> > プロミス借入で車を買うのは得か?他の金融商品との比較で検証!

プロミス借入で車を買うのは得か?他の金融商品との比較で検証!

夢にまで見た欲しい車を買う時は、年令に関係なく思わず胸躍る瞬間ですよね?…

実際に購入した車が納車される前日の夜なんか気分が高揚してなかなか寝付けなかった…なんて人も案外に多いのではないでしょうか?!…

でも、車って高価な品物ですよね。安くても数十万円、新車で買うとなると数百万円はします。

それゆえ、多くの人がローンで車を購入しているのが実情だと思われます。しかし、「そんな高額なお金なんてないよ!…」と、お金が無ければ車を買うのを諦めるしかないのでしょうか?…

そこで今回の記事は、そんな夢のマイカー購入を熱望、切望している方にとって取って置きの内容になっています。

具体的には、車購入の方法について、プロミスで車を買う方法とマイカーローン利用の双方の観点から考察を掘り下げていきます。

車が欲しい!!…でもどうすればいいの?

「どうしてもあの車が欲しい!!…でも…先立つ購入資金がないんだよなあ~」…夢にまで見る欲しい車を手に入れるときは、いつだって車を買う為の資金が頭の痛い問題となりますよね?!

じゃ~お金が無ければマイカー購入の夢を諦めるしかないのでしょうか?!…でも、それじゃー本当に夢の無い生活になってしまいますよね!

お金が無ければ車買う夢は諦めるしかないのか?

「手許に車買うだけの十分な資金が無ければ車を買う夢を諦めるしかないのか?…」との質問に対する答えは明確に「NO!!」です。手許に現金が無くても、差し当たって先立つ資金が無くたって夢にまで見る欲しい車を買うのは可能なんですよ!

そうなんです!!…どこかで車を買う為の資金を融資してもらえば良いのです。そうは言っても、「どこで車を買えるような大金を貸してくれるの?…」と考えますよね。

また、「そんな大金をポンと融資してくれるような金融機関なんてあるの?…」「未成年でも車購入の資金なんて借りられるの?…」「まだ社会人1年目なのに車を買えるだけの資金なんて借りられるのかなあ~?」と言ったように、やはり疑問や不安は正直言ってありますよね。

でも大丈夫なんです!!どうしても車を買いたい人の為に銀行や消費者金融は力になってくれるのです。だから「お金が無いから夢のマイカー購入は諦めよう…」なんて考えたり落胆する必要はまったくありません。

車買う為の資金の借入先はあるぞ!

手許に車購入の為の十分な資金が無くても金融機関でお金を借りて車を買うことは十分に可能なんです。たとえば、車購入のローンで一番メジャーなのは、銀行や信用金庫で提供している「マイカーローン」でしょう。

また、車のディーラーサイドで用意している「ディーラーローン」を利用しても車を買えます。しかし、金利面から考えれば、やはり銀行や信用金庫の「マイカーローン」が一番のお勧めとなるのではないでしょうか。

また、「マイカーローン」なら車購入の為の資金としては十分であり、借りれる金額はだいたい200万円から多いローンでは600万円くらいまでの借入が可能です。かなりの高級車でも買える金額ですよね。

しかしながら、「マイカーローン」は誰でも簡単に利用できるものではありません。マイカーローンを利用する為には審査があり、その審査に通らないと車を買う為の資金は借りられません。

そして、マイカーローンの審査基準は決して甘いものではないのです。このマイカーローンについては、後の章でさらに詳しく触れますのでご期待ください。

加えて、消費者金融のカードローンでの借入も車を買う為の資金として使えます。一般的に消費者金融のカードローン審査は、銀行のカードローン審査よりも甘めと言われており、銀行や信用金庫のマイカーローンよりも借り易いのは明らかと言えます。

そして、実際に銀行や信用金庫のマイカーローン審査に落ちてしまった人が消費者金融のカードローンを利用して夢のマイカー購入を実現させている方は多いのです。

プロミスで車を買うメリット・デメリット

銀行や信用金庫のマイカーローンを利用した方々の口コミを見ると、「低金利で車の購入資金を借りられて念願の車を買えた!…」「希望通りの購入資金を低い金利で借りれたから車を買うことができました!…」と言ったポジティブな体験談が多いですね。

