> > プロミスから本当に借りれるのか?秘密にしたい利用者別攻略法

プロミスから本当に借りれるのか?秘密にしたい利用者別攻略法

プロミスは、消費者金融の中でも“借り易さ”で人気を集めていると言えるでしょう。

また、実際にプロミスは審査が甘めなんです。

でも…初めてプロミスを利用しようと考えている人なら誰でも、「自分の年収でプロミスで借りれるのか?」「アルバイトの身分でプロミスの審査に通るのだろうか?」と言った不安はあると思います。

そこで今回のレビューでは、「プロミスから本当に借りれるのか?」をテーマに、プロミス利用を考えている人たちの様々な立場や条件から、個別具体的に“プロミスの審査突破のための攻略法”をお届けしたいと思います。

それゆえ、この記事に目を通していただければ、「本当に借りれるのか?」から「本当に借りられる!」との確信に変わること請け合いだと思いますよ。

プロミスでキャッシングにはクリアすべき条件ある!

初めてプロミスなどの消費者金融を利用したいと思ったとき、多くの人は審査や手続きなどで、「プロミスから本当に借りれるのか?…」と感じてしまうのは無理からぬことだと思いますよ。

しかし、プロミスの審査について言えば、審査に通るために絶対にクリアしたい“条件”と言うものを事前に知っておけば、そんなに心配する必要はないのです。

審査通るため絶対クリアしたい“2つの条件”

プロミスの公式HPでの「利用に関する条件」を見ると、「満20歳以上69歳以下で、本人に安定収入のある方」となっています。

それ以外の利用条件に関しては明記されていません。

つまり、プロミスのカードローン審査に通って、お金を借りるためには、この条件をクリアすることが大前提になると考えて良いのです。

それゆえ、他の諸条件はクリアできても、この“2つの条件”をクリアできない場合には、審査に通らないと考えて良いと思われますね。

そして、この2つの条件とは、「年令制限」と「安定収入の有無」となります。

年令については、20歳以下の未成年は、法律によって融資が禁止されているので審査に通してくれません。

69歳までの年令上限については、この年令だと退職して年金受給者となることで“安定収入が無くなる”との理由で審査に通してくれないのです。

プロミスでは、年金を安定収入とはみなしません。

一方、「安定収入の有無」については、プロミス審査で一番重要になる条件と言って過言ではありません。

なぜなら、安定収入が無い人や収入が不安定な人って、「お金を貸してもきちんと返済してくれないような人…」とみなされてしまうからなのです。

しかしながら、プロミスが認める「安定収入の有無」に関する基準は、決して厳しいものではありません。

たとえば、「正社員で安定収入がなければダメ!」といったものではないのです。

再びプロミス公式HPを見ると、「利用条件」の中で、「主婦や学生でもアルバイトやパートで安定収入があれば審査の上で利用可能です。」と明記されています。
(⇒プロミスを利用しやすい職業とは?

つまり、

働き方いかんは審査で問われないのです。雇用形態や職種・職業はどうあれ、きちんと安定収入あればプロミスの利用は可能なんです!

年令制限について言えば、20歳以下の未成年がお金を借りられないことは当然のこととして受けとめられますし、安定収入についても働き方を自由に選べる中で安定収入さえ確保すればいいのです!

プロミスの審査は厳しくありません!

では、プロミスの審査って他の消費者金融の審査基準と比べてどうなのでしょうか?…

そこでまずは以下の表をご覧ください。

消費者金融 審査通る条件
プロミス ・満20歳以上69歳以下で本人に安定収入あること
・アルバイトやパートで安定収入あれば学生や主婦でも利用可
モビット ・満20歳以上65歳以下で定期収入を得ていることが条件
・勤続年数が1年以上ないと審査通過厳しい
アコム ・満20歳以上で安定収入があって返済能力あると審査で認められればOK
レイク ・満20歳以上70歳未満の方
・原則安定収入を得ている人(アルバイトやパートも可)
アイフル ・満20歳以上で定期収入あって返済能力が十分な人

以上の表の内容を見て、どのような感想をもたれたでしょうか?…

「プロミスって他の消費者金融の利用条件に比べると厳しいなあ~…」って感じてしまう人はまずいないと思います。

また、あくまでも口コミ情報の域を出ないのですが、“プロミスの審査通過率は40%前後”と言われているようですね。

アコムの審査通過率48%前後には引けを取る感が否めないものの、40%前後の審査通過率って決して審査が厳しいとは言えないと思うのです。

だって銀行カードローンの場合は、だいたい審査通過率が高くても30%前後となることを考えれば、“プロミスの審査は甘め!”と言って良いと思いますよ。

「利用者タイプ別」プロミス審査の攻略法!

