> > 年収180万円なら、プロミスでいくらまで借りられる?

年収180万円なら、プロミスでいくらまで借りられる?

カードローンでお金を借りる!といっても、実際どのくらいの金額を借りられるのかな?と考えてしまいますよね。

同じ年収であっても借りられる金額が違うこともありますし、目安だけでも知りたい!という方は多いのではないでしょうか。

実際に借りることが出来る金額とは、年収も重要な要素であることはみなさんご存知のことでしょう。

しかし、それ以外にも借り入れ金額に関わるとっても重要な要素があるんです。

そこで、年収が180万円の人がプロミスでお金を借りようとした場合、一体いくらくらいまで借りることが出来るのか?

この疑問を借り入れ金額が決まる重要なポイントとともに回答していきたいと思います。

まずは自分の借りられる限界を知ろう

実は、年収がいくらであっても、プロミスから借りられる金額には限界があります。

その限界を決めるのが

  • 総量規制
  • 利用限度額

という2つの壁です。

特に重要なのが「総量規制」による制限です。

「総量規制って何?」

と、頭にハテナがつく方も多いと思いますので、まずはここを丁寧に解説していきます。

総量規制は「借りすぎないための法律」

総量規制というのは、お金を借りすぎないため、貸しすぎないために作られた法律です。

若い方は知らないと思いますが、昔はカードローンの業界は非常にブラックといってもいいくらいでした。

今の2倍以上の高い金利でお金を貸すのが普通でしたし、年収なんて関係なくお金を貸していることも多かったんです。

でもそれではお金を借りた人の負担が非常に大きいのは目に見えているかと思います。

実際、お金を返すことが出来なくて自殺した保険金で返済を行う…なんてこともありましたし、

自己破産せざるを得ない状況に追い込まれた人も非常に多かったんです。
(⇒自己破産後にプロミスで借りる時の注意点

その規模が小さければ今でもそのような状況になっていたかもしれません。

しかし社会問題になるほど大きくメディア等でも取り上げられ、政府も規制に動いたという背景があります。

そして「借りすぎない」、「貸しすぎない」という制限をかける法律を作りました。

それが「総量規制」と言われるものなんですね。

具体的には年収の3分の1までしか借りられない

総量規制の具体的な内容を見てみましょう。

総量規制の一番代表的な特徴といえるのは

年収の3分の1を超える金額を借りられない(貸せない)

というところですね。

年収が180万円の方は、60万円を超える金額を借り入れることは出来ません。

これは1つの会社につき60万円ではなく、すべての借り入れについてです。

他の消費者金融で既に20万借りており、プロミスで新規に借り入れをしたい場合、どうがんばっても40万円までしか借り入れは出来ません。

「消費者金融から借りてないから大丈夫」

と思っている方も注意しなければならない点があります。

今や誰もが持っているといっても過言ではないクレジットカード。

その「キャッシング枠」を利用している場合、その金額も総量規制の対象となります。

「キャッシング枠」とは、カードローンのようにクレジットカードを利用して現金を引き出すタイプの枠です。

クレジットカードでお買い物をしたときの利用される枠は「ショッピング枠」といい、キャッシングとは別なので対象にはなりません。

クレジットカードによっては最初からキャッシング枠の設定がないものもあります。

これは、クレジットカードの「キャッシング枠」と消費者金融で借りられるお金の枠が同じ「貸金業法」という法律の適用範囲だからです。

貸金業法の中に総量規制が定められているというわけですね。

総量規制にはなんでもかんでも含まれている、というわけではありません。

「例外」と「除外」があり、これに適用されるものは「総量規制の対象外」とされて計算には入りません。

つまり、年収の3分の1を超える金額であっても問題はないんですね。

総量規制の対象外となるものは

  • 住宅ローンなど不動産関係
  • おまとめローン
  • 緊急時の医療費のために借りたお金
  • 個人事業主の事業性資金
  • 借り手にとって有利な借り入れ

