> > プロミスはすぐに借りれる?即日融資の対応力チェック!

プロミスはすぐに借りれる?即日融資の対応力チェック!

大昔に比べれば、現代の融資…お金を貸し付けるサービス全般というのは、劇的に早くなったと言っても過言では無いでしょう。

しかし、その早さというのは金融業者によってまちまちとも言われており、早く借りられるかどうかというのは業者によって変わります。

その中でも、特に審査が早くてすぐに融資してくれる金融業者は、即日融資対応と評され非常に人気が高いですね。

プロミスという大手の消費者金融は、この即日融資に対応しているのでしょうか?融資の早さと対応力についてチェックしてみましょう。

プロミスは基本的に早い?消費者金融の融資の傾向

消費者金融の特徴というのは、一般的に以下のように評価されています。

  • 審査が早い
  • 審査基準が緩く借りやすい
  • 金利が若干高い

一番下はマイナス要素ですが、上二つの特徴に関しては「この点だけで消費者金融を選ぶ理由になる」という人が居るくらい重要な点となってきます。

プロミスにおいてもこうした特徴はほぼ当てはまっており、以下の融資プランが存在しています。

サービス名 限度額 金利 用途
フリーキャッシング 最大500万円 4.5%~17.8% 生計費
おまとめローン 最大300万円 6.3%~17.8% 他社借入のおまとめor借り換え
自営者カードローン 最大300万円 6.3%~17.8% 事業費及び生計費
目的ローン 最大300万円 6.3%~16.5% 生計費(カード無し)

プロミスの融資は早いだけでなく、消費者金融の中では比較的プランも豊富であり、用途によって使い分けが出来るのも魅力の一つです。

今回は最も使う人が多いフリーキャッシングをメインに、即日融資の可否について説明していきます。

プロミスも即日融資対応!大手消費者金融ならではの早さ

プロミスを利用する前に気になる事はたくさんあると思いますが、今回はやはり融資を受けるまでの早さ…つまりは即日融資の可否についてです。

プロミスでは、即日融資を宣伝しているように、最短でその日にはお金を借入れる事ができます。

即日融資を掲げていてその日に借りられない…なんて事があれば、誇大広告となってしまって後から文句をつけられます。

従って、プロミスは以下のような人に向いていると言えますね。

  • その日にお金を借りたいお急ぎの方
  • カードローン以外の融資も併せて検討している方
  • 大手で安心した融資を受けたい人

これらの点について見てみると分かりますが、実は融資を受けたがっている人のほとんどをカバーするものです。

プロミスというのは、消費者金融という銀行に比べて特殊な借入先でありながら、万人向けと言える特徴を併せ持った存在と言えるのですね。

そして特に初心者の方に注目してもらいたいのが『大手なので安心して使える』という点です。

実は小さめの消費者金融には、違法な闇金融業者が紛れ込んでおり、初めてお金を借りる人では判別が難しくなっています。

プロミスはテレビでも大々的に宣伝しているように、安全だからこそあそこまで一般の人たちにアピールする事が可能です。

闇金融業者はそんな事をすればすぐに足がつくので、宣伝方法も限定的であり、普通に融資を受けられない人をターゲットにしているのです。

マイナーな金融業者でも即日融資などのサービスをしている事はありますが、最初はプロミスみたいな大手から即日融資を検討しましょう。

プロミスですぐ借りたいならチェックしたい対応方法

プロミスは仮に普通に融資を受ける場合であっても、かなり審査は早く終わるのでストレスが溜まる事はありません。
(⇒プロミスは即日融資できるの?

ただ、即日融資を受けたいというのなら、一つだけ先に注意しておく事があります。

プロミスで即日融資を受ける場合、即日融資にも対応した申し込み方法を実行する必要があります。普通に融資申し込みを進めていては、その日に借りる事が出来なくなってしまいます。

例えば即日融資を希望せずして即日融資が受けられるかと言うと、そこまで即日融資は簡単とは言えません。

プロミスで即日融資を受ける場合、以下のような手順にて申し込む必要があります。

インターネットからプロミスに申し込み

審査が最短30分で終わるのでその結果を確認

審査に通過したらそのままネットから契約

契約が完了したら振込を依頼する

インターネットによって私たちの生活は激変しましたが、プロミスへの申し込みも例外ではありません。

また、プロミスと同規模の大手消費者金融の多くもインターネットに対応しており、即日融資にネットを活用している所は多いです。

実はプロミスではこの方法以外でも即日融資を受けられますが、一番簡単かつ早いのがこちらの方法です。

その他の方法に関しては、また後記にて説明しますので、次は即日融資の注意点を理解しておきましょう。

即日融資にも失敗がある?必ず借りられるわけじゃない

プロミスの即日融資は、多くの人が利用したという実績があり、それゆえその日にお金を借りるというのは凄く難しいわけではありません。

ですが、即日融資というのは必ず成功するわけではなく、場合によっては翌日以降の融資になる事もあり得ます。

即日融資良くある勘違いというもので、この事を理解せずに「即日融資じゃないぞ!」と文句をつける人も稀に居ます。

例えば、以下のような事になれば即日融資というのは失敗してしまいます。

  • 即日融資以外の方法を使って申し込んだ
  • 記入ミスなどで審査が遅れた
  • プロミスからの連絡を受け取れなかった

まず一番上は先ほども説明したので割愛しますが、記入ミスという初歩的なミスでも審査が遅れる事があるのはご存知ですか?

