> > プロミスにブラック情報伝えるのは利用者の義務なのか?

プロミスにブラック情報伝えるのは利用者の義務なのか?

プロミスでお金を借りよう!…と思ったとき一番心配なのは“審査”ですよね!?

だって審査に通らないとプロミスでお金は借りられませんからね!…

過去にカードローンやクレジットカードで返済を延滞したり、返済でなにかしら問題を起こしてしまった経験がある人なら、なおさらプロミスの審査に通るかどうかが不安になってしまいますよね?…

そして、プロミスの審査で一番問題となるのが“ブラック情報”なんです!そこで今回はカードローン審査でのブラック情報について徹底的に検証していきたいと思います。

また、「プロミスにブラック情報伝える義務や必要性があるのか?…」との観点に関しても触れるので、プロミス利用を考えているブラックの方には是非とも目を通していただきたい記事となっています。

“ブラック”についてしっかり理解しよう!

ブラックの人がプロミスに申し込む際に、「自分はブラックです。」とプロミスに正直に伝える必要はあるのでしょうか?…

また、利用者側から正直にブラックである事実を申告しないとどうなるのでしょうか?…

さらに、正直にブラック情報を自発的に申告したことによって利用者にはどのようなメリットがあるのでしょうか?…

そして、一番の関心事となるであろう、ブラックでもプロミスで融資を受けられるのか?…

今回の記事ではブラックの人がプロミスを利用する際のいろいろな疑問や不安について答えていきたいと思います。

“ブラック”は「要注意人物」と見做されます!

カードローンにおける“ブラック”とは言ってみれば、「要注意人物!」との意味合いなんですね。

そして、ブラックとは信用情報機関のブラックリストに名前が登録されている人のことであり、ブラックの人は「お金を貸しても返済してくれそうにない要注意人物!…」と考えて良いのです。

ただし、“ブラック”とは云わば俗称であり、正式な専門用語では「異動情報」「事故情報」、あるいは「延滞情報」と言います。

そして、ブラックの人が登録されている「ブラックリスト」と言った特別なリストは実際には存在していません。

他方で、信用情報機関にブラックとして名前が登録されてしまうとプロミスを含めたカードローン会社での利用が厳しく制限されてしまうことになるのです!

返済で問題起こすとブラックになります!

では、どんな人が信用情報機関にブラックとして名前が登録されてしまうのでしょうか?…

  • 返済の遅延繰り返す
  • 返済滞納が長引く
  • 自己破産等の債務整理する

返済の遅延を何度も繰り返したり、返済の延滞が長期に亘ると金融事故扱いにされてしまうとブラックになります。また、自己破産や任意整理、代位弁済等の債務整理をすると完全事故扱いとなってブラックになります。

つまり、返済で何も問題を起こさずに、きちんと返済約束を守って返済していれば絶対にブラックになることは無いと言えるのです。

信用情報機関にブラックとして名前が登録されてしまうような人は、返済で問題起こして金融事故扱いになってしまった人なんですね。

もうひとつ信用情報機関に登録されてしまうブラック以外に「社内ブラック」と言ったブラックもあります。

社内ブラックについても基本的に信用情報機関のブラックと同じと考えてください。「社内ブラック」に関しては、上記で指摘したような返済で問題を起こす以外の理由でも社内ブラックとして名前が登録されてしまうことがあります。

そして、「社内ブラック」の基準については、各々のカードローン会社によって独自の基準があることからやや異なる点があると言って良いのです。

ブラック情報伝える義務はあるのか?

結論から先に言えば、プロミスにブラック情報を伝えなくてもどうもなりません!…

たとえば、申込時に正直にブラック情報を申込者自らプロミスに申告しなくても、“申告しなかった事実”を審査で咎められたり、それを理由として審査に落とされてしまうようなことはありません。

だから「プロミスに自分のブラック情報伝えなくてもなにも問題は起きない!…」と言って良いのです。
(⇒ブラックでもプロミスで借りられる?

ただし!

申込者が自発的に自分のブラック情報を申告しようと、あるいはブラック情報を隠して申し込みしたとしても、遅かれ早かれ審査の段階でブラックである事実をプロミスに知られてしまうことは間違いありません!

ブラック情報申告の義務はありません!

