> > プロミスは増額審査にも時間が必要となるのかその裏事情を解明!

プロミスは増額審査にも時間が必要となるのかその裏事情を解明!

融資というのはお金を借りる事なので、その手続きは遅いよりも早い方が好ましいというのは誰にも分かる事でしょう。

プロミスを始めとした大手の消費者金融は、そうした利用者の要望に応えるかのように、諸手続きに関しては非常に早くなりました。

ただし、融資限度額を引き上げる為の増額に関してはまだまだ時間がかかる事も多いとされており、急いで増やしたい人には悩ましい状況と言われています。

プロミスは業界でもかなり早い方ですが、プロミスの増額にも時間が必要となるのかを融資審査の裏側からも見ていきましょう。

増額には審査があるの?そもそもの疑問についてまずは解消

プロミスでもそうですが「最初に融資審査を受けたのに、増額でも審査されてしまうの?」と聞いてくる人はまだまだ多いです。

どんな金融業者であっても、増額では審査が行われています。この増額審査に通れない人は、間違いなく増額をする事はできなくなっています。

例えば、プロミスで後から増額できる融資方法は以下の二つになります。

サービス名 最大限度額
フリーキャッシング 500万円まで
自営者カードローン 300万円まで

フリーキャッシングを選んだ場合は500万円まで、自営者カードローンでも300万円までは増やす事が出来、これは十分な値でしょう。

しかし、いきなり最初の審査で500万円や300万円を狙える人というのは、ほとんど存在していません。

だからと言って初回限度額が30万円なのに次の増額要望で一気に500万円まで引き伸ばせるかというと、そんな事はありません。

初回の限度額が30万円と設定されたら、それが貸せる限界なので再度の審査も無しに契約を見直す事はできません。

また、増額で大事なのは今までの利用実績であり、実績を積むには時間をかけてカードローンを使っていくしかありません。

増額は昨日今日の実績では決まらず、そうなると増額を希望しても一度に引き上げるのではなく、段階的に増額していく事となります。

大体、一度に10万円ずつくらいが無難な増額の状況と言って良いでしょう。

相手から増額してくれるって本当?プロミスからのお誘いとは

たまに「金融業者の方から電話があって増額のお誘いがあった」という報告がありますが、これはプロミスでもあるのでしょうか?
(⇒プロミスの増額案内は誰にでも届く?

これに関しては、多くの金融業者で実績がある人に増額を勧める事は珍しく無く、実際にあった事として間違いないでしょう。

当たり前なのですが、プロミスからすると積極的に融資を受けてくれる人というのは、優良顧客になる可能性がある人です。

あくまでも可能性と称しているのは、きちんと返済しない場合、何の実績にもならないからなのです。

しかし良くカードローンを使い遅れずに返してくれる人は、プロミスからすれば「返済能力が高いんだからもっと借りてほしい」と考えますので、こうしたお誘いが来る事があるのです。

