> > お金を引き出す場所は?今更聞けないプロミスの基本的な利用方法

お金を引き出す場所は?今更聞けないプロミスの基本的な利用方法

プロミスなどの消費者金融は、主に現金を直接貸し付けるのが仕事であり、それらはカードローンやフリーローンと形容されています。

現金が手元にあれば、お金が必要な局面にほぼ全て対応する事ができますので、それのお世話になった人も多いでしょう。

ですが、これからお世話になるという人は、この最も便利で簡単とも言われている『現金融資の受け取り方』というのも分からないかもしれません。

あまりに当たり前すぎてプロミス側からも質問しない限り教えてはもらえませんので、この機会にプロミスの基本的な利用方法について把握しておきましょう。

プロミスの借入方法は色々!現金融資はどれ?

まずプロミスからお金を借りる際に知っておきたいのは、プロミスの借入方法はいくつかあり、現金の手に入れ方が異なります。

サービス名 限度額 金利 用途
フリーキャッシング 最大500万円 4.5%~17.8% 用途自由なカードローン(事業費除く)
おまとめローン 最大300万円 6.3%~17.8% 他社借入のおまとめ若しくは借り換え
自営者カードローン 最大300万円 6.3%~17.8% 用途自由なカードローン(事業費含む)
目的ローン 最大300万円 6.3%~16.5% 用途自由なフリーローン(カード無し)

この中だと現金を直接借入れる方法としては以下が該当します。

  • フリーキャッシング
  • 自営者カードローン
  • 目的ローン

限度額で言えばフリーキャッシングが、金利で言えば目的ローンが目立ちますが、500万円まで借りた時点での金利ではフリーキャッシングが上です。

自営者カードローンは事業にも使えますが、事業者しか作れない事もあって、多くの人はプロミスと言えばフリーキャッシングの利用を指します。

事実として、フリーキャッシングには現金融資を受ける際の便利な点が目立ちます。

現金融資ならカードローンが最適?引き出しも簡単です!

現金を借入れる方法として優れていると言えば、やはりカードローンであり、プロミスで言えばフリーキャッシングが主に該当します。

カードローンの仕組みの基本は『審査によって決定された限度額内であれば、いつでも好きな金額をカード一枚で引き出す事が出来る』というものです。この点は非常に現金融資と相性が良いのです。

カードローンが何故現金融資と相性が良いのかは、以下のような特徴があるからなのです。

  • 借りたお金の用途は原則として自由
  • 必要最低限の額だけ借りて節約できる
  • カードが対応しているATM次第では真夜中でも借りられる

日本では未だに現金での支払が一番強く、あらゆるお店で通用する決済方法であり、クレジットカードに抵抗があるという人も多いですね。

そんな現金を借りられるだけではなく、その利用用途も自由という事で、あらゆる買い物などで対応ができるという事になります。

さらに、現金融資の金利というのは日割り計算のため、たくさん借りるとそれに対して利息が完済するまで発生します。

その為には必要最低限の融資を受ける必要があり、カードローンはその点に関しても『限度額いっぱいではなく枠内ならいくらでもよい』ので、必要最低限だけ借りて節約もできます。

もちろん必要に応じて枠内での高額融資を受ける事にも使え、ちょっとの事から大きな入り用まで、状況に合わせた対応もできますね。

さらにATMから引き出せるという強みがありますが、詳細は次項にて説明いたします。

カードローンの強みを活かす現金引き出しはATMで!

