> > 他社と比べて初めて分かる?プロミスのメリットはココだ!

他社と比べて初めて分かる?プロミスのメリットはココだ!

プロミスという消費者金融を使った事が無くとも、その名前だけは聞いた事がある…そんな人が多いほど、プロミスは大手です。

大手の消費者金融というのは多くの人が選んでいるという事であり、そうなると必然的に使い勝手としては良好という事になりますね。

ですが、プロミス以外にも大手の金融業者はいくつか存在しており、消費者金融以外にも様々な業者が融資を行っています。

大手同士は横並びであるようにも見えますが、実際には様々な違いがありますので、その中でプロミスのメリットとは何なのか考えてみましょう。

最初に知っておきたいプロミスが大手であるが故のメリット

プロミスくらいの知名度及び規模の営業となると、ほとんどが大手消費者金融に分類されます。(こちらもご参考に→プロミスでお金を借りたい方におすすめ

他にも大手銀行や大手信販会社など、金融業者として比較的規模が大きい所はいくつかありますが、大手であるが故に生じるメリットについて考えてみましょう。

プロミスは大手消費者金融であるが故に、最悪何となく選んだだけであっても、高水準の融資を安心して受ける事が可能になっています。

まず最初に理解してもらいたいのが、金融業者は多数存在するが、その全てが安心な金融業者とは限らないという事実です。

安全でない金融業者はほとんど闇金融業者と呼ばれ、以下のような事を行ってきます。

  • 法律で定められた以上の高金利で貸し付ける
  • 先にお金を振り込ませてから融資すると嘘をつく
  • わざと完済させずに利息を取り続ける
  • 乱暴な取り立てを行ってくる

恐らく一般的に「お金を借りるのって怖い…」という印象を与えている原因のほぼ全てが、闇金融業者によるものだと思って良いでしょう。

特に知名度と規模が小さな金融業者ほど、違法な業者が多く紛れ込んでいるというのは想像に難くありません。

なので、プロミスのように大手である場合、まず違法な行為を行われる事は無く、これが大手の共通するメリットの一つとなっているのです。

普通に融資を受けられる事をありがたがるのもおかしいとお思いかもしれませんが、この利点は危ない金融業者を見抜けない初心者にとっては特に有り難いでしょう。

プロミスだけ見ていては分からない?他社と比較して分かる事

プロミスにはこうした利点があり、それだけで十分…と言いたい所ですが、それはやはり最初のうちだけですね。

プロミス以外の金融業者の事を知らないまま利用して、他の金融業者の利点を後から知って、「あっちにしとけば良かった…」と後悔する事もあります。

つまり、それはプロミスは他の金融業者と比較する事で、よりプロミスを敢えて選ぶ理由というのが見つかるようになります。
(⇒プロミスと他社カードローンを比較!

特に、消費者金融同士で比較するとどうしても横並びになる要素が多く、差別化して理解するのが難しくなります。

そこで、消費者金融と以下のカテゴリに所属する金融業者を比較してみるとしましょう。

  • 銀行系金融業者
  • 信販会社系金融業者

この二社に関しては消費者金融とは違った特性があり、代表的な金融業者を比較するだけでもプロミスとの違いが感じられます。

消費者金融同士でも実際は違いがありますが、その違いと比べると時には別物となり、状況によってどこにするかも整理しやすいです。

そこで今回は、銀行系金融業者からはみずほ銀行、信販会社系金融業者からはオリエントコーポレーション(通称オリコ)について解説していきます。

また、プロミスも含めた各金融業者でも最も利用者が多いと思われる、スタンダードなカードローンに絞って条件を見比べていきます。

金融業者選び及びカードローン選びにお悩みの方は、今回の記事を読んで各金融業者の違いを知り、どの業者が良いのか判断できるようになりましょう。

大手消費者金融の代表格のプロミスってどんな業者?