プロミスから増額を誘っている場合、当然増額の見込みがあるからと言えますので、トントン拍子に増額が進んで時間はあまりかからないでしょう。

増額をする上では理想的な状況ですが、お誘いを受けても自分で申し込み、そして審査に通らなくてはなりません。

お誘いが来たのに増額審査に落ちたというケースは稀ながら存在していますので、過信はしないようにして下さい。

以下、増額のお誘いが来やすい人の特徴をまとめましたので、気になるなら確認してみて下さいね。

  • カードローンを頻繁に使う人
  • 繰り上げ返済など素早く返してくれる人
  • 本来の返済能力に比較して少なめの限度額でカードを作った人

尚、これらの条件を満たしても必ずお誘いが来るわけではありませんので、誘い待ちばかりだと無駄な時間を取る事もあります。

プロミスの増額はどうやるの?早くしたいならするべき準備

ここからはプロミスの増額で必要となる時間について説明していきますが、そもそも増額の仕方や必要な事を知らないと、それこそ無駄な時間が必要になります。

そこでまずは、プロミスで増額する為に必要な手続きや書類をチェックしておきましょう。

まずは申請方法ですが、プロミスの場合は二種類の方法があります。

  • プロミスの公式サイトから会員サービスを利用する
  • プロミスコールに電話して増額を希望する

もしもあまり融資に慣れていない場合、相談しながら増額を検討できるプロミスコールから行うと良いでしょう。

逆にインターネット環境があって増額したい意思だけ手早く伝えるなら、ネットからの方がいつでもどこでも出来て便利です。

そして、増額する場合に希望限度額が50万を超える場合もしくは他社からの借入合計で100万円を超える場合、収入証明できる書類を出さなくてはいけません。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細(二ヶ月分+賞与があるなら賞与明細一年分)

尚、収入証明というのはその人の職業などによって用意出来る物が異なりますので、プロミスが指定した書類以外しか無いなら事前に相談しましょう。

急ぎでないならともかく、出来るだけ早く増額したい場合、こうした書類集めに手間取ると増額結果が出るまでの時間が延びてしまい、不都合になる事があります。

増額するにしても審査があるなら、最初の融資審査で必要になった書類も用意しておく、くらいの準備があるのが理想ですね。

肝心の審査時間は?プロミスの増額は早いか遅いか

それではいよいよ、肝心なポイントとも言える『プロミスの増額はどれくらいの時間が必要なのか』を見ていきましょう。

といっても、大手の消費者金融なら大体必要時間についてはほとんど同じであり、一言で説明するならそれはとても簡単です。

プロミスの増額審査というのは、最短即日と言われていますが、時間がかかるケースもあるのでその辺はあまりはっきりしていません。

プロミスの初回融資審査は、最短で即日にカード発行まで済ませる事も夢ではありません。

その事もあって増額審査も決して遅いわけでは無く、他の大手消費者金融のように迅速に増額結果が出る事もしばしばあります。

例えば、先に説明したように『実績がある人でプロミスから声かけがあった』場合、そのお誘い時にすぐに希望すれば、その日に結果が出る事も多いです。

しかし、増額審査はその人の信用がダイレクトに影響しますので『増額しても良いけど多少不安が無い訳でもない』という場合、判断が遅れる事があります。

それと増額申請したものの書類が必要なのに未提出の場合、折り返し連絡しないといけないのでそれも遅れになります。

さらに言えば、増額審査も営業時間の兼ね合いがありますので、申し込む時間によってはその場ですぐにとはいかなくなります。

このようにプロミスでの増額は早いが、最短即日を確約するものではない、という風に表現できるでしょう。

そしてプロミスの増額に時間が必要と言われている理由は、まだあります。

最低でも半年?プロミス増額には一定期間必要です

プロミスでカードローンを作った直後に増額したい場合、単純に審査に時間がかかるというよりも、審査を受けるまでに期間が必要となります。

融資の増額審査というのは、最低でも半年は経過していないとそもそも審査をしてくれない事がほとんどです。

プロミスのカードローンでもこれは共通していて、融資申し込みをしてカードが発行されてから、もしくは最後に増額した日から半年は待ちます。

この理由に関してですが、信用情報機関に増額に申し込んだという記録が残っている間は無理だから、と考えるのが良いでしょう。

信用情報機関は三種類あり、プロミスの場合は主にJICC(日本信用情報機構)に残る情報を見ています。

初回の融資審査で落ちても半年は再申し込みできないと言われているのも、この情報が残っているからです。

増額審査も融資枠を再度審査して見直していると考えると、同じロジックが働いていてもなんら不思議ではありませんよね?

尚、最低半年とは書きましたが、半年経過したらすぐに申し込まないといけないわけでは無く、一年後や二年後でも好きなタイミングで申し込めます。

以下のような理由があり、増額審査を敢えて申し込まない人も居ますので、半年以降なら任意のタイミングで問題ないでしょう。

  • 総量規制により増額しても少ししか増やせないから
  • 増額すると紛失した時が怖いから
  • 多めに枠があると気が大きくなって無駄遣いしやすいから

増額はすぐに?それとも後?半年後いつ申し込むべきか

増額は半年目以降は自由に申し込めますが、一体いつ申し込むのが好都合なのか…これに関してはご存知ですか?

