> > 車ローンの代用になる?プロミスの利用価値と審査に通る方法とは

車ローンの代用になる?プロミスの利用価値と審査に通る方法とは

趣味でも仕事でも日常の生活でも個人の暮しに欠かせない存在の一つが自動車ではないでしょうか。しかし、車は決しして安いものではなく簡単には手に入れることができませんよね。

車の購入で消費者を助けてくれるのが車ローンですが、その審査は優しいとはいえず希望通りの融資を受けることができない場合も少なくありません。そして、そんな時に役立つのがプロミスなどのカードローンなのです。

今回は車ローンの代用としてプロミスが利用できるかどうかについて紹介します。車ローンより融資を受けやすいか、どうしたら審査にパスできるか、総量規制は問題ないか、車ローンと併用できるか、などプロミスの利用方法と審査に通る方法を説明しましょう。

プロミスは車ローンのかわりになるか?

車種にもよりもますが車の購入となるとかなりの大金が必要にますね。そのため現金が不足する方は車ローンなどを利用するわけですが、車ローンの利用が困難である場合にプロミスがそのかわりになるのか疑問に思われている方もおられるでしょう。

ここではプロミスが車ローンの代わりになるローンであるかどうかを確認することにしましょう。

そもそも車ローンにはどんなタイプがあるの?

自動車の価格は高額なので現金で一括払いする方はかなり少数派で多くの方は車ローンを利用されています。そのローンは、車を販売するディーラーが取り扱うローンと金融機関系のローンに大きく分かれています。

車ローンを利用する方は自分が購入しようとする車の販売店やディーラーが取り扱っているローンから借りる場合が多いといわれていますが、最近では銀行や信用金庫などの金融機関系のローンを利用する消費者も増加しているようですね。

ディーラーのローンはその事業者が提携している信販会社などが運営するローンで、車の購入者はそのローン事業者とローン契約を結ぶことになります。ディーラーローンの金利は4%~8%程度で平均では6%くらいといわれています。

ディーラーローンの融資額はその車の購入に必要な金額が対象となるため比較的少額からかなりの高額まで状況に応じた柔軟な対応がされているようです。

他方、金融機関系のローンは銀行などが運営するローンで、車の購入者は金融機関と直接ローン契約を結びお金をかりることになります。金融機関系のローン金利は2%~6%程度で平均では3~4%当たりとみられています。

金融機関系ローンの融資額は300万円から500万円といった額を最高額として設定しているローンが多いですが、中には1000万円とするローンも増えてきましたね。

両者の違いとしては、ディーラーローンのほうが金利はやや高い代わりに審査がややあまく手続も比較的簡単といわれています。逆に金融機関系ローンは金利がやや低いが審査はやや厳しく手続にやや手間がかかるといった特徴が挙げられます。

プロミスと車ローンのスペックの違い

プロミスのフリーキャッシングは最高500万円まで融資が可能なカードローンで、生活に関するさまざまな用途に利用できます。
(⇒プロミスでお金を借りたい方におすすめ

車ローンと異なり利用限度額の範囲なら自由に借入れを繰り返して利用できる便利なローンで、金利は利用限度額の大きさなどに応じて4.5%~17.8%の間で設定されることになります。

つまり、プロミスのローンなら最高500万円の融資額、金利も最低4.5%からの利用も可能ということになり、車ローンの代わりにも十分なれるスペックであると考えられます。

しかし、ローンの利用希望者のすべてが上記のような好条件で借入れできるとは限らず、ローン審査の結果次第では希望の融資額や金利にはるかに及ばないということ可能性もありますね。

また、プロミスと車ローンには各々の特徴があるので、それを十分に理解して利用しないと損したり失敗したりすることになるので注意しましょう。例えば、プロミスのほうが車ローンよりも審査が甘く手続も簡単なので早く借入れできる可能性が高いでしょう。

しかし、プロミスのほうが金利はかなり高くなる可能性があります。また、希望の融資額に届かないという事態も考えられますね。そのためプロミスと車ローンの選択や併用を含めたさまざまな利用方法を考えることが重要になってくるのではないでしょうか。

表1:プロミスと車ローンの違い

ローン内容 プロミス 車ローン
融資額 最高500万円 最高1000万円や必要額に対応
融資金利 4.5%~17.8%
*利用限度額に応じて
2%~8%
・ディーラー系:4%~8%程度
・金融機関系:2%~6%程度
特徴 ・審査は車ローンよりも甘い
・手続が簡単
・借入れまで短時間
・金利は車ローンより高い
・車の所有権は購入者にある
・審査はプロミスより厳しい。特に金融系は厳しい
・手続に手間がかかる。特に金融系はかかる
・借入れまでの時間はプロミスよりかかる。特に金融系はかかる
・金利はプロミスより低い。特に金融系は低い
・ディラー系ローンは終了するまで所有権は購入者にない