それでは、最初にも軽く触れた大手消費者金融のプロミスについて見ていきましょう。

プロミスの最もスタンダードなカードローンの性能については、以下のようになります。

サービス名 限度額 金利 用途
フリーキャッシング 最大500万円 4.5%~17.8% 生計費に限り自由

プロミスはこの他にもカードを使った融資方法として『自営者カードローン』がありますが、こちらは名前の通り事業者向きで、多くの人はフリーキャッシングを利用する事になります。

まず金利についてなのですが、融資の金利では融資額によって上限が設定されています。

限度額 上限金利
10万円未満 20%
10万円から100万円未満 18%
100万円以上 15%

こうして見るとプロミスの金利というのは、最低限度額が10万円としたら上限ギリギリですね。

とはいえ他の消費者金融の場合、10万円なら確実に18%に設定されてしまいますので、プロミスの金利はむしろお得であるとも取れます。

では、プロミスの利点について解説をしていきましょう。

簡単なのが嬉しいプロミスの消費者金融としての使い勝手

プロミスの消費者金融の利点としては、以下のような内容が挙げられます。

  • 審査が早く即日融資が簡単
  • 審査基準が緩めなので割と簡単に審査に通れる

そして消費者金融の中でもプロミス独自の利点としては、以下のようになります。

  • 融資方法が用途に特化していて選べる
  • ポイントサービスで無利息にできる

やはり消費者金融と言えば、多くの人が言っているように『審査が簡単』で『即日融資を受けやすい』という点ですね。

消費者金融は銀行に比較すると金利が高く、金利が高いという事は実際に返済する総額も高くつきやすいという目立つ欠点もあります。

しかし、融資において審査が簡単故に確実に借りやすく、同時に即日融資にて欲しい時に用意できる柔軟さは、銀行に大きく勝ります。

融資は欲しい時に用意出来ない場合、金利負担よりも大きな損害に繋がる可能性が高く、そうなると本当に困るのは自分自身です。

金利という融資において重要なポイントを差し置いても魅力的な要素のある消費者金融は、正しい知識を持って選べばその良さが実感出来るでしょう。

さらにプロミスの場合は融資プランが4つあり、無利息サービスも展開しているので、長く付き合っていくにも優れていると言えるでしょう。

消費者金融に魅力を感じたのなら、プロミスを基点に他の消費者金融各社と比較してみても良いですね。

銀行の融資はどんな感じ?みずほ銀行のカードローンに注目!

それでは次に、銀行カードローンの代表としてみずほ銀行のカードローンをチェックしていきましょう。

サービス名 限度額 金利 用途
みずほ銀行カードローン 最大1000万円 4.0%?14.0% 自由(事業性資金を除く)

まず知ってもらいたい事が、『銀行のカードローンは総量規制に関係なく借りられる』という事です。

総量規制については以下を参照して下さい。

☆総量規制とは
総量規制とは、貸金業者(消費者金融と信販会社)に適用される融資額の制限です。個人向けの融資に限り、最大でも年収の三分の一までしか貸し付ける事ができません。