もしもすぐにでも増やしたいなら迷わずに増額を行う必要がありますが、急がない場合は一年、もしくはそれ以上経過してからの方が良いでしょう。

この理由に関しては簡単で、『より長い期間カードローンを持って実際に利用して返済する方が良い』からなのです。

半年経過してすぐに増額に申し込むという場合、実績が溜まりきっていない事が多く、頻繁な増額審査はお金に困っているようにも見せてしまいます。

お金に余裕が無い人が使うのが融資ですが、金融業者からすると『お金に余裕がある人にたくさん借りてほしい』というのが本音です。

ゆえにお金に余裕が無いと思われると審査では不利になりますので、出来るだけそうは思われないような立ち振る舞いが大事です。

そういう意味では「増額はしたいけど急ぎではない」という人の場合、選択肢は増えてきます。

増額は半年以上空けると実績が貯まってきますから、本当に必要になった時に申し込む頃には、十分な実績があるので審査に通りやすいです。

そもそも実績が十分にあるのに自分から増額しない場合、先に説明した『金融業者側からのお誘い』が発生する事もあります。

お誘いを受ける形で増額を希望すると、高確率で増額が成功する事を考えた場合、自分で動くよりもさらに有利な状態と言えますね。

ただし総量規制に引っかかっている場合はどうあっても増やす事はできませんので、総量規制について学んだ後次にいきましょう。

総量規制とは貸金業者(消費者金融と信販会社)に課せられた制限で、最大でも年収の三分の一までしか貸せない事を指します。例えば年収が300万円で借入額が100万に到達していると、それ以上は融資を受けられません。

審査時間のばらつきは何故?増額が簡単な場合と難しい場合

増額審査にかかる時間は最短で即日ではあるものの、それ以上にかかったという人も多く存在していますので、はっきりと言えないのは先に説明した通りです。

なら、プロミスの増額審査ではどんな部分を見ているか、それが分かるとかかる時間についても解明できるので、主な基準を見ていきましょう。

  • 年収
  • 職業
  • 勤続年数
  • 利用実績

年収は説明したばかりの総量規制に関係する事もあって、増額審査でもかなり大事になります。

ですがこの増額審査を希望した時に特に変化が無い場合、最初申し込んだときと同じ年収にて審査の判定がありますから、特に何かをする必要は無く手間は少ないです

次に職業ですが、これも特に変化がない場合は特別申請する事はありません。

ただ、仕事が変わったらすぐに知らせないといけませんし、転職していれば今から説明する勤続年数に影響するので報告内容によっては大きく影響します。

ではその勤続年数ですが、こちらは仕事に変化が無い場合は勤続年数も初回申し込み時より増えていますので、プラスとなるでしょう。

しかし、転職した場合は基本的にマイナス要素になりますので、よほど安定した仕事に転職していない場合は良くはなりにくいです。

最後の利用実績ですが、これが増額審査では一番大事であり、ここまで何度も説明してきた通りですね。

返済に遅れている場合は確実に増額失敗となりますし、一切利用していないと実績は0です。

以上の点を踏まえると実績があって年収が増えており、仕事を継続して続けている人なら増額審査は早く終わりやすいという事になるでしょう。

審査は受けるまで分からない?基準は公表されない事に注意を

前項にて審査基準を大まかに説明しておいて何ですが…実は融資審査の基準というのは、プロミス側が公表する事はありません。

つまり『融資審査で大事な要素は分かるけど、具体的にどれくらい必要なのかは分からない』という具合ですね。以下は例です。

  • 年収が重要だ→具体的にどれくらいの年収が必要か分からない
  • 職業を重視します→どの職業が一番良いかは分からない
  • 勤続年数を一番見ます→何年勤めているとOKかは分からない

