> > 知ってる?プロミスはサラ金と違うのかどうかの答えはこれ!

知ってる?プロミスはサラ金と違うのかどうかの答えはこれ!

最近ではサラ金と言う言葉を耳にしなくなりました。消費者金融は少し前までサラリーマンが生活に困った時利用するもの。

急場をしのぐ為に利用するのだと思われていました。イメージ的にはかなり暗い感じがありますよね、サラ金って。

消費者金融のプロミスもサラ金と呼ばれていた時期がありました。サラ金と言うのは消費者金融の呼び名ですから。

それでは今のプロミスはどうなのでしょうか。今現在のプロミスについて、サラ金と呼ばれていた時との違いをお話ししましょう。
(⇒プロミスの評判を教えて!

プロミスはサラ金時代とどう変わったのか!

サラ金と呼ばれていた時代、消費者金融と言えば高利、生活苦からお金を借りる、多重債務者、などを連想する場所でした。

貸金業法が改正されて、金利は安心の上限利息が設定され、 総量規制施行により、融資額も規制されるようになりました。

金利は利息制限法と出資法の上限利息が20%と決められ、本人の年収の3分の1を超えての融資は出来なくなったのです。

貸金業法改正で、消費者金融のプロミスの経営はどう変わったのでしょう。

  • 上限利息の実質上の引下げ
  • 総量規制施行の為顧客減少
  • 融資金額の減少
  • 三井住友銀行との提携グループ会社となる

過払い金返還請求などの対応もあり、プロミスのみでなく多くの消費者金融が経営破綻に追い込まれる事態となってしまいました。

そこで大手消費者金融はそれぞれ大手銀行と提携し、イメージアップを図ると共に銀行と言う潤沢な資金を後ろ盾にしたのです。

★プロミスが提携したのは三井住友銀行です。三井住友銀行グループプロミスとして、新しく生まれ変わったのです。

サラ金と言うイメージは一新され、便利に使えるプロミスは、より豊かな暮らしを楽しむ為のカードとして定着しつつあります。

プロミスと言うイメージについて

ゆとりのある暮らし、豊かな暮らしを約束する。新しいプロミスの特長にはどのような事があるのでしょうか。

  • 上限利息の低さが魅力
  • いつでも申し込め即日融資可が魅力
  • 返済方法も顧客に合わせて選べるのが魅力
プロミスは消費者金融の中でも低金利を実現しています。実質年率4.5%~17.8%と銀行のカードローンと遜色ない程です。

