> > プロミスは職場へ電話する?プロミスの在籍確認の対処法

プロミスは職場へ電話する?プロミスの在籍確認の対処法

カードローンは審査も比較的簡単で、申込んだ即日にお金が借りられるのでとても便利ですよね!…

そして、その利便性の高さから実際に多くの人が消費者金融や銀行のカードローンを利用しています。

でも…すでにカードローンを利用された方ならご承知だと思いますが、カードローン審査での職場に電話がかかってくる「在籍確認」はちょっと気になる、頭を悩ませてしまった点となったのではないでしょうか?…

そこで今回は、“職場への在籍確認”について、具体的に銀行系大手消費者金融のプロミスのケースを取り上げて「職場への在籍確認の対処法」を掘り下げてみたいと思います。
(⇒プロミスの本人確認ってどんな感じ?

プロミスって職場になにかしら連絡するの?

カードローンは審査に通りさえすれば、すごく便利で簡単に即日にお金が借りられることから、一度利用してしまうとなかなか手放せないと言っても過言では無いと思います。

しかしながら、カードローンを利用する際には、毎回カードローン審査がとても気になりますよね?!…

「果たして自分はカードローン審査に通るのだろうか?…」「カードローン審査ではいったいどんな事を調べられるのか?…」「一度審査に落ちてしまったらずっとカードローンに申込めなくなってしまうのではなかろうか?…」…

このようにカードローン審査に対する不安や心配は様々だと思います。そして、カードローン審査の中でも、特に消費者金融から職場や自宅に電話連絡がくる在籍確認の審査には頭を悩ましてしまう人も多いのではないでしょうか?…

職場への電話連絡は審査で必ずあるの?…」「職場への在籍確認には絶対に応対しないとダメなの?…」「もし職場への電話連絡に応じないとどうなるの?…」…

そんな職場への在籍確認に関する様々な疑問や不安について、これから一つずつ丁寧に答えていきたいと思います。

プロミスは審査で職場に連絡ある?!

さて、プロミスのカードローン審査についてですが、結論から先に言うと、「プロミスでは職場への在籍確認の連絡ある!」と言うことなのです。

プロミスにとって在籍確認は、“本人確認”の為の審査として絶対に外せない審査項目となります。それゆえ、どうしても「職場への在籍確認がイヤ!…」と言った人は、プロミスではお金を借りれないとまずは考えてください。

では、プロミス以外の消費者金融の場合はどうなのでしょうか?…

プロミスと同じ銀行系大手消費者金融のレイク、モビット、アコム、またノンバンク系大手のアイフルと言った知名度の高い消費者金融でも“原則”として職場への在籍確認の審査はあります!

これら消費者金融を利用した方々の口コミ情報の中には、「職場への在籍確認の審査無しで融資を受けられた!…」と言ったような体験談も確かに認められます。が、このような事例は一般的とは言い難く、あくまでも稀なケース、あるいは例外的措置と考えて良いのです。

それゆえ、「プロミスを利用した口コミ情報の中で、職場への在籍確認無しで借りられたとの体験談があったから自分も同じように在籍確認無しで借りられるだろう…」と思い込んでプロミスに申込むのは些か早計と言えます。

だから、これからプロミスに申込もうと考えている人は、「プロミスでは職場への在籍確認がある!」と思って申込んでくださいね。そして、「どうしても在籍確認を避けて融資を受けたい!…」と思う人は、プロミス以外の在籍確認不要で融資を受けられるところを探して申込んだ方が良いと思います。

職場への在籍確認ってなんなの?

まず先立つ疑問としては、「そもそも職場での在籍確認ってなに?…」と言ったことではないでしょうか?

「在籍確認」とは、平たく言えば「本人確認」のことであり、プロミスに申込んだ人が働いている勤務先に電話をかけて確かにその会社で働いている事実を確認することで本人確認をすると言った、信用調査業務の一環なのです。

そして、信用調査業務の為の審査となるので、どの金融機関でも在籍確認の本人確認はとても大切な審査項目となるのです。一方、在籍確認は信用調査業務の審査となりますが、職場での電話において事細かく詳細な質問をされるようなものではありません。

なぜなら、申込者が会社での実務中に時間を割いてもらって審査に応じてもらうので、申込者の業務を妨げるような真似は絶対にしません。

職場での在籍確認の電話で聞かれることは、「名前」「生年月日」「住所」「自宅の電話番号」等の申込みの際に提出した申込書に記載した個人情報の確認に加えて、働いている部署の名称やどのような業務に従事しているのかと言った極めて簡単な質問内容となるのが一般的です。

それゆえ、職場への在籍確認は、たいてい数分で済むのが普通と言えます。

職場への在籍確認は避けるべきなのか?!

