> > 派遣会社に在籍確認あり!プロミスでの注意点はこれだ!

派遣会社に在籍確認あり!プロミスでの注意点はこれだ!

プロミスは、三井住友銀行グループの一員であることから知名度と“借りる安心さ”ではピカイチと言って良いでしょう。

そして、プロミスで融資を受ける際には必ず「在籍確認」の審査があり、在籍確認の審査に通らないとプロミスの利用はできません。

「在籍確認」は、プロミスを利用したいと考えている方にとって特に気になる審査と言って良いでしょう。

特に派遣会社に登録して働いている派遣会社の社員の場合などは「派遣元の会社と実際に勤務する派遣先の会社とは異なるから在籍確認はどうすればいいのか?…」と言った不安や心配があると思います。

そこで今回は、派遣会社で働く方向けに“プロミスの在籍確認でこれだけは知っておきたい事!”についてご紹介していきたいと思います。

派遣会社社員だってプロミスで借りられる!

プロミスの公式HPを見ると、「満20歳以上69歳以下で利用者本人に継続した安定収入のある方」が申込み条件となっており、さらに「主婦、学生でも、パートやアルバイトでも安定した収入を確保していれば申込み可となります。」となっています。

「派遣会社の社員の方も申込み可能です。…」とは明記されていません。が、“継続した一定の安定収入ある方”なら職業や職種、勤務形態を問わずにプロミスで融資を受けられると考えて良いので、派遣会社の社員でもプロミス利用は可能となりますよ!
(⇒プロミスの審査には就業年数が関係する?

派遣先企業で働いていれば問題なし!

派遣会社の社員でも、派遣会社に単に登録しているのではなく、きちんと派遣先の会社で定期的に働いて継続した安定収入を得ていればプロミスでお金を借りれますよ!

派遣会社の社員なら少なくともアルバイトやパートで働いている人よりも年収は多いと思うので返済能力も十分と言えるでしょう。また、派遣会社社員の場合には雇用保険もしっかりしているところが多いので、その点でもアルバイトやパートよりも審査で有利になると言えます。

しかし…正社員に比べてしまうと派遣会社の社員には不利な点も否めません。たとえば、あくまで“派遣”という雇用形態であることから、1社での勤続年数は正社員に比べて短めになってしまうことは否定できません。

でも、単に「派遣会社の社員だから…」と言った理由だけで審査に落とされたり、審査で差別されることはプロミスでは絶対にありませんから安心してくださいね。

プロミスは「在籍確認あり!」と心得よ!!

プロミスでは審査で必ず在籍確認があると考えておいてください。

また、プロミスの「在籍確認」は、審査の最終段階で行われることから、この在籍確認の審査にさえ通ればプロミス利用はもう決まったも同然なんですよ!

もちろん派遣会社社員にも在籍確認はあります。ただし、派遣会社の社員だからと言って、他の申込者と異なる審査になることはありません。

他方で、プロミスで在籍確認が原則必須となるのには主に“3つの理由”があると考えられます。

  • 理由①:申込書の勤務先にウソないか?
  • 理由②:不正行為の防止
  • 理由③:雇用されている事実確認

それでは上記の各理由について簡潔に解説していきます。

申込書での虚偽記載は重大な違反です!

まず一つ目の理由としては、「申込書に記載した勤務先情報に虚偽の申告がないか?」を確認する為なのです。

プロミスに申込む際には「申込書」の提出が必要になります。そして、申込書の記入項目の中には勤務先の会社名と勤務先の電話番号を記入する欄があります。

プロミスの審査では必ずこの申込書に記入した勤務先の電話番号に在籍確認の電話連絡が来ます。その際に、もし偽りの勤務先や電話番号を書いたりすると、「在籍確認が取れない!…」とされて必ず審査に落とされることになります。

不正行為は犯罪の温床にもなってしまう

二つ目の理由は、“なりすましの申込み”や不正行為を未然に防ぐ為なのです。勤務先を偽った“なりすましの申込み”やカードローン利用における不正行為は違法行為であると認識してください。

そして、そのような行為を野放しにしてしまうと、時として犯罪に繋がってしまったり、重大な犯罪を引き起こしてしまう温床ともなり兼ねないのです。

そのことからプロミスを含めたカードローン会社では、そのような犯罪を助長させない為にも犯罪防止の観点から在籍確認を重視すると言う訳なんです。

雇用の事実確認は返済能力の証明

派遣会社の社員の申込者の場合には、勤務先が一定していないのが実態と言って良いことから、プロミスでは派遣会社の社員の場合には特に在籍確認を重視する、あるいは注意すると考えられます。

なぜなら、派遣会社の社員の中には、単に登録しているだけで実際には働いていない人もいるからなのです。そうなると派遣会社の社員でも実態は“収入の無い人”となることで審査では無収入扱いとなります。

そして、プロミスでは無職無収入の人は審査に通しません。つまり、派遣会社の社員の場合は“確実に雇用されている事実”が大事になると言うことなんです!
(⇒無職でもプロミスで借りられる?

派遣会社社員が在籍確認で注意したい点

さて、ここではプロミス審査での在籍確認で特に派遣会社社員の方が注意しておきたい点について触れてみましょう。

派遣会社社員の方がプロミスで在籍確認の審査を受ける場合には、他の申込者の場合よりも注意したい点や留意しておきたい点があるのです。

それは“確実に在籍確認が取れるように前もって職場環境を整えておく!”と言うことなんです。そして、その為に特に注意したいのが、在籍確認を「派遣元」にするのか、あるいは「派遣先」にするのかと言ったことなのです。

在籍確認の連絡先は「派遣元」に!

