> > 増額審査が通らないのは何故?プロミスの審査に落ちる理由とは

増額審査が通らないのは何故?プロミスの審査に落ちる理由とは

カードローンで今の限度額以上に借りるなら、増額を申請しない事には何も変わりはしません。

しかし増額するには審査が必要となり、融資の審査は場合によっては落ちる事もありますので、必ず増額できるわけではありません。

特にプロミスのように利用者が多い消費者金融だと、増額希望者が増える分、審査に落ちたという人も多くなります。

プロミスの増額審査はどうなっているのか、そして何故落ちてしまうのか…気にされる事も多いこの疑問を解消していきます。

プロミスはどこで審査してる?融資の際に見ている点とは

融資に申し込むと、申込先の金融業者の審査を受ける事になります。この審査では基準がないと、何を持ってして合格かは判断できませんよね?

プロミスも融資を行う以上、以下のような基準を元に審査を進める事になっています。

  • 年収
  • 職業
  • 勤続年数

融資審査では年収が一番大事では?と融資を受けた事がない人でも分かるくらい、実際に大事にされているのが年収の数値です。

当たり前の話ですが、年収が多いほど毎月返済に割り当てられる金額が変わりますので、融資審査でも飛躍的に有利になるでしょう。

ただし、年収だけで融資審査が決まるわけではなく、年収に直結するであろう職業もしっかり見ています。

職業については給与額が多く安定している大企業の正社員が有利ですが、一番安定していて好ましいとされるのは公務員です。

逆に非正規雇用であるアルバイトや派遣社員は有利とは言えませんが、プロミスではこうした仕事でも融資が絶対に無理とはしていません。
(⇒プロミスから派遣会社に在籍確認ある?

そして、勤務先に付随する形で勤続年数が見られています。長く会社に勤めているほど審査では有利になるでしょう。

仕事をころころ変える人はいつ収入が途絶えて返済が滞るか分かりませんので、これも融資で大事というのは何らおかしくないですね。

こうした基準はどんな融資でもお金を返す為に必要なので、プロミス以外を使うのであっても見られていると思って下さい。

審査基準に差があるのは当たり前?落ちる条件も異なります

こうした融資審査は先ほど説明した要素を見ていると、どんな金融業者も似たようなものというか、同じように判断していそうに思えますよね?

ですが、融資審査の基準というのは、金融業者によって差があるのは当然の事なのです。

例えばとある銀行が職業を重視していたら、とある消費者金融は年収を重視しているような違いですね。

さらに、プロミスには以下の融資方法があり、その融資方法にて用途が違うように審査の難しさも違ってきます。

サービス名 利用用途
フリーキャッシング 事業費以外で自由に使えるカードローン
おまとめローン 他社からの借入をおまとめするか借り換え時に使う
自営者カードローン 事業費を含めた用途自由なカードローン
目的ローン 冠婚葬祭や治療費などの決まった目的向け融資

