> > プロミスに申込む時源泉徴収が無い場合どうすれば良いの?

プロミスに申込む時源泉徴収が無い場合どうすれば良いの?

プロミスに申込む時、必要な書類はどのようなものでしょうか。源泉徴収票が無い場合それに代わるものはあるのでしょうか。

まず申し込む融資希望額によって必要書類が違います。通常50万円までの借入限度額の場合は収入証明書が不要です。

50万円までの希望限度額なら本人確認書類のみで良いのです。50万円を超える限度額を希望する場合は源泉徴収票が必要です。

源泉徴収票が無い場合はそれに代わる収入証明書の提出が必要となります。どういったものが収入証明となるのでしょうか。

源泉徴収票に変わる収入証明書類について

収入証明書について、まず収入証明書が必要となるのは限度額が50万円、他社との合計が100万円を超える場合です。

プロミスは三井住友銀行グループですが消費者金融会社なので、総量規制により収入証明書の提示が義務付けられているのです。

収入証明書にはどのようなものがあるのでしょうか。

  • 源泉徴収票(最新)
  • 確定申告書(最新)
  • 給与明細書(直近2ヵ月、賞与1年分)

源泉徴収票がないのであれば確定申告書、給与明細書がその代わりの証明書となるので大丈夫 ですよ。確定申告書は最新のもの。

給与明細書は直近で2ヵ月分用意して下さい。賞与がある場合は1年分の明細を併せて提出して下さい。

源泉徴収票があればもちろんそれが一番良いのです。勤務先によっては再発行、自分で源泉徴収票を出力する事も可能です。

勤務先に確認されると良いと思います。融資希望額が50万円を超えるとどうして収入証明書が必要になるのでしょう。

総量規制施行により消費者金融の融資金額はどう変わったのか

貸金業法が改正され、消費者金融の顧客数、融資金額は大きく変わりました。改正前までは制限が無かった金額に制限がかかりました。

総量規制施行により年収の3分の1以上の貸付は出来なくなり、 50万円を超える融資には収入証明書の提出が定められたのです。

これは新規に申し込む人だけでなく、既存の顧客に対しても同様の収入証明書の提出が義務付けられました。

他社との合計の限度額が年収の3分の1を超えていないかの確認の為です。これにより多くの顧客が限度額の見直しをされました。

今迄あった100万円の限度額が50万円に減額されたり、限度額0となってしまう事もありました。

プロミスに初めて申し込む場合は限度額はどう決まるの?

プロミスに限らず申込みをすると審査があります。審査は属性と信用情報によって行われ、審査の結果限度額が決定します。

初回では多くが50万円までの限度額となるでしょう。それでも50万円を超える金額が必要になる事もありますよね。

そんな時に収入証明書を添付して届け出なくてはいけないのです。年収が300万円の場合は100万円までの融資が可能です。

ただ、クレジットカードのキャッシング枠なども総量規制の対象となるので、気を付けなくてはいけません。

クレジットカードを2枚持っていてそれぞれに30万円のキャッシング枠が付いていたとすればプロミスで借入出来るのは40万円です。

収入だけでは決まらない限度額の事

単純に収入の3分の1と言ってもそれだけで限度額が決まる訳ではありません。厳重な審査の結果収入の3分の1を下回る事もありますよ。

審査はあくまでも返済可能かどうかと言う事を元に融資の不可を決めますが、限度額一杯に借入れても返済可能かが重大なポイントです。

年収が600万円あった場合は200万円まで融資は可能ですが、200万円では月々の返済に不安がある場合もありますよね。

そんな場合はリスクを抱える事のない限度額の設定となります。半年以上信用実績を積めば増額は可能です。 実績を積むようにしましょう。

プロミスの申込み方法と融資までの流れ

収入証明書についてと限度額の決定についてはお分かりいただけましたか?それから収入証明書は源泉徴収票でなくても大丈夫ですよ。

50万円までの融資限度額なら収入証明書は不要です。本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)を用意して下さい。

それではプロミスへの申込み方法から順番にお話ししましょう。まずプロミスの申込み方法にはどういったものがあるのでしょうか。

  • インターネット(パソコン、携帯電話、スマートフォン)
  • 自動契約機(三井住友銀行ローン契約機)
  • 電話、店頭窓口
  • 郵送

インターネットでの申込みは365日24時間いつでも申込めるのが大きなメリットです。申込から融資まで最短での契約が可能です。

パソコン 携帯電話 スマートフォン
申込み(自動審査) 申込み(自動審査有、無) 申込み
審査(正式契約可能額) 審査 審査
選べる契約方法 選べる契約方法 選べる契約方法
カード発行、融資 カード発行、融資 カード発行、融資

パソコン、スマートフォンは契約方法をウェブ契約、来店契約、郵送契約の中から選べます。携帯は自動審査無しの場合はウェブ契約は不可です。

自動契約機 三井住友銀行ローン契約機
申込み(タッチパネル) 申込み(タッチパネル)
審査 審査
契約後即カード発行 契約後即カード発行
その場で融資 その場で融資

自動契約機での申込みはその場で審査からカード発行、融資とスムーズな借入れが出来ます。時間も約30分と迅速さも魅力のひとつです。

プロミスコール(電話) 店頭窓口
申込み 申込み
審査 審査
来店、郵送契約 商品説明等
カード受取(郵送の場合書類返送) 契約、カード発行

インターネットや自動契約機では少し心配と言う人には電話や店頭で説明を聞きながら、相談しながら納得して申込みするのも良いですね。

その他には郵送での申込みもあり、誰にも会う事なく申込みからカード発行まで行えます。カードが届く前に振込融資も可能です。

どの申込み方法でも希望融資金額によっては収入証明書が必要

プロミスは三井住友銀行グループSMBCコンシューマーファイナンス株式会社のブランド名で、消費者金融のカードローン です。

何度かお話ししていますが、銀行グループ会社のカードローンであっても、貸金業法の改正に伴い施行された総量規制の対象となるのです。

銀行のカードローンは総量規制対象外の為、多くは100万円以内の融資なら収入証明書も不要です。銀行により300万円以内と言う所もあります。

消費者金融プロミスと総量規制について

ところが消費者金融のカードローンの場合は50万円以上の融資に関しては収入証明書提示が法律で定められました。

他社と併せて100万円以上の融資限度額がある場合も同様です。総量規制と言うのは年収の3分の1以上の貸付は出来ない と言う法律です。
(⇒プロミスは総量規制超えの借入できる?

この総量規制はそれまで多額な融資を行ってきた消費者金融会社が、多くの多重債務者を生んでしまった事に対しての対策として施行されたのです。

その為にクレジットカードなども含めてすべてのキャッシング枠の合計が年収の3分の1以内でなければいけなくなったのです。

そこでプロミスも他社同様に50万円、もしくは他社の合計枠が100万円を超える場合は収入証明書が必要となるのです。

収入証明書は源泉徴収票が一般的ですが、最初の方でお話ししているように、給与明細(直近2ヵ月)確定申告書などでも代用できます。

三井住友銀行グループのプロミスはイメージも一新し、安心出来るカードローンとして顧客の豊かな生活の為にバックアップしてくれる事でしょう。

もちろん、借入れから返済までホームページでシミュレーションも可能です。プロミスはしっかりとした返済計画の相談にも乗ってくれますよ。

無理のない借入れと計画的な返済でしっかりと信用実績を積みながら、プロミスの目指す、より豊かな生活を楽しんで下さいね。

【参考ページはこちら】
総量規制の範囲内なら多重債務者も借入OK?

新着記事
TOPICS