> > さすが大手の安心感!皆がプロミスで借りる理由

さすが大手の安心感!皆がプロミスで借りる理由

カードローンを利用する時まず行わなければならないのは何でしょうか。それは申込です。申込を行わなければ何も始まりません。最近ではインターネットの普及も有って、インターネット経由ばかりが注目されますが、利用できない人もいる事を忘れてはいけません。

新規参入組になると、窓口対応がない場合もあって、機器の利用ができないような人にとっては事実上そのカードローン自体の利用への道が閉ざされてしまう場合もあります。しかし業者によってはそんなことを感じさせない安心感を与えてくれる所もあるのです。

プロミスには沢山の申し込み方法が用意されていて好みで選べる

申込方法と言うのは時代によって進化し続けています。最初は窓口以外に申込方法はありませんでしたが、技術の進歩とともにそれぞれの時代に開発された機器によってその時代に見合った申込み方法が提供されて、利用者を伸ばしてきました。

しかし脚光を浴びる申し込み方法が出てくる一方でその申し込み方法についていけないような人も必ず出てくるものです。そういう人には技術の進歩と言うものも善し悪しで、場合によってはそれまで利用できたものが利用できなくなってしまう事も出てくるのです。

申し込みは落ち着いて行いたい

申込みと言うものは、その後カードローンが利用できるのかどうかを決める大切なものですから、間違えないように十分注意しながら行わなければなりません。もちろん事前の準備も大切になりますが、申込ができなければ何にもなりません。

このため申込みは少なくとも方法を自分が理解していなければできません。窓口であれば応対して貰えますから分からなくても教えてくれるでしょうが、その他の方法ではなかなかそうはいかず、いちいち問い合わせをしていたのではどこかで間違いそうです。

そこで申込みと言うのは落ち着いて行えることが必須条件と言えるでしょう。そこでカードローンの申し込みを考えた場合、最もよいのは自分の望む申込方法を提供しているカードローンを選ぶことです。そこで是非お勧めしたいのがプロミスなのです。

プロミスなど消費者金融は先端技術を貪欲に利用している

新しい技術というものは浸透していくにはそれなりの時間がかかるものです。もちろん金融機関でもそうですが、消費者金融は実は例外です。特に申込方法に顕著にみられますが、新しい技術が出てきて一社が採用すれば一斉に広がっていきます。

例えば最近の例で言えばスマートフォンがあります。スマートフォンは携帯電話の進化形と言う位置づけですが、機能的にはパソコンと言っても良いくらいの多機能な情報端末です。消費者金融はいち早く簡単に申し込みのできる専用アプリの提供を始めました。

確かに使ってみれば非常の手間いらずで便利なものなのでもう申し込みはスマートフォン経由だけにしようとしたらどうでしょうか。まだまだスマートフォンを利用していない人も多いので、利用できないで困る人も多いはずですね。

以前の申込方法も残している

しかしプロミスでは誰も困らないようにこれまで提供してきた申込み方法を残しています。さすがに大手ですね。申込方法だけではありませんが、ここにもみんながプロミスを安心して利用できる理由が現れていますね。
(⇒プロミスでお金を借りたい方はこちら

ですから、いつの時代にもいる機械の利用が苦手な人であっても申込みに困ることはまず有りません。最終的に申込みが難しいと言う事であれば、窓口に行けば何とかなります。つまり、どんな人でも申込みはできるような仕掛けになっているわけです。

しかし考えてみてください。申込方法が増えればそれを提供する方の費用は増えます。それなのにいくら大手であってもプロミスは何で提供をし続けているのでしょう。それは利用者確保と言う至上命題のためです。現在利用者確保競争は熾烈になっているのです。

自分に合わせて申込み方法を選べば良い

そこで利用者の方もそれを利用しない手はありません。一概にプロミスを勧めるわけではありませんが、プロミスなら申込方法も様々な方法が用意されているので選り取り見取りで選ぶことができ特に申込みに不安がある人にはお勧めすることができます。

利用者の方も調べてみれば自分に合った申込方法を選べると言う事で心配なく利用できるでしょう。したがって色々と目移りする場合もあるかもしれませんが消費者金融を選ぶのであればプロミスも選択肢として残しておくようにしましょう。