プロミスにおいて最も人気で使いやすいのがフリーキャッシングなので、審査基準的に考えるとこちらが一番手軽でしょう。

同じくカードで使える融資としては自営者カードローンがありますが、こちらの方が審査は難しくなっています。

何故なら、事業に使うお金というのは金額が大きく、さらに自営業は会社員と違って赤字になるとすぐに収入が途絶えてしまいます。

そういった用途に使う以上、事前に厳しく返済能力をチェックしない限りは貸せません。

それ故に、重視する要素の違いが審査落ち理由の違いにも繋がってしまい、一概にはっきり言えません。

そうなると通常の融資審査だけでなく増額審査でもそれは同じなのか、次項から解説していきます。

増額審査は通常審査と変わらない?プロミス増額の謎

まず、増額の際に何故審査が必要なのかというのを考えていきましょう。

「最初の申し込みで審査に通過したのに、増額でもわざわざ審査するの?」という気持ちも最もです。

ですが、例えば「30万円貸して!」と申し込むと、プロミスは「30万円貸すのにこの人の状態はどうだろう」と審査します。

つまり、初回の審査では30万円までしか貸す事を想定していませんから、何も無しに「次は50万円にして!」と言われて二つ返事で了承はできません。

なので増額でも審査があり、基本的に見られている事は変わりません。ただ、重要とされる基準が若干変化していると思うべきです。

プロミスでの増額審査は、プロミスでの利用実績が非常に重要となってきます。

具体的に利用実績って何?という人の為に以下に利用実績についてまとめています。

  • プロミスのカードローンを定期的に使っている
  • 返済に遅れずに返している
  • 繰り上げ返済など可能な限り早く返す努力もしている

今持っているプロミスのカードローンで増額するとしたら、確かにどの点も増額する上では見ておきたいですよね。

特に、返済に遅れている人というのは、実績以前の問題として非常に厳しい目が向けられます。

返済に遅れた結果として増額ができないとなると、一般的に良く言われているブラックリストである可能性もあります。

増額と言えど、審査ではきっちりと見るべき点を全て見ていると思って良いでしょう。

他社の実績もカウントされる?信用情報機関にご注意を

プロミスで増額するのなら、プロミスで実際に借りて返すのが一番良いというのは、理屈としては非常にひっくり来ますね。

しかし、実はプロミス以外での使った融資履歴も審査に影響するというのは、意外と多くの人が見落としています。

「何でプロミスが他の消費者金融の利用について知っているの?」という疑問に関しては、信用情報機関について知ればすぐに分かります。

信用情報機関というのは、私たちの融資利用に関する情報をリアルタイムで記録している機関です。プロミスの場合は日本信用情報機構…通称JICCの情報を主に見ています。

信用情報機関というのは金融業者毎に担当が変わっており、以下の三社が存在します。

  • JICC(日本信用情報機構)
  • CIC(シー・アイ・シー)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

一番上から消費者金融系、信販会社(クレジットカード)系、銀行系の信用情報機関になります。

例えばプロミスと同じ大手の消費者金融を利用し、30万円借りて問題なく返済したとしましょう。

その情報は、プロミスにとってはプラスです。同じ消費者金融を問題なく使える人は、自社でも問題なく返してくれる可能性が高いですね。

逆にその消費者金融で延滞していれば、プロミスはそれを考慮して審査し、厳しい結果を突きつける事があります。

とはいえ、自己破産などをせずに数日遅れた程度であれば、大目に見る可能性もあるので、最終的にはプロミスの裁量次第とも言えます。

増額審査落ちは信用不足?増額審査内容からの推測

さて、増額審査で重要な事、そしてどうやってプロミスがそれを知るかを説明してきましたが、ここで一つの結論が出ます。

プロミスの増額審査は色んな点を見られますが、基本としては信用が足りないから落とされたという場合が多くなります。

増額審査でも年収や職業はもちろん見られますし、それらが原因で落とされる事もあるでしょうが、良く考えて下さい。

年収というのはこちらが報告しない限り、プロミスからすると増えているか減っているかは分からないし、職業も転職しても報告しないと変化が分かりません。

そうなると、プロミスにおいて一番判断材料として重要かつリアルタイムで手に入る情報は、この信用実績になります。

一番重視している点が心許ないから審査に落ちた…これは理屈として最もですね。

では、増額審査を受ける前に報告しないといけない事をまとめてみましょう。

  • 年収(昇給若しくは減給、或は転職での増減)
  • 職業(転職や昇進、降格など立場の変化)
  • 住居形態(持ち家か賃貸か)

逆に報告しなくとも良い点は以下の通りです。

  • 利用実績(プロミス側が随時把握)
  • 勤続年数(転職がない限り自動で増える事になる)

尚、有利になった時のみ報告したいと考えるかもしれませんが、仮に自分にとってマイナスな情報でも報告する義務があります。

これは融資の利用規約にも書かれており、もしもバレるまで黙っていると、後から利用停止などのペナルティが生じる可能性も否定できません。

それでもプロミスの審査落ち理由がはっきりしない背景とは?

