> > 女性必見!主婦でもプロミスをかりられる方法一覧

女性必見!主婦でもプロミスをかりられる方法一覧

「専業主婦の人は消費者金融を借りられないようになった」という話を聞いたことがありますか?

いわゆる専業主婦の人は総量規制というもののおかげで、消費者金融は使えなくなったと言われています。

実際に消費者金融の利用はプロミスを始めとして、主婦の場合はかなり少なくなっているのは事実です。

主婦がなぜ借りないのか、主婦でもプロミスを使える方法は?簡単に紹介していきたいと思います。

消費者金融に総量規制が作られてプロミス利用が減った

やはり消費者金融の話題で主婦の話となると、総量規制の話というのは外せないものだと思います。

総量規制があったために、消費者金融は昔と違って方針転換をすることになったと言われています。

昔は色んな人にとりあえず貸し出しをしていました。どれだけ貸していいかなども自社判断だったのです。

プロミスも他社と同じように自社判断でどんどん貸出をしていましたが、突如として法律が出来上がりました。

その法律が改正されてから総量規制ができ、そのおかげで借入が難しくなってしまったのです。

年収の3分の1まで借入ができるというルールでしたが、逆に言えば年収がゼロだと借り入れが出来ないということでもあります。

そのため今まで年収がなくても借入が出来た専業主婦などはプロミスが使えなくなっていったのです。

プロミスから離れた主婦がとった行動とは?

総量規制でプロミスが借りられないとなった時に、主婦も黙っていたわけではありませんでした。

そのまま借金ができないとなればそれは生活が危ないということでもありますから、必死だったのです。

  • 夫の同意書を持って借りに来た
  • 銀行系カードローンに借りに行った
  • 闇金に借りに行った

三つのパターンがあったと言われています。一番上の夫の同意書を持ってきた人は少数派だったそうです。

そもそも夫に同意をもらってまで借入が出来る人はどれだけいるでしょうか。ほとんどの人は隠していたいものです。

ですので夫の同意書を持って行くよりも、闇金に行く人が多かったと考えられています。

闇金に行った人たちはどれだけの数がいるかは把握されていませんが、それなりに大変だったと言われています。

もちろん戻ってこれた人も多かったようですが、戻れずにそのまま沈んでいった人も多かったのだそうです。

結局銀行系カードローンが出来て、騒動は落ち着きましたがそれまでの間に多くの人が失敗をしてしまったのです。

今は専業主婦の場合、銀行系カードローンに行くということで多くの人は助かっているようですが。

銀行系カードローンがベスト!ただ不満な点も出て…

このように銀行系カードローンが出てくるまでの間、かなり大変だったのが専業主婦だということです。

今はプロミスの親会社でもある三井住友銀行もカードローンを出していますので、こちらを使ってもいいでしょう。

ただし、銀行系カードローンは専業主婦も使える総量規制の対象外ですが、みんなが満足しているわけではありません。

実は銀行系カードローンを使っている人の間でも、不満があるというのはなかなか知られていません。

女性で銀行系カードローンを使えばそれでいいと思っている主婦の方がいるとしたら、それは大間違いということです。

女性の不満その1、借入できる限度額が少ない

まず一つ目がの不満として言われているのは借入限度額のことだと思います。かなり少ないのが特徴です。

もちろん中小の消費者金融で借りるような数万円という枠ではありませんが、10万円や20万円程度が多いようです。

多く限度額をもらえたとしても、限度として設定されているのが30万円、多くても50万円となっています。

なので50万円や30万円までしか使えないので、限度額の枠が足りないという不満は出ているのです。

銀行系カードローンを申し込んだら、消費者金融と違って借りられるのはありがたいでしょうが、それでも不満はあるようです。

女性の不満その2、銀行系だと審査に落ちることも

もう一つの不満としてあげられているのが、審査に通りにくく落ちている人も多数いるということです。

銀行系カードローンは総量規制の対象外だから借りやすい、だから審査も通りやすいと思っている人も多いようですが違います。

実際には消費者金融であるプロミスよりもだいぶ審査の内容としては厳しい物になっているのです。

ですからその審査のハードルを超えることが非常に難しいので、落ちてしまう人も出てきているのです。

せっかく消費者金融はダメでも銀行系カードローンならOKと聞いて申し込んだのにショックが大きいでしょう。

そういう人は最終的にはやはり法律を守らない闇金に行ってしまう可能性もあるので注意が必要です。

闇金に行く前に銀行系カードローンではない方法で借り入れをすることを考えたほうがいいでしょう。

これでプロミスも借りられる!主婦が使うための方法とは

主婦になったら銀行系カードローン、たしかにそれが第一の方法かもしれません。

しかしそれだけでは早晩行き詰まるでしょう。そうならないためにもプロミスで借りられるようにしておくべきです。

確かにプロミスは専業主婦は使えません。それは総量規制があるからで、借入はできないでしょう。

ならば総量規制のあるプロミスで借入を主婦が行うための方法を幾つかご紹介しておきましょう。

これらの方法を使えば借り入れが出来ますから、銀行系カードローンがダメだった時のバックアップに使えるのではないでしょうか。

夫から同意を得て同意書を持って行き借りる

一つ目の方法は夫の同意を得て借り入れをするという方法です。「夫の同意なんて取れない!」という人もいるかもしれません。

確かに借入をするときには秘密で、という人は多いと思いますが夫の同意を取っていけばプロミスは貸してくれます。

しかし秘密の方がいいという人もいるでしょう。ですのでこれは生活費を使う人におすすめです。

夫と一緒に生活費が足りないから借りる、一緒の旅行に行くのにお金が足りないから借りるというパターンです。

これならば、夫にちゃんと話をしておけば、借入をすることが出来るでしょう。同意書をもらえるかと思います。

一度同意してもらって枠をもらってしまえばあとは定期的に確認が入るということはありません。

ですので好きな様に使うことが出来ますので、最初だけ我慢をすれば他と変わらないように使えるでしょう。

パートを行えば年収の3分の1は確保できる!