プロミスの公式HPの利用条件等の内容を眺めてみても、「ブラックである人は申し込みの際に自己申告してください。…」といったような記述は見当たりません。

また、プロミスに申し込む際に提出する申し込みフォームの中の記載項目においてもブラック申告できるような記入項目はありません。

と言うことは、少なくともプロミスではブラック情報を利用者の方から自己申告する必要は無いと言えますし、また自己申告しなかった事実に対するペナルティーも設けられていないと言って良いのです。

それゆえ、プロミスにブラック情報伝える義務は利用者には無い!と言って良いと思いますよ!

ブラック情報を自主開示してもメリットないぞ!

利用者の方からプロミスに対して自発的に自分のブラック情報を提供しても、その事によるメリットは無い!と言えますね。

たとえば、プロミス側で「この人は正直に自分のブラック情報を自己申告してくれたので、審査でブラックである事実を情状酌量してあげよう…」なんてことはまず有り得ません!

なぜなら、上記でも指摘しましたが、ブラック情報の申告は利用者の義務でもなくプロミスに申し込む際のルールでもなく、かつプロミスの信用審査の段階で必ずブラックである事実は分かってしまうからなんです。

「自らブラック情報をプロミスに正直に伝えるか伝えないか…」は、あくまでも利用者の自由であり、その事によって得られるメリットも無ければデメリットもありません。

プロミスは信用情報機関からブラック情報を入手!

上記では「プロミスは信用審査の段階で申込者のブラック情報を突き止める…」と指摘しました。では、プロミスはどうやって利用者、申込者のブラック情報を入手するのでしょうか?…

個人情報閲覧の権利が融資条件になりますよ

プロミスだけでなく、どのカードローン会社の審査においても、必ず各カードローン会社が利用している「信用情報機関」に与信をかけるかたちで申込者各人の与信情報を審査します。

プロミスの公式HPでの『利用同意書』と『個人情報の取扱いについて』の項目を見てみると、

第1条『個人情報の使用』において、「信用情報機関での申込者の個人情報を閲覧、利用します。…」との旨の記載があります。また、2条と3条では申込者の個人情報を信用情報機関に提供・登録する旨を謳っています。つまり、これら利用規約によってプロミスは申込者のブラック情報を入手する権利を得ていると言う訳なのです。

プロミスは審査で必ず信用情報機関に与信かけます!

プロミスのような消費者金融が申込者の与信情報を閲覧できる信用情報機関は主に2社あるようですね。銀行の場合は1社となるようです。

そして、プロミスが与信をかける信用情報機関は、『CIC』と『JICC(日本信用情報機構)』の2社となります。銀行は『KSC(全銀協)』となります。

『CIC』と『JICC』では約5年間ほどブラック情報を含めた個人情報を記録しています。一方で、『KSC』の場合は10年間ほど残るようですね。

では、プロミスが利用する『CIC』や『JICC』では具体的にどのような申込者の個人情報が記録されているのでしょうか?…

プロミスが利用する『CIC』に記録される個人情報について

ここではプロミスが利用している信用情報機関『CIC』で記録する個人情報について触れてみます。

情報 情報の目的 情報の内容 記録期間
申告情報 ・申込者の返済能力の為の証明 ・氏名・生年月日・勤務先等の個人属性情報
・申込内容及び契約内容
・照会した日から数えて6か月
クレジット情報 ・契約内容及び返済状況の確認 ・契約内容情報
・返済状況の過去履歴等
・借入残高の有無
・契約期間中かつ取引終了してから5年間
利用記録 ・返済能力を確認する為の情報 ・基本的には申込記録
・氏名等の個人属性情報
・利用した日から6か月

以上の記録される情報を見たら分かるように、プロミスが利用している『CIC』にはプロミス申込者のほぼすべての過去のカードローン利用履歴や現在の利用履歴が網羅されていることが分かると思います。

そして、これらの中で『クレジット情報』の中でブラック情報の有無が分かってしまうと言うことなのです。だから利用者の方からブラック情報を開示する義務をあえて設けていないと考えて良い訳なのです。

「社内ブラック」だとプロミス利用はかなり厳しい!

これまではプロミスが信用審査で利用している信用情報機関に記録されてしまうブラック情報について解説してきました。が、実はもう一つブラック情報があるのです。

それは「社内ブラック」と言われているブラック情報なのです!