プロミスでは実際に利用した実績こそが一番大事というのは、理屈から考えても納得出来るし、それが理由で落ちたら納得もするでしょう。

ですが、プロミスで増額審査が落ちた理由が完全にはっきりと分かるという根拠は、どうしても得る事は難しいです。

これほどまでに実績の重要性を説いてきましたが、よく考えてみて下さい。

プロミスは、基本的に自社の審査基準を教える事はありませんし、こうした質問には答えかねると常日頃から表明しています。

何故融資審査の基準がクローズドなのか、考えてみましょう。

  • 基準が分かると分からない人に比べて不公平だから
  • その基準に特化して申請情報を偽りやすくなるから
  • そもそも結構な頻度で基準が変わるから

こうした融資に関する情報を集めるには、基本的にインターネット環境の有無が大きく影響します。

そうなると融資審査の基準を公表している場合、知る事が出来ない人というのも必然的に出てきてしまい、知る人との格差が進んでしまいます。

さらに、仮に『勤続年数が一番大事』と分かった場合、この情報は比較的偽装しやすい事もあって、この一点だけちょろまかして書く…なども考えてしまいます。

しかしこれをされてしまうとプロミスは返済能力以上のお金を貸し付ける事になってしまい、貸し倒れと言って返済してもらえない可能性が出てくるのです。

後、実はこうした融資の審査基準というのは、利用者に報告する事なく定期的に変更していると言われています。

やはり元社員などが情報を漏らす事を想定すると、こうした方法をとるのがプロミスとしては安心に繋がります。

しかも、元々情報を公開していないのに変更されても、私たちからするといつ変わったかも分かりません。

一般的に言われている事から審査落ちした理由を推定する以上の事は、現実的に考えて難しいのです。

確実に落ちる事もある!?審査落ちの確定条件の存在

幸いインターネットのおかげで簡単に、それでいて金融関係者などの精度が高い情報を得られる為に、100%とは言わずとも参考になる情報はたくさんあります。

ただ、実は『この状態だと確実に審査落ちしてしまう』という情報は存在しています。

逆に『この状態なら審査に確実に通る』という事はないのですが、それでも審査落ちする状態が分かるだけでもプラスなので、確認してみましょう。

  • ブラックリストに登録されている
  • 総量規制に引っかかってしまった

まずはブラックリストについて…ですが、これはあまりに有名な単語の為にご存知の方も多いですね。

ブラックリストというのは、先述した信用情報機関に金融事故…つまりは延滞や自己破産などの情報がある人の事です。

延滞は元より、返済できないからと借金を帳消しにする自己破産をしてしまった人に、返済能力があるわけもありません。

延滞でも長期間となると十分重い情報ですが、自己破産となると10年以上は増額はおろか、そもそも融資を受ける事も不可能でしょう。

そして総量規制についてですが、こちらの理屈は簡単で『消費者金融からお金を借りる場合、最大でも年収の三分の一まで』と決めた法律です。

分かりやすい例えで言えば、年収が300万円なら最大でも100万円しか借りられないという結論に至ります。

銀行ならこの規制はありませんが、今回メインで紹介しているプロミスは消費者金融なので、この規制が当てはまる事に注意して下さい。

また、増額にせよ通常の融資審査にせよ、落ちてしまうとちょっとした(人によっては大きいかもですが)ペナルティがあります。

審査落ちするとしばらくお預け?増額タイミングは慎重に

増額申請は基本的にいつでも出来る…のですが、それは『最後に増額申請及び初回審査を受けてから一定期間経過した場合』のみとなります。

この期間についてもはっきりは明言されていないものの、一般的に半年以上は待たないと再度審査を受ける事はできないとなっています。

例えば以下のような感じです。

☆カードローンを初めて作ってから半年が経過、その間増額申請していない
→増額審査が受けられます。

☆増額審査に落ちてしまい、三ヶ月が経過した
→増額審査を受ける事はできません。