プロミスを車ローンの代わり利用するよう方法

先ほどプロミスと車ローンの内容を簡単に確認して、ケースによってはプロミスが車ローンの役割を果たせることがわかりました。しかし、ケースによってはプロミスを使うと不利になることもありその利用については十分に検討する必要がありそうです。

そのためここではプロミスを車ローンの代わりとしてどのように利用するべきか、どのような利用方法を取ったらよいかについて説明することにしましょう。

金利に関して車ローンとプロミスをどのように考えるべきか

車ローンとプロミスのどちらを選択するかの判断材料として当然融資金利が決め手になるでしょう。しかし、いかに車ローンの金利が低くて魅力的であっても審査にパスして利用できなければ車の購入予定者にとっては何の意味もありませんね。

そのため金利と審査のことを十分に考慮してどのローンを選択するか検討しなければなりません。

まず、金利のことを考えれば車ローン、特に金融機関系のローンは低く消費者にとっては魅力的でしょう。最近では銀行だけでなく信用金庫、労金、JAや保険会社なども車ローンに力をいれており2%を切るような低金利を提示するローンも現れていますね。

それに対してディーラー系ローンは金融機関系よりもやや金利は高くなっているといえるでしょう。つまり、金利面だけを考えれば、金融機関系ローン→ディーラー系ローン→プロミスという順番で利用価値が高くなりそうです。

もちろん利用者の状況次第ではこの順番はかわりプロミスでもかなりの低金利で利用できる可能性も当然あるでしょう。単にホームページなどに記されている金利の数字で比較すると上記のような順番で検討することになります。

しかし、各ローンから各々の申込者へ実際に提示される金利を比較しないと正確には判断できないのです。そのため各ローンと交渉したり申し込んだりして提示される金利を確認することをオススメします。

話の成り行きディーラー系ローンを利用してしまうケースが多いようですが、金利が高かったり所有権がローンの完済までなかったりと希望に合致しないこともあり得ます。さまざまの条件と実際の金利などを比較して自分に合った最適なローンを選んでほしいですね。

審査に通り借りられることが何より重要ということもあります

各ローンを比較してやはり車ローンの金利が低いので金融機関系ローンに申し込んだとしても審査に通るとは限らないですよね。車ローンの審査に落ちたために希望車の購入のタイミングを逃してしまうということもあるかもしれません。

そうなると車ローンよりも審査が甘いといわれているプロミスの利用が現実味を帯びてきますね。

また、車の購入を急いでいる場合に金融機関系ローンのように手続や審査に時間がかかれば契約が遅れ希望の時期に購入できなくなるかもしれません。そうした場合にも手続が簡単で即日融資も可能なプロミスは利用価値が高いといえるのではないでしょうか。

プロミスにはさまざまなサービスが利用できます。

プロミスを利用するメリットとしては、審査が車ローンよりも甘く利用しやすい点が大きいですが、そのほかにも無利息サービス、返済額の柔軟性やポイントサービスなどの多彩なサービスが利用できる点もあります。

条件にもよりますがプロミスの金利は車ローンよりも高くなる可能性がありますが、プロミスには初回契約者対象の30日間無利息サービスやポイントサービスを利用した無利息サービスが用意されています。

前者は初めてプロミスを利用する方限定で、車の購入時の借入れの利息の軽減に役立つでしょう。後者は契約後のインターネットサービスの利用などで得られるポイントを無利息サービスに利用できるもので、車の購入時以降の利息の軽減に役立ちます。

これらを利用すれば多少なりとも利息は軽減できるのでではないでしょうか。

また、プロミスの毎月の返済額は最終借入後の借入残高に対して一定率をかけて計算(1000円未満切り上げ)しますが、その金額以上なら利用者の都合でその月の返済額を自由に設定できます。

車ローンでは一定額ずつ支払うことが多いですが、プロミスなら苦しい月は少なめに余裕があるときは多めに支払うというメリハリの利いた返済を行っていくことができるのです。特にボーナス時などにまとめて返済すれば利息と返済期間を大きく削減できますね。

プロミスと車ローンの使い分け、併用の検討も必要では?

