> > プロミスで借り換えはお得?他社と金利と限度額徹底比較!

プロミスで借り換えはお得?他社と金利と限度額徹底比較!

皆さんはもしカードローンの利用をしすぎてしまった場合どうしますか?複数社からの金融から借りまくって気が付いたらたちまち返済が困難に?「ああ~、どうしようか?何処から手を回せばいいのかわからない!」と焦るのではないでしょうか。

でも家族や親戚には話を持ちだせば迷惑をかけることになるし、まして家族に内緒で借りてたとなるとばれた時大変な騒ぎになる・・・。出来れば家族や親せきに知られないように何とかこの問題を片づけたい。一番いい方法って何だろうか?

今回はプロミスでの借り換えはお得なのかどうかについて検証します。

借り換えって一体何の事?

金融での借り換えとは一体何でしょうか?初めて聞く方の為に簡単に説明いたします。借り換えと言うのは複数社に渡って借りた分の借金を一本化にして別の金融で借りて返済に充てることを言います。別名「おまとめローン」とも呼ばれています。

借り換え=おまとめローン。何だか複雑で分かりにくいかもしれません。でもこの借り換え法で何とか他の金融からの返済に充てている方って多いんですよ。

借り換えすることでどんなメリットがあるのか?

プロミスでの借り換えを利用したいと考えてる方々!こんなにメリットがあります。
(⇒プロミスでおまとめしたらどのくらいお得に?

  • 毎月の返済額が減る
  • 毎月の金利負担が軽くなる
  • 返済日は月に1回
  • 段々借入残高が減って行く

いきなりこういったことを挙げてもピンとこないかと思います。例題を挙げて説明いたしましょう。

例題:プロミスの借り換えでこんなに変わる!

例えばFさん(男性・会社員・35歳・独身)がカードローンキャッシングをA,B,Cの3社の金融から借りた場合とします。

Fさん→年収約650万位。現在の会社は大学卒業後から就職して勤務年数13年目。独身の1人暮らし。賃貸マンション住まい。両親、兄弟(姉・兄)とは別暮らし。現在3社(A,B,C)の金融から合計530,000円をキャッシング中です。

A金融の場合:金利→18.00% 借入残高→150,000円 毎月返済額→10,000円
B金融の場合:金利→18.00% 借入残高→250,000円 毎月返済額→15,000円
C金融の場合:金利→18.00% 借入残高→130,000円 毎月返済額→10,000円

上記はあくまでリボ支払いで設定したもの。では一括払いでキャッシングしたとします。

A:元金150,000円×金利18.00%=27,000円→177,000円
B:元金250,000円×金利18.00%=45,000円→295,000円
C:元金130,000円×金利18.00%=23,400円→153,400円

A~C社でキャッシングした合計金額:利息→95,400円 元金含む合計:625,400円

プロミスで借り換えを利用した場合→一括払いで設定します。

530,000円×金利15.0%=79,500円→609,500円

何と!プロミスで借り換えを利用すると利息だけで15,900円軽減されます!!これはあくまで架空です。Fさんがプロミスの借り換えを利用すると金利、利息だけでもこんなに減ることが分かりました。一括払いでの設定でした。

プロミスおまとめローンの詳細

プロミスおまとめローン(借り換え) 詳細
融資額 300万まで
契約額 申し込み者指定の契約額(極度額)の範囲内 プロミス金額決定
金利適用方式 単一金利
利率 6.3%~17.8%(実質年率)
延滞利率 20.0%
返済方式 元利定額返済方式
返済日 5日、15日、25日、末日→申込者の都合にて選べる
返済期間・回数 最終借り入れから10年:1回~80回
申し込み対象者 20歳以上65歳以下の安定した収入のある方限定
資金の使い道 他社の金融からの借入返済に限る
借り換え対象ローン 消費者金融・クレジットキャッシング(無担保ローン)但し、銀行は除く
担保・保証人の有無 無し

おまとめローンの申し込みの流れ

プロミスではおまとめローンの申し込みはネットでは出来ません。店頭での申し込みとなります。

店頭での申し込み→審査→その場で審査結果通知→借入先にプロミスが申し込み者の名前で振込→手数料0円

申し込み時に必要な書類

  • 運転免許証・保険証・パスポート
  • 収入証明書(源泉徴収票・給与明細書など)
おまとめローン(借り換え)について不明点などありましたら24時間体制のフリーダイヤルの窓口があります。是非お問い合わせください。

プロミスのおまとめローンの金利を他社金利と比較

確かにおまとめローンを利用することによって金利や利息の負担分が減ることが判明しました。では金利面ではプロミスは借り換えはお得何でしょうか?他社金融と比較してみましょう。

金融名(人気度高い所) 金利
東京スター銀行スターワンバンクローン 5.8%~17.8%
三菱東京UFJ銀行バンクイック 4.6%~14.6%
アイフル・借り換えMAX 12.0%~17.5%
アコム・借り換え専用ローン 7.70%~18.0%

やはり金利面から見てもお分かりのように銀行はプロミスよりは低いです。ですが同じ消費者金融界の「アイフル」「アコム」と比べたらプロミスは低いと言えますね。

他社金融と金利を比較してみて

もしおまとめローン(借り換え)を利用するとしたら消費者金融でしたらプロミスはお得と言えます。他社の消費者金融は若干高めです。それでもプロミスのおまとめローン(借り換え)の金利が高い~と感じられた方には銀行での借り換えをお勧めします。

プロミスのおまとめローンの限度額を他社金利と比較

次はプロミスのおまとめローンの限度額を他社金利と比べてみました。

金融名(人気度高い所) 限度額
東京スター銀行スターワンバンクローン 30万~300万
三菱東京UFJ銀行バンクイック 10万~500万
アイフル・借り換えMAX 500万
アコム・借り換え専用ローン 100万~300万

限度額につきましては他の金融と比べてみてもプロミスは同様と言えるのではないでしょうか?

総合判断!おまとめローンは驚きの連続!

今までこの記事を書いてきて自分自身驚いているのは今や金融商品はキャッシングだけの世界ではなくなった、ということが分かりました。これは消費者金融、銀行ともに全体的に置いて言えます!

特におまとめローンなんてまさに自分にとっては驚きの連続!だってそうではありませんか。昔は金融業界では借り換え制度なんか一切ありませんでした。消費者金融、銀行はさまざまな金融提供を行っていました。

  • 銀行:住宅、車ローンが主な金融商品だった
  • 消費者金融:キャッシングが主な金融商品だった

それが今じゃおまとめローン=借り換えを消費者金融、銀行ともに行っています。当たり前のように。他社での借り入れ分を一本化にして返済に充てることなど昔だったら夢のまた夢の話し。考えられないことでした。

おまとめローンは高額になるほど長期戦。ですが折角のこの制度の導入凄いと思います。もし皆さんの中で複数社の借入を一刻も早く片付けたいと思ってる方!お勧めです。

大手消費者金融プロミスでのおまとめローンは是非推薦したい金融商品です。他の消費者金融のおまとめローンより金利面から言えば低めではないのでしょうか。まずどんな所で利用されるか、それは皆さん自身で決めてください。

プロミスでおまとめローンを上手に活用し、他社での借り入れ返済を1日も早く片づけちゃいましょう!Let’s Try !!

【参考ページはこちら】
プロミスでお金を借りる人必見!

新着記事
TOPICS