> > プロミスの審査シュミレーションの正確性が知りたい!

プロミスの審査シュミレーションの正確性が知りたい!

お金を借りたいけどプロミスは利用できるのか?

申込む前には審査に通るかどうか…気になりますよね。

申込みたいけど…「自分は審査に通ることができるのか知りたい!」「申込むきっかけが欲しい!」

そう思った時には審査シュミレーションが便利ですよ。

プロミスでは「お借入診断」という名称で審査シュミレーションをしています。

「初めての借入れで借りれるのか不安…」「他社から借入れをしているけどプロミスでも借りることができるのか?」

そんな不安がある人には審査シュミレーションがオススメです!

また審査シュミレーションで可決が出たら本審査でも絶対に可決になるのか?

審査シュミレーションの正確性についても見ていきますよ。

プロミスの審査シュミレーションってどんなもの?

プロミスのサイトを見ると「お借入診断」というモノがあります。

これが審査シュミレーションになりますよ。

3つの項目に入力して「診断する」というボタンを押すと次の画面で診断結果がでます。

すぐに診断結果が出るので安心して申し込める反面“この審査結果は信用して大丈夫なのかな?”という不安もよぎりますよね。

そこで、プロミスのお借入診断の内容と正確性について紹介していきますね。

プロミスお借入診断の内容は3項目だけでカンタン!

審査シュミレーションをしようと思ったら、まずはプロミスのサイトを開くことから始まります。(こちらもご参考に→プロミスの審査基準って?

プロミスのサイトを開く

「お借入診断」をクリック

3つの項目に入力

「診断する」をクリック

次の画面で診断結果表示

あっという間に診断結果まで出るので、審査シュミレーションの結果を待つことはありません。

気になる3項目は以下の3点です。

  • 生年月日
  • 年収
  • 現在のお借入金額

生年月日の入力でプロミスが知りたいことは?

生年月日…何かに申し込みをする時には記入することが多いですよね。

プロミスでお金を借りようと思ったら審査シュミレーションの段階で入力が必要になります。

なぜ生年月日の入力が必要なのか?

これは年齢が対象年齢に該当しているのか確認するため ですね。

プロミス 利用条件
年齢 20歳~69歳

万一、年齢が該当しない場合にはエラーとなり診断結果は出ません。

年収の入力は適当でも審査できる?正確に入力した方が良い理由

お金を借りようと思ったら年収の入力は必須 ですよね。

プロミスでも例外はなく、審査シュミレーションの段階で年収の入力が必要となっています。

“借りれるかどうか知りたいだけだから、正確な年収でなくても大丈夫?”

ついつい、そう思ってしまいがちですが年収は正確に入力しましょう。

  • 入力内容で審査シュミレーションを実行
  • 入力内容を継続して新規申込みができる

正確に入力する理由は上記の点があげられます。

入力内容で審査シミュレーションを行うので、入力内容が正確でなければ正確な診断結果は出ませんね。

そして、融資可能となった場合には入力内容をそのまま継続して新規申込みができるのです。

そのためシミュレーションで正確な情報を入力しておけば申し込みの時に調べ直す手間が省けますよ。

正確な診断結果には現在のお借入金額は重要項目!

現在のお借入金額はできれば隠しておきたい…なんて思っていませんか?

「10万円程度だから申告しなくてもバレないよね?」なんて都合よく思っていませんか?

実は消費者金融は信用情報機関へ照会することで他社に借入れがあるかどうかはすぐに分かります。

そのため、申告内容と信用情報機関で照会した内容が違うと申込みをした人を信用することができません。

つまり、現在のお借入金額を適当に入力してしまうと新規申込みをした時に否決となる可能性が出てきますよ。

審査シミュレーションを利用する時には個人情報も必要?

お金を借りる時には個人情報の入力が必要ですよね。

氏名・生年月日・電話番号の他にも勤務先情報や自宅情報など様々な情報を入力することになります。

けれど審査シミュレーションの段階では一切必要ありません。

先ほど述べた3項目だけで審査を行います。

個人情報の入力が無いので信用情報機関へ登録されることもありません。

プロミス 個人情報
審査シミュレーション 入力なし
新規申込み 入力あり

つまり、審査シミュレーションの審査段階では信用情報機関へ情報が提供されることはありません。

例え否決の結果が出て他社へ申し込みをすることになっても多重申込みを避けることができるのです。

審査シミュレーションの正確性をあげるテクニック

審査シミュレーションを利用する時には診断結果は少しでも正確性をあげておきたいですよね。

せっかく審査シミュレーションでは可決になったのに、本審査に申し込みをすると否決となってしまっては意味がありません。

そこで正確性をあげるためにはどうしたら良いのか紹介しておきますね。

  • 年収を正確に把握しておく
  • 年収の1/3を超える金額を既に借りていない
  • 現在の借入れ状況を正確に把握しておく

年収は源泉徴収票を利用して正確に把握!

繰り返しになりますが、お金を借りる時には年収の入力は必須です。

そこで、源泉徴収票を用意して事前に正確な年収を把握しておきましょう。

源泉徴収票は借入希望額によっては必要書類にもなります。

必要書類の提出の時に慌てないためにも予め用意しておくと審査時・提出時に活用できて一石二鳥ですね。

年収を正確に把握しておくことで借入れ可能額が分かってきますよ。

借入れ金額は他社借入れと合わせて年収の1/3まで!

既に借入れをしていると言う人が知っておきたいこと!

それは借入れできる金額は他社借入れと合わせて年収の1/3までというコトですね。

そのため、すでに他社から年収の1/3近い金額を借りている場合では審査に通る可能性は低くなります。

「現在の借入れ状況を正確に把握」が正確性をあげるポイント!

審査シミュレーションにある3つの項目をどれも正確に入力することで診断結果の正確性があがります。

生年月日は正確に覚えている人が多く、誤魔化す必要もないのでほとんどの人は正確に入力しますよね。

年収についても源泉徴収票があればすぐに正確な金額が分かります。

けれど現在の借入状況となると他社へ問い合わせる必要が出てきたり、いくら借りているのか分からないという人も多いですよね。

そうなると適当な入力となってしまいがちです。

  • 生年月日:覚えている人が多い
  • 年収:源泉徴収票で確認しやすい
  • 現在のお借入金額:把握しづらい

けれど、現在のお借入金額を正確に把握することで現在年収に対してどの程度借入れをしているのか把握できますよね。

そうすると審査シミュレーションでも借入可能かどうかの判断を正確に行うことができるのです。

また正確な借入れ金額を入力することで個人信用情報機関からの借入れ情報と照らし合わせた時も誤差がなく印象が良いですね。

つまり借りやすくなるのです。

そこで「審査シミュレーション可決→本審査可決」の可能性が高くなります。

他社からの借入れ金額を正確に入力していなければ「審査シミュレーション可決→本審査否決」となる可能性もありますよ。

プロミスのお借入診断でお金を借りるきっかけを作る

プロミスのお借入診断は3つの項目で借りれるかどうかを判断する簡易的なものとなっています。

そのため、お借入診断では可決となっていても実際に詳細な情報に基づいて審査すると否決となってしまうこともあります。

そうならないためには、審査シミュレーションであっても審査項目には正確に入力する必要がありますよ。

けれど「借りれるかどうかをある程度知っておきたい」「きっかけを作りたい」という場合では大まかな入力でも構いません。

ただし細かく入力していないため正確性は劣りますが簡易的に入力することで手軽に試せますね。

【参考ページはこちら】
プロミスみたいに審査が甘い方がありがたい?

新着記事
TOPICS