次に可能性としてあるのはパートをするということです。総量規制があるので、パートなら対応可能です。

パートでも他の正社員でもいいですが、稼ぎがあるということを証明すればいいのです。

働いて稼ぎがあるから、それで総量規制があっても借入をすることができる用になるでしょう。

もちろん法律上年収の3分の1というルールがありますから、それ以上の借り入れはできないですが。

それでも年収の3分の1で借入を出来るのであれば、悪い話ではないかと思います。100万円稼げば30万円は借入可能です。

30万円となると銀行系カードローンと同じレベルですから、銀行系カードローンより審査が楽なプロミスもアリでしょう。

パートでも正社員でもなんでもいいので稼ぎを作るということが、ひとつの方法になります。

主婦になる前にカードローンの実績を作っておく

最後の方法は少し手遅れの人もいるかもしれませんが、先にカードローンの実績を作っておく方法です。

主婦になる前に働いている場合が多いと思いますが、その時にカードローンを持ってしまうのです。

先にカードローンを持っておけば、主婦になってからもそのカードローンは引き続き使うことが出来ます。

つまりカードローンを先に状態がいい時に作っておいて、それをずっと使い続けるという方法です。

実はこの方法、よく使われているのがクレジットカードです。クレジットカードを先に作っておいて使い続けるのです。

これなら新しいものを主婦の時に作ったりする必要がありませんから、非常に楽に作ることが出来るかと思います。

ただしすでに主婦になってしまったという人は使えないので、とりあえずパートでも何でもやって作るしか無いでしょう。

今後主婦になる予定があるという人にはオススメなので、若い人ほど使えるのではないでしょうか。

プロミスは使えるが銀行系カードローンが使えないことも

一般的に主婦の人は総量規制があるので、なかなか消費者金融のプロミスには手を出そうとはしません。

逆に銀行系カードローンなら総量規制がないので簡単に手を出してしまうというわけです。

実際には銀行系カードローンとプロミス、どちらのほうが楽に通るか?というと審査はプロミスのほうが楽です。

もちろん通らないこともありますし通ることもありますが、銀行系カードローンに比べると楽でしょう。

プロミス 銀行系カードローン
申込みの後の審査が比較的柔軟で楽に通る 申込みをした後の審査は比較的厳しく落ちることも
金利は高めに設定されている 金利は低めに設定されている
総量規制の対象なので稼ぎのない人は借りられない 総量規制の対象外なので稼いでなくても借りられる可能性

このように違いがはっきりとあります。この違いをしっかりと理解した上で使わないといけません。

総量規制の対象でも審査自体はプロミスが楽!

総量規制の対象であるプロミスは、使うのは主婦にとってはちょっとむずかしいんじゃないかと思いがちです。

確かに借入をするときに収入がないといけない、同意書がないといけないなどのハードルは高めに思えるでしょう。

しかしこれはある意味で法律の錯覚でもあり、本当はプロミスのほうが借入をしやすいのです。

借入をしやすいというのは銀行系カードローンの審査と比べてという意味です。審査だけで言えばプロミスのほうが楽でしょう。

プロミスは確かに同意書だとか収入だとか、借入前に色々と大変なハードルはありますがそれを超えると通りやすいでしょう。

銀行系カードローンは上記している表を見てもわかるように、基本的に金利は低めに設定されています。

金利が低めということは借入をしにくいという人です。選ばれた人以外使いにくいというのが本質なのです。

ですので銀行系カードローンで借り入れできなかった人も、少し工夫をしてプロミスを使えば借りられる可能性が出てきます。

それは正社員やパート・アルバイトで働いている人だけではなく、主婦でも工夫次第で可能になるでしょう。

だからこそ、プロミスを使えるようにしておいたほうがいいのです。銀行系カードローンで十分ではありません。

銀行系カードローンは専業主婦も使えますが、それがダメな可能性を考えておいたほうがいいというわけです。

カードローンは多くを使えるようにしておくべき

プロミスについて今回は主婦が使えるような方法一覧をご紹介しましたが、実際にはプロミス以外にも通用します。

そしてプロミス以外にも通用するし、プロミス以外でも借り入れができるようにしておく必要があるのです。(こちらもご参考に→プロミスと他社カードローンの比較

なかなかプロミスだけでも借りられるようにするのは大変かもしれませんが、借りられる業者が多いのは助かるでしょう。

今は一本化がブームになっていて、一本化をしたほうが楽に返済はできますが、それは正社員の考え方です。

主婦の場合はできるだけ今のうちに借入できる場所というのを増やしておく、これが重要になっていきます。

昔に比べるとずいぶん消費者金融は主婦にとって使いにくくなったかもしれません。

それでもまだまだ主婦の人にとっては使いにくいですがプロミスなど工夫次第で使えるところも出てきました。

大手のプロミスを中心に銀行系カードローン以外の利用ができるようにしておくことをおすすめします。

【参考ページはこちら】
年収や職業で比較!プロミスを利用すべき人

新着記事
TOPICS