プロミスの利用の仕方を考えた場合、車の購入代金の全額をプロミスから借りる、一部は自己資金で残りをプロミスから借りる、といったいくつかの借入れの仕方が考えられます。また、車ローンとプロミスの併用といった借り方もありますね。

利用者の状況に合わせて最適なローンの利用方法を考えることが重要です。車ローンの利用が難しい場合も車の代金の全額が無理でも一部なら借りられるかもしれません。また、足りない分はプロミスから借りるという手も使える可能性もあります。

車ローンが利用できない場合、自己資金やプロミスからの借入れなどで資金調達の目処を立てないといけませんが、借入れする金額については金利を踏まえて十分に返済可能か、生活に支障がでないかなどを考えて決めるべきです。

単に足りない分を全額借りるという考えでは、後で返済に苦労して問題になることも少なくないので注意したいですね。返済の負担が大きい場合には一定の自己資金を準備してからローンを利用することを検討したほうがよいでしょう。

プロミスの審査にパスするための方法とは

プロミスが車ローンよりも審査に通りやすいといっても高額の融資に対してはそれほど簡単ではないでしょう。ここではプロミスの審査にパスするための方法を紹介していきましょう。

信用事故は決して起こさないようにしましょう!

利用限度額にもよりますが、支払いの延滞や債務整理などの信用事故を起こしていると高額の融資はもちろん少額の融資でさえ断られる可能性が高くなるので注意が必要ですね。

車ローンの審査でも同じですが、上記のような信用事故を起こしているとその事実だけでプロミスの審査に落ちることもあるのです。特に過去3年以内に3カ月以上の滞納、自己破産、個人再生、保証履行などがあると審査通過は難しくなるでしょう。

特にプロミスに申し込む前後に信用事故を起こしてしまうと契約はより一層困難になるので支払遅延を起こさないように細心の注意が必要ですね。他社のカードローンやクレジットカードなどの支払いで遅延を起こさないようにしっかり管理せねばなりません。

また、クレジットカードの支払いを銀行口座から自動引落しで行っている場合なども口座への入金忘れで支払い遅れが生じると信用事故に繋がるので口座の残高も毎月チェックしたいですね。

さらに携帯電話の代金と通信料の支払いにも注意しましょう。両者は一緒に請求されるケースが多いですが、機器代金の支払いはローン払いが多くもしその支払いが遅れると信用事故扱いになっていく可能性があるので、返済遅延を起こさないように努めましょう。

返済能力を高めましょう!

プロミスから高額の融資を受けるためには貸手がお金を貸してもよいと思えるだけの返済能力を借手として高めることが重要になります。つまり、借手が返済能力を高めればプロミスから借りられるお金が多くなるということです。

返済能力とは得られる収入から生活に必要な支出を引いた返済に充てられるお金をどれだけ用意できるかという能力を指します。そして、その中身は主に仕事で得られる収入、生活維持で必要な支出や借金返済のための支出などがあたります。

プロミスはローン審査で返済能力に関する査定を行いますが、その査定では上記の収入や支出に関わる情報を入手して評価を行っています。具体的な評価対象は、基本属性、就業、家族、住居や借入れなどに関連した情報となります。

その中でも年収、年齢、勤務形態、勤め先、勤続期間と他社ローンでの借入残高及び借入件数が重要な評価要素とみられており、それらの内容を改善できればプロミスでの評価が高まりより高額な融資を受けられる可能性がでてくるでしょう。

どれも短期間での大幅な改善は難しいですが、年収をアップさせるためには中小企業から大企業へ、パートから正社員への転職、また、仕事をより安定させる派遣社員から正社員への登用、民間企業から公務員への転職などが評価を高めるかもしれません。

支出の削減も有効で、特に他社ローンの借入額を削減すると短期間で評価を改善できる可能性があります。他社での借入額は単なる支出というだけでなく今後とも増大しうる支出の源なのでこれを削減できればプロミスでの評価のアップが期待できるというわけですね。

表2:返済能力の評価対象

評価対象の情報 評価対象の主な内容
基本属性 氏名、年齢、性別、婚姻の有無、住所、自宅電話・携帯電話の有無と電話番号、年収
就業関連 勤務形態(職業)、職種、勤め先、勤続期間、企業規模、勤め先の住所及び電話番号
家族関連 子供の有無と人数、家族の有無と人数、親の連絡先
住居関連 持家・借家、家賃の金額
借入関連 貸金業者での借入残高及び借入件数、住宅ローンや車ローンなどの借入額

