> > プロミスでの借り入れ、リボルビング払いしか無いって本当!?

プロミスでの借り入れ、リボルビング払いしか無いって本当!?

借金をするときに気になるのは借入金額や金利などもありますが、返済についても気になると思います。

返済をするときには返済金額は少ないほうが毎月の生活は楽になりますが、多くないと返済が長引きます。

中には金利だけを返済しているという人もいるかもしれませんが、プロミスではどういった返済方法があるのでしょうか。

リボルビング払いなど以外の返済方法はあるのかどうか、調べてみましょう。

そもそもリボルビング払いとはどういった返済方法か

一番最初に理解しておかないといけないのはリボルビング払いというのがどういうものか、ではないかと思います。

リボルビング払いというのは簡単にいえば返済金額を毎月決めて、その金額を返済していく方法です。

例えばですが、1万円と決めれば1万円を毎月支払っていきます。5000円なら5000円でOKです。

それだけの支払いを毎月していれば問題なく、支払金額が決まっているのですごく楽なのです。

実際プロミスであっても他の業者でもそうですが、このリボルビング払いが主流となっています。

リボルビング払いが生まれた理由とは

しかし消費者金融の支払い方法がほとんどリボルビング払いであれば、特に名前をつける必要はなかったと思うかもしれません。

確かに消費者金融にとっては当たり前ですが、実はクレジットカードの支払いは少し違っています。

そもそもクレジットカードの支払が分割支払いだったために、リボルビング払いというものが出来たのです。

クレジットカードは一括か分割かを選べると思いますが、分割の時も支払金額は総額を分割して支払う形だと思います。

例えば2回払いなら5万円の商品を買った時には2万5000円を1ヶ月に1度支払い、2ヶ月で支払い終わります。

このように分割払いでは決まっているのは支払いの回数です。リボ払いは回数は決まっていません。

回数ではなく毎月の支払金額を決めておいたほうが都合がいいと考える人もいたために生まれたというわけです。

今ではクレジットカードでもリボ払いの支払い方があるほど、世間一般に浸透してきています。

リボルビング払いのメリットとデメリットとは

さて、そんな消費者金融ではメリット・デメリットがもちろん支払い方法によっても変わってきます。

クレジットカードの分割方法のような方法とどのようなメリット・デメリットの違いがあるのでしょうか。

メリット 支払金額が少ないので毎月楽になる
デメリット 定額の支払いで元金が減りにくい傾向にある

メリット・デメリットを一言で言ってしまえば、このような違いがあるかと思います。

毎月の支払を減らし、生活を楽にするメリット

まずはメリットからですが、多くの利用者が感じているでしょう、毎月の支払金額がさほど高く無いということです。

あまり支払金額が毎月高くなってしまうと、毎月の生活が圧迫されることになります。

その生活が圧迫されるというのがいわゆるクレジットカードの問題でもよくあったのです。

クレジットカードが日本で広まり始めた頃は使い方などもあまりわからなかった人たちが多く、使いすぎる事が多かったのです。

そして一括払いで何度も購入をして、結局支払えなくなることもありましたし分割払いで毎月の支払金額が増えたのです。

今はリボ払いにあとで切り替えることも出来ますが、昔はそれが出来ずに破産してしまった人も多かったのです。

それに比べると今はリボ払いを使うことができるので、こういったことが起きにくくなっているのです。

返済期間が長くなり金利も多くなるデメリット

逆にデメリットはというと金利支払いが多くなり、返済期間が長くなるということがあげられます。

クレジットカードの例をここでも出しますが、クレジットカードは返済期間のゴールが見えていました。

ここまで返済すればいいという期間が見えているので、完済するのが比較的楽ではありました。

しかしリボルビング払いの場合はいつまで返済をしたらいいのかわからないという精神的な圧迫感があります。

そしてリボルビング払いは返済期間が長くなるということで、支払金利の総額も大きくなるのです。

住宅ローンが35年もあるので、金利が低くても支払金額が大きくなってしまうのと同じことが起こりうるわけです。

どのくらい返済にかかるかを考えながら借りる必要があるでしょう。

プロミスの残高スライド元利定額返済方式とは

さて、どの消費者金融も基本的には同じように返済方法はリボ払いが取られていると言いましたがプロミスもそれは同じです。

ただリボルビング払いの場合、少し種類があってそれぞれに小さいですが違いがあると言われています。

プロミスの場合はその中でも残高スライド元利定額返済方式というものを利用しているのです。

まずはこの残高スライド元利定額返済方式について、簡単にわかり易く説明をしていきます。

残高スライド方式と元利定額方式を合わせたモノ

この残高スライド元利定額返済方式というのは残高スライド方式と元利定額方式を合わせたものです。

まず残高スライド方式というのは、締め日になったらその借入金額を確定する方法です。

たいてい支払日と締め日というのは違うところが多苦あります。企業の支払いでもそれは同じでしょう。

例えば毎月月末に締め日が来て、支払日が10日であれば支払金額と金利・元金返済は月末に決まります。

元利定額方式というのがいわゆる支払金額を決めているという方式のことを言います。

毎月1万円と決めれば1万円、2万円と決めれば2万円の返済をしていく方式を元利定額方式と言います。

つまり残高スライド方式で締め日に元金や金利の割合を決めて、決まった定額の支払いをするという方式のことです。

この方式はある意味でリボ払いの中ではかなりわかりやすい方法ではないかと思います。

残高スライド元利定額返済方式のメリット・デメリット

さてこの残高スライド元利定額返済方式にも当然ながらメリットとデメリットというのがあります。

ただ、メリット・デメリット共にほとんど上記で上げた方式と変わらないといえるでしょう。

つまりメリットとしては支払金額が一定なので、毎月の生活費が圧迫されないということです。

逆にデメリットは支払金額が一定で金利支払いが優先されるので元金が減りにくいということです。

この方式を変えたいと言ってもプロミスでは標準で残高スライド元利定額返済方式に設定されています。

ですのでプロミスで借り入れすれば、残高スライド元利定額返済方式での返済になると考えておいて下さい。

プロミスはリボルビング払い以外はできない?