実際のところ、消費者金融を利用した人の中には「利用から三ヶ月くらいでも増額してもらえた!」という報告があります。

ただ、そういう人は『初回審査で希望額よりは減らされたものの、完済すればそこまで引き上げる』といった約束があったりと多少特別な状態である可能性もあります。

「そんな特別扱いみたいな事あるの?」と思うかもしれませんが、プロミスみたいに大手で柔軟な対応をしている金融業者なら、実在するケースです。

究極的な結論になってしまいますが、プロミスからすれば「返済さえしてくれるなら多少は何でも良い」というのが本音です。

それゆえにブラックリストの人でも、消費者金融は必ず落とすべしという法律が存在しているわけではありません。

もちろんプロミスはブラックリストを通すほど利用者が少ないわけでもありませんが、消費者金融ならば返済が大前提であり、増額でも同じ思考回路で行動していると思って構いません。

増額は焦らないのが一番?期間をかけるほど有利になる仕組み

増額審査に落ちてしまう理由から逆算すれば、増額審査に通る為に大事な事は以下の通りとなります。

  • 審査基準は通常の基準とほぼ同じ
  • 実績が特に重要視されている
  • 半年程度は待たないといけない

この事実から最もベストな増額申請の仕方というのは『長期間融資を利用しつつ実績を貯めてから申請』という結論になるでしょう。

年収や仕事に関してはなかなか選べる時代ではありませんが、実績というのはプロミスを使うだけで自然に貯まっていきます。

そして何より最低半年は待たないと増額はできませんし、そこまでまだ利用していないのなら焦っても仕方ありません。

また、実績は長期間お金を借りて返してをしているほど積み重なると考えれば、半年と言わず一年や二年とどっしり構えていると、自然と増額しやすい状況にシフトしていきますね。

なので焦って増額しようとすると失敗するので、最初の半年くらいは『増額せずとも困らない生活基盤』を作る方が重要です。

さすがにその方法については融資から離れすぎてしまうので割愛いたしますが、カードローンは元々は『いつでも使えるからこそ使うべき時まで温存』するものです。

しょっちゅうカードローンを使い、さらに増額もしないとにっちもさっちもいかないような生活状態では、多重債務や破産のリスクが高すぎます。

増額すればするほどプロミスのカードローンは便利に生まれ変わりますが、増額する前にまず余裕を持ちましょう。

余裕があればプロミスも評価?相手から増額申し出もある!

増額するには余裕をもった利用と期間が必要と書きましたが、そうしていると自分から申請するだけではなく、自然と増額が成功する事もあります。

「自分で動かなくて増額出来るの?」と不思議に思うかもしれませんが、その可能性は本当にあります。

プロミスは優良顧客と認めた相手に対しては、増額のお誘いをしてくる事もあります。営業の電話、と言うと分かりやすいかもしれません。

貸したお金を返してくれないのはプロミスにとって最悪の事態なのですが、逆に返済してくれる人には使ってもらわないと利益にはなりません。

その観点でいえば、自社のカードローンを持っていて尚且つ優良な顧客に対して利用を促すというのは当然の行為です。

もちろんただ単に使えと命令するわけではなく、あくまでも必要な状況はないか…そして何より、より良い条件で借りてみないか?と提案する事があるわけです。

実際のこうしたプロミスからの連絡に関しては、強制するようなおっかないものではなく極めて丁寧であり、こちらが断るとすんなり引き下がります。

しかし、本来なら自分から申請しないといけない増額を推奨してくるというのは、逆に言えば「増額するのに十分な状態です」と言っているようなものですね。

なので本当に実績があって自分から増額しない人…つまり、先に説明した『ゆっくりと実績を重ねている人』とぴったり合致します。

増額に対して長い目で備えられる人は、案外自分から苦労せずともすんなり増える事があるので、尚の事こうした考え方で増額に挑んではいかがでしょうか?

【参考ページはこちら】
プロミスで増額したい人のための注意点

新着記事
TOPICS