インターネットから申し込む場合も入力フォームを使って書いていくのですが、やはり記入ミスが生じる事は0ではありません。

そのミスの連絡をしてくる事もありますが、連絡が遅れてしまえば即日融資にならない事もあるのです。

また、同様に電話番号などの記入を間違えてしまい、プロミスが連絡がつかなかったからと融資審査が中断される事があります。

連絡先というのは、消費者金融にとって非常に重要であり、連絡が取れない人というのは存在しないも同じです。

即日融資においては急いで貸し付けないといけない分、すぐに連絡が取れない人というのは、それだけで即日融資の資格が無くなります。

記入ミスはどれも駄目なのですが、最低限住所と電話番号に関しては慎重かつ正しい情報を入力するように心がけて下さい。

審査に落ちれば無意味?即日融資でも絶対に欠かせない事とは

プロミスの即日融資にも失敗する事はある…これはもうご理解いただけたかと思いますが、さらにもう一つ、最も初歩的とも言える注意点があります。

当たり前なのですが、融資の審査自体に落ちれば即日融資どころか翌日以降の融資も不可能となってしまいます。

まず、プロミスの審査に通る為の基本的基準を見ていきましょう。

  • 年収
  • 職業
  • 勤続年数
  • 信用情報(今までの融資利用実績等)

こうした要素はどれも重要であり、さらに即日融資を受けたいというのなら、以下の要素も追加されます。

  • 即日融資対応の申し込みが出来るか
  • プロミスや銀行の営業時間に間に合うか

こうして見てみると分かるのですが、『即日融資というのは通常の審査に通るだけでなく、同時にその日に借りる為の手順を踏む事が必要』となります。

実際のところ、即日融資を諦める事ができるのなら、普通に審査に通る人なら誰もが困る事はありません。

即日融資となると簡単審査…つまりはプロミス側もあまり真剣に見ていないと勘違いされますが、それは間違いです。

即日融資であっても審査内容はきちんとチェックしていますし、むしろ即日融資が加わる事で、必要とされる事が増えてしまいます。

即日融資は通常よりも簡単どころか、受ける為には私たちの努力も求められている事は忘れてはいけません。

どうして審査に落ちるの?プロミスで融資が受けられない理由

融資の審査基準に関してはざっくりと説明させてもらいましたが、より具体的に知りたい…そうなると、審査落ちしてしまう理由は知りたいですよね。

そもそも説明した通り、即日融資というのは審査に落ちてしまえば意味を為しませんので、審査落ちを回避する為にも内容を理解しましょう。

  • 希望限度額が多すぎた
  • 職業が安定していない
  • ブラックリストに登録されている

まず一番注意してもらいたいのが、この『希望限度額が多すぎる』というものです。

プロミスは消費者金融なので、総量規制により『最大でも年収の三分の一までしか借りられない』という制限もあります。

例え制限内であっても、借入希望額が大きいほど融資審査がシビアになるのは当然の結論です。

なので、即日融資を受けるコツにもなるのが『融資は必要最低限の希望額にとどめておく』という事なのです。

また、収入の方が大事に思われていそうですが、収入が安定しているかどうかを決める職業の方が、プロミスに取っては大事です。

消費者金融では総量規制による明確な制限がありますが、その制限内であるのなら、収入がいかに安定しているかを見ますよね?

なので公務員など安定した仕事なら有利ですし、アルバイトなど非正規雇用なら不利になります。ただし、不利だから無理と決まるわけではありません。

そしてブラックリストですが、これが審査落ち理由としては一番重く、下手をするとプロミス以外からも借りられません。

ブラックリストは今までの融資で延滞や債権整理(自己破産や任意整理等)をしていない限りほとんど大丈夫ですが、なっていれば即日融資どころか普通の融資も困難でしょう。

プロミス以外はどこが対応?その他の業者の即日対応について

プロミスは即日融資に対応している金融業者というのは、ここまでの説明で十分ご理解していただけたと思います。

ただ、最初の方にも書いたように、プロミス以外の消費者金融(特に大手)でも即日融資に対応しています。

プロミス以外で即日融資対応の大手消費者金融となると、以下の業者が該当しています。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