例えばみずほ銀行のカードローンは最大で1000万円まで借りられますが、総量規制下なら年収が3000万円必要となります。

しかし、こうした規制が無いおかげで収入で限度額が制限されず、最大限度額での融資を受けられる希望も多くの人にあると言えます。

ただし、総量規制が無くても融資審査は必ず受ける事になり、審査に通らない限りは大金を借りる事もできません。

総量規制が無くとも1000万円を借りるというのは、相応に大変な事であるという点を忘れないようにしましょう。

尚、総量規制が無いという事は年収が0でも制限が無いという事になりますが、実際に年収が無い人が審査に通過するというわけではありません。

収入が無くても銀行カードローンが作れるのは、配偶者に収入があって同意も得ている専業主婦くらいしか例外はありません。

低金利と限度額が最大の強み!銀行カードローンの良さとは

銀行カードローンの利点をみずほ銀行カードローンからまとめると、以下のようになります。

  • 非常に低い金利で借りられる
  • 限度額が多めであらゆる事態に対応出来る
  • 総量規制が無いおかげでたくさん借りやすい

銀行カードローンは消費者金融と比べるとすぐに分かりますが、特筆すべきはその金利です。

みずほ銀行の場合は最大でも14%と、一般的な消費者金融に比べて4%も低いという事になり、金額負担にも顕著に現れてきます。

さらに限度額も消費者金融が大体300万円から500万円なのに対し、銀行では800万円から1000万円と、非常に高額な業者も多いです。

そのおかげで消費者金融からでは足りなかった融資額も、銀行カードローン一枚作れば事足りた…なんて報告もありますね。

ただし、銀行カードローンの融資審査は厳しく、思いの他簡単には作れないという点に注意して下さい。

銀行カードローンの金利と限度額を見て即決する人がかなり多いのですが、融資審査が厳しいという事実を見逃してはいけません。

特に「確実に融資を受けられないと時間もないし困る…」という場合、この審査の厳しさを失念していて、審査に通らずに路頭に迷う事もあり得ます。

よくよく考えると、消費者金融と同じカードによる融資であるのに、審査難易度まで同じだとしたら消費者金融は営業できませんね。

消費者金融は金利を高くしてリスクに備える代わりに審査を緩くしており、銀行ではその逆です。

銀行のカードローンは、優良顧客にのみ貸し付ける事で、確実に返済してもらって確実に利益を出していく…こうしたスタイルが成り立っているのです。

後、総量規制に到達している状況なら銀行しか頼れないので、単純に審査基準だけで落ちるかどうかは決定しない事を忘れずに。

かなり特殊!?オリコに見る信販会社の融資の特徴

それではいよいよ三社目、かなり特殊な金融業者と言える信販会社のカードローン及びクレジットキャッシングについて記載します。

サービス名 限度額 金利 用途
CREST 最大500万円 4.5%?18.0% 自由
オリコカード(キャッシング) 最大100万円 15.0%?18.0% 自由

信販会社というのは、元々はクレジットカードや分割ローンに注力していた金融業者であり、比較的最近になってカードローンも目立ってきた、という感じです。

オリコはその信販会社の中でも規模が大きく、車などの分割ローンなどでもしばしば見かけるので、消費者金融を使った事が無い人でも身近な場合が多いです。

そしてオリコと言えばカードローンだけでなくクレジットカードも多数扱っており、クレジットカードにはキャッシング機能と呼ばれるカードローンに近い機能が搭載されています。

