> > 知らないと損する!プロミスで利息免除の裏ワザ大公開!

知らないと損する!プロミスで利息免除の裏ワザ大公開!

消費者金融のカードローンは、銀行のカードローンに比べて審査も緩めで、申し込んだ当日に即キャッシングできるのが大きなメリットと言って良いでしょう。

一方で、当たり前の事ですが、借りたお金には利息がつき、借りた元金に加えて利息分も含めたお金を返済しなければなりません。

そこで今回は、キャッシングで気になる「利息」に注目して、プロミスでキャッシングした際の利息と、“利息免除”と言う究極のキャッシング利用術に関して考察してみたいと思います。

プロミスの金利水準ってどうなの?

カードローンはとても便利なものですが、カードローンを利用する際に必ず気になる点は「利息」ではないでしょうか?…

少しでも利息の低い会社でお金を借りたいと考えることでしょう。なぜなら、利息は低ければ低いほど返済の負担が軽くなると共に、利息が低ければそれだけたくさんのお金を借りることも可能になると言えるからです。

それゆえに利息の低い銀行のカードローンが人気を集めることになるのです。その一方で、大手消費者金融のプロミスの利息水準はどうなのでしょうか?…

そこでまずはプロミスの利息水準についておさらいしてみたいと思います。

プロミスの利息水準は高い?低い?

まずはプロミスの利息の水準について、他の消費者金融と比較してみましょう。プロミスの利息水準と比較する為に取り上げる消費者金融は以下の通りです。

  • レイク
  • アコム
  • モビット
  • アイフル
  • ノーローン
  • フクホー
  • ユニーファイナンス
  • フタバ
  • アルコシステム
消費者金融 金利 限度額
プロミス 4.5~17.8% 500万円
レイク 4.5~18.0% 500万円
アコム 4.7~18.0% 500万円
モビット 4.8~18.0% 500万円
アイフル 4.5~18.0% 500万円
ノーローン 9.5~18.0% 300万円
フクホー 7.3~18.0% 300万円
ユニーファイナンス 8.8~17.95% 300万円
フタバ 15.0~18.0% 50万円
アルコシステム 10.95~20.00% 50万円

さて上記の利息の比較表を見てどのような感想を持たれたでしょうか?…

「プロミスの利息水準って高めじゃないの?…」「プロミスの利息って割と低めなのね…」と言ったように感想は二分されるのではないでしょうか?…

プロミスと同じ銀行系大手消費者金融のレイク、アコム、モビット、ノンバンク系大手のアイフルの利息水準と比べると特にプロミスの利息の低さが際立つとは言えません。
(⇒プロミスと他社消費者金融の比較

それでもプロミス以外の大手の最高金利はすべて年18%となっているところ、プロミスでは年17.8%となっており0.2%金利が低めとなっています。そして、多くの人が消費者金融でお金を借りる際には、たいていまずは最高金利が課せられると言って良いのです。

その意味から言えば、プロミスの利息水準は、他の大手の水準と比べてメリットがあると言えます。一方、フクホー、ユニーファイナンス、フタバ、アルコシステム等の中小消費者金融と言われている会社の利息水準と比較してみるとプロミスの利息水準の低さが際立ちます。

とりわけ最低利息の水準ではプロミスの利息の低さが目立つと言えます。以上の比較から言えることは、消費者金融の利息水準の中でプロミスの利息水準は決して高くは無いと言って良く、強いて言えば、その中でも比較的利息は低めであると言って良いと思います。

そのことから「どこか消費者金融でお金を借りたい…」と考えている方にとって、利息免除と言った究極のメリットの是非にかかわらず、プロミスでのキャッシングはお勧めと言って良いと思うのです。

キャッシングは「利息」を理解するのが大事!

まず最初に指摘しておきたい点としては、厳密に言うと「金利」と「利息」は異なります。一般の人は良く「金利」と「利息」を同じものとして考えているようですね?…

「金利」とは、一般的に「○○%」といったかたちで示されます。たとえば、プロミスの金利は年4.5~17.8%と言うことになります。そして、金利は、プロミスでどれだけお金を借りてもこの金利水準の範囲内となります。

たとえば、プロミスで100万円お金を借りたとすると、適用される金利は年15%となります。そして、金利の適用水準は、利息制限法によって定められているのです。

利息制限法によると

借入額が10万円未満の場合は金利は年20%までとなり、10万円以上100万円未満だと年18%まで、そして100万円以上の借入額だと金利は年15%以下となっているのです。

そして、100万円以上でプロミスの限度額となる500万円の上限に近づくほど、最低金利の年4.5%に近づくことになると考えてください。

他方で「利息」は、金利と異なる概念となります。「利息」とは、金利計算された利子分となる金額のことを指します。

具体的に言うと、仮にプロミスでお金を100万円借りたとすると、適用される金利が年15%とすると利息計算は「100万円×15%=15万円」となり、プロミスへ支払う「利息」は、15万円となるのです。

つまり、「利息」はプロミスに支払う“余分なお金”と考えていただければ良いと思います。そして、もちろん金利によって利息、つまり支払うべき余分なお金は変わって来ます。