派遣会社で働いている人の場合には“派遣元の会社”と“派遣先の会社”の2つに所属することになると思われます。

では、派遣会社社員の場合には申込書の勤務先の記入欄にはどちらの会社名と電話番号を書いておけば良いのでしょうか?…

結論から言えば、「派遣元でも派遣先の会社でもどちらの会社を記載しても構わない。」のです。プロミスでは派遣会社の社員の場合には「必ず派遣先では無く派遣元の会社にする事」と言った決まりはありません。

でも派遣会社の社員がプロミスでの在籍確認を円滑かつ問題なく通過したいのであれば、“申込書に記載する在籍確認での連絡先は派遣先ではなくて「派遣元」にしておく!”べきなのです。

なぜなら、派遣会社の社員の場合には確実に在籍確認が取れるようにすることが一番の安全策になる!と言って良いからなのです。

在籍確認の連絡先を“派遣先”にするとリスクあります!

在籍確認の連絡先を「派遣先」にした場合には以下のリスクがあると考えられます。

  • 在確時点で派遣先企業が変更
  • 派遣先正社員の勘違い
  • “在確不可”の派遣先

一つ目は、在籍確認の電話連絡時に、すでに派遣先が変わってしまっている場合です。派遣社員は働き方が流動的なので急に派遣先が変更となることもあると思われます。

二つ目は、派遣先企業の正社員が派遣社員の存在をきちんと把握していないケースなんです。

たとえば、派遣社員の存在を良く知らない人が電話に出て「そんな名前の人は社員にいません!」と勘違いで答えられてしまうと審査に落とされてしまうのです。

三つ目は、個人情報保護法の観点から在籍確認の電話に応じない派遣先で働いている場合です。理由はどうあれ、「在籍確認不可!」と見做されてしまうと審査に落とされます。

派遣会社社員が在籍確認で失敗しない為の“2つのポイント”!

これまでの解説から、

派遣会社の社員の場合にはプロミスからの在籍確認の電話連絡を「派遣先」ではなく「派遣元」にしてもらうようにする必要性は十分ご理解願えましたよね!?だからプロミスの申込書では必ず勤務先は「派遣元」の会社を書くようにしてください!

それでは派遣会社の社員がプロミスでの在籍確認をスムーズかつ失敗しないような“2つのポイント”について教えますね。

この2つのポイントさえしっかり抑えておけば、まず在籍確認で落ちてしまうようなことはないと思いますよ!

ポイント①:派遣元会社の上司に在籍確認を承諾してもらう!

まず最初の必勝術に関するアドバイスとしては、“派遣元会社の上司や責任者に在籍確認の電話がある旨を伝えておく!”と言うことなのです。

派遣元会社の上司や責任者は、一人で多くの派遣社員を管理している場合もあるので、上司の方がプロミスからの在籍確認の電話に応対した際に上司が誰のことだか迷わないようにスムーズに在籍確認が運べるような環境を事前に整えておくことは大切なんです。

他方で、「そうするとプロミスでお金を借りていることが派遣会社の上司に知られてしまうからイヤ!…」と感じられてしまう人は多いと思います。

その場合にはプロミスからの在籍確認の電話とは伝えないで、「クレジットカードの申込みの為の確認電話が来ます。…」と言った他の理由を話しておけば良いと思いますよ。

ポイント②:「在籍確認」の電話連絡を免除してもらう!

事前にプロミスと相談すれば条件次第で在籍確認の電話連絡を免除してもらう!のは可能ですよ。

ただし、確かに在籍確認の連絡が難しい、あるいは不可能であるとの理由が妥当と認められた場合の“例外的措置”と考えておいてください。

プロミスで在籍確認を免除してもらえるような理由としては「勤務先の会社の都合や事情で在籍確認ができない!」と言ったケースなんです。

もう一つは「派遣元会社に個人宛ての電話だとカードローン利用がバレてしまう可能性が高い…」との場合ですね。

そして、在籍確認の免除の理由がプロミスで納得してもらえれば、在籍確認免除の代替措置として社員証や在籍証明書、あるいは社会保険証や直近2~3か月分の給与明細書の提出でOkとしてくれることも可能なのです。

まとめ ~派遣会社社員は在籍確認の環境整えよう!~

これまでの解説をまとめるかたちで、派遣会社社員がプロミスの在籍確認で絶対に憶えておいて欲しい点を列挙しておきますね。

  • 申込書の勤務先は「派遣元」に
  • 派遣元に在籍確認ある旨伝えておく
  • 事情によって在籍確認免除あり
  • 問題あれば事前に相談

以上の注意事項をしっかり守ることが、派遣会社社員がプロミスの在籍確認に通る為の環境整えることになると思います。

派遣社員の場合は正社員と比べると“在籍確認が取り難い”と言えると思います。

だからこそ

派遣会社社員の方はできる限りスムーズに連絡の行き違いが無いように在籍確認の環境を整えることがなによりも重要になると考えておくべきでしょう。

そして、在籍確認さえパスできれば、派遣会社社員でもプロミスで融資を受けられるのです。

【参考ページはこちら】
プロミスを利用できる職業とは?

新着記事
TOPICS