> > プロミスの審査に落ちたら既にブラックリストの可能性あり?

プロミスの審査に落ちたら既にブラックリストの可能性あり?

プロミスという消費者金融は、比較的多くの人にとって審査に通る可能性がある、大手ながらも柔軟な金融業者として人気を博しています。

しかし、審査に通りやすい金融業者と言えど全員必ず借りられるとは限らず、審査に落ちてしまって融資を受けられない場合もあります。

通りやすいはずなのに落ちてしまう…これはもしかしてブラックリストになってるかも?と自分の事を不安に思う人も居ます。

プロミスの審査に落ちるという事は、ブラックリストの可能性が濃厚なのでしょうか?不安を払拭する為にも、理解を深めていきましょう。
(⇒ブラックリスト入りでもプロミス利用できる?

ブラックリストって何?何故なるかをまずは把握すべし!

ブラックリストと聞くと「もしかして借金に関係する事?」とすぐに理解する人は多く、融資未経験の方であっても分かるくらい有名な単語となっています。

しかし、ブラックリストは正しい金融用語ではなく、一般に広がった俗称または造語とも言える単語であり、正確な内容は以下の通りです。

ブラックリストの正式な名称は『金融事故登録者』とも呼ぶべき内容です。過去に融資を利用した際に、金融業者に対して損害を与えた存在と思って間違いないでしょう。

金融業者に損害なんて、そんな大それた事できるの?とお思いでしょうが、その気になれば簡単にできます(もちろん意図的に行ってはいけません)。

  • 返済期日になってもお金を返さない
  • 債権整理を行う

融資契約の基本としては『期日に遅れる事なく、必要なお金を用意して返済する事』となります。

にも関わらず返済に遅れるとなると規約違反であり、こちらはどんな理由があっても原則としては全面的に悪くなります。

そもそも金融業者は期日までに利息を含めたお金を返してもらい、そのお金をまた誰かに貸し付ける事で営業が出来ています。

その誰かに貸すはずだったお金を返してもらえないと、損害が出るというのは当たり前の話であり、要注意人物と見なされても文句は言えません。

また、債権整理というのも金融業者によっては避けてもらいたい行動の一つです。

債権整理というのは、どうしても返済が行えない人が債務…つまりは借金を整理する事であり、その整理の幅は行動によって異なります。

☆任意整理
→借金を減額若しくは分割してもらって負担を軽減する
☆個人再生
→借金を減額してもらい、その後3年間で返済する
☆自己破産
→全ての借金を帳消しにするが財産は全て没収される

全ての方法で金融業者に損害が発生しますが、特に自己破産は私たちにリスクが大きい分、金融業者の損害も大きくなります。

債権整理は延滞よりも金融事故としては重度に見られるでしょう。

ブラックリストだとプロミスでは本当に落とされるのか?