金利が高ければ利息も高くなると言うことです。そのことから言えば、利息が免除されると言うことは余分なお金を支払う必要が無いと言うことで、つまりは金利が免除されることと同義になると言うことなのです。

他方で、金利による利息は、金融会社でお金を借りた人が当然支払うべき、あるいは返済すべき約束事とも言えます。なぜなら、プロミス等の金融機関でお金の融資を受けるときに、元金に加えて金利分の利息も返済することを承知し約束した上で契約を結ぶからです。

そのようなプロミスを含めた金融機関との基本的な契約を鑑みれば、後の章で随時触れていく

「利息免除」と言うものは極めて例外的な事態であって、一般的には「利息免除」はカードローン利用において有り得ない事態である

と言って良いと思われます。

プロミスは利息免除があるのか?

さて、本章では「プロミスでのキャッシングにおいて利息が免除されるケースがあるのか?…」について考察していきたいと思います。

無利息キャッシングは究極のメリットです!

誰だってカードローンでお金を借りるときに利息が無い方が良いに決まっています。利息を払わなくても良いなら、どんどんお金を借りられますし、返済の負担も著しく減ることに疑いはありません。

他方で、プロミスを含めた金融機関は、お金を貸して金利をとって、その金利による利息を受け取ることで利益を上げている営利企業なのです。そのことから常に利息を免除して融資していては、そもそも会社として成り立たなくなってしまいます。

また、遅かれ早かれ倒産してしまうことになります。つまり、プロミスはお金を無利息で貸し付ける非営利団体では無いと言うことなのです!

その点を鑑みると、プロミスから利息を免除してもらってお金を融資してもらうことはキャッシングにおける究極のメリット!と言っても過言ではないのです。では、そんな夢のような話しが実際にあるのでしょうか?…

利息免除は原則として有り得ない!

先の質問に対する結論から先に言えば、「利息を免除してお金を借りることは有り得ない!」と言うことです。そして、プロミスにおいても原則として利息免除でお金を借りることはできないと考えておいてください。

その大きな理由としては、すでに上記で触れたように、利息を取らない融資をしていたら金融会社として成り立たないからなのです。そのことから利息免除でお金を借りることは、どの金融機関でも無理なのです。

しかしながら、利息免除は無理であっても、出来る限り利息を減らすことは可能です。たとえば、なるべく金利が低いところ、つまり利息の負担が軽いところでお金を借りるようにすればいいのです。

そのような会社の代表的なものが銀行です。銀行の金利水準は、ほぼ年3%台~14%台となるので、明らかにプロミスで融資を受けるよりは利息の負担が軽くなります。以下に主な銀行の金利水準をまとめてみます。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • オリックス銀行
  • 住信SBIネット銀行
銀行 金利 限度額
三菱東京UFJ銀行 4.6~14.6% 10~500万円
三井住友銀行 4.0~14.5% 10~800万円
みずほ銀行 4.0~14.0% 10~1000万円
オリックス銀行 3.0~17.8% 800万円
住信SBIネット銀行 1.99~7.99% 10~1000万円

以上のように、銀行カードローンの金利水準は、プロミス等の消費者金融と比べてかなり低いのです。そして、金利が低いと言うことは、利息の負担も軽いと言うことなのです。

もう一つは、「繰り上げ返済」をどんどんすることで、できるだけ早期に完済することなのです。この場合は、繰り上げ返済しても金利の負担率が変わる訳ではありませんが、繰り上げ返済することによって元金も減りますので、その分金利は変わらなくても利息の負担は少なくなっていきます。

このように利息免除で借りるのは不可能と言って良いのですが、利息の負担を利用者側の努力によってどんどん軽くすることは可能なのです。それゆえ、利息免除を模索するのではなく、少しでも利息の負担を軽くする方策を探す方が現実的な手段・手法になると言って良いと思います。

プロミスで利息免除で借りる方法とは!?

さて、これまで指摘した事と真逆の指摘となってしまいますが、実はプロミスでは利息免除でお金を借りることが可能なのです!

それはプロミスでは初回の利用に限って30日間無利息で借りれるサービスがあるからなのです。ただし、この30日間無利息サービスを利用する際には、メールアドレスの登録に加えてWeb明細サービスへの登録が条件となります。

つまり、

プロミスで20万円借りたとして、その20万円分について30日間分の利息が免除になると言うことなのです。それゆえ、借りた20万円を30日間で返済すれば利息ゼロで金利も無しなので、借りた分の20万円の返済分だけで済みます。

また、借りた20万円を無利息期間の30日間で返済する必要はありません。その場合には、30日間を過ぎた翌日から完済するまでの期間の利息は免除されないだけです。

とまれ、初回利用に限られますが、どれだけお金を借りても30日間は利息が免除されるサービスは、すごくメリットが大きいと言えます。なぜなら、すでに上記でも触れたように、金融会社からお金を融資してもらう際には原則として利息免除で借りられることは有り得ないからなのです!