申込方法を選ぶ際に一つ注意しておきたいのは、確実に行えるものを選ばなければならないと言う事です。例えばインターネットはよく使っているので大丈夫だという人が実はWeb上からの申込みと言うものをしたことが無かったりしたらちょっと不安だと思います。

便利だからと言って馴れないものは止めよう

ここで登場するのが便利さと言うもう一つの指標です。しかし確実性と言う指標とは時として食い違う場合があるのです。便利だからやってみようかなでは不安です。こういった申込みと言うようなものについてはあまり便利さを追求するのは止めておきましょう。

例えばインターネット経由の申込みは家に居ながらにして申込ができますから、ほかの方法に比べてダントツで便利だと言えます。しかし便利だからと言って一度もインターネットを利用した事がない人には決してお勧めできる申込み方法でないことは分ると思います。

よく時間がないから店舗に行くことができないなどと言って馴れないことをしようとする人がいますが、中には失敗する人もいます。時間と言うのは実はあまり問題ではありません。先を読む力さえあれば余裕のあるうちに早めに確実な方法で申込みができるのです。

確実に利用出来る申し込み方法を選ぼう

そこで確実に利用できる方法と言うものをどう選べば良いのでしょうか。まず自分には何ができるのかと言う事を考えてみてください。機械操作ができないのか、あるいは機械の利用には馴れているがインターネットの利用経験がないとか、よく考えてみましょう。

あとはそれに従って申込方法を選べば良いだけです。機械操作がダメなら窓口か郵送しかありません。インターネットは経験がないが機械操作はできるのであれば自動契約機、インターネット操作に問題がなければ自宅或は出先から接続して申込めば良いのです。

この判断は安易に行うのは止めましょう。申し込みを始めてから分からないくなってしまったと言う事では困ります。事前によく方法を確認したうえですべて理解できていることを確認して申込みを開始してください。

インターネット経由からの申し込みが主流

現在ではあらゆる分野にインターネットが入り込んでいます。もちろん先ほどから言っている様にカードローンの世界にも色々な形で入り込んできており、その一つが申込方法です。インターネットを介して店舗と言う枠を超えていつどこからでも申込む事が可能です。

このインターネットというのは利用できる人にとっては大変便利なものです。本来であれば全ての人がこの恩恵にあずかるべきだと思います。しかし残念ながら現在はまだそこまで行っていません。それはまだまだ技術が未熟だからとしか言いようが有りません。

インターネットが一般化して申込み環境は激変

インターネットができてそれまでとは一変したことがあります。それは申込み時間で、窓口にしても自動契約機にしても徐々に長くなっていますが時間は限られていました。しかしインターネット上からはサーバーさえ動いていればいつでもできるようになったのです。

しかもパソコンを利用する場合には自宅などの多少場所に制約もありましたが、携帯電話やスマートフォンなら圏内にいればどこでも利用できるようになりました。時間とともに場所の制約もほとんどなくなってしまったことになります。

インターネット経由の申込みのこれらの特徴は従来の申込方法にはないものと言ってよくこれらの出現によって申込方法は激変してしまったと言っても良いのではないでしょうか。そこでこのインターネット経由の申込みについて詳細を調べておきましょう。

パソコンからの申し込み

インターネット経由の申込の内最初にサポートされたのがパソコンを利用した申込みです。ホームページを用意してそこから申込ができるようにしたのです。当初は手探り状態で様々な問題もありましたが、徐々に使い勝手も良くなっていきました。

ただしパソコンと言うのは今でもそうですが利用者数は限定されていて、誰でも利用できるというものではありません。インターネット環境を持っていた人にとっては便利だったかもしれませんが、まだまだ特別な世界の話としか見られていませんでした。

このためインターネットが利用できて尚且つカードローンを利用したいという人になると、それほどの数にはならないため、プロミスの利用者数を劇的に増加させることはありませんでした。したがってパソコンだけの時期はあくまで実験段階と言えるかもしれません。

携帯電話からの申し込み

その後i-modeの出現などで携帯電話からインターネットに接続ができるようになると、すぐにプロミスなど消費者金融はこれを利用しようとします。当初はセキュリティなどに問題がありましたが、とにかく携帯電話から申込みが可能になった訳です。

しかも携帯電話と言うのはパソコンのような利用者が限定される環境ではありません。製品的には誰でも利用できるというコンセプトで開発されたものです。実際には誰でもと言う訳ではないですが、利用できる人の数は格段に多くなります。

