> > プロミスで借り入れ!郵送でのながれを解説

プロミスで借り入れ!郵送でのながれを解説

キャッシング契約をしていな方には、「キャッシングってなんか難しそう」「自分でも契約できるの?」と思っている方も多いのではないでしょうか?

まだカード類を持ったことの無い人には、そういった契約手続きをとても難しく考えている人もいるようですね。しかし現代は現金から電子情報(カード)へと移り変わっているのでキャッシングをする機会もいずれは出て来るのではないでしょうか。

今回はキャッシング契約初心者の方に、キャッシングとは何か?という事から実際の契約の流れを説明していきたいと思います。キャッシングの中でも銀行系で大手のプロミスの契約の流れを通して、キャッシング契約に付いて見ていきましょう。

プロミスってどんな会社

プロミスは三井住友銀行グループのキャッシング会社です。つまりキャッシングに特化して、それだけを扱っている会社という事ですね。
(⇒安心の大手!みんながプロミスで借りる理由

ここで、そもそもキャッシングって何?と疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。いまやキャッシング自体がいろいろな会社や銀行で商品として取り扱われていますが、その内容をきちんと把握している人もいるのではないでしょうか。

キャッシングは商品名

ではまずキャッシングについての説明をしていきましょう。キャッシングとは金融商品の総称で、有る特徴を持った借入ローンの事を指します。つまりカーローンや住宅ローンなどといったローン商品の仲間なんですね。

しかしキャッシングは下のような特徴を持つことで、他のローン商品とは全く種類が違っているとも言えるでしょう。その特徴とは、

  • 無担保・無保証人で契約可能
  • 使用目的がフリー
  • 契約期間であれば再借入可能

という事なのですが、特に特徴的と言えるのは無担保・無保証人であり、銀行などは以前このような特徴を持ったローンは一切扱っていませんでした。

プロミスは消費者金融会社でもあるのですが、キャッシング会社というと消費者金融会社(貸金業者)の事を通常指します。そもそもキャッシングを扱えるのは銀行か、貸金業者の二つしか有りません。

ですから銀行でなければ貸金業社(消費者金融会社)なんですね。そして大きくキャッシングは消費者金融系キャッシングと銀行系キャッシングに分かれるのです。

銀行系と消費者金融系の違い

二つの違いとは一般的に、

銀行系=金利は低いが審査が厳しい、消費者金融系=金利は高いが審査が緩く、サービスが充実している

というように分かれるようですね。

そういう形でプロミスを見ると、消費者金融であるプロミスは金利は多少高いが審査が緩く、サービス面がの充実という事が言えそうですね。また、消費者金融系とはいえ、銀行グループでもあるプロミスは信用度においても高いという事が言えそうです。

プロミス自体が元々はれっきとした消費者金融会社だったんですが、ある時期に三井住友銀行系グループと合併しました。銀行の資金力の欲しいプロミスと消費者金融のノウハウ・システムが欲しい三井住友銀行の意向が合致した合併だったのですね。

特徴による分類とプロミスの特徴

ではそんなプロミスの特徴ですが、まず消費者金融で有るという事ですね。銀行のグループではあるのですが、消費者金融会社であるという事がプロミスの一つの特徴を表しています。

前項で、キャッシング会社には銀行系か消費者金融系かどちらか、という話をしましたが、この二つで特徴が異なって来るのです。では特徴の違いはというと、なず下の表をご覧ください。

銀行系 消費者金融系
金利 低い 高い
審査 厳しい 緩い
サービス 少ない 良い

これは銀行系と消費者金融系のキャッシングの特徴を比較した表ですが、このように、

審査が厳しいが金利が低い銀行系と、金利は高いが審査が緩くサービスの良い消費者金融系という構図になります。

また銀行系は資本が大きく、信頼度という面でも特徴が有ります。銀行系が金利の低さと、信頼度で特徴を出しているのに対し、消費者金融系は借りやすさ、サービス面で勝負しているとも言えますね。