しかも初回利用でメールアドレス登録しウェブでの明細利用の人には30日間無利息のサービスもあります。

使った日数だけの利息返済なので、30日間の無利息はずい分お得ですよね。これを上手に利用しない手はありませんよ。

プロミスへの申込みはインターネットで24時間365日受付可能。ウェブ契約の場合来店不要で即日振込融資も可能 です。

また店頭や自動契約機なら即日カード発行と共に融資も可能ですよ。選んで申込みして下さい。自動審査で最短回答されます。

その後正式審査で利用可能額の結果連絡があります。その時間もわずか最短30分です。以前では考えられない迅速さですね。

カードが手元に届いたら、提携のATMで必要な時に借入れ、そして返済も出来るので便利です。返済方法や金額も自由に選べますよ。

借入は自宅に居ながら希望口座へ最短10秒での振込も可能など、プロミスならではの迅速融資には驚きです。

プロミスは三井住友銀行の子会社のサービスブランド名

消費者金融として古くから名の通っているプロミスですが、実はプロミスと言う会社名ではありません。

実際にはSMBCコンシューマーファイナンス(株)という会社名の三井住友銀行の子会社です。

プロミスは会社が展開するサービスブランド名なのです。消費者金融としてはプロミスと言う名前の方が広く知れ渡っていますよね。

銀行の子会社でもプロミスは消費者金融

銀行の子会社であるSMBCコンシューマーファイナンスは銀行ではなく貸金業者…つまり消費者金融会社となります。

それではプロミスの銀行系の消費者金融としての取組と、それは顧客にどのようなメリットがあるのかお話ししましょう。

プロミスはサラ金と呼ばれていた消費者金融のまま、大手銀行と提携してその銀行の子会社として営業しているのです。

そのメリットは何でしょうか。何と言ってもメリットの1番は大手銀行の名前が付く事でイメージアップされると言う事ですね。

銀行グループと言うだけでも、その信用度はぐんと上がるように思えます。 銀行の持つイメージには顧客の品質の良さもあります。

いつでもどこでも安心して利用できる価値あるサービスを目指す

プロミスの目指すサービスは利用しやすさ。それでは申込みからカード発行まで、順を追ってお話ししてみましょう。

プロミス申込み方法や融資までの流れ

インターネットからの申込み…24時間365日対応可

  • パソコン
  • 携帯
  • スマートフォン

契約後すぐに借入OK…誰にも会わずに契約、カード発行まで完了

  • 自動契約機
  • 三井住友銀行ローン契約機

相談しながら申込み…初めてで不安な方には安心を!

  • 電話での申込み
  • 店頭窓口での申込み

インターネット出来ない、でも誰とも話したくない、会いたくない

  • 郵送での申込み

申込み方法は上記のようにいろいろと選べます。都合に合わせて選んで下さいね。申込前にまず申込条件を確認しましょう。

  • 年齢20歳~69歳
  • 本人に安定した収入がある人

条件は以上2点だけです。安定した収入があれば主婦、学生でも申込み可能です。無職の専業主婦や学生は申込み出来ません。

安定した収入と言うのは金額に多い少ないではなく、毎月必ず決まった金額の収入が見込まれると言う事です。

不定期な収入では申込みは不可能となります。毎月のパート収入やアルバイト収入が見込まれるのなら主婦学生も申し込めますよ。(こちらもご参考に→プロミスを利用したことがある学生の満足度は?

お勤めをしていて安定収入があっても、19歳では申込む事が出来ません。申込は成人してからにして下さいね。

申込みに必要な書類は本人確認書類と50万円を超える融資希望の場合は収入証明書です。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

収入証明書類

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 直近2ヵ月の給与明細(賞与1年分の明細も)

新しいプロミスは様々なサービスで顧客のサポートを約束する

サラ金「プロミス」は三井住友銀行グループSMBCコンシューマーファイナンス(株)「プロミス」として生まれ変わりました。

新しいプロミスならではのサービスは顧客に安心と豊かな生活を約束してくれるでしょう。会員サービスにはどのようなものがあるのでしょうか。

会員サービスにログインすれば様々な便利機能を利用出来る!

  • 瞬フリ(振込融資)
  • インターネット返済
  • 口座振替返済
  • 返済日お知らせメール
  • 限度額変更申込み
  • 各種照会、設定変更
  • ポイントサービス

三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座なら24時間いつでも最短わずか10秒で振込融資完了です。振込手数料はプロミスが負担します。

24時間いつでも自宅にいながら返済完了。もちろん手数料も無料です。ATMで並んで返済する手間も無く365日いつでも返済でき便利ですね。

口座振替も同じようにわざわざ出かけて行く手間を省いてくれます。手数料もかかりません。うっかり返済を忘れていたなどと言う事もありません。

うっかり…返済忘れのないように返済日をメールで連絡してくれるサービスです。日時設定は顧客で自由に出来るので、便利に活用出来ますよ。

その他限度額変更もインターネットで申込みが出来、利息の照会、取引履歴の照会、各種設定変更もインターネットで手続きできるので便利です。

会員サービスにログインしてサービスを受ける事で、ポイントが貯まります。貯まったポイントは無利息サービスなどで利用できてお得です。

3つのステップで契約!女性専用レディースローンも!

プロミスは申込み、審査、契約と3つのステップで簡単に融資可能。 便利に利用するサービスも満載です。ホームページで詳細確認して下さいね。

また女性の方の悩みや不安にも対応できる、女性専用のレディースローンもあります。女性オペレーターが申込みや問合せに応じてくれますよ。

初めて利用すると言う女性は、やはり借入に不安がありますよね。そんな不安な事何でも相談してみると良いでしょう。

不安な点や疑問な点をしっかりとクリアして、カードローンに申込む事も大切です。じっくりと納得した上で申込んで下さい。

プロミスは様々な顧客のニーズに応えるべく日々努力し、疑問や不安を解決し顧客に無理のないプランを用意する事を約束しているのです。

【参考ページはこちら】
サラ金は怖い?プロミスとの違いは?

新着記事
TOPICS