さて、ここからはプロミスから本当に借りるための、審査突破に向けた「実用篇」となりますよ。

これからプロミスを利用してお金を借りてみよう…と考えている人たちの様々な条件や立場に立って、各々に個別具体的にプロミス審査を突破するための攻略法について考えていきたいと思います。

無職でも収入あればプロミス借りられる!?

まず1つ目の攻略法としては…「無職だけどプロミスから本当に借りれるのか?」「現在は無職だけどプロミス審査に通る可能性はあるのか?」…と言ったタイプの人ですね。

正直な意見から先に言えば、“無職の人”は、プロミスに限らず、他の消費者金融でも審査に通るのは非常に厳しいのです。

なぜなら、「無職=無収入」とみなされますし、実際に無職の人だと無収入の場合が多いからなんです。

そして、無収入だと、先の「安定収入の有無」との絶対条件をクリアできないのでプロミス審査に通るのは無理なのです。

しかし!無職でもプロミスで借りる攻略法はあります!それは「無職≠無収入」とならなければ良いのです。

具体的に言うと、無職でもなにかしらの定期収入があれば良いのです。

たとえば、そのような「無職≠無収入」に該当するのは、以下のような方と考えられます。

  • 株売買で収入ある
  • 不動産収入がある
  • ネットサイト運営で収入ある

今日では、ネット社会の進展によって、オーソドックスな働き方以外でも安定収入を得る道が増えたと言って良いと思います。

たとえば、ネットサイトの運営で安定収入を得ていたり、アファリエイト(成果報酬型広告)で収入を得ている“ユーチューバ―”の方、またアパート経営やマンションオーナーの不動産収入がある方も、実質的には無職扱いです。

が、安定収入を確保している人はいますよね。

そして、プロミスで「安定収入あり!」とみなされれば、実質的無職でも審査に通る可能性はあると言って良いのです。

つまり、無職でも一定の安定収入を確保しており、仮に収入が少なくても安定収入さえあればプロミス審査に通るのは可能なんです!

学生でもアルバイトしていればプロミス利用可!

次のタイプは、「20歳以上の学生」ですね。先にも触れたように、プロミスなら「安定収入あれば学生や主婦でも利用可」となります。

つまり、アルバイトやパートで安定収入を確保していれば、学生でもプロミスはOKとなります。

ただし、「学生でも安定収入あり!」とプロミスでみなしてくれる基準は決して甘くないと言って良いのです。

たとえば、“少なくても週4~5日程度は定期的にアルバイトやパートで働いていることが学生でも利用できる条件になる”との口コミ情報がありますよ。

逆に、週1~2日くらいの働き方だと審査に通るのは厳しくなるかもしれませんね。

また、“学生のプロミス攻略法”でのコツを挙げれば、

アルバイトの勤続年数は長い方が有利になると言うことです。たとえば、アルバイト歴が3年あっても、いくつかのアルバイト先での合計が3年間よりも、ひとつのアルバイト先で3年間働いていた方が審査では有利になります。

さらに学生がプロミスを利用する際に注意したいのは、“他社からの借入”なのです。

「学生だから他の消費者金融でそうそうお金を借りている人なんていないでしょう!?…」と、多くの学生の方は思いますよね。

確かに消費者金融でお金を借りている学生は少ないと思われます。

しかし!「奨学金」も立派な他社からの借入としてカウントされるのです。

たとえば、奨学金の借主が学生の親である場合は問題ありません。

が、学生本人が借主となっている場合は「他社からの借入あり。」と審査でみなされて不利になるのです。

では最後にプロミスを含めた“学生でも利用可”となる消費者金融の一覧を紹介しておきます。

消費者金融 学生利用の可否 保証人・担保の有無
プロミス 安定収入あれば学生でも利用可 原則不要
モビット アルバイトでも利用可(学生でも利用できる) 原則不要
アコム 安定収入ある学生ならOK 原則不要
新生銀行レイク 安定収入あれば学生でも利用可 原則不要
アイフル 学生でも安定収入さえあれば利用できる 原則不要

プロミスを含めて、どの消費者金融でも安定収入さえあれば学生でも利用できます。

年収少なくても“謙虚な希望額”でプロミス利用勝ち取れ!

「年収が少ないけどプロミスの審査って大丈夫なの?…」と言った不安や悩みは、たくさんの人がお持ちでしょう…。

しかし!プロミスの審査では、年収の程度はあまり影響しません!

