> > 三井住友銀行カードローンとプロミスの違いとメリット、徹底比較!

三井住友銀行カードローンとプロミスの違いとメリット、徹底比較!

最近は銀行系カードローンの勢いがすごいですね。多くの人に利用してもらっているようです。

ですので銀行系カードローンの話題が多くて、三井住友銀行カードローンなども一つの話題になっています。

三井住友銀行カードローンといえば同じように借金ができる、消費者金融のプロミスも同じグループに存在しています。

同じグループに三井住友銀行カードローンとプロミスがある理由は何なのでしょう、また違いというのはあるのでしょうか。

三井住友銀行カードローンは銀行系で人気のカードローン

まずは三井住友銀行カードローンからですが、三井住友銀行カードローンといえばメガバンク系カードローンの一角で非常に人気のあるものです。

メガバンク系は三菱東京UFJのバンクイック、みずほ銀行カードローン、そして三井住友カードローンです。

どれも全て優れていて、金利なども同じくらい、借入できる金額が少し高いくらいのものです。

さて、その三井住友銀行カードローンの内容を見てみましょう。

借入金利 借入限度額 その他
4.0%~14.5% 最大800万円 最短30分審査

このようになっています。これを見てもやはり借入限度額と金利が優れていることがよくわかります。

また最短で30分の審査で終わり借り入れができるのですから、これは急いでいる人にもありがたいと言えます。

借入審査が厳しいというウワサは本当?

その他の情報としてもう一つあるのが有名な三井住友銀行カードローンといえば借り入れが難しいという審査の話です。

これは結構有名なので知っている人も多いのではないでしょうか。今でも難しいと言われています。

審査が通るかどうかというのは借り入れができるかどうかの重要な部分ですから、通らないのは困るでしょう。

よく三井住友カードローンについては借入が正社員ですらも通らなかったことがあると言われていました。

最近になってようやく少しずつではありますが、緩やかになりつつあると言われているので昔よりは優しいと思われます。

ただ噂通りまだまだ厳しいというのはそのとおりで、特に限度額を少なくされてしまう傾向にあるようです。

他社の銀行系カードローンであれば100万円かりられた所、80万円までしかかりられなかったという声はまだまだ多いです。

審査に通りやすくはなったかもしれないけれども、限度額は他よりも少ない傾向にあると言えるでしょう。

消費者金融の大手として君臨し人気も高いプロミス

次に同じ三井住友銀行系のグループに属しているプロミスですが、こちらもやはり昔から人気の消費者金融です。

消費者金融としても人気で、それは三井住友銀行のグループに入る前から人気だったのを覚えている人もいるかもしれません。

人気で大企業になっていたところに三井住友銀行が買収を仕掛けて今に至る、というわけです。

そんなプロミスの条件等は下記のとおりになっています。

借入金利 借入限度額 その他
4.5%~17.8% 最大500万円 主婦・学生・非正規でも可

このような特徴になっています。特徴から見てみるとやはり金利などは高めになっています。

ただし、金利は高めですが、他社よりは少し低めになっています。他社はたいてい18%になっているでしょう。

それよりは低くなっていますし、金額としては500万円まで限度額を広げられるのも大きいでしょう。

500万円あれば十分という人も多いと思います。特に非正規や学生・主婦の人たちには十分でしょう。

借りられる人の範囲が広いというのも、プロミスの特徴かもしれません。

プロミスはフリーキャッシング以外の商品もある

プロミスのその他の特徴としてもう一つ言えることは、フリーキャッシング以外の商品もあるということでしょう。

一般的に消費者金融はフリーキャッシングです。そしてそれだけしか無いというところがほとんどです。

銀行系カードローンでもそうですが、フリーで使えるという商品がメインでそれだけのところばかりです。

そんな中プロミスにはフリーキャッシングを含めて複数の商品が存在しているのです。

  • フリーキャッシング
  • 貸金業法に基づくおまとめローン
  • 自営者カードローン
  • 目的ローン

このように分かれているのです。いろいろな商品がある分、フリーキャッシング以外にも魅力があります。

プロミスを使っている人もあまりこの辺りは知らない人が多いでしょうが、使っていくことをおすすめします。

プロミスと三井住友銀行カードローンを比較してみると…

では以上のように三井住友銀行カードローンとプロミスはそれぞれ特徴がありますが、比較をしてみましょう。(こちらもご参考に→プロミスと他社カードローンの比較

三井住友銀行カードローン プロミス
金利 4.0%~14.5% 4.5%~17.8%
限度額 最大800万円 最大500万円
総量規制 対象外 対象内

このようにまとめることが出来るかと思います。

まとめてみてわかるように、条件としては圧倒的に三井住友カードローンのほうが上回っています。

三井住友カードローンを使わない手はないでしょう。使えるならどんどん使ったほうがいいでしょう。

むしろプロミスは使いたいという大きな理由がない限り、三井住友カードローンより使わなくてもいいかもしれません。

ただ、これは条件面だけを見て比較してみたものですから他の部分を見てみないとわかりません。

その他の特徴での違いは明白にある!