まずブラックリストにおいて知っておいてもらいたいのは、『ブラックリストでも融資審査に落ちるとされる法律はない』という事です。

融資審査ではお金を返せるかどうかを確認し、返せると思ったら貸し付けるという、実はシンプルなものです。

なのでブラックリストと呼ばれる状態であっても、理論上融資審査に通る可能性が完全に0となるわけではなかったりします。

しかし、ブラックリストであってもプロミスの審査に通過したというケースはほぼありません。

プロミスがブラックリストを通さない理由としては、主に以下の理由が該当していると言えるでしょう。

  • 大手なのでわざわざリスクの高い顧客に貸す必要性が低い
  • 銀行のグループ企業なので公正な審査と方針が必要
  • 自己破産などをされる可能性がすでに高い

まず一番上の理由ですが、これはプロミスだけでなくアイフルやモビットなど、名の知れた消費者金融では比較的共通している事と言えます。

例えば元々融資を使う人が少なくて、業界自体が顧客の争奪戦のような様相を呈していれば、ブラックリストでも多少は見逃すべきかもしれません。

しかし、融資利用の希望者が多い上に、プロミスは特に利用者が多く希望者も定期的に訪れる大手消費者金融です。

身も蓋もない言い方をすれば、顧客を選べる立場にあります。そうなると優良顧客から優先して貸すのは企業として当たり前で、わざわざリスクを選択する意味がないのです。

また、プロミスは昔こそ純粋な消費者金融でしたが、貸金業法改正により経営が厳しくなり、三井住友銀行のグループ企業となる事で存続を計りました。

その結果として銀行の資金力に加えて安心感を得る事が出来ましたが、昔のような無茶な貸し付けは出来なくなりました。

特に総量規制という決まりが出来てから、年収の三分の一以上は貸し付けが行えませんし、返せない人に貸しては銀行の面子にも関わります。

銀行というクリーンさが求められる企業の傘下にあるのなら、プロミスにも昔以上のコンプライアンスが求められてしまい、それが昔よりも厳しい審査に繋がっているのです。

こうした事情もあり、ブラックリストだとプロミス審査に落ちるというのは、ほぼ当たり前になっています。

プロミスの審査落ち理由は本当にブラックだけ?

「ブラックリストだからって問答無用で審査に落ちるのは理不尽では?」と訝しむ人もいらっしゃったかもしれませんが、実際にブラックな状態をしると落ちるのも仕方ないと思われるかもしれませんね。

プロミスは最初に説明したように審査に通りやすいのですから、そんなプロミスに落ちてしまうのならブラックくらいしか理由が思い当たらないかもしれません。

ですが、ブラックリストだけがプロミスの融資審査に落ちる理由ではありません。

プロミスはブラックかどうかで融資を決めるような簡単な審査ではなく、複数の項目を見た上で審査結果を出しています。

では、他に落ちる理由としてはどのようなものがあるかと言うと

  • 希望限度額が多すぎる
  • 仕事が不安定すぎる
  • 収入があまりにも低すぎる

特にこの中でも注意したいのが、『あまりにも希望限度額が多すぎる』という事です。

融資審査というのは、当然ながら貸付額が大きいほど審査が厳しくなっていきます。

貸付額が大きいほど、返済出来なかった場合の損害が大きくなるのですから、これは自分がお金を貸す場合と考えると当然でしょう。

下二つの審査落ち理由に関しても、希望限度額と見合わないからと落とされる事があるので、自信がないなら少額融資で希望を出しましょう。

また、収入が多ければ仕事の内容は関係ないと思われがちですが、実は収入よりも仕事の安定感をプロミスは見ている事が多いです。

例えば、融資審査に有利不利で職業を分けると以下のようになります。

☆融資に有利な職業
・公務員
・大企業の正社員
☆融資に不利な職業
・フリーターなどの非正規雇用者
・自営業

融資で有利な仕事というのは、ひとえに『職を失うリスクが低い立場』となり、その逆では厳しくなります。

収入の高さは大事ですが、プロミスは『安定した収入がこの先もあるかどうか』という方をよく見ているのです。

更なる悪循環!?審査に落ち続けてもブラックになる

『審査に通りにくいけど、まだまだブラックリストでは無い』という状態の場合、申込先や条件というのはかなり慎重に考えないといけません。

何故かと言うと、融資審査に落ち続ける事で『審査に通りにくい状態』から『ブラックリストとなってもっと通りにくい状態』になる事があるからなのです。

ブラックリストだから審査に落ちるのならともかく、審査に落ちてさらにブラックリストになるなんて怖いですが、それには理由があります。

融資審査に落ちるとその記録が信用情報機関に登録されてしまい、その審査落ち情報が多すぎるとそれを見た金融業者が審査に落とすようになり、通称申し込みブラックと呼ばれる状態になるのです。

融資審査に落ちた情報すらも記録されるなんて驚きですが、そうした情報を保管している信用情報機関についても知っておきましょう。

☆信用情報機関とは、金融機関を利用した際の情報をリアルタイムで記録している機関です。申し込みから審査結果、ブラックリストに関わる情報まで記載されており、金融機関は審査の際に閲覧可能です。

審査落ちが記録されてしまい、それが他社の情報であっても閲覧できるのは分かりましたが、何故審査落ちがそこまで深刻に扱われるのでしょうか?