このような具合になっており、詳細はまずプロミスに尋ねても教えてはくれません。

稀に如何にもプロミスから聞いてきたみたいな感じで審査基準を公開しているサイトなどもありますが、仮に事実としても、審査基準が外部に漏れたら即座に変更しています。

さらに、審査基準は定期的に見直したり、ノルマの為に月末の方が緩くなるなど裏事情もある為かなり一定していません。

審査基準が一定しないなら審査結果も一定せず、増額審査に必要な時間というのも時と場合によって変動があるのです。

増額審査を受ける際の最大のコツは『増額は即日の場合もあるけど2?3日は待たされても大丈夫』くらいの気持ちで挑む事でしょう。

不確定要素が多いプロミスの増額審査において、ギリギリの日程で審査に挑むのは出来るだけ避けるべきです。

実際に融資を受けて返す場合も、増額をする場合も計画的に事を進めるのが一番ですね。

増額審査は結局その人次第?必要になる時間のまとめ

色々はっきりしない融資の増額審査内容とその時間ですが、全体を通してみると『すぐに終わって審査に通りやすい人』と『時間がかかって審査に落ちやすい人』に分かれています。

では、双方についてチェックしておきましょう。まずは審査がすぐ終わる人の特徴についてです。

  • すでにカードローンを利用して半年以上経過
  • 年収増加や安定した仕事に転職などのプラス情報がある
  • 何より利用実績を重ねている人

半年という最低条件に加えて年収や仕事で良い報告ができるというのなら、プロミスとしても積極的に貸し付けたいので審査が早く終わるのは当然ですね。

そもそも、年収が増えた等の良い報告をした場合、プロミスはその時点でお誘いをしてくる可能性も考えられます。

年に一回収入に変化があった場合、源泉徴収票や確定申告書と一緒に申請しておくと、増額時間にも良い影響があるでしょう。

続いて、増額で時間がかかったり落ちたりしやすくなる場合についてです。

  • 年収が下がるなどネガティブな報告がある場合
  • 今までに一度でも返済に遅れた事がある
  • ほとんどカードローンを利用していない

年収が下がった場合でも報告は必要なのですが、その報告と同時に限度額が下げられるという事が実はあります。

詳しくは後述しますが、プロミスからしてお金を貸すのは難しいと思われる要素がある場合、当然増額審査でも悩み、それが時間の浪費に繋がっています。

遅れても増額できればまだしも、審査に落ちてしまうリスクを考えると、該当する状態だと自覚があるなら増額を見送るのも手です。

今は増額しても時間がかかるという人であっても、今後の実績や状態の変化で、増額したいときまでには良くなっている事もあります。

それなら時間もかからずに増額できる事がありますので、待つ事が実は素早い増額にも繋がるという点は覚えておいて損はしないでしょう。

時間がかかるだけじゃない?増額タイミングが悪い時の弊害

増額希望するタイミングが悪いと時間がかかる事があると記載しましたが、リスクはそれだけに留まりません。

もしも増額審査を受けた時に落ちてしまう場合、以下のような状況に陥る可能性もあります。

  • 限度額が逆に減らされる
  • カード自体の利用が停止される

先にも言ったように、限度額というのは増えるだけではなく、減る事も十分あり得る話です。

増額する為の判断が難しい人は時間が必要になるだけでなく、それで『今と同じ額を融資するのは厳しい』と思われたら減額もあり得ます。

プロミスの増額審査は単純に増やすかどうかではなく、限度額自体を見直して適正にすると思うべきでしょう。

補足として、自分から限度額を下げる場合は審査も無くすぐに下げてもらえますので、あまり希望する事は無いと思いますが覚えておきましょう。

そして増額審査の結果で一番怖いのが『カードの利用自体の停止』です。

どうしてこうなるかというと、返済に遅れた(それも結構な期間や回数)のにも関わらず大金を希望されて、今後のリスクを考えてこう判断される事もあります。

返済に遅れたりすれば、信頼というのは大きく損ねているのが現実であり、それで増額を希望すれば貸し倒れを予測するのも当然です。

増額において時間ばかりを気にするのでは無く、増額にはこうしたリスクがつきまとっており、時間に関する疑問が解決したらより増額への理解を深めておきましょう。

【参考ページはこちら】
プロミスの増額申請はコールセンターのみ?

新着記事
TOPICS