などです。

総量規制が適用されるカードローンは収入がないとダメ

ここまで総量規制について解説してきましたが、消費者金融の申し込み条件として

「自身に収入がある方」

と記載されています。

これは収入が0円だった場合、3分の1をかけても0円だからお金を貸すことが出来ないからなんですね。

専業主婦の方であれば「配偶者貸付」という制度を利用することも可能なのですが、

  • 夫婦関係を証明する書類(住民票など)が必要になる
  • 夫と借り入れにも制限が入る
  • 手続きが面倒なためやってくれる会社が少ない

という3つの理由からあまりメジャーではありません。

受け付けているところもありますが、大手では問い合わせが必須になります。

中手やより小さい消費者金融であれば配偶者貸付を受け付けてくれるところもありますね。

他にも総量規制で定められていることがある

他にも、総量規制の中で定められているお金に関するところはたくさんあります。

例えば借り入れ金額の制限の他に、一定金額を超えた金額を借り入れる(借り入れを希望する)時には書類が必要になります。

具体的な数字を挙げていきますと、

  • 1つの会社から50万円を超える借り入れを(希望)するとき
  • 複数の会社からの借り入れ金額(希望を含む)の合計が100万円を超えるとき

に、「自分の収入を証明する書類」が必要になります。

1つの会社から50万円を超える借り入れを希望する、これはわかりやすいですよね。

年収180万円の方が50万円プロミスから借りたい!と思うときには基本書類は必要ありませんが、60万円借りたい!と思ったら書類が必要になります。

借り入れ金額の合計が100万円を超える時はちょっとややこしいかもしれません。

1社からの借り入れについて50万円を超えていなくても、100万円を超える借り入れになる時にはその超えるタイミングで申し込む際に書類が必要になるんです。

A社・B社・C社・D社・E社の5社からそれぞれ20万円を借りているとします。

そこにプラスしてF社から20万円の借り入れを申し込む際には、借り入れ金額の合計が120万円になりますよね。

なので、F社に対して収入を証明できる書類を提出しなければならない、というわけです。

その際に提出する書類は

  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 納税通知書

といったものになります。

実際年収180万円ならいくら借りられる?

お金を借りるための壁のひとつ、総量規制についてはおわかりいただけたかと思います。

「年収を誤魔化せばもうちょっと借りられるのでは?」

…なんて悪いことを思ってはいけません。

結局収入証明を提出する必要がありますし、審査の中で信用情報というお金に関係する情報を調べますので

そこからバレてしまうからです。

そうなると詐欺罪として告訴される可能性もでて来ますし、ブラックリスト入りしてしまうのは確実といっていいでしょう。

もうひとつの壁である「利用限度額」は、プロミスが定めるものです。

プロミスでは最高で500万円までの借り入れが出来ますが、500万円を超える借り入れはいくら年収が3000万円あっても不可能です。

この2つの壁とふまえ、年収をごまかすなどの悪いことはもちろんしないという前提で、実際どのくらいの金額が借りられるのか、ちょっと考えてみましょう。

利用限度額という点はクリア。しかし…

プロミスで借りられるお金の最高額は500万円です。

しかし年収180万円を大幅に超えていますのでそもそも500万円の借り入れはムリなので、その点では問題ないでしょう。

となると、総量規制である年収の3分の1である金額、つまり60万円を借りられるかどうかが焦点となってきます。

「60万円も借りられれば御の字!」

と思えるならOKですし、

「60万円なんて足りない!」

と思うならちょっとお金の使い方を考えたほうがいいかもしれません…。

しかし、60万円借りることが出来るか?と言われると答えは「NO」になる確率のほうがとても高いんです。

そこにあるのは第3の壁とも言っていいでしょう、「審査」があるからです。

どうして金額が下がるのか?その理由

いうなれば年収180万円の人の60万円は借り入れ金額の「限界」といえる数字です。

審査をすることで「この人はどれくらいの金額を貸しても大丈夫か」を決定するわけですが、

そこで最初から高額にしてしまうと仮に返済できなかった時の損害が大きくなってしまいます。

10万円だけ貸して返してくれなかった場合と、60万円貸して返してくれなかった場合を比較すると、その差は一目瞭然ですよね。

総量規制で「3分の1を超える金額は借りられない」と表現していますが、実際は

「3分の1を超える金額を(貸金業法が適用される業者は)貸しつけてはいけない」というのが正しいんです。

仮に3分の1を超える金額を貸した会社は、罰則を受けることになります。

プロミスのような大手の消費者金融はそのような罰則を受けるわけにはいきませんので、慎重になります。

そのため年収の3分の1、総量規制ギリギリの金額を借りることはほぼ不可能といってもいいくらいではないかと思います。

加えて、プロミスをはじめカードローンにてお金を借りるには所定の審査を受ける必要があります。(こちらもご参考に⇒プロミスの審査基準とは

(カードローンだけではなく、住宅ローンなどお金を借りる場合はいずれも審査を受ける必要がありますが…)