実は、これも理屈を知れば簡単です。そもそも、融資審査に落ちるのは『返済能力に問題があったから』という事になります。

そして次に審査を受けた金融業者はその事実を見る事が出来るので、これから審査をせずとも「何らかの問題があった」という事実はそれだけで伝わります。

しかも、それが何度もあったらどうでしょうか?多くの金融業者に断られているのに、まともであるとは到底思えません。

さらに落ちても落ちても申し込むという事は、お金に困っているからと判断するのも当然ですよね?

お金にそこまで困っているとなると、いざ貸し付けても返済の為のお金すら工面出来ないのでは…と金融業者側はリスクを考えだすでしょう。

一度や二度くらいなら、各金融業者によって審査基準が異なる事もあってそこまで深刻に捉えられる事はありません。

さらに、審査落ちの情報はおよそ半年程度しか残りませんから、仮に申し込みブラックになっても、半年後には復帰できます。

どうしても融資を受けたい時こそ、審査落ちに面しても焦ってはいけません。

ブラックリストOKの金融業者は実在していた!?

ブラックリストになってしまった人というのは、大半がお金にだらしなく、そもそも借りるべきではなかったという人が多くなってしまいます。

しかし、全ての人が自業自得というわけではなく、例えば以下のような理由でそうなってしまう人も居ます。

  • 返済中に事故に遭ってしまい収入が途絶えてしまった
  • 不正にお金を奪われてしまい返済用のお金も無くなった
  • どうしても必要な他の急な出費にお金を回す事になった

人生というのは急な出来事ばかりで、それに対しての備えがあっても、備えすら意味を成さない事態はあり得るのです。

それでブラックリストになってしまい、その後に「今は返済能力があってお金も借りたいけど、ブラックリストなので借りられない…」とお悩みの方もいらっしゃるでしょう。

そんな人向けに『ブラックリストでも審査に通してくれる金融業者』というのがネット上で囁かれていますが、これらは実在しているのでしょうか?

実は、規模が小さめの金融業者なら、ブラックリストであっても審査に通してくれる事があります。

しかしそうした金融業者の存在に気付くのは、中小消費者金融と呼ばれているだけあって難しいです。

例えば以下の金融業者がブラックリストでも希望があると言われていますが、聞いた事はあるでしょうか?

会社名 限度額 金利
フクホー 最大200万円 7.30%?20.00%
アルコシステム 最大50万円 10.950?20.000%
栄光 応相談 18.0?20.0%