だから収入が少なめなアルバイトやパートの方、あるいは学生でもプロミスでお金を借りられるのです。

そして、プロミス審査で重視するのは、年収の程度ではなくて、「収入がどれくらい安定しているのか?」なんです。

それゆえ、年収が少なくても収入が安定していれば問題ありません。また、いかに年収が高くても月々の収入がまちまちだと審査では不利になる場合がありますよ。

そこで年収が少なくても、より審査で有利に運ぶための攻略法を教えましょうね。

それは年収少ない場合には、“希望融資額も少なめに申告する”ことなのです。

年収が少ないのに年収に見合わないような希望額を申告すると、「年収が少ないのにこんな希望額を出して返済できるのか?…」と言ったように、かえって審査で印象や心象が悪くなって、年収の少なさがマイナス点としてクローズアップされてしまうことにもなりかねません。

そして、年収に見合う希望額のひとつの判断基準となるのが年収の3分の1までしか融資できない総量規制なのです。

年収が少なめの人は、総量規制の範囲内でも少し少なめに希望額を申告すると、「この人は自分の年収の少なさをしっかり理解して借りようとしているな…」と印象の良さを与えられるのです。

ちなみに、あくまでもひとつの目安として、プロミスを含めた消費者金融での“最低年収のボーダーライン”を提示しておきましょう。

消費者金融 収入あるいは年収の基準 収入証明書が必要な希望借入額
プロミス なし 50万円以上で提出必要
アイフル なし 50万円以上で必要
アコム なし 50万円以上で提出
新生銀行レイク なし 50万円以上で提出が必要
モビット なし ※ 明記無し

職種によっては“安定収入ある”アピール必要!

“安定収入の有無”とのからみで、「職種」を審査で問われることがあります。

あくまでも「安定収入を確保できる仕事なのか?…」との観点から職種を問われるのです。

では具体的に見ていきましょう。

まずプロミスの審査に通らない、あるいは非常に通り難い職種と考えられるのは、暴力団や過激な政治活動をしている政治団体と言った、“反社会的勢力”とみなされる集団に属する構成員なんです。

それ以外の職種だと、「トラック運転手」「タクシードライバー」「水商売」を挙げられます。

もちろん、プロミスは公式に「そのような職種の人だと審査に通りません。」とは明言していませんよ。

しかし、上記のような職種については、「離職率が高い」「収入が不確かな仕事」「勤続年数が少なめ」と言った理由で、「安定収入の点で不安ある!」と判断されてしまう場合が多いのです。

それゆえ、このような職種に就いている方の攻略法としては、いかに雇用が安定しており、かつ収入も安定しているかの事実を強くアピールできるかにあると言って良いのです。

それに関して、以下に挙げる事項がアピールとして役立つと思われます。

  • 雇用の安定さを証明できる書類
  • できるだけ収入証明書をそろえて提出
  • 真面目に働いていることをアピール
  • 信用情報にキズをつけない
  • 他で借金をしない

収入が安定していないような職種で収入少ない人の場合は、収入証明書の提出は必須と考えてください。

また、勤続年数の長さをアピールできるような書類は提出しましょう。

さらに大切なことは、「収入が不安定=信用力に欠ける」とみなされることから、過去に返済で遅延や延滞の無い“クリーンな返済実績”は絶対に必要と思われます。

なぜなら、そのような収入が少なくて不安定だとしても、過去に借りたお金をきちんと返済している実績があると信用力の上積みになるからなんです。

専業主婦なら「配偶者貸付」を頼ろう!

主婦の中でも、パートやアルバイトで働いている主婦と専業主婦とでは、プロミス審査での扱いは異なります。

なぜなら、専業主婦は、無職無収入の人とみなされるからなのです。

一方、パートなどできちんと収入を得ている主婦なら、問題なくプロミスの審査に望めます。安定収入あれば主婦でもお金を借りれますよ!

しかし!専業主婦でもプロミスの審査を通る攻略法はありますよ。それは「配偶者貸付」を利用することなんです。(こちらもご参考に→専業主婦はプロミスで借りられる?

「配偶者貸付」とは、配偶者、つまり夫の年収を担保にしてお金を借りる方法なのです。

そして、「配偶者貸付」を利用するためには以下の条件を満たす必要があります。

  • 配偶者の同意書
  • 結婚している事実を証明できる住民票・戸籍抄本
  • 配偶者の収入証明書

以上の書類をすべてそろえて提出した上で、審査に通れば専業主婦でも“原則”としてプロミス利用は可能となります。

が、口コミ情報によれば、

プロミスを含めた大手消費者金融では、事務処理手続き等の煩雑さを理由に利用を断っているようなのです。しかし、プロミス公式HP上では「配偶者貸付は利用不可」とは明記されていません。

そのことから「実際にプロミスに申し込んでみないと分からない…」とが正直なところなのです。

とにかく、専業主婦がプロミスの審査に通るための攻略法としては、「配偶者貸付」しかないと言って良いでしょうね。

条件次第で“ブラック”でもプロミス利用できる!?