その審査によって

「この人なら○○円までかな」

と決定されます。

同じ年収が180万円の人であっても、

  • 年齢
  • 家族構成
  • 職種
  • 勤続年数

といった様々な項目によって利用できる金額は大きく変わってくるんです。

特に職種や勤続年数は借り入れ金額にもかかわる大きなポイントといってもいいでしょう。

同じ年収であっても極端な話、アルバイトの方と公務員の方であればやはり後者の方のほうが「信用できる」人間と評価されます。

これはアルバイトの方が職業が変わりやすい(=年収が変動しやすい)立場にいるためです。

公務員の方は正社員なことに加えて、年収も安定して今後は上がっていく可能性が高いので、ある程度多めの金額でも返済が可能と判断されることになります。

勤続年数も評価としては重要なポイントで、勤続年数が短い(半年未満、場合によっては1年未満)と年収が読めないことに加え、

勤続年数が短い人は転職を繰り返しやすく、返済が滞りやすい傾向があるのでお金を貸すプロミス側から見ても慎重になってしまうということなんですね。

同じ年収であっても勤続年数が3年や4年あると安定してこれからも収入がある可能性が高いと判断することが出来ますので、利用限度額の設定が高めになることもあります。

いかに多くの金額を借りられるかどうかは、総量規制があるため、借りられる金額の土台としての年収、上限が決められる消費者金融(プロミスなど)の設定している利用限度額、そして実際借りることが出来る金額を決める審査。

この3つの柱から決定づけられるということです。

実際借りられる金額は総量規制の半分~3分の2程度と考えて

それでは、年収180万円の人が実際に借りられる金額はいくらくらいになるのか?といった疑問の結論に入りたいと思います。

多くの場合は「30万円~40万円」程度が最高ではないかと思います。

特に新規の借り入れの場合、年収の4分の1程度の金額で収まることが予想されます。

住宅ローンでも毎月の月収の2割~3割程度を返済額として考えるのがいい、というのが定石です。

これくらいであれば返済が負担になりにくいので返済の滞りを防ぐことが出来ますから、お金を貸す側も借りる側も安心できる、という理由です。

カードローンの場合も同様のケースと考えていいので、このあたりから審査結果によってさらに減額、または増額される形になるでしょう。

限界まで借りたい!そんな時にはどうすればいい?

年収は180万円だけど、60万円ギリギリまで借りたい!そうじゃないと困る!

…という場合はどうすればいいのでしょうか?

