> > 増額申請電話かかってくる?プロミスで増額するコツ大公開!

増額申請電話かかってくる?プロミスで増額するコツ大公開!

カードローンやキャッシングには必ず「利用限度額」と言うものがあります。利用限度額は、申込者各人によって異なります。

そして、利用限度額は、増額申請をすれば増やすことは可能ですよ!そこで今回は、利用限度額を増やす為の“増額申請”について、プロミスで増額申請して限度額を増やす為のコツを具体的に取り上げて解説していきたいと思います。

また、「増額申請の際には在籍確認の電話かかってくる?…」と言った、ちょっと気になる点に関してもしっかり答えていきます。
(⇒プロミスで急ぎの増額は難しい?

プロミスって増額できるの?

カードローンを利用していると、「もう少し利用限度額が増えると助かるんだけどなあ~…」って感じちゃうこと案外多いんじゃないでしょうか?…

プロミスも含めてたいていの金融機関のカードローンでは、初めて契約した時はそんなにたくさんの利用限度額をもらえないのが普通です。初回の利用限度額はだいたい「50万円以下」と言ったところだと思われます。

特に初回の限度額が10万円くらいだと、どうしても「もっと利用限度額を増やしたい!…」と言った感じが強くなると思います。でも安心してください!

カードローンの利用限度額は増やすことが可能なんです。そして、もちろんプロミスでも限度額を増やせますよ!!でも、増額申請の手続きが必要であり増額してもらう為の条件と言うものがあるのです。

それではプロミスでの「増額申請」について考察していきたいと思います。

プロミスではこうやって増額申請する!

プロミスで利用限度額を増額してもらうには、利用者側からプロミスへ増額申請をする必要があります。増額申請の方法は、インターネットか電話でするのが普通ですね。

もちろんプロミスの店頭に直接に赴いて増額申請することも可能です。しかし、郵送やFAXでの増額申請は受け付けていないようですね。

また、自動契約機でも増額の申請ができます。インターネットでは、まずプロミスのインターネット会員ページでログインしてから、会員メニューの中の「利用限度額変更申込」の項目から増額申請を行います。

その際に1つ注意して欲しいのは、限度額が50万円以上となる場合や、限度額を増やして他社との借入額の総計が100万円超となる場合には収入証明書が必要になると言うことです。

これはプロミスが総量規制の対象となるためだからです。一方、電話申請の場合は、プロミスのコールセンターに電話をかけて増額申請を行います。
(⇒プロミスの増額案内が来たら?

電話での増額申請を受け付けてくれる時間帯は、平日の9:00~21:00までとなりますので、時間帯には注意してください。そのことから、申込みの時間帯を気にせずに申込めるのはやはりインターネットでの増額申請となりますね。

インターネット申込みでもコールセンターへ電話をして申し込んでも、増額申請をして受け付けられたら増額申請の審査があります。そして、この増額審査に通らないとプロミスでは増額を認めてくれません。

プロミスの増額申請ってどんな感じなの?

では本章ではプロミスの増額申請での審査に関して考えていきます。まず最初に言っておきたいことは、「プロミスの増額申請はそんなに甘くない!」と言うことなんです。

増額申請の審査については、プロミスだけでなく他の金融機関においても甘くないと言って良いのです。

プロミス等での増額申請の審査甘くない理由

プロミスや他の金融機関、たとえばプロミスと同じ「銀行系」の消費者金融であるモビット、アコム、レイクの増額申請での審査が甘くない理由としては、どの消費者金融でも増額に対してはとても慎重な姿勢を崩さないからなんです。

その理由としては、

増額は貸倒れや債務整理をされてしまう信用貸しリスクを高めることになってしまうからなのです。

プロミス等が提供しているカードローンは担保も保証人も不要でお金を借りられる、申込者の信用力の高低が融資において非常に重要な判断材料となるのです。

信用力が低い人は、それだけ「お金を貸しても返済してくれないかも?…」と言った貸倒れリスクや返済不履行になって自己破産等の債務整理をされてしまう“信用貸しリスク”が高くなってしまうのです。

そして、限度額が10万円だった人の利用限度額を50万円に増額すると言うことは、増額した分だけ信用貸しリスクも高くなってしまうと言うことになるのです。

そのことからプロミス等の金融機関では、特に増額申請の審査に対して厳しい姿勢で望み、それだけ審査はシビアなものになると言って良いのです。さらに言えば、初回申込時の審査と増額申請の審査は異なると言えます。