プロミスを利用する場合の注意点

プロミスのカードローンはさまざまな用途に利用できる多目的型ローンといえますが、車ローンと異なった性質もあります。ここではそうした点を含めてプロミスを車ローンの代用として利用する場合に特に注意しておいたほうがよい点を紹介しておきましょう。

総量規制に注意しましょう

プロミスは消費者金融のローンであるため総量規制の適用を受けます。そのためプロミスは利用者の借入残高がその年収の3分の1を超えてしまう貸付けができず、車の購入であってもその規制は適用されることになります。

例えば、年収が300万円の人はプロミスから100万円までしか借りることができず、車の代金が150万円なら50万円は自己資金や貸金業者以外からの借入れで賄う必要があるわけです。

また、この借入れはプロミスだけでなく他の貸金業者からの借入れも含まれるため、既に他の消費者金融からの借入れが30万円あるとするとプロミスからは70万円までしか借りられないので注意が必要ですね。

ただし、既に車ローンを利用していてその借入残高が残っていたとしてもこの分は総量規制の対象とはなりません。車ローンや住宅ローンは総量規制の適用除外になっているためカーディーラーなどの車ローンの借入れがあり、それで年収の3分の1を超えてもよいのです。

例えば、上記の例の利用者には既に車ローンの借入残高が50万円あったとしてもこの残高は総量規制の借入残高に含まれず、その利用者はプロミスから100万円まで借りられるというわけです。

車ローンとプロミスを併用する場合などにはこうした状況も想定されるので覚えておきましょう。

表3:総量規制の対象となる借入れと対象外の借入れ

総量規制の適用・適用外 規制の内容
適用 利用者の借入残高がその年収の3分の1を超える借入れ。
ただし、この借入残高には利用しているすべての貸金業者からの借入れが含まれる
適用除外 車ローンや住宅ローンは総量規制の適用除外の借入れ
規制の対象外 銀行、信用金庫、労働金庫、農協などの金融機関からの借入れは総量規制の対象外

その他の目的で借入れをあまり増やさない!

プロミスなどのカードローンは利用限度額内なら繰り返して利用できるという利点がありますが、その点は車ローンなどの特定目的の専用ローンと大きく異なる点といえるでしょう。

つまり、プロミスなら車の購入代金の不足分などで利用しているうちに返済の余裕ができれば限度額内なら他の目的のために借入れすることができるわけです。特に突発に必要となる資金の手当てには大いに役立つでしょう。

しかし、限度額内で利用できるからといって無計画に借入れしだすと借入残高が減らず長期に渡って返済に苦労するはめになるかもしれませんよ。

例えば、車の代金の不足分についてプロミスを利用する場合かなり高額のお金を借りる可能性が高いですが、その借入残高が十分に減少しないうちに別の用途で借入れを始めると残高はなかなか減らずかなり高い水準で推移する可能性が高まります。

その結果、返済は長期に及び金利が高い場合には相当多くの利息を負担することになるでしょう。また、利息が多いだけで済めばまだよいですが、返済が苦しくなり支払いができない状態になる可能性も十分に考えられますね。

そうなればせっかく手に入れた車を手放さざるを得なくなるかもしれません。こうした事態にならないように成り行きの借入れは決して行わず、適切な返済を中心としたプロミスの利用を考える必要があるのではないでしょうか。

審査時間は状況によって遅くなることもあります!

プロミスにインターネット経由や自動契約機で申し込む場合、最短30分や40分で審査が完了できることもあります。その後、本人確認書類の提示や在籍確認などが終了すれば契約が完了しその日のうちに借入れできることもあります。

確かにネット上の口コミをみても申し込みから1時間以内に融資が可能となっている事例がみられますが、逆に2~3時間以上かかるケースも少なからずみられます。特に高額の融資に関する事例では審査結果にかかる時間は長いかもしれませんね。

たまたまそういった事例がその時期に見られただけの可能性もありますが、申込者の状況、融資希望額や審査の混み具合などによっては当日中の審査結果の回答が困難になる可能性があることを認識して借入れ後の予定を立てたほうがよいでしょう。

ローンの申込者があまり自分に都合のよい予測で借入れ日を考え車の契約予定日を計画しても無駄になる可能性もあるため、ぎりぎりの計画は立てないほうが無難かもしれませんね。

表4:審査時間

ローン 審査時間
プロミス 最短30分~
A地方銀行車ローン 最短即日
B信用金庫車ローン 最短2日
C損害保険会社車ローン 最短2日
D地方銀行車ローン 最短5日

【参考ページはこちら】
プロミスのキャッシングで車を買うのはお得?

新着記事
TOPICS