条件面では三井住友銀行カードローンがいいかもしれませんが、他の部分を見ればプロミスのほうが良い部分もあります。

例えばプロミスでは特徴として主婦・学生・パート・アルバイトでも借りられると明言しています。

もちろん安定した収入があることが前提にはなっていますが、三井住友銀行カードローンの場合はその前提がありません。

ですのでプロミスのほうが確実に借りやすいのは間違いないでしょう。審査も甘めというのもプラスです。

また、三井住友銀行カードローンはカードローンとして別の商品を用意しているわけではありません。

三井住友銀行の商品として用意しているものはありますが、カードローンとしては一つだけです。

それに比べるとプロミスは4つのカードローン商品の中から選べるしまとめローンまであります。

この辺りのまとめローンを中心としてローン商品の多様さという点でも、プロミスのほうが優っているでしょう。

プロミスのほうが良い点も十分あるというわけです。

三井住友銀行カードローンとプロミスは自動契約機が両方使える

もう一つこの二つのカードローンに特徴的なこととして、実は自動契約機が両方使えるというのがあります。

大手の銀行系カードローンと消費者金融ですから、両方使えるのは当然かもしれません。

しかし両方使えるだけでなく、三井住友銀行カードローンの自動契約機でプロミスの契約や借入も出来るのです。

もちろんその逆もできるというシロモノで、非常に便利に利用することが出来るわけです。

例えばプロミスの自動契約機を使って三井住友銀行カードローンを契約すれば、多くあるプロミスの自動契約機を使えます。

逆に銀行の中にある自動契約機を使ってプロミスの借入をすれば、消費者金融ではなく銀行系カードローンを使っているように見えます。

このように、両方の自動契約機を使えることで使える場所も増えるし、使い方も増えるというわけです。

これは他の銀行系グループにはない、特殊なポイントではないかと思います。

三井住友銀行カードローンとプロミスの使い分けはどうしたらいい

基本的に三井住友銀行カードローンの方がいいけれどもプロミスの商品もたくさんあって捨てがたいという状況です。

であればどういう時にどちらを使えばいいのか?というのをわかっておいたほうが無難かもしれません。

簡単にこういうシチュエーションの時にこちらを使えばいい、という指針を示してみたいと思います。

とりあえず金利を低くしたいなら三井住友銀行カードローン

まず金利を低くしたい、とにかく負担を少なくしたいというのであれば三井住友銀行カードローンの方がいいでしょう。

三井住友銀行カードローンは業界屈指の低金利の銀行系カードローンですから、ソンをすることはまずありません。

出来る限り限度額をたくさん取ることができればさらに金利を下げることが出来るでしょう。

まず最初は金利は高めかもしれませんが、使い続けていれば返済実績がついて限度額が高くなっていくと思います。

限度額が徐々に高くなっていくことで、金利も下がっていくので同じ金額を借りても負担は小さくなります。

そうやって小さく負担を下げて行きたい、と考えているのであれば三井住友銀行カードローンの方がいいということです。

一つにまとめてしまうならプロミスが使いやすい

次にプロミスをおすすめしたいのはおまとめローンをしたいという複数の借り入れがある人です。

複数借入がある人はまとめローンがあるプロミスを使うほうがいいと思います。

もちろんですが、銀行系カードローンであり総量規制の対象外である三井住友カードローンでも構いません。

構いませんが審査に通るかどうか、まとめられるかどうかという点では圧倒的にプロミスの方に分があります。

プロミスならまとめられないほど大きな金額を借りている人は少数でしょうから、まとめの審査も通りやすいでしょう。

ただし気をつけたいのはプロミスのまとめローンは追加融資が出来ないという特徴があることです。

まとめローンは返済専用になっているので、もし更に追加融資したいなら別で借り入れをするしか無いので注意しましょう。

限度額500万円を超えるならプロミスはダメ

最後に限度額が大きくなりすぎる場合、500万円を超えるようであれば、三井住友カードローンがいいでしょう。

三井住友カードローンを使うと500万円以上借入ができるし、限度額で言えば800万円まであげることが出来ます。

500万円を超えて借り入れをすることもあるでしょうから、大きな金額を借りたい人にはプロミスはおすすめしません。

逆に少ない金額であればプロミスのほうが審査も楽であり、借りやすいのでいいかもしれません。

特に主婦や学生、パート・アルバイトの場合でも借りられると明言されているので借りやすいでしょう。

そういった少額融資で十分という人、収入が安定しているけれども乏しい人はプロミスがいいでしょう。

収入が十分あるという人は、三井住友銀行のカードローンを使うといいかもしれません。

三井住友銀行カードローンとプロミスは両方使い分けるが吉!

三井住友カードローンとプロミス、両方を見てきました。両方にそれぞれプラスの部分とマイナスの部分がありました。
(⇒三井住友カードローンの利用者はプロミスで借りられない?

それらを補うようにATMを相互で利用できるようになっていたりしましたが、両方使い分けるのが一番ということでしょう。

どちらか一つだけを契約するのであれば、自分はどういう点を重視して借り入れをしたいかを考えたほうがいいと思います。

借入をするときに金利を下げたいなら三井住友カードローン、仮やすさを重視するならプロミスが持って来いです。

このプロミスと三井住友銀行カードローンのような違いもあるけれども関係が深いローンというのはなかなかありません。

他にも三菱東京UFJやみずほなど色々とありますが、ここまでの関係のローン商品というのはありません。

三井住友系のカードローンを使うときには、よく考えて利用するようにしましょう。

どちらを使ったら損になるということはありませんが、得をすることが出来るので考えて使うほうがオススメです。

【参考ページはこちら】
三井住友銀行とプロミスの違いとは?

新着記事
TOPICS