さて、上記の考察では、プロミスでは職場への在籍確認があり、職場への在籍確認がどうしてもイヤだ!という方はプロミスには申込めないとの結論になりましたね。

一方、そのような事ではありますが、もし可能であれば「職場への在籍確認は避けるべきなのか?…」とも考えられるのです。

そこで本章ではプロミスのケースも鑑みながら、「職場への在籍確認を回避することは可能なのか?…」、また職場での在籍確認で懸念される事柄についての考察を介して、職場への在籍確認に関する理解をさらに深めていきたいと思います。

職場での在籍確認が必要な理由

プロミスだけでなく、モビット、レイク、アコム、アイフルと言った他の大手消費者金融のカードローン審査においても、職場への在籍確認の為の連絡は、原則として避けることはできないのです。

では、「なぜ、どの消費者金融のカードローン審査でも職場への在籍確認が必要になっているのか?…」との疑問が沸きますよね?実は、職場への在籍確認が必要なのにはきちんと理由があるのです。

第一の理由としては、「プロミスへの申込時に提出した申込書に記載した「勤め先」との重要情報にウソや偽りがないのか?」と言った点を確認する為なのです。

「勤め先」に関するウソや偽りの記述は、申込者の信用能力や返済能力に関わる重大な弊害と見做されます。

なぜなら、勤め先に関するウソは、「お金を貸しても大丈夫なのか?…」「お金を貸してもきちんと返済できる当てがあるのか?」と言ったような融資の是非に関わる信用貸しへの信頼性を根底から崩してしまうことになるからです。

“信用貸し”の根底が揺らいでしまうことは、カードローン融資において拠って立つ基準が揺らいでしまう事と同義となります。プロミスや他の消費者金融で提供しているカードローンは、担保も保証人も不要で、申込者の信用力の高低に拠った“信用貸し”を根拠に融資する金融商品なのです。

そのことから申込者の信用力の高さが信用貸しにおける決め手になると言えるのです。つまり、信用力が高い人は信用貸しのリスクがそれだけ低く、一方で信用力の低い人は信用貸しリスクが高くなると言うことなのです。

そして、信用貸しリスクの高い人とは、貸倒れや自己破産等の債務整理をされてしまう可能性の高い人と見做されてしまうことでプロミスではそのような人にはお金を融資しません。

それゆえ、職場への在籍確認は、申込者の信用力を図る上において欠かせない重要な審査となるので必要と考えられるのです。

2つ目の理由は、職場で在籍確認が取れると言うことは、「確かに申込者が申込書で申請した会社で働いており、きちんと安定した収入を得ている」ことへの証明となるからです。

つまり、“継続した一定の安定収入がある”ことへの証明となり、申込者の返済能力の裏付けともなることで職場への在籍確認は必要になるのです。そして、最後の点としては、“なりすましの申込み”や不正行為を未然に防ぐと言った理由で必要なのです。

なりすましの申込みやカードローンを悪用した行為は、ときとして重大な犯罪に繋がったり、重大な犯罪を惹起させてしまう原因ともなります。そのことからプロミスも含めた金融機関は、そのような犯罪を未然に防ぐ為の社会的責任を負っているのです。

それゆえ、犯罪防止との意味合いからも職場への在籍確認は必要であると言って良いのです。

在籍確認でプロミス利用がばれてしまう?!

カードローンを利用するに当たって、多くの人が心配や不安を覚えてしまうのが「職場への在籍確認でカードローンを利用していることが会社の他の人や上司に知られてしまうのではないか?…」と言った点なのです。

確かに口コミ情報の中には「職場への在籍確認の電話連絡でカードローン利用がばれてしまった!…」と言ったような体験談が認められます。しかし!そのようなケースは極めて稀と言って良く、またそのような体験談自体には信憑性がありません。

そして、職場への在籍確認でカードローン利用がばれてしまうことは稀なケース、あるいは有り得ない事態であると言えるのです。そう言うにはきちんとした理由があります。

まず最初に指摘したいのは、「職場への在籍確認によって申込者のプライバシーを侵害してもプロミスはもちろん、他の消費者金融にとって何一つメリットがない!」からなのです。