あまりおすすめはしませんし、審査結果にどうしても依存してしまうところではありますが、方法がないわけではありません。

ただこの場合、

  • プロミスで60万円を借りたいのか
  • プロミスに関係なく60万円まで借りられればいいのか

このどちらを希望するかによって、選択肢は大きく変わってきます。

プロミスでどうしても60万円借りたい!という場合

まずはプロミスから60万円を借りたい!という場合です。

これはちょっと難易度が高いと言ってもいいでしょう。

なぜなら、新規申し込みのときに審査結果として60万円と査定されなければまずすぐには目標額である60万円を借り入れることは不可能だからです。

すぐにでも60万円が必要!という場合、この時点でお話は終わり、となります。

最終的に60万円まで借りたいというのであれば、時間をかける必要はありますが可能性がないわけではありません。

プロミスにて利用限度額を「増額」することが出来れば、60万円まで借りることが出来るかもしれません。

ただし増額は誰でも行えるわけではないのが、難易度が高いといえる理由の大きなところとなっています。

当然ながらきちんと毎月返済を行っていることは前提です。

それに加えて、「今より多くの金額を貸しても大丈夫」とプロミスが判断出来るような行いをしなければなりません。

例えば繰り上げ返済を多く行うとか、一括返済を行うとか…。

そういった「お金の返済に回す余裕がある」ということを行動で示さなければならないんですね。

それだけでプロミスが「増額しませんか?」と打診をしてきてくれれば安泰なのですが、残念ながらそういうわけにもいきません。

きちんと返済していても、少なくとも半年から1年くらいの間はそのような打診はないと思っておくべきです。

打診がないと増額できないの?という疑問にお答えしますと、増額はプロミスからの案内を待たなくても自分から申し込むことも可能です。

利用期間が一定以上といった条件はありますが、案内を待っていられないのなら自分から申し込むのも手ですね。

増額は申し込んでハイ終わり、というわけではありません。

増額においても新規借り入れと同様に審査があり、審査に可決すれば増額できる可能性はあります。

ここで審査の結果増額ができればいいのですが、恐ろしいことに借り入れ状況や返済状況をかえりみて、利用限度額が減額されてしまう場合もあります。

新規の申し込みで40万円だった利用限度額が、増額を申し込んだら30万円に減ってしまった…なんてこともありえない話ではないんです。

リスクもあり、必要な期間も長い…と、根気強く地道にプロミスを利用し続けなければならない方法です。

とりあえず60万円借りることが出来ればいい場合

とりあえずお金を借りることが出来ればいい!というタイプの方の場合、プロミスから60万円を借り入れるよりも難易度が低いかもしれません。

方法として考えられるのは2つあるのですが、1つ目はプロミスを含めた(含めなくてもいいですが)複数の会社からお金を借り、合計で60万円にする方法です。

A社から20万・B社から20万・C社から20万と、3つの会社から20万円ずつ借り入れることが出来れば簡単に60万円は借りられるでしょう。

しかし、審査の中で他社からの借り入れがどれくらいあるかは必ずチェックされます。

申し込みのときにも必ず記入(入力)しなければならない項目の一つです。

上記の例の場合、2つ目の会社までは問題なく借りることが出来るかと思いますが、総量規制ギリギリにひっかかる3社目の審査はかなり慎重になると思います。

ここで審査に通ればいいですが、通らない可能性も高いと思っておかなければいけません。

もしくは、総量規制対象外のところから借りるという手があります。

先ほど総量規制の例外や除外について簡単に説明をしましたが、そもそも総量規制の対象となっていないものがあります。

それが、銀行のカードローンです。

なぜ銀行のカードローンが総量規制にならないのかというと、銀行には「貸金業法」が適用されないから、というシンプルな理由からです。

プロミスなどの消費者金融やオリコカードなどのクレジットカード発行会社は「貸金業法」が適用される対象になっています。

銀行は「銀行法」という別の法律が適用されるため、総量規制なんて全く関係がないんです。

銀行のカードローンならご自身に収入がない専業主婦の方でも利用することが可能!なんて書いてあるものが多いですよね。

それも貸金業法が適用されていないからこその特徴(メリット)なんです。

なので、消費者金融なら60万円がギリギリでも、銀行のカードローンなら70万円借りても全く問題がないんです。

法律違反でもないので、もちろんお金を貸した銀行側に罰則がいくこともありません。

ただし、お金を借りる以上審査がありますし、いくら総量規制がないからといって必ず年収の3分の1を超えた金額を借りることが出来るわけではありませんので、そこは注意しておくところですね。

借りるのになれないうちは少ない金額のほうが無難

年収180万円の方を例として、実際借りることが出来るであろう金額、そして総量規制ギリギリまで借りたい場合…と見てきました。

正直いってお金を借りることにあまり慣れていない場合、いきなり大きな金額を借りることになったら使い方がよくわからず、ついつい使い込んでしまう…なんてことにもなってしまいます。

利用できる金額が少ないと「自分の価値ってそんなもんなんだろうか?」なんて落ち込んでしまうかもしれません。

しかし借りた金額が大きければ大きいほど返済という負担も比例して増してしまいます。

その負担を数年以上かけて返済するのは想像するよりもずっと大変なことです。

借りたお金との付き合い方がわかるまでは、総量規制いっぱいまでお金を借りたいと思ってもあえて控えめにしておくのがおすすめです。

ある程度慣れてきたら増額や借り増しを考える、という形でも決して遅くはないと思いますよ。

【参考ページはこちら】
年金収入でもプロミスで借り入れできる?

新着記事
TOPICS