初回申込時の審査では申込者の素性や「お金を貸しても大丈夫かな?!…」と言った“信用力の有無”を重視した審査内容となります。他方で、増額申請での審査では“信用力の上積み”と言った観点を重視するのです。

つまり、「もっとお金を貸しても大丈夫なのか?…」との点を審査すると考えて良いのです。そのことから初回申込時の審査よりも必然的に信用力に対する見方がシビアになってしまうことで審査が厳しくなるのです。

その一つの証左としては、初回申込時の審査はだいたい30分くらいで審査結果を即日に教えてくれますが、プロミスの増額申請の審査では2~3日くらい時間を要します。時間がかかる分だけしっかり審査されると考えて良いでしょうね。

以上の指摘から、プロミスはもちろん、他の金融機関の増額申請での審査はそんなに甘くない!と言って良いのです。

プロミスの増額申請で落ちてしまう人はこんな人だ!

プロミスの増額申請の審査で落ちてしまうような人は、以下で指摘するような方と言って良いと思います。

返済約束を守れない人はダメ!

まず致命的な欠点としては、「返済の約束をきちんと守れないような人はプロミスの増額申請には通らない!」と言うことです。

具体的に言えば、約束した返済期日までに返済をせずにしばしば遅延してしまうような人や、返済を延滞してしまうような方です。

現在の利用限度額でもきちんと返済期日を守れないような人に対して、「もっとお金を貸してしまったら余計に返済がルーズになってしまう…」と考えるのは当たり前のことではないですか?

だってあなただって約束した日までにきちんとお金を返済してくれないような友人に対して信頼してまたお金を貸すことができますか?…たぶんまたお金を貸す段になったらお金を貸すことに躊躇してしまうのではないでしょうか?

お金を貸して金利で利益を上げている営利企業であるプロミスなら余計にそのような危惧を重視するのは至極当然なことなのです。

プロミスをあまり利用していない人はダメ!

次の点としては、「プロミスでの利用が少ない人は増額申請の審査には通り辛い!」と言うことです。プロミスであまりお金を借りてくれないような人に対して、あえて増額申請を認める必要は無いと言えるのです。

なぜなら、「お金をあまり借りないのだから、あえて利用限度額を増やす必要はなく、現在の限度額でも十分ではないか!?…」と考えられてしまうからなのです。

逆にそんな人に増額するよりも、もっとプロミスでお金を借りてくれるような人に増額を認めた方がプロミスにとってはメリットがあるのです。

そして、プロミスでたくさんお金を借りてくれる人は、プロミスにとって「優良顧客」と見做されることで増額申請の審査に通り易くなるとも言えるのです。

総量規制に引っ掛かる人はダメ!

最後の点としては、「総量規制に引っ掛かってしまうような人はプロミスの増額申請の審査には通らない!」と言うことなんです。総量規制とは「年収の3分の1までしか融資できない」と言う規制です。

たとえば、年収が300万円の人は、総量規制に照らし合わせると100万円までが利用限度額の上限となります。

そして、プロミスで増額申請をして利用限度額が100万円を超えてしまう場合や、増額して他社との借入額との合計が100万円を超えてしまうと増額申請の審査に落とされます。

プロミスも総量規制の対象なので、収入による増額の限度はあります。

プロミスの増額申請では在籍確認の電話かかってくる?

以上の指摘から、プロミスの増額申請での厳しさは分かっていただけたかと思います。一方で、増額申請の審査で気になるのは、「プロミスの増額申請の審査では在籍確認の為の電話が職場にかかってくる?…」と言った点でしょうね。

プロミスでの初回申込時の審査では必ず職場への在籍確認の電話はあります。他方、増額申請の審査においては、再度の職場への在籍確認の電話の是非は、実は金融機関によってまちまちと言って良いのです。

そして、まず結論から先に言えば、プロミスの増額申請の審査では職場への在籍確認の為の電話がある場合があると言うことなのです。

ただし、

「プロミスでは増額申請の審査で必ず職場へ電話かかってくる…」と言う訳ではありません。つまり、プロミスでも増額申請の審査での在籍確認の電話は流動的になると言うことなのです。

しかしながら、「プロミスの増額申請では絶対に職場への電話連絡は無い!」とは言い切れないので、もし職場へ電話がかかったきた場合にはきちんと対応できるようにしておくことが大切と言えますね。

もし増額申請の審査において、職場に在籍確認の電話がかかってきて応じない場合には増額審査に落とされてしまうと考えて良いと思います。プロミスの増額申請で職場に電話がかかってくるケースとして考えられるのは、「転職した場合」でしょうね。