故にカードローン目的以外でもオリコのカードを作りたいという人が多く、そういう意味で消費者金融よりも特殊なのです。

今回は融資の事なので割愛しておりますが、オリコカードの場合はキャッシング枠とは別にショッピング枠も用意されており、買い物でも使用できます。

詳しくは次項にて説明しますが、カードローンとキャッシングというのは似ているようで、かなり違うものでもあります。

どんな場合及びどんな人に向いているのかが全く異なっていますので、選ぶ場合は慎重になりましょう。

そういう意味で言えば、信販会社の融資自体が若干癖が強く、融資に慣れた人の方が価値が分かると言えそうですね。

一枚で何でも出来る!?信販会社の融資は多機能が売り

信販会社の特殊かつ便利な融資の利点については、以下のようになります。

  • カードローンとクレジットキャッシングが選べる
  • 一枚で複数の機能を備えたカードが多い
  • ポイント還元などオプションが豊富

クレジットキャッシングに顕著な点ですが、やはり「一枚のカードで色んな事が出来る!」というのは大きな魅力です。

オリコカードは買い物と融資の双方に使えますが、それ以外の機能として電子マネーを搭載できたりと一人二役どころか、カードによってはもっと兼ねる事ができます。

カードを財布にたくさん入れている人は結構いますが、やはり必要なカードだけを持つ方がスマートですし、金銭管理もスムーズです。

そうした融資の中でも特殊と言える部分に価値を見出すのこそ、信販会社の真骨頂と言えるでしょう。

他にもポイント還元など便利なサービスが多いものの、注意点としては通常のカードローンに比較するとクレジットキャッシングは融資としては劣る、という事実がある事です。

限度額も金利もカードローンに比べてイマイチであり、融資を多用する人からすると、器用貧乏にもなり得ないといった地味な欠点があります。

従って、融資を多用するならオリコでもカードローンであるCRESTを選ぶべきですが、それだと消費者金融との差異が分かりにくいですね。

故に、信販会社で融資を受けたいのなら、『融資の頻度はそこそこ、それでいて多機能なカードが欲しい』という場合に向くと言えます。

融資を提供する会社で融資はそこそこというのも不思議な響きですが、こうした利点を見出せないと、一番微妙な立ち位置になりやすいのです。

三社の比較結果発表!あなたに相応しい金融業者とは?

以上が今回ピックアップした金融業者の比較の為の材料であり、そのまとめとして確認をしていきましょう。

  • 簡単審査で早く借りたいなら消費者金融
  • 低金利かつ高限度額なら銀行
  • 一枚のカードで色々したいなら信販会社

このように、恐らく融資を求める多くの人の希望にて分けられる結果になったと言えますね。

ただ、一つ言うなら金利や限度額という融資の基本要素に優れているのは銀行であり、可能であれば銀行から借りた方が後悔としては少ないと言えます。

ポイント還元や即日融資というのは、人によって必要としているかどうかで大きく価値が変動してしまいますよね?

しかし、低金利と限度額というのは、融資を使う全ての人が必要としている条件で、低金利は特に重要視されています。

低金利な融資で借りる事で、大きく融資を使う上での実質的な負担が軽減できるのですから、不要なわけがありませんよね。

なので融資選びの基本としては、融資における基本要素と特殊な状況に強い要素のどちらが大事かで決める事になるでしょう。

基本的な要素に優れている銀行、どんなカードローンが良いかはっきりしている消費者金融と信販会社…こんな風に、ほぼ真っ二つに分かれますね。

その上で特徴が強いのが信販会社であり、クレジットカードを持つなら融資枠もそちらにまとめてみよう…そんな風に分かれやすいですね。

そうなると消費者金融が一番立場的に微妙では?という意見が聞こえてきそうですが、もっとプロミスなどの消費者金融と見つめあってみましょう。

消費者金融は選ぶ価値あり!プロミスから学べる事実とは

銀行と信販会社に無くて消費者金融にあるもの…それを今一度見直してみて下さい。

  • 即日融資がかなり受けやすい
  • 無利息キャンペーンがある

実は銀行や信販会社の多くがすでに即日融資に対応しているのですが、それらの即日融資は制限が多いものなのです。

例えば銀行なら口座を先に作っていないとダメ、信販会社ならカードローンはともかくクレジットキャッシングは後日になる…こんな事が多いです。

ですがプロミスの場合、インターネットから申し込めるか、若しくは近くに自動契約機があればすでに条件のクリアができています。

必要条件が少ない即日融資というのは、急いでいる人の負担を極限まで軽減してくれますので、消費者金融が身近な金融業者と呼ばれているのです。

さらに無利息期間ですが、プロミスの場合は初回利用時とポイントサービスで利用できますが、意外と消費者金融の多くが追随しています。

そして無利息期間内に完済できれば、真の意味で金銭負担無く融資を受ける事が出来、銀行よりも安く借りる事ができます。

この無利息期間は稀に銀行も開催していたりしますが、銀行に比べると消費者金融は圧倒的に開催回数が多く、チャンスが多いのです。

プロミスなどの消費者金融はフットワークの軽さと無利息キャンペーンの多さが魅力であり、双方を同時に活かせれば、銀行にも信販会社にも無い融資体験が得られます。

即日融資もそうですが、無利息サービスというのはかなり需要がある要素であり、プロミスは初回利用なら必ず受けられます。

単純な金利や限度額、表面上の特徴だけでは良さが分からないというのも、消費者金融を愛用するなら是非知ってもらいたいですね。

【参考ページはこちら】
今更聞けないプロミスの基本的な利用方法

新着記事
TOPICS