その一方で、「銀行のマイカーローンの審査に落ちてしまって車を買うのを諦めました…」や「希望の融資額が却下されてしまって本当に欲しい車の上級グレードは買えなかった…」とのネガティブな意見もあります。

そして、そのような方々が次に車を買う為に頼ったのがプロミス等の大手消費者金融なのです。「マイカーローンはダメだったがプロミスなら即決で融資してくれてようやく夢の車を手に入れられました!…」との口コミ体験談も多いのです。

プロミスを利用して車買うメリットは?!

プロミスで車購入の為の資金を借りる際のメリットは、なんと言っても「銀行のマイカーローン審査よりもかなり甘めで借り易い!」と言った点に尽きると思います。

実際に多くの口コミ情報での「マイカーローンは落ちたけどプロミスではOKだった!」との体験談がその事実を如実に示唆していると言って良いでしょう。プロミスのカードローンはフリーローンなので、もちろん車購入の為の資金に充てるのは可能です。

また、プロミスのカードローンなら、銀行のマイカーローンのように煩雑な手間も無く、審査に時間もかかりません。さらに、融資までにも時間がかかりません。

プロミスのカードローン審査で必要になる書類は、本人確認の為の運転免許証・健康保険証、あるいはパスポートに加えて、50万円以上の借入となる場合は源泉徴収票や給与明細書、確定申告書等の収入を証明できる書類の提出だけで原則OKなんです。

もちろん、担保も保証人も不要です。しかしながらプロミスのカードローンは総量規制の対象となるので年収の3分の1までしか融資を受けられません。

そのことから、たとえば年収300万円の人の場合は限度額いっぱいまで借りられたとしても100万円が上限となってしまいます。

もうひとつのメリットは、審査が30分くらいで終わり来店不要で即日融資を受けられる点です。銀行のマイカーローンの場合は、契約のときは自分で来店する必要がありますし、実際の融資までには通常1~2週間ほど時間がかかります。

それゆえ、

審査時間も短くて申し込んだ即日に融資を受けられる点はプロミスを含めた消費者金融カードローンのメリットと言って良いと思いますよ。

プロミスで車購入資金を借りるデメリット

一方で、プロミスで車を買う為の資金を借りる際のデメリットは、やはり「金利」と言えるでしょうね。プロミスのカードローンの金利は、年4.5%~17.8%となります。

この金利水準は、消費者金融の中で見ると、決して高い水準ではないと言えます。が、銀行や信用金庫のマイカーローン金利と比べてしまうと、プロミスの金利は高めとの印象は否めません。

一般的に銀行のマイカーローンの金利は、年1.6%~4.8%くらいとなります。また、信用金庫のマイカーローンだと年1.2%~4.8%となるようなので、やはりプロミスの金利と比べるとかなり低めとなりますね。

もうひとつのデメリットを指摘すれば、先にも触れたようにプロミスは総量規制の対象となってしまうことで年収の3分の1までしか借りられないことなのです。

そのことから車格が300万円以上の高級車を買う為のお金を借りるには、少なくとも年収が900万円以上ないと無理なのです。それゆえ、それなりの車格の車を購入する為の資金をすべてプロミスのカードローンでの借入で賄うのはやや厳しい面があると言って良いと思います。

また、当然の事ながら、多額の融資を受けて返済期間が長くなればなるほど、先の金利による負担は重くなります。それゆえ、プロミスで車を買う為の資金を賄う上では、金利水準がネックになってしまうと言えるのです。

マイカーローンと比較検討してみよう!