ブラックリストではまず借りられない大手のプロミスと違い、まず名前も聞いた事がない…という人が居てもおかしくはありません。

ただ、三社とも正規の金融業者ですし、ブラックリストでも借りられたという口コミがとても多く、実績がある金融業者であるのは確かです。

プロミスに比較して融資プランの豊富さ、最大限度額や最低金利などで劣っていますが、その辺をカバーするのが『ブラックOK』という強みです。

小さな消費者金融はどこも審査が柔軟なので、本当に困った時にこそ頼りになるでしょう。

ブラックOKでも絶対ではない?焦って闇金を頼るのはNG

ブラックリストであっても相談に応じてくれる中小消費者金融たちですが、やはりその柔軟な審査基準にも限度というものは存在しています。

例えばブラックリストになっている上に収入も無い若しくは極めて少ない場合、さすがに通る可能性というのは低いです。

ブラックリストでもOKだというのは、あくまでも『ブラックリストではあるものの、現在は通常通り返済も行える』という人だけです。

ブラックリストの人に貸す事自体がハイリスクなのに、融資を受ける為の最低限も満たせない人は、審査落ちしても文句は言えません。

それくらい困っている人は時折見かける「審査不要で即日融資!」などと書かれたチラシが気になるかもしれませんが、止めておきましょう。

ブラックOKの消費者金融でも最低限の審査はするように、審査が完全に無い所は大抵が違法金融業者の闇金となっています。

闇金融業者というのは悪い噂ばかりを聞くように、主にどこからも借りられない人に違法な金利で貸し付けて暴利を貪る存在です。

通常は法定金利により20%以上の金利を設定する事はできませんが、闇金にそんなルールが通用するはずはありません。

良く借金をした人が家に張り紙をされたり怒鳴り込みされたりしていますが、それらは通常違法行為で、正規業者はまず行いません。

しかしそうした事を平気で行うのが闇金なので、最悪命を失う危険性もあるのは絶対に忘れないで下さい。

ただ、闇金融の特徴は非常に分かりやすい場合が多く、以下のような金融業者を避ければほとんど大丈夫です。

  • 審査無しとはっきり書いている
  • 連絡先が携帯電話の番号しか書かれていない
  • 電信柱などに広告を貼っている

どれも正規業者の代表格とも言えるプロミスでは絶対にあり得ない行為であり、まともな金融業者について調べた事があるならまず見抜けます。

闇金を回避する為のコツは、冷静に相手金融業者の特徴を見る事です。

ブラックリストは一生じゃない?一定期間後の扱いについて

一度ブラックリストになってしまえば、まともな金融業者はもう二度と使えない…そう落胆する人が居ますが、それは間違いです。

例えブラックリストに登録されたとしても、その情報には保存期間が設定されていて、期間が過ぎればまた融資は受けられます。

例えば先にもご説明させていただきましたように、申し込みをして審査に落ちても、その記録は半年程度で消去されます。

同様に延滞など融資を受けにくくなる情報も、その重さによって保管期間が変わってくるのです。

プロミスの信用情報機関でもあるJICCはどれくらい保管しているのか、これは大体以下のようになっています。

  • 延滞→1年
  • 任意整理→5年
  • 自己破産→5年

JICCというのは消費者金融…つまり比較的審査の緩い金融業者の信用情報機関だけあって、その情報保管期間は短めです。

特に任意整理と自己破産が同じと言われている5年で済むのはある種驚きでもあり、銀行とは大きな差があります。

尚、銀行の信用情報機関でもあるKSCは任意整理が5年、自己破産では10年もの間記録が保管されています。

住宅ローンなどを組みたい場合は銀行と相談する事になるのですが、自己破産をしていると10年は確実に組めなくなるという事ですね。

また、プロミスと三井住友銀行が提携しているように、プロミスは銀行と消費者金融双方の情報が見れる状態でもあります。

自己破産後はプロミスなら5年もすれば貸してくれる…なんて安易に考えずに、10年間は融資を受けずとも過ごせるような生活プランを立てるべきでしょう。

ブラックリストでも絶対じゃない?審査に落ちたら考える事

『プロミスに落ちてしまったらブラックリスト確定なのか?』という疑問が端を発した内容でしたが、まとめると以下の通りです。

  • ブラックリストとはそもそも金融事故記録の事
  • ブラックリストでは確かに確実に審査落ちする
  • しかしブラックだけが審査落ち理由ではない
  • 仮にブラックであってもいつかは融資を受けられるようになる

ブラックリストというのは、確かに審査落ちるするには非常に大きな理由の一つとなりますが、それしか理由が無いとも絶対に落ちるとも限りません。

融資審査に落ちた時には「希望限度額が多すぎたか?」とか「仕事が安定していなかったからでは?」などの疑問点があります。

さらに、ブラックリストでもOKしてくれるような金融業者が存在している以上、ブラックリストでも審査に通過する可能性はあります。

そして「ブラックでもプロミスに通った!」と言っている人は、ちょうどブラックリストの登録期間を過ぎた直後に申し込んだのかもしれません。

プロミスはブラックリストだと審査に通る事は期待しない方が良いですが、自分がブラックリストかどうかも分からない人が「ブラックになった!もうどこでも借りられない!」と思い込むのは早計です。

思い込みでもう融資審査に申し込むのを諦めたり、実際にブラックだからともうどうしようもない…そう考えてしまうのは、あまりにも勿体ないのです。

自分がブラックリストなのかどうかは、信用情報機関に問い合わせれば情報開示をお願いする事ができますので、真実を調べる権利も実は私たちにあります。

そしてブラックリストである事が確定したとしても、どうしても融資を受けたいならブラックOKな中小消費者金融に申し込めば済む話ですね。

それで実際に借りられるかという事はさておき、ブラックリストだと思い込んで視野狭窄にはならないで下さいね。

【参考ページはこちら】
プロミスがブラックでも大丈夫と言われる噂の真相

新着記事
TOPICS