むしろ、もしそのような事態が起きてしまったら、口コミで「あの○○消費者金融では職場への在籍確認で会社の他の人にばれてしまうらしいぞ!…」と言った悪い評判が立って顧客が利用しなくなってしまうからです。

そして、プロミス等の消費者金融では、申込者のプライバシーについては十分な配慮をしているのです。たとえば、カードローンの申込みの際に、「職場への在籍確認の日時を利用者側から指摘できる。」と言ったことも可能です。

また、プロミスの場合は、必ずではありませんが、プロミス側から「明日に職場への在籍確認の電話連絡をします。…」と言ったように在籍確認の前日に前もって在籍確認をする旨を教えてくれることもあります。

さらに言えば、申込者の記入項目の中に「家族に内緒」「誰にも内緒」と言った項目が設けてあり、その項目にチェックマークを入れて呈出すれば消費者金融側で最大の配慮をしてくれます。

このようにプロミス等の消費者金融では、他の人にカードローン利用を知られない為の十分な配慮をしてくれるのです。

それゆえ、

職場への在籍確認の連絡によって会社の他の人や上司にカードローン利用がばれてしまうような真似は絶対にしないと言って良いのです。

2つ目に指摘したいのは、プロミスでは職場への在籍確認の為の電話連絡において絶対に「プロミスの○○です。」とは言わないことです。職場への在籍確認では、個人名かつ非通知で、また別の会社名でかけてきます。

加えて、もし申込者本人以外の会社の他の人が応対しても「伝言」を残すようなこともしません。そして、申込者本人が直接に在籍確認の電話に出て初めて「プロミスの○○です。」と名乗ります。

そのことから、もし会社の他の人が職場への在籍確認の電話に出てしまっても、プロミスを利用していることはまずばれません。

さらに言えば、会社の他の人がプロミスからの在籍確認の電話に出た際に、「○○は只今席を外しています。…」や「○○は午後○時には会社に戻る予定です。…」と言ったような返答であった場合には、申込者本人が電話に出なくても「これで在籍確認は取れた。」としてくれる場合もあるのです。

つまり、プロミスでは職場への在籍確認の為の電話連絡で会社の他の人や上司にプロミスを利用している事実を知られてしまうことはまず有り得ないと言っても過言ではないのです。

また、プロミスの職場への在籍確認は、「必ず申込者本人が直接に応対しなければならない!」と言ったものではなく、柔軟に対応してくれるのです。それゆえ、プロミスのカードローン審査における職場への在籍確認についてはなにも心配事や不安になる点は無いと言って良いと思いますよ。

プロミスでの在籍確認の賢い対処法教えます!

最後の考察として、プロミスでの職場への在籍確認に対する取って置きの賢い対処方法について紹介してみたいと思います。ここまで読んでも未だプロミスの職場への連絡に対する不安を拭い去れない方でも、この内容に目を通せばスッキリすると思いますよ!

だから注目して読んでみてくださいね。

プロミスは職場連絡に対して柔軟な対応!

何度も繰り返しますが、プロミスのカードローン審査においては、職場への在籍確認の電話連絡は、“原則としてある!”と考えてください。しかし!!プロミスでは職場への電話連絡に対して申込者の諸事情を十分に勘案した柔軟な姿勢で対応してくれることも事実なのです。

たとえば、「職場への在籍確認はいいけど、どうしても会社の他の人に電話を取られるのはイヤ!…だから自分で在籍確認の電話に応じたい!…」との強い希望や事情をプロミスの担当者に相談すれば、場合によっては職場への在籍確認の日時指定を受け付けてくれるかもしれませんね。

ただし、申込者の事情に妥当性が認められればの話しですが…。また、職場への在籍確認を拒否するのではなく、あくまでも在籍確認には真摯に対応したいが為の要求であればプロミスでもそのような希望には柔軟に対応してくれるのです。

さらに言えば、申込者本人の都合ではなく、勤務先の会社の諸事情によって職場への在籍確認の連絡が難しいケースもあるでしょう。

たとえば、会社の所属している部署が日中は皆出払ってしまって日中の外からの電話は会社の代表者や責任者に回ってしまうような特別な事情や、会社の部署にかかってきた電話は、同部署の誰かの携帯電話に転送されてしまうようなシステムを利用している場合には、職場への在籍確認は難しくなってしまいます。

そのような会社の事情がある職場で働いている人は、その旨をプロミスの担当者に相談すれば、そのような事情を考慮した手段を講じてくれます。

「どのような事情があろうとも職場への在籍確認が取れない場合には審査には通さない!…」と言ったような、プロミスでは融通の利かない対応はしません!