カードローンで現金を引き出せる場所と言えば、やはり基本はATMとなるでしょう。

カードローンなのでカードを使うのは当たり前ではありますが、この基本を疎かにしてはカードローンの活用はできません。

特に、どんなATMでも使えるわけではなく、金融業者によって対応しているATMが違うので、プロミスを例に見てみましょう。

☆銀行系ATM
・三井住友銀行
・セブン銀行
・東京スター銀行
・福岡銀行
・三菱東京UFJ銀行
・イオン銀行
・第三銀行
・熊本銀行
・西日本シティ銀行
・横浜銀行
☆クレジット系ATM
・クレディセゾン
☆コンビニ系
・イーネット(ファミリーマート等)
・ローソンATM

このように、プロミスはほぼ全国での利用をカバーすべく、豊富な提携先が存在しています。

さらに、プロミスの専用ATMでも当然利用が可能ですので、お近くにプロミスの店舗があるとさらに使いやすさは増すでしょう。

カードローンだけどカード不要?カード無しでお金を借りる方法

カードローンは対応ATMに専用のカードを差し込むと、後は画面の案内に従うだけで借入が利用できるので、ほとんど銀行のATMで預金を操作する感覚と大差ありません。

それゆえにカードローンは操作の簡単さも兼ね備えている…のですが、逆に言えば「もしもカードが手元に無かったりATMに行けなかったら使えないの?」という疑問が浮かぶでしょう。

実はカードローンというのは、カードをATMに直接差し込んで使う以外の方法でも融資を受ける事が可能になっています。

例えばプロミスでフリーキャッシングを使う場合、ATMを使う以外にも以下の方法でお金を受け取れます。

  • インターネット上から口座振り込みを依頼
  • 電話にて指定口座に振り込んでもらう

プロミスと言えばインターネットからの申し込みが可能な金融業者としても有名で、ネットのみでほぼ手続きを終える事ができます。

さらに、プロミスに申し込むと必然的に会員サービスを利用できるようになり、公式サイトからログインして様々な操作ができます。

そのサイトから振込を依頼する事で、自分の銀行口座にお金を振り込んでもらう事で融資が完了するのです。

また、インターネットからの操作が苦手若しくは出来ないという場合、電話でも振込を指定する事ができます。

プロミスコールに連絡を入れる事で24時間対応もしてもらえますので、電話は時間を選ぶ…という不満から解消されています。

カードローンだからカードを直接使った融資以外使った事は無い…そんな人も、他の方法について知っておく利点はあります。

カードが用意されない融資は?借入方法で変わる受け取り方

プロミスではフリーキャッシングと自営者カードローンの二つのカードローンがありますが、その使い方はここまで説明した通りです。

では、目的ローンやおまとめローンの場合、お金をどのようにして受け取るのでしょうか?

まず目的ローンについて見ていきますが、こちらの融資方法はフリーローンとも呼ばれる、カードローンと非常に似通った融資方法でもあります。

用途自由の現金を借入れるのまでは同じ…ですが、決定的な違いとしては『カードが発行されない』という点です。この時点でATMから…というわけにはいきません。

従って、フリーローン系の融資でお金を受け取る場合、往々にして銀行振込となるでしょう。この方法はカードローンでもお馴染みで大差はありません。

カードが無い用途自由な融資というと劣化版みたいな聞こえですが、フリーローンの方が低金利だったり審査が簡単になるので、一概に使えないわけではありません。

続いてはおまとめローンですが、これは金融業者によって対応が変わりますが、おまとめ専用の融資では『金融業者が先に借入先に返済して完済する』事になります。

流れを簡単にまとめると以下の通りです。

複数の金融業者が借りている状態でまとめ先におまとめを申し込む

まとめ先で審査に通過すると、まとめ先がその複数の借入先へお金を振込み完済

その払ったもらった総額を自分がまとめ先へ返済していく

おまとめローンの利点は『返済を一カ所にする事で利息を下げて返済日を単純化する』事です。

しかしおまとめローンとして現金だけ貸すと、その現金を違う事に使って…みたいな事が起こりかねません。

そこでまとめ先が全て変わりに支払う事で、おまとめにしか使えない融資が成立する…というわけですね。

お金の受け取り方は様々!一つの融資方法に複数ある理由

カードが発行されない融資においては銀行振込でしかお金は受け取れませんが、カードローンならば大抵の商品が複数のお金の受け取り方法を用意しています。

プロミスのフリーキャッシングをカードローンの例として挙げるなら、受け取り方法は以下のようになりますね。

  • 専用または提携ATMからの引き出し
  • インターネットからの振込依頼
  • 電話による振込依頼

さらに大きく分類するなら『直接ATMから引き出す』か『銀行口座に振り込んでもらう』の二択となりますが、この二つはどちらかは不要ではなく、双方用途によって使い分けができます。