「社内ブラック」とは、プロミスに限らず、どのカードローン会社でも会社独自に保有している顧客情報であり企業情報と言って良いものなんです。

そして、社内ブラックとは信用情報機関に登録されたブラック情報とは異なり、プロミスならプロミスの会社内だけで利用されるブラック情報となります。

また、この社内ブラックとしての顧客情報は、同じ系列会社にも共有されることになります。たとえば、プロミスは三井住友銀行グループの一員なので、三井住友銀行のカードローン審査でもプロミスの社内ブラック情報や顧客情報が利用されるのです。

「社内プラック」は半永久的ブラックです

ブラック情報としてカードローン利用で厳しい制限や利用できなくなってしまうとの点では、社内ブラック情報も信用情報機関のブラック情報も同じと言って間違いないと思います。

しかし、信用情報機関のブラック情報は一定期間を過ぎれば記録は抹消されるルールになっている一方で、社内ブラック情報の場合には半永久的にブラック情報が残ってしまう!との点が社内ブラックゆえの深刻な問題になると言えますね。

なぜなら、社内ブラックになってしまうとプロミスでは半永久的に審査でブラック扱いとなることで利用できなくなる場合があるからです。

その意味から言えば、一定期間を過ぎればブラック情報が消える信用情報機関のブラックよりも社内ブラックの方が深刻な問題になってしまうと言って良いのではないでしょうか。

「社内ブラック」にならない為の注意点!

社内ブラックとしてプロミスに登録されてしまうケースとしては、だいたい信用情報機関にブラック登録されてしまう場合と同じと考えて良いでしょうね。

  • 返済の延滞繰り返す
  • 債務整理する
  • 強制的解約がある
  • 虚偽申告した

ただし、上記の条件に当て嵌まると必ずしもプロミスで社内ブラックになってしまうとは断言できません。

と言うのは、社内ブラックになってしまうのはプロミス独自の審査基準によるからなんです。また、顧客情報としては信用情報機関で金融事故扱いされない程度の返済の延滞も記録される場合が多いからです。

でも、先の信用情報機関でのブラックと同じように、返済で問題さえ起こさなければまず「社内ブラック」になる心配は要りませんよ!

また、社内ブラックではプロミスだけで“ブラック扱い…”となるので、他のカードローン会社ではブラックになりません。

ブラック情報伝わるとプロミス利用は無理なの?

原則として、「ブラック情報がある申込者はプロミスは利用できない!」と考えておくべきでしょう。

理由としては「ブラックの人は信用力が極端に低い人…」と見做されてしまうことでプロミスの信用審査に通らないからなんです。信用力の低い人には融資しません。

なぜなら、プロミスのカードローンは、担保も保証人も不要で融資する、申込者の信用能力による“信用貸し”となるからなんです。しかし信用力が回復すればまたプロミスを利用するのは可能ですよ。

ブラックでもプロミスで借りる方法教えます!

一方、ブラックでもプロミスが利用できる場合があります。

プロミスが利用できる基本的な条件としては、“原則として信用力が回復している”と言ったことになりますね。それではどのような場合だとプロミス審査で信用力が回復したと見做されるのでしょうか?…

信用情報機関のブラック情報抹消されれば可能!

信用情報機関のブラック情報は、一定期間を過ぎれば登録が抹消されます。一般的にプロミスを含めた消費者金融が利用している信用情報機関では、返済の延滞と任意整理のブラックでは5年、自己破産の場合は10年くらい過ぎれば登録抹消となってプロミス利用が可能になると考えて良いのです。

それゆえ、自己破産のケースは些かシリアスとなりますが、それ以外のケースでブラックとなった場合には5年過ぎればプロミスの審査に通る可能性はありますよ。

信用力の回復途上でも審査通るケースあり!

口コミ情報の中には「ブラックでもプロミスの審査に通してくれた!…」と言ったケースがあります。

ただし、これは飽くまでも稀なケースとなるでしょうね。また、同じ口コミ情報によれば、ブラックでもプロミス審査に通った場合の融資額は5~10万円くらいとなるようですね。

つまり、プロミス側としては、「この人ブラックだけど、すでにブラックになってから年数も経っているので試しに貸してみるか?…」と言ったような、「過去にはブラックだったけど潜在的な顧客となる可能性あり!・・・」と判断した上での融資ではないかと思われます。

【参考ページはこちら】
プロミスのカードを悪用された!ブラック確定?

新着記事
TOPICS