さて、最後の考察として、車購入を考える際には一般的に多くの方が利用されると思われる「マイカーローン」とプロミスのカードローンとを比較して検証するかたちで、「どちらを利用して車を買う方が結果として得なのか?」との観点におけるひとつの結論を呈してみたいと思います。

まずプロミスと比較検証するマイカーローンは以下を取り上げてみます。

  • 三菱東京UFJ銀行マイカーローン
  • 三井住友銀行マイカーローン
  • 住信SBIネット銀行Mr.自動車ローン
  • 東京信用金庫カーライフプラン
  • 横浜信用金庫マイカーローン
  • 長野信用金庫マイカーローン
金融機関 金利 限度額 利用条件等
プロミス 年4.5~17.8% 最大500万円 継続した一定の安定収入あればOK
三菱東京UFJ銀行マイカーローン 変動金利:年2.975% 50~1000万円 ・前年度の税込年収が200万円以上あること
・勤続年数が1年以上あること
三井住友銀行マイカーローン 変動金利:年2.475% 10~300万円 ・前年度の税込年収が200万円以上あること
・契約時に当行に来店可能な人
住信SBIネット銀行Mr.自動車ローン 変動金利:年1.775~3.975% 10~1000万円 ・アルバイトやパート、自営業者でも安定収入あれば利用可
・融資までは通常2週間くらい
・住信SBIネット銀行に口座開設が必要
東京信用金庫カーライフプラン 固定金利:年1.10~2.50% 500万円以内 ・当信用金庫の会員、あるいは会員資格を有する者
・当信金の営業エリア内に居住、もしくは働いている人
横浜信用金庫『≪よこしん≫ライフリード マイカーローン』 ・通常金利:年3.20%
・優遇金利:年2.90%
500万円以内 ・当信金の営業エリア内に居住、あるいは勤務している方
・健康保険制度に加入している人
・反社会的勢力に該当しない人
長野信用金庫マイカーローン 変動金利:年3.925% 500万円以内 ・保証料を払う必要あり(たとえば、借入額100万円の場合は年0.78%の保証料かかる)

さて、上記のプロミスと他の金融機関のマイカーローンとの比較内容を示した表を見てどのような感想を持たれたでしょうか?…

「やっぱりマイカーローンの方が金利面でプロミスよりも魅力的だね!…」と言った感想を持った方が多いと思います。そこでここではプロミスとの比較視座を交えつつ、マイカーローンの強みや弱みについて考えてみます。

マイカーローンで借りる強みは?

上記の比較表の内容からまず明らかに言えることは、やはりプロミスのカードローン金利水準に比べた各社のマイカーローン金利の水準の低さだと思います。たいていのマイカーローンは、年2%台で収まっています。

「住信SBIネット銀行Mr.自動車ローン」の最低金利が年1.775%と、「東京信用金庫カーライフプラン」の固定金利で年1.10%は、断トツの低金利と言えますね。一方で、プロミスの場合は、いっぱいに金利を下げても年4.5%となって到底これらマイカーローン金利には及びません。

たとえば、プロミスで車を買う為の資金として100万円借りるのと三菱東京UFJ銀行マイカーローンで100万円借りる場合とを比較してみます。

借りたお金を1年間で返済するとして、プロミスでの100万円の場合は年15%の金利が適用されると考えられるので、プロミスでの利息は「100万円×15%÷365日×365日=15万円」となります。

他方で三菱東京UFJ銀行マイカーローンの利息は、「100万円×2.975%÷365日×365日=29750円」となります。そして、両者の利息の差額は、120250円となるのです。

この利息額の差をどのように見るかは読者各人によって異なると思われます。が、プロミスの場合には12万円も余分に返済しなければならなくなってしまう点は無視できないと思います。

一方、融資額については、最大額で見ればプロミスは500万円なので車購入の資金としては他の金融機関のマイカーローンの限度額と比較してもそんなに見劣りしてしまうものではないと言えるでしょう。

しかしながら、プロミスで融資の上限額近くまで借りるには、上記でも触れたように総量規制の観点から言えば、年収が少なくても1500万円以上ないと難しいのです。

一方で、それ以外の金融機関のマイカーローンは

総量規制の対象外となるので年収制限が無いので利用者の借入条件さえ見合えば限度額近くまで融資を受けるのは十分に可能と言って良いのです。

その点から言えば、車購入の為の融資額についてもプロミスの方がハードルが高くなってしまうと考えて良いと思います。

マイカーローンの弱みってなに?