例えば急な飲み会となって財布の中が少なく、さらには近くの銀行はもう閉まっている…そんな時は、ATMからの直接借入れが良いでしょう。

プロミスの場合はコンビニにも対応しているおかげで、ほぼ24時間態勢にてATMが使えるようになっています。

さすがにメンテナンスなどもありますが、夜中でもカードがあればすぐにコンビニに行けば良いから、カードを持っているだけで不測の事態に備えられます。

そしてもう一つの例としては、光熱費などの引き落としが足りない場合ですね。

口座残高が不足している状況で『一旦カードをATMに入れて引き出してから口座に入れて…』というのは面倒ですよね?

ならば、そういう時は振込をお願いする事で直接口座に入金されるので、私たちの操作の手間がほぼありません。

それどころかATMに行く事無く、家に居ながら電話やネットから口座の補填をする事ができますよね?

カードを使っての利用がどうしてもメインに思われがちですが、振込での融資とて十分強みがあるので、双方利用できるようにしているのです。

カード発行前でもOK!カードローンは届く前でも融資可能

ところで、様々な利用局面に加えて現金の受け取り方法、そして場所もあるカードローンですが、皆さんはいつから使い始めますか?

通常のカードローンの申し込みにおいては、融資に使うカードは大抵が後日郵送となりますので、審査が早くともカード発行には時間がかかるのが常ですね。

そうした事情もあって、「実際にカードローンが使えるようになるまでは一週間は見ておくべき」という意見があります。

それは間違っているわけではなく、実際にそれくらいの余裕がある方が融資申し込みでは好ましい…ですが、急いで借りたい事は良くあります。

そんな時に知ってもらいたいのが、カードローンはカードが届くまで使えないわけではなく、届く前から融資を受ける事が可能です。

プロミスの場合ですが、プロミスもカードローンで郵送をお願いした場合、2?3日はカード到着まで見ておく必要があります。

ですがプロミスは即日融資に対応していますので、そうなるとその日に現金を受け取れないとおかしいですね?

なので、プロミスでは下記手順通りに申し込みをすると、カード到着まで待たずとも、すぐに融資が受けられます。

プロミスにネットから申し込み

審査が行われ、最短30分程度で結果発表

審査に通過したらそのままWebから契約

契約が終われば銀行振込で対応

これがプロミスの即日融資の正体でもあり、カード到着前であっても融資が普通に使えるという証拠です。

こういう時にプロミスの振込融資の存在を知っておかないと、カードが届くまで不便を被る事になってしまいますので、ちゃんと事前に勉強しておくのは大切なのです。

プロミスならカードもその日に!?真の即日融資を体験!

プロミスで即日融資を受ける場合、カードの受け取りを郵送にすれば先に振込で対応してくれる…ここまでは分かりましたよね?

しかし、実はプロミスはさらに早く…それこそその日のうちにATMを使った融資を受ける事が出来るのです。

プロミスで即日融資を受ける場合、契約機を利用する事でその日にカードを受け取り、ATMからの融資を自由自在に使えるようになります。

「その日にカードまで発行できるなんて信じられない」という意見もありますが、そもそも消費者金融には無人の契約機があるのが昔からの恒例です。

プロミスもその例に漏れず、尚且つそれらを利用する事でその日にカード発行が出来るので、その手順について記載します。

ネットからプロミスに申し込む

カードの受け取り方法を店舗にする

審査通過後に契約機に向かう

その場でカード発行、利用可能に

今回はネットとの併用で即日カード発行を説明しましたが、直接契約機に向かって全ての手続きを行い、その場でカードを発行する事ができます。

カードは後日の郵送でも大丈夫という場合も多いですが、例えば「旅行に行くからお金の心配を無くする為にすぐにカードが欲しい…」という要望にもプロミスなら答えられます。