プロミスの特徴

プロミスは消費者系ですから、審査の緩さ、サービス面に特徴が有る訳です。しかしそれだけでなく三井住友銀行グループという事で資本的にも強みがあるようです。

では、次は具体的にプロミスのキャッシングの特徴を見てみる事にしましょう。まず基本スペックを見ていきますと、

  • 融資限度額500万円
  • 借入利率4.5%~17.8%
  • 年齢基準20歳以上69歳以下

というのが、重要項目の内容になってきます。融資限度額から見ていきますと、かなり高額と言えます。銀行系・大手消費者金融はこの額ですが、消費者金融系でありながら大手銀行グループという資本の強みがここに出ていますね。

また借入利率4.5%~17.8%というのは、消費者金融系が上限18%~20%までがほとんどという事を考えると、低めの設定になっているようですね。年齢基準に関しても上が69歳までOKというのはかなり高いようです。

またホームページを見てみると対象者としてパート・アルバイトや年金受給者の人でも契約OKと書かれているので、かなり幅広い層を対象としていて、審査基準も有る程度緩いと考えてよさそうですね。

またサービス面という部分で、目を惹くのが30日間無利息サービスというのを現在行っているという事です。これは初めての契約者であれば、始めの30日間無利息で借りれるという事です。

サービス面でもやはり消費者金融ならではのサービスが見られます。という事でプロミスは消費者金融の特徴を充分に生かしつつ、資本力などの銀行系の長所も併せ持っているという事が言えそうですね。

プロミスで契約をしよう

ではプロミスで契約をしていく事にしましょう。ここではキャッシングの契約までの流れを説明していきます。プロミスの例を出しますが、内容的には一般的なものですので、ほぼ同じような内容と考えて良いでしょう。

申込み~簡易審査

まず申込みから行っていく訳ですが、申し込みは①電話・②インターネット・③店舗へ行く、と三つ方法が有ります。一番便利なのはインターネットでしょう。

理由としては、自宅で出来る事、簡易審査もすぐ出来る事、詳しい内容がホームページで確認しながら申込みが出来る事が挙げられます。もちろんネット環境が無い人などは電話・店舗へ直接行く形でも申込み可能です。

共通して言える事は、簡易審査がまず第一段階として有るという事です。キャッシング契約には必ず審査が必要になりますので、審査で落ちれば契約自体ができません。

審査は細かい条件も勘案される為、自分の身分証明・条件などを申込書類で詳しい内容を記載しなければいけませんが、まず細かい審査をする前にお互いの無駄を省く為、簡単内容で通りそうかどうかの簡易審査が行われるのです。

簡易審査自体15分程度で済みますのでそんな時間のかかるものでは有りません。申込み・簡易審査が終われば、本審査が有り、契約の流れになっていきます。

本審査~条件決定

次は本審査ですが、この際には書類の提出が基本必要になってきます。また身分証明・収入証明などの証明書類も必要になってきますので予め準備しておいた方スムーズに手続きが運べます。

証明書類というのは身分証明書として運転免許証・パスポート、収入証明として源泉徴収書や給与明細などがそれに当たり、書類は店舗に持っていくか、郵送でも対応可能という事ですね。

インターネットで契約をする場合は書類のやり取りは郵送で可能です。しかしその分日数がどうしても掛ってしまいます。最短で契約したいという方は店舗へ持ちこむのが一番早いでしょう。

そして本審査が通れば、契約になりますが、その前に借入条件や返済計画などを立て決定していきます。借入条件は返済期間・金利などが決定されます。返済期間は任意ですが金利については会社側で決定されます。

返済期間などは、月々の返済金額によって変わってきますが、計画的に無理なく返済できるような計画を立てる事が必要ですね。月々の返済金額多ければ期間は短くなりますし、少なければその分期間は長くなります。