リボルビング払いが当たり前になっている消費者金融の中でプロミスもそれは例外ではありません。

例外なくリボルビング払いが当たり前になっているわけですが、だからといってリボ払いだけしか出来ないわけではありません。

それいがの方法ももちろん用意されているので、その方法を使って返済をしていくのがいいでしょう。

それ以外の方法というのが随時返済や繰り上げ返済と言った呼ばれ方をしている返済方法です。

余裕のあるときに繰り上げ返済をすべき理由

繰り上げ返済や随時返済と言われているものは自分の好きなタイミングで返済ができます。

随時返済や繰り上げ返済はいつもの支払い方法であるリボ払いとは違うので一度連絡をしないといけません。

連絡をして随時返済をするということを伝えると、プロミスではいつでも返済が可能になります。

しかし毎月決まった金額を返済しているのに、それ以上の返済が必要なのでしょうか。

もちろん繰り上げ返済を必ずしないといけない、というルールはありませんのでするかどうかは選ぶことが出来ます。

しかし繰り上げ返済はそれ相応のメリットがあるため、多くの人に支持されているのです。

そのメリットというのが返済金額を増やして、返済を早めることができるという点です。

リボルビング払いのデメリットとしてどうしても返済が長くなってしまうということを説明しました。

これはどうしようもないのですが、繰り上げ返済をうまく使っていくことで、返済を早くすることが出来ます。

例えば10万円を毎月1万円ずつ支払えば、金利ゼロの場合は10ヶ月で支払い終えられるでしょう。

しかしここで随時返済で5万円を支払えば、後支払えばいいのは5万円になるというわけです。

つまり後5ヶ月になるので、金利も下げられるし完済までの支払金額を減らすことができるのです。

リボルビング払いは良くないという話は多いですが、こうして繰り上げ返済を組み合わせれば悪いものではないというわけです。

プロミスで一番オススメの返済方法とは?

以上のようにプロミスでは返済方法は繰り上げ返済をリボルビング払い似あわせていくのがいいでしょう。

どの方法でも特に問題はないのですが、一番おすすめできる方法というのもあります。

いくつかの支払い方法がありますが、プロミスでは今のところ支払いは下記の方法で行うことが出来ます。

  • 店頭払い
  • ATM支払い
  • インターネット支払い

多くの人がATMを使った支払いをしていると思いますが、もう一つの口座振替を使うのをおすすめしたいと思います。

口座振替はプロミスでは口フリと言われているのですが、これはほんとうに便利なのでオススメです。

そして口座振替に合わせて自分の余裕があれば、繰り上げ返済を行っていくことがベストといえるでしょう。

なぜ口フリと繰り上げ返済の2つがベストなのか

どうしてこの2つを使うのがいいのか?というと、口座振替のいいところは返済忘れがないところです。

口座にちゃんとお金が入っていれば返済忘れということはないので給料の振込口座と一緒にしておけばいいでしょう。

そうすれば忘れることはないですし、返済も毎回確実に行っていくことが出来ます。

そしてなんといってもプロミスの口座振替はどの銀行口座でも対応できるということと手数料がゼロということです。

たまに業者に寄っては手数料を取るところがあるかと思いますが、プロミスだとその心配はありません。

手数料ゼロで支払いができるのでATM支払いやインターネットでの振込よりも得をすることもよくあります。

この口座振替と一緒に繰り上げ返済を行っていくのがベストなのですが、繰り上げ返済でリボルビング払いのデメリットを消します。

デメリットとして長くかかる返済期間があるのは説明したとおりですが、繰り上げ返済で短く出来ます。

返済期間を短くして、デメリットを消すことができればベストだといえるでしょう。

しかし繰り上げ返済は完璧ではなく、気をつけないといけない部分もあります。

それが繰り上げ返済をし過ぎると毎月の生活を圧迫するおそれがあるということです。

毎月の生活を圧迫するほど繰り上げ返済を進めてしまうと、本末転倒になってしまいます。

お金がほしいから借入をしているのに、お金がなくなるということになるのでやめておきましょう。

あくまで余裕が有るときにやっておくというのが重要です。余裕がなければ繰り上げ返済はしなくていいのです。

リボルビング払いでもプロミスは柔軟に返済可能

おすすめの方法を使って返済していくのが一番だとは思いますが、もちろん人それぞれの方法を使えばいいでしょう。

リボルビング払いだけしか無いということを聞いて、ちょっと窮屈な思いをする人もいるかもしれません。

でも実はプロミスはリボルビング払いがメインではありますが、繰り上げ返済と組み合わせることで柔軟になるのです。

リボルビング払いのデメリットの部分も打ち消すことが出来ますし、返済の仕方次第だとも言えるでしょう。

借り入れをするときにはこの返済方法も頭に入れておいて借り入れをすると、返済に困らなくなるのではないかと思います。

【参考ページはこちら】
プロミスの評判を支える3つのポイント

新着記事
TOPICS