このためインターネット利用の本当にインパクトはこの時点だったと言えるかもしれません。プロミスの利用者数もパソコンの時とは違った伸びを示すようになります。もちろん当時は現在のガラケーに比べても画面は小さいし使い勝手も悪かったにも関わらずです。

スマートフォンからの申し込み

そしていよいよスマートフォンの登場です。日本ではガラケーの機能が非常に高かったため、スマートフォンもその延長のように捉えられてしまいがちですが、内部的には別物と考えても構いません。基本的には機能をアプリとして後付けで増やせる事が特徴です。

つまりプログラムの組み込みができるパソコンにより近いものになっているわけです。これが有れば必要に応じて機能が増やせますので、どんなことをするにもアプリさえあれば対応することができます。当然ですがプロミスでもこれに対応することになります。

具体的には申込み専用のアプリを用意しています。このアプリを利用すればあとはアプリの指示通りに操作をして情報を入力していけば非常に簡単にプロミスの申込みが可能になっています。利用できればうまい仕掛けだと思います。

申込前に方法を理解しておこう

こういったインターネットから申込もうという人の場合、申込み操作の途中で行き詰ってしまう事があります。それは操作自体があまり馴れていない場合もありますが、本人確認のための書類の画像を用意してなかったりして、慌ててしまう事によります。

したがって、インターネット上から申し込む場合にはホームページなどをよく読んだうえで、申込みの流れと言うものを予めよく理解しておき、イメージとして持っている事が重要です。これだけでも安心して操作ができます。

もう一つ流れを理解する上で必要になる書類についても画像を用意しておくようにしましょう。スマホの場合にはアプリの途中で撮影・送信することも可能です。必要書類は借入希望額によって違いますから予め確認して用意しておいてください。

契約とカード受け取り方法

申込みとしてはここまでですが、これで審査が通ったとしてもまだ利用できるわけではありません。カードローンというものは契約を取り交わさなければ利用できませんし、ATMでの利用の場合にはカードを受け取る必要があります。

これにはWeb上で契約内容を確認したうえで後日契約書類とカードを郵送してもらう方法、あるいは店舗に行って自動契約機か窓口で契約してカードを受け取る方法、両方郵送してもらった後契約書を送り返す方法などが用意されています。

郵送が入ることでインターネットの利便性はかなり失われてしまいますので、もし契約とカードの受け取りを店舗にするのであれば、最初から店舗に行って申込んだ方が良いように思います。このようにまだ方法として改善の余地がないとは言えません。

自動契約機と三井住友銀行のローン契約機

次に挙げる申込み方法はやはり機械で行うものですが自動契約機での申込みです。カードローンと言えば店頭に設置されている自動契約機を思い浮かべる人もいるかもしれませんね。インターネット経由の申込みが増えて影が薄くなりましたがまだ重要な申込方法です。

この自動契約機の操作は比較的簡単で、店舗に行かなければならないことは煩わしいですが、窓口に行くことが嫌いな人にとっては大変利用しやすくなる機械だったと言えるでしょう。他の申込方法で申込んだ場合でもここでカードが受け取れることもあります。

一世を風靡した自動契約機

実はこの自動契約機と言うのは消費者金融業界を救ったというほど一世を風靡しました。消費者金融はどうしてもサラ金というイメージを引きずっているため、利用したくても窓口に行くことが憚られるような状態が続き一時は経営も行き詰っていたのです。

ところがそこに出現したのがこの自動契約機で窓口に行く必要がなくなったのです。ちょうどこのころプロミスではありませんでしたが女性タレントを使ったCMが流れ消費者金融業界全体のイメージが良くなったことで利用者が急増することになりました。

この自動契約機の隆盛をみていた他社の中には開発が間に合わず、機械の張りぼてを作って中に人が入って対応していたというような嘘のような本当の話まであります。このように自動契約機の開発と言うのは消費者金融の歴史の中では特記すべき事項なのです。

プロミスの自動契約機

この自動契約機による申し込みは今でも人気が有るのでプロミスをはじめ多くの金融機関で設置されています。プロミスでも店頭に設置されて利用されています。見たことがなければ一度店頭に行って外からでも眺めてみてください。

