> > 転職旦那とパートの私はどちらがプロミス審査にとおりやすい?

転職旦那とパートの私はどちらがプロミス審査にとおりやすい?

キャッシングの審査基準ってどうなっているのでしょうね?キャッシング契約をした事が無い人の中には、私でも契約する事ができるの?と疑問に思っている人も結構いるのではないでしょうか?

でも最近では主婦でパート勤務の人でもキャッシング契約が出来るなんて事はざらにあるんですよ。主婦の方たちの中には旦那は通らなかったけど私は通った、ていうケースもあるみたいです。

一体審査規準ってどうなっているんだろう?て不思議に思いますよね?でも審査基準にはきちんとした法則があるんです。そんな審査基準について説明していきましょう。

例えばキャッシングで有名なプロミスはどうなのでしょうか?プロミスの実際の審査基準も探っていきましょう。

プロミスの審査ってどうなの?

まずプロミスについて簡単に基本情報を説明していきましょう。プロミスは三井住友銀行グループに属している消費者金融会社です。

消費者金融の中もで大手と言って良いと思いますが、テレビCMなど何本も出していますので、認知度的にも高いキャッシング会社と言えるのではないでしょうか?
(⇒プロミスの評判ってどうなってる?

プロミスの特徴は?

ではプロミスの特徴はどこにあるのでしょうか?まず一つ一つ情報を確認していきましょう。

融資限度額 借入利率 年齢基準
500万円 4.5%~17.8% 20歳以上69歳以下

まず上の図に有るように融資限度額については500万円と、大手キャッシング会社においては一般的ですが、キャッシング会社の上限金額といっても良いのではないでしょうか。

実際その金額を借りるかどうかは別として限度額が高いという事は、資本力が大きいという事の表れでもありますので安心して契約でいますね。大手銀行グループのメリットがここらへんに出ていますね。

次に借入利率4.5%~17.8%はどうなのでしょうか?消費者金融系のキャッシングの平均的な金利と言えば5%~18%というのが相場のようですね。その相場から比べると良い利率と言え、金利はプロミスのメリットの一つと言えるでしょう。

借りる事が出来る人は年齢的には20歳から69歳までと幅広い層を対象にしています。60歳以上でも年金などの定期収入が有る方は契約が可能なようです。

年齢以外にもパート・アルバイトやフリーターの方も貸し付け対象にしているとホームページに載っています。契約対象としては幅広い人たちを契約対象にしていると言えるようですね。

ホームページの中で気になる情報が有りましたが、それは個人事業主については別枠が有るという事です。しかし上限金額が300万になっています。これは通常枠より低い金額になっていますよね。

これは次の項の審査基準についてで説明していきますが、一般的な会社務めの人より、個人事業主の方の方が審査対象としては厳しく見られとという事なんです。

プロミスの審査はどうなの?

ではプロミスの審査基準は高いのでしょうか?低いのでしょうか?これは個人の条件によって変わりますので一概には何とも言えませんが、消費者金融系という事も有り、基本的には緩めと言えそうですね。

とはいえ、金利など平均より低い水準などのメリットも有る為、消費者金融の中では厳しめ、という評判もあるようですよ。

審査基準って何?

前項ではプロミスの審査基準について説明をしていきましたが、実際の審査基準ってどうなっているのか気になりますよね。ではその審査基準について説明をしていく事にしましょう。

審査基準について重要になるのは大きく分類すると①身分証明と②返済能力の2点です。①の身分証明については契約の最低条件ですね。

まずは身分証明から

お金を貸す以上返してもらわなければいけませんが、どこの誰だかわからない人にお金を貸す人はいませんよね。しかもキャッシングは他のローンに比べると回収率が一番低いローンと言われています。

つまりその分会社側にもリスクの伴う商品なのです。ですから身分証明ができなければ契約が絶対に出来ません。ただ実際の手続きはそんなに難しいものでは有りません。

身分証明となる、運転免許証、パスポートが有り、記載住所と現住所が一致していればそれで済みます。もしその2点を持っていなくても、保険証、住民票などで代行できますが、それ以外に公共料金の領収書など住所証明が必要な場合も有ります。