プロミスなら職場への在籍確認無しでOKなの?!

昨今は個人情報保護法の観点から、個人名で会社にかかってきた電話や個人的用件の電話、また業務以外の電話には原則として応じない、応じられないと言った会社が増えているようなのです。

そのような社会事情に伴い、プロミスでもだんだんと職場への在籍確認が難しくなっているのが実情と言って良いと思われます。

他方で、「職場への在籍確認が取れないような会社で働いている方には融資できません!…」との紋切型の対応ではプロミスに限らず、どんどん顧客を他の会社に取られてしまい会社の利益にはなりません。

それゆえ、結論からまず先に申し上げれば、「プロミスでは職場への電話連絡以外にも在籍確認がOKとなる方法がある!」のです。

上記のような会社の事情や会社の規則によって、どうしても職場への在籍確認が無理な場合には、

在籍している会社の社員証の提出や在籍証明書の提出、また社会保険証や直近2~3か月分の給与明細書等の書類の提出で職場への在籍確認の代替措置としてくれるのです。

ただし、このケースにおいても会社の諸事情を勘案して「職場への在籍確認は無理」との妥当性が認められた場合での代替措置となることを覚えておいてください。それゆえ、上記のような事情があれば必ず職場への在籍確認が免除されるとは限りません。

また、確実な情報ではありませんが、口コミでは職場への在籍確認無しで審査に通してもらったことによって、希望額を減額されてしまうといった不利を被ってしまうケースもあるようなのです。

とまれ、プロミスでは原則として職場への在籍確認は必須と言って良い反面、申込者の事情や勤務先の会社の事情によっては職場への在籍確認を回避できる場合もあると言うことなのです。

以上のように、申込者各人の諸事情や勤務先の事情等を前もってしっかりとプロミスの担当者に伝えて相談した上で、自分にとって一番ベストな職場への在籍確認の方法、あるいは在籍確認の代替案を見つけることがプロミスでの職場への在籍確認に対する賢い対処方法になると言って良いと思われます。

最後にプロミスでの職場への在籍確認における留意点について以下に簡潔にまとめておきます。

  • 在籍確認の日時指定が可能!
  • 個人的事情や会社の事情を相談しておく!
  • 社員証等の書類提出で在籍確認の代替になる!

まとめ ~プロミスの職場への在籍確認にはきちんと応じる!~

プロミスで融資を受けたいのであれば、カードローン審査での職場への在籍確認の連絡にはきちんと応じることが審査に通る為の条件となることをしっかり心に刻み込んでください。

なぜなら、プロミスでも職場への在籍確認は審査の最終段階となるからです。それゆえ、もし職場での在籍確認が取れなかった場合には、審査に落とされてしまいプロミスを利用できなくなりますよ。

だからプロミスから職場への在籍確認の電話が来たらなるべく自分で応対できるようにしましょう!しかし…業務の都合で必ずしも自分が職場にかかってきた電話に出られなかったり、どうしても自分では応対できないと言ったことも多々あるでしょう。

そのような場合には事前にプロミスの担当者とその旨を相談しておくことをお勧めします。そうしておけば申込者の事情や都合をしっかり勘案した上での対応をしてくれます。

一番まずいのは、しっかりと事情を説明しないで、成りゆき任せの対応でプロミスからの職場への在籍確認に向き合ってしまうことでしょうね。さらに言えば、個人の事情や会社の事情でどうしても職場への在籍確認ができないとのケースもあるでしょう。

そのような場合にもきちんと事情をプロミスの担当者と相談すれば、社員証や給与明細書等の書類の提出で在籍確認を免除してもらえることもあります。

とまれ、大切なことは、必ず職場への在籍確認の連絡には応じることと、職場への在籍確認について気になる点があれば事前にプロミスに相談して便宜を図ってもらうことなのです。

そして、仮にプロミスから職場へ在籍確認が来ても、まず会社の他の人や上司にプロミスを利用している事実を知られることはありません。だから安心して職場への在籍確認に応じるようにしてください。

【参考ページはこちら】
プロミスから派遣会社に在籍確認ある?

新着記事
TOPICS