  • アイフル
  • アコム
  • モビット

どの消費者金融も非常に有名であり、名前は聞いた事があるかもしれませんね。

では、条件についてはどうなのでしょうか?各消費者金融の代表的なカードローンの条件を記載します。

会社名 限度額 金利
アイフル 最大500万円 4.5?18.0%
アコム 最大500万円 4.7%~18.0%
モビット 最大800万円 3.0%~18.0%

こうして比較してみると分かりますが、プロミスと同等の規模の大手となると、融資条件もほぼ横並びですね。

即日融資にどこも対応しているのも同じですが、どんな融資プランを用意しているか等の違いはあります。

今回表にしているのは全てカードローンですが、プロミス以外が気になるなら、調べてみてより詳しく比較するのも良いでしょう。

また、大手の消費者金融ではもっと重要な共通点があると言えます。

消費者金融ならカードもその日に!無人契約機活用術

大手の消費者金融での共通点で一番重要なのは『即日融資が出来る事』なのですが、この即日融資にはとあるポイントも含まれます。

プロミスを始めとする大手消費者金融は、どこも無人契約機を用意しており、それを利用する事でカード発行もその日に行う事ができます。

普通の即日融資というと冒頭に書いたように、『インターネットから申し込んでお金だけその日に振り込んでもらう』という形式を想像します。

ですが、名前は違ってもどの消費者金融も無人契約機を設置していますので、そちらで手続きをすると融資審査からカード発行までを行えるのです。

プロミスの場合はインターネットと無人契約機を併用する事でさらに効率化が可能なので、その手順を記載していきます。

インターネットからプロミスに申し込み

その日に審査結果を出してもらう

契約時にカードの受け取りを店舗で指定

契約機に向かいカードを発行してもらう

発行されたカードはその日に利用が可能

カードローンはカードが届かずとも即日融資を受けられる…のですが、カードが手元にある方が全ての機能を使う事ができます。

消費者金融ならそのカードもその日受け取れる、ある意味では真の即日融資が可能と言えますが、銀行ではなかなかそうはいきません。

金利が安い銀行と消費者金融が並び立っているのは、こうした特徴の差があってこそなのでしょう。

即日OKなプロミスでも気をつけるべき事はたくさんある?

即日融資の対応状況、そしてプロミスはどうなのかについて説明してきましたが、いかがでしたか?

今回ご説明した要素を分かりやすくまとめると、以下のようになります。

  • プロミスは即日融資に対応している
  • 即日融資は専用の方法と審査通過が必須となる
  • プロミスなどの大手消費者金融はその日にカードも発行できる

人によって興味深かった点、特に参考になった点というのは異なると思いますが、一番注意すべきはやはり即日融資での必須条件でしょう。

どんな金融業者でもそうですが、即日融資を受けるという事は、通常の審査に加えて専用の方法が必要になります。

普通に借りる場合に比べて要素が追加される分、普通に借りるよりかは難しくなるというのは、当たり前の事ですね。

プロミスではそうした苦労を感じさせないような仕組み、そしてカードもその日に作れるような迅速性も備えていますが、それに甘えるだけではいけません。

プロミスでの即日融資はプロミスに任せっきりでは不可能であり、私たちが即日融資を受ける為に積極的に動く必要があります。

今回説明した内容を実践できれば、プロミスですぐに融資を受ける為の自発的な行動を、自然と行えるようになるでしょう。

その結果としてプロミスが快適に利用出来るのなら、自分にとってもプロミスにとっても良い体験…今でいうWin-Winの関係となれます。

順調に融資が利用出来ればもっと良い条件で借りる事もできますので、もっと融資に対して働きかけるようになって下さいね。

銀行でも即日融資は可能?大きく前進した銀行カードローン

最後にちょっと意外かもしれませんが、銀行カードローンの即日融資についてお話しておきます。

「即日融資って消費者金融独自のサービスじゃないの?」と驚くかもしれませんが、最近は銀行もその日に貸し付けるサービスを提供しています。

特に一部の大銀行は、消費者金融のようにその日にカードを発行するサービスまで扱っています。

即日融資とカードの即日発行に対応している銀行というのは、以下の二カ所となります。

銀行名 限度額 金利
三井住友銀行 最大800万円 4.0%?14.5%
三菱東京UFJ銀行 最大500万円 4.6%?14.6%

カードをその日に受け取るなら三井住友銀行は『ローン契約機』を、三菱東京UFJ銀行は『テレビ窓口』を利用する事で可能となります。

名前こそ違うものの、これらは消費者金融で言うところの無人契約機であり、大手の銀行ながらも非常に革新的なサービスと言えます。

というよりこの二つの銀行は、保証会社として消費者金融を設定しているなど、事実として消費者金融と深い関係があります。

保証会社とは銀行と顧客の間に立ち、保証人のような役割をする為に、銀行に変わって融資希望者の審査を行っています。

銀行本来の融資審査は慎重かつ時間がかかるのに対し、銀行のカードローンの融資審査が早いのは、こうした事情があるからなのです。

ただし金利が消費者金融のカードより低く、さらには総量規制対象外で限度額も多めの為、銀行側から指定された厳しい基準で保証会社がチェックしています。

「銀行のカードローンの方が低金利で即日融資も出来るならお得では?」と安易に考えて申し込むと、審査にあっさり落とされる事には注意すべきでしょう。

【参考ページはこちら】
プロミスのおすすめQ&A

新着記事
TOPICS