ブラックになると「信用力が極端に低い人!」とみなされて、プロミスを含めたたいていの消費者金融の審査に通るのが非常に難しくなります。

一方で口コミの中には、「ブラックでもプロミスの審査に通ってお金を借りられた!」との体験談を認められます。

しかし、仮にそのような事実があっても、それは極めて稀なケースと言って良いでしょう。

では、ブラックだとプロミスの審査には絶対に通らないのでしょうか?…

それに対する答えは「NO!」です。それではブラックでもプロミス審査に通る可能性あると考えられるケースを列挙してみます。

  • ブラックになってから5年以上経過
  • 負債が完済ずみ
  • 収入の安定度が高い
  • 他社からの借入ゼロ
  • 個人属性がかなり高い

返済の延滞でブラックの場合は1~3年くらい信用情報機関にブラックとして名前が登録されます。

一方、任意整理などの債務整理では5~7年くらい、自己破産の場合は10年くらいとなりますね。

そして、自己破産の場合は厳しいのですが、その他の理由でブラックとなった場合では、一般的にブラックになってから5年以上経っており、かつその際の残債をすべて完済していればプロミス審査に通るケースもあります。

また、公務員や大企業の正社員だと、収入と雇用の安定度が高いので審査に通してくれる場合もあると言えますね。

さらに、「年収がすごく高い」「勤続年数が長い」「会社で役職の地位にある」「有名な資産家の家系である」と言ったような、属性が飛び抜けて高いような場合も審査に通してくれる可能性はあるのです。

以上の点を考慮して、ブラックの人のベストな攻略法としては、「ブラックが過去の事実としてきちんと清算されてから申し込む」ことなんですね。

つまり、ブラック登録が信用情報機関から抹消されれば、クリーンな与信情報となるので、ブラック以前と同じように審査に通るのは十分可能になります。

転職決まりなら転職前にプロミス申し込め!

今日では、転職はそんなに珍しいことではありません。

また、働き甲斐や年収アップを見込んで、積極的に転職する方も少なくありませんよね。

他方で、プロミスを含めた消費者金融のカードローン審査では、「転職」はあまり好意的な材料とはならないのです。

理由としては、転職すると勤続年数がすべてリセットされて短くなってしまうからなんです。

また、転職を頻繁に繰り返すような人は、「離職率の高い人…」と判断されて信用力にやや欠けるとみなされることで審査に通り難くなるからなんですね。

そのことから、すでに転職が決まった人の攻略法は、「転職する前にプロミスに申し込んで審査に通しておく!」ことに尽きます。

転職前なら、それなりに勤続年数もあり、収入も安定しているので、審査に通る条件としては申し分ありません。

そして、転職がすでに決まっていても、申し込み時点での報告義務はありません。

また、申し込んだ時点で前の会社に未だ勤務していればウソにはなりません。

さらに、退職と転職までに期間が空いて、一時的に無職の状態になるという人は、必ず転職前にプロミスに申し込んでくださいね。

なぜなら、転職先が決まっていても、無職の状態でプロミスに申し込むと、申し込み時点での条件で審査されるので“無職扱い”となって審査に通らないからです。

そして、ひとつ注意して欲しいのは、転職したら必ずプロミスに「勤務先の変更届」をすることなのです。

誤った個人情報を放置しておくと、そのことが分かったときに一定期間でカードローンを停止されたり、限度額を大幅に減額されてしまうことがあるからなんです。

攻略法で「本当に借りれるのか?」から「本当に借りれる!」に!

最初はプロミスから本当に借りれるのか?…と不安だったけど、案外にプロミス審査って緩めで柔軟なことが分かったので少し借りれる自信がついたのではないでしょうか?!…

そして、プロミス審査に通る最大のコツ!は、“安定収入の確保”に尽きると言って良いのです。

そうなんです!プロミスって、実はすごく借り易い消費者金融なのです!

それゆえ、この条件さえクリアできれば、「プロミスで本当に借りられる!」との道は開けますよ!

また、「利用者タイプ別攻略法」をよく読んで、「自分ならこのタイプの攻略法かな?!…」とあたりをつけて、自分に合った攻略法でプロミス審査に望めば、「プロミスから本当に借りれる!」と言った自信がもてると思いますよ。

ひとりでも多くの方が、この記事に目を通して「プロミスから本当に借りれるのか?…」の不安から、「プロミスで本当に借りられる!…」との確信を得ていただければ幸いと感じます。

【参考ページはこちら】
プロミスでいきなり100万借りられる?

新着記事
TOPICS