申し込みは簡単なキー操作で行う事ができるようになっています。人気が高く既に開発されてかなりの時間も経過していますので、使用方法も改良され、ますます利用しやすくなっています。簡単に申し込みたいならお勧めと言ってよいでしょう。

しかも店頭に置かれているわけですから、万が一利用方法がわからないとしてもすぐに係員に聞くことができますから安心して利用することができます。この点では普段あまり機械の利用機会がない人でも利用できるのではないかと思います。

三井住友銀行のローン契約機も利用出来る

現在プロミスと言うのは厳密にいうとカードローンの名前であって会社自体の名前ではありません。会社名はSMBCコンシュマーファイナンスといって三井住友銀行グループの企業になっています。このためプロミスは三井住友銀行と深いつながりがあります。

ですから三井住友銀行の店頭に設置されているローン契約機からもプロミスの申し込みが可能です。したがってもしどうしてもプロミスには行きたくないけれどもインターネットの利用も無理と言う場合には三井住友銀行でもプロミスに申し込む事ができるのです。

利用方法はプロミスと大きな違いはなくやはりキー操作で容易に行う事ができます。ただし三井住友銀行にも別途カードローンが有りますから、そちらと間違わないように操作してください。その点さえ注意すれば、あとは大した違いはありません。

書類を準備して店舗に行こう

自動契約機であっても申込みではやはり他の申込方法と同様の必要書類が求められます。したがって自動契約機に行く前にこれ等の書類を用意して申し込みの際には持参する必要があります。忘れてしまったら一度帰宅する必要がありますから注意しましょう。

必要書類と言うのは利用する金額によって代わってきますから、予めパンフレットやホームページを参照し確認して用意してください。申込みに行ってから希望する金額を決めようというようなことは問題のもとですから止めてください。

もし必要書類に自分の場合何を用意してよいかわからないような場合には店舗の方に電話をするか、一度店舗の方に行って確認した後再度申込みに行くようにしましょう。手間がかかっても申込中に困るよりもずっと良いでしょう。

契約とカード受け取りがその場で可能

自動契約機の良さと言うのはそのままその場で待っていれば問題さえなければ契約を済ませカードの受け取りまでが可能になることです。時間にもよりますが申し込みからカードの受け取りまでその場で行えるという訳です。

インターネットを利用しての申し込みが増えていますが、確かに家に居ながらにして申込みができるのは魅力的ですが、カードの受け取りまで考えればそのスピードから自動契約機にはまだまだ勝てません。どうしても郵送が入ってしまうために遅くなってしまいます。

とにかく早く利用したいという人にはこの自動契約機を利用した申し込みが特にお勧めではないでしょうか。申込みに行って即日カードを発行してもらって家に帰ってくるときにはATMから借入しているという利用方法が可能になるのです。

利用時間に制限が有るので注意

ただしインターネット経由の申し込みの特徴がいつでもどこからでも利用できると言う事で人気を博していますが、この自動契約機の場合はそう言う訳にはいきません。申込み時間も限られれば、利用場所も限られています。これは現在では大きな制約になります。

まずプロミスの自動契約機の利用時間ですが9:00から22:00ということになっています。当初に比べかなり長くなってきていることが分かるでしょう。普通に考えればそう多くの人の場合には不自由しない時間になっていると考えられます。

もう一つの三井住友銀行のローン契約機の場合には9:00から21:00となっています。これだけの時間帯が有れば残業帰りのサラリーマン以外ならそう困るようなことはないでしょう。ただ夜中や早朝に行って申込みたいというような人には無理ですね。

窓口の他電話や郵送でも申し込みが出来る

プロミスがさすがなところはここまで説明した方法の他に、従来からの申込み方法もいまだに提供している所です。プロミスもそうですが消費者金融はそういう傾向が有るのですが、銀行などの場合、参入が遅かったためか提供していないことも珍しくありません。

インターネットを経由するにしても、自動契約機を利用するにしてもいずれも機械の操作が必要になります。しかしこういった機器操作ができない人もいるのです。そしてこうした人もお金が必要になることも当然あって申込み方法が残されている事は助かるのです。

相談が有る場合には窓口に行って申し込もう

まずもっとも昔からある申込方法と言うのは窓口での申込みです。さすがに最近では他の方法に流れていますから、そう多くはありませんが、この申込方法には他にはない特徴があります。それは窓口で対話しながら申し込めると言う事です。