また、契約機でカードを受け取ると発行が早いだけでなく、カードの郵送を無くして家族に内緒で借りる事もできます。

それにカードが手元にすぐに来れば、それ以降は限度額内でATMからいつでも借りられるので、振込分だけで足りなかった場合でも問題ありませんね。

プロミスは引き出すのに困らない?使える場所を覚えよう!

プロミス及びカードローンの現金引き出し場所及び使い方について説明しましたが、最後にまとめておさらいしておきましょう。

  • プロミスで現金を借りるならカードローンが一番便利
  • カードローンは対応ATMから利用可能
  • カードを使わなくとも融資を受ける事が可能
  • カードは最短でその日には作れる

これらの点において特筆すべきはプロミスに対応しているATMは全国的に存在し、ほぼ全国区にて現金融資が使えるという点です。

カードローンを提供しているのは大抵大手の金融業者なので、ほとんどの商品が全国で利用する事はできます。

しかし、それでも対応面で劣るカードローンは存在しており、それに対してプロミスは「どんな地方でも引き出せる場所に困らない」という利点があります。

例えば地銀のカードローンの場合、出張などがあって長期間地元に戻れないなら、使い勝手はどうしても他地方では劣ります。

ですがプロミスは全国に支店だけでなく、コンビニでも融資を受ける事が出来る為に出張でもほぼ不自由しませんね。

どうしても対応ATMが見つからないなら振込融資という手段も含め、プロミスが利用出来る場所や地域の困る事は、ほぼ考えなくて良いです。

さらに、プロミスは初回利用時に30日間無利息に出来たり、最大でも金利が17.8%と他の消費者金融(ほとんど最大で18%の設定です)よりもお得です。

金利が優れている分、普通に使う融資としてもとりわけ優秀なので、困った時は選ぶというレベルの利用しやすさがあるのですね。

いつでもは無理?カードローンが使えないタイミングにご注意を

プロミスのカードローンはいつでもどんな場所でも使える…これは間違いないのですが、広義の意味では多少誤解も含まれています。

というのも、プロミスのカードローンは使えなくなる時間というのが存在しており、その時間に使うべきタイミングが訪れると困ります。

では、どんな時に使えなくなるのかと言うと、以下のようなタイミングに注意すべきです。

  • ATM若しくはプロミス側のメンテナンス中
  • 銀行の営業時間外での振込依頼

当たり前なのですが、どんなATMでもメンテナンスを実行しており、その時間の間は使えないというのが当たり前の事となっています。

さらにプロミス側もシステムメンテナンスをする事があり、それらは事前に決まっているか、緊急のものもあります。

なので、最低でもプロミス側からメンテナンスのお知らせが来たら、その時間をチェックしておき、お金が必要なら先に済ませておきましょう。

また、銀行の振込には営業時間の兼ね合いがあり、一般的には15:00かその数分前までに手続きを終えていないと、振込が良く営業日に反映されてしまいます。

これはプロミスの落ち度でもなんでもなく、営業時間を確かめない私たちに問題があります。

ただ、三井住友銀行とジャパンネット銀行を振込先にしている場合、24時間いつでも即時に振込をしてもらえます。

プロミスの振込融資を多用するというのなら、上記二つの口座は持っておいて損をしませんので、併せて見当してみましょう。

いつでもどんな場所でも使えると言っても、私たちが注意すべき事は存在しているのは忘れないで下さいね。

【参考ページはこちら】
プロミスでお金を借りたい方におすすめ!

新着記事
TOPICS