初回申込時に提出した勤務先が変わっている場合には、増額申請の審査では必ず新しい勤め先へ在籍確認の為の電話がかかってくると考えてください。

もう一つのケースとしては、個人属性の情報において返済能力にかかわる事項で大きな変更があった場合には、職場へ電話がかかってくることがあるかもしれません。

とまれ、プロミスの増額申請の審査では、職場への電話連絡は、一つの審査項目と考えておけば無難ではないかと思われます。

ただし、どうしても増額申請の審査で職場への電話連絡が困るという人や、転職した先の会社では個人情報保護法の観点から在籍確認の電話が難しいと言ったような事情の場合には、職場への電話の代わりに社員証や2~3か月分の給与明細書等の提出で代替措置としてくれるケースもあります。

プロミスで増額申請を成功させるコツ!

さて、本記事の最後の考察として、「プロミスでの増額申請を成功させる為のコツ!」について公開してみたいと思います。プロミスを利用していて近くプロミスでの増額申請を考えている方にとっては耳より情報が満載と思うので注目して読んでみてくださいね。

プロミスでの利用実績を積み上げる!

まず最初に指摘したいのは、プロミスの増額申請の審査にパスする為のコツとしては、「プロミスでの利用実績を積み上げる!」と言うことなのです。

換言すれば、プロミスでの利用実績が浅い人だと増額申請の審査には通りません!具体的に言えば、プロミスを利用し始めてから少なくても半年間、できれば1年くらいは借入と返済の利用実績を積み上げてくださいね。

プロミスで利用実績が多ければ多いほど、信用力と返済能力の上積みに対する根拠と見做されます。他方で、プロミスでの利用実績が2~3か月くらいだと増額申請の審査にはまず通してくれないと言って良いでしょうね。

クリーンな返済実績を十分に積む!

二つ目は、「クリーンな返済実績を十分に積み上げる!」ことなんです。プロミスの増額申請の審査に限らず、他の金融機関の増額審査においても、きちんとした返済実績が無い人は増額申請の審査には絶対に通してくれません!

その理由は明白なんです。と言うのは、「現在の利用限度額の範囲内でも借りたお金の返済を遅延したり滞納したりするような人は、限度額が増えてもきちんと返済約束を守れない、あるいはもっと守れなくなくだろう!?…」と見做されてしまうからなのです。

そして、きちんと返済の約束を守れないような人は、先に指摘した増額申請の審査で重要視される“信用力の上積み”との点ではマイナス評価を下されて審査に落とされるのです。

それゆえ、プロミスでも返済の利用実績はとても重要視されるのです。また、クリーンな返済実績については、先の指摘と同様に、少なくても6か月以上、可能ならば1年くらいは積み上げる必要があります。

つまり、利用実績の中でクリーンな返済実績を積み上げていくと言うことなのです。

借入実績にも注目しよう!

返済実績に加えて借入実績も必要です。この点についてはすでに上記で触れたことなので簡潔に述べてみたいと思います。

つまりはプロミスでたくさんお金を借りてくれる借入実績が豊富な人は、プロミスにとって会社を儲けさせてくれる貴重な「優良顧客」となることで増額し易くなるのです。

だってそのようにたくさんお金を借りてくれる人なら、増額申請を認めて利用限度額が増えればもっと多くのお金を借りてくれるとの見込みが立つからなんです。

他方でプロミスであまりお金を借りてくれないような人は、仮に増額申請を認めてもプロミスにはメリットが少ないので、よりたくさんお金を借りてくれる人の方に増額認可の気持ちが向かってしまうと言う訳ですね。

ただし、借入実績が多い一方で、返済がルーズな人はダメですよ!

収入状態も増額申請に通る重要なコツです!

「年収」は、増額申請に限らず、限度額の決定において大きな影響を及ぼします。初回申込時にもらえる利用限度額に関して言えば、やはり年収が少ない人よりは年収の多い人の方が大きめの限度額をもらえる傾向があると言って良いでしょう。

そして、プロミスの増額申請の審査でも年収が増えている人の方が増額し易くなります。なぜなら、

年収が少しでも増えていることは初回申込時よりも年収が増えた分だけ“返済能力の上積みがある!”と見做されることで増額申請を認めやすくなるからです。

他方で初回申込時とまったく年収状況に変化無かったり、逆に年収が減ってしまったような人は、プロミスでは増額申請を認めないと思います。そして、プロミスの増額申請では、上記でも指揮したように収入証明書の提出が求められます。

先では「増額を認めた場合50万円以上となる場合や、他社との借入額総計で100万円を超えてしまう場合は収入証明書が必要になる」と指摘しましたが、プロミスの増額申請の審査では原則として収入証明書の提出が必要になると考えておいてください。

理由は、年収が増えたことによる返済能力の上積みが信用力の上積みとなるからです。

個人属性の変更は申請前に済ませよう!