特に年配者の場合、年齢制限にかからなくても申込方法が理解できない人もいます。そういった時に説明を受けながら申し込みができるというのはそういう人にとって大変有り難い事と言ってよいのではないでしょうか。

即日利用は窓口あるいは自動契約機がお勧め

プロミスの場合即日利用と言うのも一つの売りにしている面もあります。しかし即日利用の場合インターネット経由でも、これから説明する電話による方法でも可能性はありますが、やはり契約とカードの受け渡しで結局店頭に行かなければなりません。

したがって、即日利用をする場合には実際には先ほど説明した自動契約機を利用する場合とここで説明した窓口を利用する場合に限って考えた方が良いでしょう。したがってどうしても今日中にお金を借りたいという場合にはとにかく店舗に行きましょう。

ただし、即日融資と言うのは色々と考えている時間がないので借入や返済について十分検討できているという訳ではありません。したがって本来は即日融資と言うものをあまり勧めたくはありません。先を見て余裕のある申し込みをしてほしいものです。

電話での申込はプロミスコール

電話を使った申込も可能です。ただし電話と言っても携帯電話からインターネット経由でと言うのではなくあくまで音声通話で行うものです。プロミスではプロミスコールと言う番号を設けて対応しています。窓口は嫌だが機械も苦手と言う人はこれを利用しましょう。

電話で申し込むとすぐに審査をしてくれますが、必要書類の提出がこの場合審査の後と言う事になります。もちろん申込時の情報と必要書類の情報と矛盾していれば審査後であっても契約は行われません。嘘を言ってもすぐばれてしまい信用失墜になるだけです。

いくら必要書類は審査後だといっても申込み時点で用意しておくようにしましょう。あとになって慌てて探すようなことが有ってはいけませんし、もしそもそも書類がなかったような場合には困ることになってしまいます。一つ一つ確実に進めていきましょう。

電話申込みの契約とカードの受け取り方法

電話での申込みの場合の契約とカードの受け取り方法には2種類が用意されています。利用者は自分の好きな方を選べば良いことになります。急ぎの場合と時間的に余裕のある場合に分れると思われます。

まず必要書類を持って店舗に行く方法です。店舗では契約書類と必要書類を提出してカードを受け取ります。これで利用可能ですが、これであれば最初から店舗に行った方が面倒がないと考えられますので、早いことは早いですが利用者がいるのかちょっと疑問です。

もう一つが契約書類とカードが郵送されるのを待ち、契約書類に記入して必要書類を添えプロミスの方に返送する方法です。郵送が2度入りますので契約完了までは時間がかかります。しかしこちらの方法であれば、家に居ながらにして申込む事が可能です。

郵送の場合は事前に申込書を手に入れよう

最後に郵送による申し込みです。いまやあまり利用する人はいませんが、この方法も家に居ながらにして申し込みができるという点では便利なものです。この場合まず申込書を手に入れます。これは店頭で受け取るか、インターネット上から郵送を依頼できます。

申込書を手に入れたらすぐに記入してみましょう。この申込書と必要書類を同封してプロミスの方に返送します。この場合これまでのように機械的にあるいは声で情報を送るわけではありませんから記述ミスが起きないように十分注意してください。

審査が終われば契約書類とカードが郵送されますから、契約書を作成して再度プロミスに返送するようにしてください。あとはカードを利用してATMからお金の融資を受ければ良いと言う事になります。昔ながらの書類の行ったり来たりですね。

郵送での即日利用は難しい

プロミスの対応と言う点だけを取って考えれば申込書類が届いた時点から審査をする時点まで、他の方法と時間的な違いは特にありません。プロミス側の対応は早いと言う事ができます。やはりこの申込方法の問題点は郵送そのものです。

もちろんこの方法では昔ながらの書類による申込み方法ですから、機械になじみのない人でも利用できそうですが、即日利用と言う視点で見れば無理と言わざるを得ません。郵送が何度も挟まるため早くても数日の余裕をもって申込まなければなりません。

したがってプロミスを利用はしたいが、別に急いでいるわけではないという人にしか選択できない申込方法と言ってよいでしょう。またあまり手書きで書類を書くという習慣がない人の場合にはお勧めできない申込方法と言ってよいかもしれませんね。

【参考ページはこちら】
プロミスのおすすめQ&A

新着記事
TOPICS