返済能力の審査項目

では次の返済能力に関してですが、実際にはこの項目が契約できるかどうかの決め手になる項目です。そしてこの中にまた細かい項目が分かれているのでそれを一つづつ説明していきましょう。

返済能力を審査する項目は以下のように分かれます。

  • 職業・職業身分
  • 年収・他社借入
  • 住居歴・在職歴

返済能力に関して重要視される内容は安定した定期収入源があるかという事に集約されるでしょう。それを規準に内容を見ていくと審査基準の謎が解けていきます。

まず職業・職業身分ですが、大手企業の正社員、国家公務員が一番評価ポイントが高くなり、パートアルバイトなどがやはり評価が低くなります。しかし前項で少し話しましたが個人事業主は案外評価が低いのですね。

個人事業主というといわゆる実業家、会社社長になり、収入がそれなりに高い人も多いのですが、それでもパート・アルバイトより評価が低くなる場合もあるのです。それはやはり「安定性が欠ける」という事が一番の問題なんですね。

2番目の年収・他社借入に関しては、借りる額の基準になる項目ですが、年収が高いからといって職業身分がアルバイトなどであればその分評価が低くなり、あくまで職業身分の方が優先度が高いという事は理解しておいた方が良いでしょう。

ではいくらぐらいまで借りれるのかという事も気になりますが、それは次項で説明していきます。3番目の在職歴・住居歴も重要項目になりますが、特に在職歴は契約に大きく左右します。

いくら大きな会社の正社員であっても在職歴が半年以下であれば、評価は低いと言わざるを得ません。冒頭に旦那より、収入も低いしパートなのに、主婦の私の通ったという話しを記載しましたが、それはここに関係してくるんですね。

正社員であっても転職後間もない(半年未満)であればパート・アルバイトより評価が低くなる可能性は充分にあるんですよ。キャッシング契約をするのであれば転職前にするという事は一つ覚えておいた方良いですね。

いくらまでなら借りれるの?

では次に前項で出てきましたがいくらまで実際借りれるのか?という事について説明をしていきましょう。いわゆる借入限度額の事ですが、審査時には重要な事柄になってきます。

借入限度額についてはどこで決まっているのかわからない人もいると思いますので簡単に説明しますと、基本的には個人の申告によって決まります。

つまりこれだけの金額を借入できますか、と借りる側からまずは申告するのです。

とはいえ、その金額を貸せるかどうかというのは審査によって決まる訳ですから、審査で通る上限金額が実際の借入上限額という事になります。

しかしその金額がはじめからわかっている訳ではないのでその見極めが難しいのですね。でも一応の目安ぐらいは知っておきたいですよね。目安として一般的に言われているのが年収の1/3ぐらいというものですね。

もちろん会社によって基準は言えませんが一概に言えませんが、一つその前に知っておくべき基礎知識が有ります。それは借入限度額には法的規制が有るという事です。

総量規制

その法規制とは総量規制と呼ばれるものです。この法律は貸金業法という貸金業を対象に制定された法律です。ですから銀行などは対象外になるのですが、プロミスなどの貸金業者は対象となる訳ですね。

そして貸金業者に対して課せられている法律規制なので、個人的にいくら借りたいと言っても会社側でそれが出来ないという事になりますね。ではその具体的な内容を見ますと、個人に対する貸付上限として年収の1/3以下にしなければいけないという内容になっています。

例えば年収が300万円の方はに対しては総額で100万円までしか貸し付けはできないという事になります。

またこの総額というのは他社借入も含まれ、契約の際に他社借入残を調査するという義務も貸金業者に対して課せられているのです。

プロミスの限度額

ではプロミスは実際いくらまで貸してくれるのでしょうか?ホームページでは上限500万円と謳ってますが、実際個人に対して上限としてその人の年収の1/3というのが上限という事になりますね。