住所や勤め先等の個人属性に変更があった場合には、プロミスにきちんと届出をする必要、義務があります。

もし、個人属性に関する情報に変更があったのにそのまま放置して増額申請をした場合には、「偽りの個人情報を放置していた…」と見做されてしまい信用力に疑問を付けられてしまう場合があり、審査に落とされてしまうことがあります。

特に「返済能力」にかかわるような勤務先変更や勤続年数の変更を放置しておくと重大なマイナス点となるので注意してください。

増額申請にはリスクあることも理解しよう!

増額申請には良い面ばかりでなく、リスクもあることをご存知でしょうか?…

プロミスで増額されるメリットとしては、まずなによりも今まで以上に借りられる利用限度額が大きくなるので利便性が高まることです。

それゆえ、今までの利用限度額では賄えなかったような出費にも対応できるようになり、借入額に余裕ができればあらゆる用途で利用できる利便性が高まります。

さらに言えば、プロミスで増額申請が認められて利用限度額が大きくなれば、その分金利が下がると言ったメリットがあるのです。これは「利息制限法」によって認められたルールなのです。

たとえば、プロミスでの利用限度額が100万円の場合は金利は年15%を適用されますが、増額申請が認められて200万円まで増えると金利は年12%となり3%も金利が低くなるのです。

他方で、これはプロミスの増額申請に限ったことではありませんが、増額申請には審査に落ちた場合のリスクがあるのです。

それはもしプロミスで増額申請の審査に落ちてしまうと、現在の利用限度額を減らされたり、場合によっては一定期間に亘ってカードローンの利用を停止させられてしまうとのリスクなんです。

そして、そのようなリスクを被ってしまった場合は、増額申請する前よりも利用し難くなってしまうのです。

以上のように、プロミスでの増額申請には利用限度額が増えると言ったメリットと同時に、かえって利用し辛くなってしまうデメリットもあることを絶対に忘れないことがプロミスの増額申請を成功させる為のコツと言って良いのです。

最後にプロミスの増額申請を成功させる為のコツを以下にまとめてみます。

  • 利用実績を十分積む
  • クリーンな返済実績をできるだけ積み上げる
  • 借入実績もそれなりに積む
  • 年収増えれば増額申請のチャンス!
  • 個人属性の変更届を事前にしておく
  • 他社から借入しない!

まとめ ~プロミスの増額申請は甘くないぞ!~

以上の考察から、プロミスでの増額申請の方法やプロミスで増額申請を成功させる為の秘訣やコツをご理解していただけたことと思います。

ここではそれら考察のまとめをしてみますね。結論としては「プロミスを利用している方なら誰でも増額申請できます。が、プロミスの増額申請は決して甘くない!」と言うことではないかと思います。

ただし、プロミスの利用において、きちんと返済契約を守り続け、それなりにプロミスでお金を借りており、かつ利用実績の期間も十分な人なら誰でも増額申請を認めてもらうことは可能です。

また、増額申請にはメリットだけでなくデメリットもあることから、プロミスで増額申請するには「ベストな時期を選ぶ!」と言うことがとても大切になると言えます。

ベストな時期とは、クリーンな返済実績と借入実績が十分あり、年収が少しでも増えた時期と言うことになるでしょう。

そして、プロミスの増額申請では「職場への在籍確認の電話がかかってくる…」と考えて事前にその対処を考えておくこともプロミスの増額申請の審査をスムーズに通過する為の心得と言って良いでしょう。

とまれ、プロミスでも増額申請は可能で、増額申請の審査に通ればプロミス利用者なら誰でも増額してもらえます。勤め先や社会的知名度に関係なく、アルバイトやパートと言った働き方それ自体を増額申請で差別されることはないと言えます。

つまりは、あなたがプロミスにとって「優良顧客であるか否か?…」によって、増額申請の行末が決まってしまうと言って良いと思います。

だからプロミスにとって優良な顧客として見做されるような努力をすることが、プロミスの増額申請に通る為には必要になると言って良いと思いますよ!

【参考ページはこちら】
どうしてプロミスで増額できたの?

新着記事
TOPICS