たとえば、銀行カードローンはプロミス等の消費者金融に比べて金利は低めですが、利息を一定期間に亘って免除すると言ったサービスはありません。そして、実はプロミス以外でも一定期間に亘って利息を免除するサービスを提供している消費者金融はあるのです。

利息免除サービスの会社を比較してみよう!

まずは利息免除サービスを提供している消費者金融の一覧を示します。

消費者金融 無利息サービス 利用条件等
プロミス 初回借入で30日間無利息 メールアドレスとWeb明細への登録が必要
レイク ・借入額のうち5万円まで180日間無利息
・借入額に関係なく30日間無利息
初めての利用に限る
アコム 30日間無利息サービス 2014年10月から初回利用に限りOK
ノーローン 借入日から1週間無利息 何度でも1週間無利息の利用可

利息免除のサービスを提供しているのがプロミスだけでないことが上記の表からご理解していただけると思います。そこでこれら利息免除のサービスを比較検討してみます。

まず一番メリットが大きいと感じてしまうのは、レイクの無利息サービスではないかと思います。理由は、まず「借入額にかかわらず30日間無利息」と「借入額のうち5万円までなら180日間無利息」のどちらかを選べることと、“初回申込みに限る”と言ったこれら無利息サービスを利用する為の共通条件以外には条件が無いことだからです。

また、ノーローンは、「1週間無利息」とのように、他の30日間無利息サービスと比べると無利息期間でやや見劣りしてしまいますが、初回利用のみに限らず何回でも1週間なら利息免除で借りられるメリットは見逃せないと思います!

一方でプロミスの場合は、30日間の利息免除において、初回利用に限るとの条件に加えて、メールアドレス登録とWeb明細サービス登録が条件となっている点にやや無利息サービスの使い辛さを感じます。

なぜなら、利用者に中には「自分のメアドは消費者金融に登録したくない!…」や「Web明細ではなく紙の利用明細書が必要…」と言った人ではプロミスの利息免除サービスが利用できなくなるからです。

とは言っても、やはり30日間でも利息が免除されてお金を借りられるメリットはとても大きいことに疑いはありません。

法的整理でも利息が免除される

もう一つプロミスで利息を免除してもらう方法があります。が、この方法は正直言ってお勧めできるものではありません。

また、この方法で利息を免除してもらった場合には、プロミスに限らず、他の金融機関でも今後一定の期間に亘ってすべてのカードローンが利用できなくなると言った大きなデメリットがあるのを承知しておいてください。

その方法とは「任意整理」なのです。任意整理とは、返済不履行となってしまった場合に、弁護士を通して借りた金融会社との間で返済交渉をして返済を決めることなのです。

任意整理をすると、一般的に3年程度での完済を目指すことになります。その任意整理の際に、原則として延滞利息を免除してもらうことが可能になるとのメリットがあるのです。

延滞利息とは、返済期日までに返済できなかったことに対するペナルティの利息であり、プロミスでの延滞利息は年20.0%となります。利息にはお金を借りる際の金利となる「約定利息」があり、返済を遅延したり滞納するとこの約定利息に加えて延滞利息が上乗せされて返済しなければならなくなります。

しかし、任意整理をすれば、この延滞利息は原則として免除となりますし、交渉によっては約定利息を下げてもらうことも可能となります。が、任意整理をすると信用情報機関で金融事故として扱われて、いわゆる“金融ブラック”として名前が記録されてしまいます。

そして、金融ブラックになると、どの金融機関でもお金が借りられなくなります。任意整理等の債務整理でブラックになると、一般的に5年~10年くらいは信用情報機関にブラックとして名前が残るので、その期間はカードローン等の利用はいっさいできないと考えてください。

それゆえ、任意整理で利息は免除してもらえますが、それ以上に多大なデメリットを背負うことになってしまうのです。

まとめ ~プロミスでは30日間なら利息免除!~

プロミスでは原則として利息を免除してもらうかたちで融資を受けることはできません。しかし、プロミスを初めて利用する方なら、30日間無利息サービスを利用して30日間までなら利息を免除されてお金を借りることができます。

その無利息サービスを利用する為には、メールアドレス登録とWeb明細サービスに登録する必要があります。また、無利息サービスは、プロミスだけでなく他の消費者金融にもあります。

プロミス以外に無利息サービスを提供している消費者金融では、「初回利用者に限る」と言った条件以外に利用条件はありません。もう一つプロミスで利息を免除してもらう方法としては、任意整理があります。

任意整理ではお金を借りる際に結んだ利息契約は免除されませんが、返済延滞に伴う遅延利息は免除してもらえます。ただし、任意整理をしてしまうと、それ以降のカードローン利用やキャッシングがプロミスを含めたすべての金融機関で利用できなくなると言った大きなデメリットがあるのです。

それゆえ、任意整理による利息免除は、特殊な事例と言って良く、プロミスで利息を免除してもらう方法としてはお勧めできません!

そのことからプロミスで利息免除でキャッシングしたいのであれば、“30日間無利息サービス”を利用する以外に方法は無いと言って良いと思います。

【参考ページはこちら】
プロミスの賢い利用法とは?

新着記事
TOPICS