そして後は審査次第という事になりますが、もちろん前項で説明した通り、審査は総合判断ですので、収入だけでなく、職業身分や在職歴も勘案されるわけです。つまり上限としては年収の1/3ですが、その他の審査項目でマイナス要因があればそれより下がると考えなければいけません。

在職歴が短かったり、パート・アルバイト・派遣という事になると残念ながら評価ポイントとしては下がりますので金額も下がると考えるべきですね。

プロミスで申込みをする

では最後に実際に申込みして契約をするにはどうしたら良いのかについて説明をしていきましょう。

申込みの仕方

申込みについてですが、3つ方法が有り、①営業店舗へ出向いての申込み②電話による申込み③ホームページ上での申込み、になります。申込みをしたらすぐに簡易審査が始まります。

簡易審査はその場や或いは時間を短く、ホームページでは自動審査ですぐに結果を出してもらえます。まず契約が可能かどうか、希望金額に沿えそうかどうかの判断をしてくれます。といってもここで成約という訳には行けません。

やはり契約には調査が必要ですし、その為の必要書類の提出をしなければいけません。簡易審査を通れば本審査に入りますが、その前に書類の提出が必要になります。

審査書類の提出

書類の提出については直接店舗に出向く形と郵送か、どちらかを選択できます。なかなか店舗まで行く時間が無い人は郵送にやり取りで済ませる事ができます。ただその分日数が掛ってしまうので日数に余裕がない人は店舗に持ち寄った方が早いかもしれません。

そこから審査が始まる訳ですが、審査には有る程度時間が掛りますので、多少日数がかかる場合も有るでしょう。調査の時に在職の確認が有る場合もあります。具体的には会社に連絡が入り、あなたが在職しているかどうかの確認があるのです。

これは在職確認と呼ばれるものでキャッシング契約に限らずカード・ローン契約にはつきものですから、恐らくどこのカード会社でもやっている事です。しかしそんなに心配する事は有りません。

電話が掛かってくると言っても会社名で無く個人名で掛ってきて、ただあなたがそこに席を置いているかどうかの確認だけですので、それが確認でできれば特にそれ以外にの事を話す事は絶対に有りません。

それ以外に他社借入の調査などもこの際に行われます。基本的に借入・ローンなどは必ず決まった金融情報機関に情報として保存されています。つまりあなたが今どこでいくら借りているかという事はその情報機関にきちんと保存され、いつでも照会でいるようになっているのです。

ここで注意しなければいけないのは、その情報とあなたの申告額が大きく違うと審査で落ちてしまう原因となるのできちんと把握した上で申告する事が必要です。

審査は主に書類を通して行われますので、この書類作成は非常に重要なものになってきます。書類に不備や間違いが有ると審査の通らない原因となりますし、申告に間違いが有れば虚偽申告とみなされる場合もあるのです。

いくらあなたの条件が良くても、書類が間違っていればそれだけで審査に落ちる下人となってしまうのですね。審査では書類の書き方、誤字脱字、間違いなく記載されているかどうかも審査のポイントになります。こういうところで損の無いようにしましょう。

いよいよ契約

そして審査が通れば契約になります。具体的にはカードは発行された時点でカードによる現金引出が可能になります。この際月毎の返済金額など重要な事も決まりますのでしっかり考えて決定をする事が大切ですね。

カードは店舗で受け取るか、郵送での受け取りも可能です。この申し込みから受け取りの一連の流れですが、まず①ネットでの申込み~郵送で書類提出、郵送でカード受取と店舗に行かずに申し込みから契約まで可能です。

ただこの場合日数が多少掛る事は考慮しておかなければいけません。一方、最短を望むのであれば1日~2日で契約も可能なようです。ただこの場合あらかじめ必要書類を不備無いように用意して店舗への持ち込みが必要になります。

審査さえ通ってしまえば即カード発行も可能なようですね。自分にあったやり方で契約をしましょう。

【参考ページはこちら】
プロミスの審査基準を教えて!

新着記事
TOPICS