長くなればその分支払う金利も増えていきますので、無理の無いようにですが、なるべく金利を抑える期間に設定するバランスが重要になってきますね。いくつかのパターンが考えられますが、シュミレーションもしてくれますのでまずは相談をすべきでしょう。

契約~カード発行

最後に契約ですが、細かい条件が決定すれば、契約しカード発行の流れになります。カードが発行された時点で現金引き出しも可能になります。カードの受け取りは郵送でも可能ですので郵送対応を指定している人は自宅へ郵送されてきます。

店舗で契約をしている方は店舗で発行され、契約日当日からカードの使用が可能になります。現金引き出し・返済はATMの活用が便利ですね。

プロミスは三井住友銀行のATM、提携しているコンビニATMからの利用が可能という事です。コンビニATMの場合、手数料が多少かかる場合があるようですが、身近で便利という面では非常に助かりますよね。

審査・契約後の注意事項

では最後に審査と契約後の注意事項について話をしていきましょう。まず始めの申込みから審査についての注意事項です。

審査時の注意事項

まず審査についてですが、いろいろな項目で審査は行われますが、通る可能性として100%は無いという事です。これはいくら自分の条件が満たされていても通らないケースというのが存在するという事です。

それは、キャッシング会社の方で、貸付を現在行いたくないタイミングが有るという事です。そんな事が有るの?と思われるかもしれませんが、やはり会社ですので運営上厳しい時には支出となる貸し付けを渋る場合もあるのです。

では、どうしたら良いかというと保険を掛けておくという事が重要になってきます。1社で無く一度に数社申し込みをしておく事が得策ですし、100%でない以上当然掛けておくべきと言えます。

ただその際に、一つ一つ審査受け、落ちたら次、というやり方で無く、申込みするなら数社一度にするべきなんです。なぜかというと、キャッシング会社は一般的に審査時に既に他社で申し込みをしている人を嫌う傾向が有ります。

そして審査の申込みをすると、その情報が金融機関が情報共有している情報機関に保存されるので、次受ける先では、既に違う会社で審査を通しているという情報が審査時にわかり、嫌われてしまう傾向が有るという事です。

申込みから情報機関までに情報が行くまで数日かかると言われていますので、一度に申込みを数社しておけば、その情報が届く前に審査を受ける事が出来るという事なんですね。

また審査の時の書類記載について注意をすべき事ですが、誤字・脱字・記載漏れ・記載間違いのないようにしましょう。特に申告書類での記載間違いは虚偽の申請と区別がつかないので、それだけで撥ねられる場合が有ります。

審査時に、書類がきちんと掛けているかどうかも審査ポイントとなるので、丁寧に間違いの無いようにする事が大切です。

契約後の注意事項

契約後に気を付けなければいけない事は、まず返済日を忘れず、遅延しないようにする事です。遅延すればその分、延滞金の支払いが必要になりますし、信用もどんどん落ちていきます。

また再借入も計画的にし、あまり頻繁にしないよう心掛ける事も大切です。契約後に借入限度額を上げる事も可能ですが、支払い遅延や再借入が頻繁に有るとそれもできなくなります。

契約期間についても注意です。契約は形式上、契約期間が過ぎても自動更新する場合がほとんどですが、更新時に実は更新審査が行われているので、中には契約更新が出来ない場合も有ります。

その場合、返済は今まで通り分割ですれば良いのですが、再借入れについてはSTOPになってしまう事も有ります。契約期間が基本的には有る事を覚えておく必要が有ります。

最後に、連絡先・住所などが変わった際は必ず連絡をしなければいけないという事です。特に携帯番号が変わった時、連絡のし忘れなどが多いようですが、本人連絡がつかないと実家とか緊急連絡先に連絡が行くので要注意ですよ。

以上、注意事項を守って適切な使用に心掛けましょう。

【参考ページはこちら】
プロミスのおすすめQ&A

新着記事
TOPICS