マイカーローンの弱みとしてまず指摘できるのは、プロミスのカードローン審査に比べて審査基準が高くなってしまうことでしょう。各社のマイカーローンは、すべて低金利となっており、金利が低いと言うことはそれだけ審査も厳しくなってしまうと考えて良いのです。

たとえば、上記の表の中では、銀行のマイカーローンについては「前年度の税込年収が200万円以上あること」と言ったようにマイカーローンの申込みには年収制限が設けられています。

つまり、年収が200万円以下の人は銀行のマイカーローンには申込めないと言うことなのです。他方で、プロミスのカードローンでは「継続した一定の安定収入の有無」は申込み条件ですが、年収制限はありません。

また、信用金庫のマイカーローンの場合には、「当信金の会員か会員資格を有する者」や「当信金の営業エリア内に居住もしくは勤務している人」と言ったように利用制限がかかります。

加えて、先の表中には記しませんでしたが、“与信枠超過”と言ったように、現在抱えている借金のローン返済比率が今回のマイカーローンでの借入金を含めて返済額が年収の40%を超えないと言った“ローン返済比率”の縛りもかかるのです。

このローン返済比率の基準に関しては、各金融機関によってバラつきがあります。そして、ローン返済比率の基準をクリアできない場合はマイカーローン審査には通してくれません。

さらに、過去の返済履歴においても、返済の遅延や滞納があると、マイカーローン審査の場合はカードローン審査の場合よりもより審査に通るのが難しくなってしまうようなのです。

なぜなら、マイカーローンの場合はカードローンよりも比較的まとまった額の融資となることから、過去の返済実績はより厳しい目で見られてしまうと考えて良いからなのです。

また、離職率の高い職業に就いている方だとマイカーローン審査に通り難くなるとも言われています。具体的には、運送業やタクシー運転手、また水商売は離職率の高い職業と見做している金融機関は多いようなので、このような職業に従事している人だと審査に通り難くなるようですね。

一方、プロミスのカードローン審査においても離職率の高い職業の方だと審査で厳しく見られることはあっても、原則として職業それ自体が審査で差別されることは無いと言えます。また、住宅ローン等の多額の負債となるローンを組んでいると、マイカーローンに通り難くなってしまうとも言われています。

一般的には、住宅ローン等の負債の残高、残債が未だ年収の3倍を超えている状態だとマイカーローンの審査通過はかなり厳しくなってしまうようですね。

以上のように、プロミスのカードローン審査に比べると明らかに審査のハードルは高めと言って良く、クリアすべき審査基準が多くなることから借り辛さの印象は否めないのです。(こちらもご参考に→プロミスの審査も安心!借りる前の対策

最後の弱みとしては、各金融機関のマイカーローンは審査にそれなりの時間がかかり、たとえば実際の融資までには「住信SBIネット銀行Mr.自動車ローン」の場合だと通常で2週間くらい時間を要します。

そのことから即日にお金を借りることは無理です。そして、他のマイカーローンについても融資までには最低でも1~2週間程度の時間が必要と思われます。

他方でプロミスなら即日に融資を受けられるので、それだけ早く念願のマイカーを手に入れられます。

まとめ ~マイカーローンがダメでもプロミスがあるぞ!!~

さて、これまでの考察から言えることは、「マイカーローンの審査に落ちてしまってもプロミスで車を買うのは十分に可能である!」と言うことになります。まずは車購入の為の資金の借入先としてプロミスは銀行や信用金庫のマイカーローンに比べて“借り易さ”ゆえのメリットがあると言って良いでしょう。

さらに、プロミスなら来店不要で即日に融資してくれるので、マイカー購入までの手間も時間も短縮できます。その一方で、プロミスで車を買う際の大きなネックは、総量規制による融資制限と金利の高さと言えるのです。

そして、プロミスと各社のマイカーローンとの双方におけるメリット・デメリットをどのように捉えるのかの最終的判断は、ご利用者各人に委ねられるとが正直な結論となるのです。

が、とまれマイカーローンの審査がダメでもプロミスに申込んで審査に通って融資を受けて念願のマイカーを手に入れた方は実際にたくさんいらっしゃることは疑いの無い事実なのです。

【参考ページはこちら】
プロミスは車ローンの代用になる?

新着記事
TOPICS