は必読です。

電話はどんなときにかかってくるの?消費者金融の行動セオリー

私たちが消費者金融を利用するときに、出来ることなら避けたいと思うのが、借金していることが周囲に発覚することです。

特に、自宅や勤務先に消費者金融から電話がかかってくることに対して極端に嫌がっている人が多いです。

どうすれば回避できるかを解説する前に、消費者金融から電話がかかってくるのはどんな時なのかを知っておきましょう。

基本的に消費者金融が利用者とコンタクトを取ることは極めて稀なことです。

電話に関して言えば、消費者金融からかかってくるのは、契約時の最終確認とトラブル時しかありません。

契約時の最終確認は、通称在籍確認といい、契約申込書に記入された電話番号に間違いがないかを確認するためです。
(⇒プロミスからの在籍確認の電話が怖い!

トラブル時というのは、返済を怠ったりしたときに、遅れた分の返済がいつできるか確認のために連絡があります。

消費者金融から電話をされたくない時はどうすればいい?

普通に借り入れをしている時に消費者金融から電話がかかってくるのは、上で述べた時ぐらいしかありません。

金融トラブルは期日通りに返済していれば問題ありません。ただし滞納をすると、ほぼ100%電話がかかってくるので注意が必要です。

在籍確認でかかってくる電話は、電話担当者は自分が消費者金融だとは名乗らないので、家族の誰が対応しても問題ありません。

それでも電話をされるのが嫌だという場合、契約時に自宅に電話をしてもらう時間帯を決めることが出来る消費者金融があります。

これを活用すれば、その時間帯に家にいて確実に自分で電話に出ることができ、家族に知られるリスクを減らすことが出来るでしょう。

消費者金融からの手紙などの郵送物はどんな風に届くの?

電話に関しては、その時に本人が確実に対応すればいいのですが、郵送物はそうもいかないことが多いです。

いつの間にか郵便受けに入っていて、家族がそれを見てしまい、消費者金融の利用がバレてしまったという例が電話より多いのです。

消費者金融から送られてくる手紙などの郵送物で最初の問題は、証明書の郵送のための手紙です。

インターネットなどから借り入れの申し込みをした場合、本人確認書類や、収入を証明できる書類を消費者金融に送る必要があります。

その時の案内を消費者金融が郵送してくるのです。これを受け取らないようにすることはできません。契約の必須項目だからです。

そしてもう一つ、消費者金融から手紙が来るのが悪質な延滞行為の時です。通常の短期間の延滞では電話がかかってきます。

貸金業者にもよりますが、連絡をしないまま平均して約3ヶ月以上1円も返済しないでいると、催告状という手紙が来ます。

手紙を受けとりたくない時はどうすればいいの?

消費者金融が手紙や郵送物を送ってくるのは、特に重要な要件があるときだけです。大抵の場合、手紙より先に電話が来ます。

特に、催告状が届く場合は、かなり事態が悪化している時だけなので、長期の滞納をしなければ、特に問題にはなりません。

あとは、限度額の引き上げの知らせを手紙で郵送するといった消費者金融もあります。

こうした手紙を受けとりたくないのであれば、素直に消費者金融に連絡を取り、郵送しないように依頼するのが手っ取り早い方法です。

また、契約書関係の郵送が嫌であれば、借り入れの申し込みをインターネットや電話でしないことです。

つまり、店頭に出向いて契約し、その時に郵送をしないように依頼することで、トラブル時以外の全ての郵送をなくすことが可能です。

消費者金融関係で第三者に知られるとまずいものはどれ?

これまで、消費者金融からコンタクトを取ってくるものとして電話や手紙、郵送物などをいくつか紹介しました。

では、この中で特に家族などに見られるとまずいものをいくつか挙げていきます。中には、見られても全く問題ないものもあります。

まず、絶対に知られるのを避けるべきなものは催告状です。これは言ってみれば、消費者金融からの最終通告です。

この催告状は、消費者金融も一切情報を隠しません。契約者がいくらの債務があり、現在どうなっているのか事細かく記されています。

これが第三者に知られた場合、借金があるだけでなく、返済ができていないことも知られ、トラブルになる可能性が非常に高いです。

次に、延滞をした時などに自宅にかかってくる電話です。この電話も貸金業者は正式に名乗るので、借金があると発覚します。

それ以外の手紙や電話は問題ないの?

実は、消費者金融からかかってくる電話や手紙のほとんどは、滞納行為をしない限り、大体問題にはなりません。

そのため、誰かに借金があると知られたくないのであれば、返済を必ず守ることです。それさえ守れば、発覚はまず起こらないでしょう。

重要なのは、申し込みでも問題が起きた時も店頭に直接行くことです。横着すると、消費者金融から連絡が来て面倒なことになります。

そして、借り入れを使用したら、手紙などが来てないかをこまめにチェックすることです。地味ですが、これが一番リスクを回避できます。

借り入れをしている最中に、一番やってはいけないのは、消費者金融からの電話を無視することです。

電話の段階では、消費者金融は利用者の周囲に対してトラブルにならないように、名乗る際の配慮をしています。

しかし、それが無視されると手紙に変わり、そこでは正式に名乗ってきます。周りにバレたくなければ素直に電話に出ましょう。

プロミスを手紙なしで利用したい時にやっておきたいこと

最後に、消費者金融の大手として代表的な業者であるプロミスで、手紙や郵送物をなくすための方法を紹介します。

まず、絶対にしておきたいのが店頭申し込みです。これは、契約時のやり取りをすべて店頭で行うためなので必ず守ってください。

これをしないで別の方法で申し込みをすると、自宅に郵送物が必ず届きます。内容は、返送用の各種証明書を送るためのものです。

プロミスはどれだけ収入が安定していても、必ず在籍確認を行います。少なくとも自宅には電話をしてきます。

そのため店頭に出向いた時に、自分が家にいる時間を申告します。そうすることで家族の別の人間が電話に出る可能性を減らせます。

そして、これはほかの貸金業者を利用するときにも言えることですが、絶対に延滞や滞納をしないようにしましょう。

消費者金融が手紙や電話を介してアプローチをしてくる最大の理由は、利用者がトラブルを起こすためです。

極端な話、店頭で契約して、返済をきちんとこなせば、それだけで誰にも知られないといってもいいぐらいです。

消費者金融から手紙が来る場合、本人はそれを見たという前提で金融業者は話が進んでいきます。

借り入れをした場合は、返済が完了するまで、消費者金融からの手紙の見落としがないようにしましょう。

【参考ページはこちら】
プロミスの郵便物は社名無しで安心

新着記事
TOPICS