> > 電話確認ってどんな感じ?プロミスの本人確認について知りたい!

電話確認ってどんな感じ?プロミスの本人確認について知りたい!

キャッシングやカードローンを利用するときに行われてしまう電話確認。職場にキャッシング会社から電話がかかってくるなんて、気が気でないという人もいますよね。そんな方のために、電話確認ってどんな感じで行われるのか。

電話確認を受けるうえで注意しておきたいこと、できることなど、プロミスの本人確認について知っておきたいポイントを説明していきます。

プロミスの電話確認は怖くない!在籍確認の流れをチェックしよう

プロミスに限った話ではありませんが、多くのキャッシングやカードローンを利用するさい、「電話確認」というものが行われます。電話確認は、別名在籍確認とも呼ばれる手続きのことです。

プロミスに申し込みをするとき、まずは必要事項を埋めてインターネット上の入力フォームなり申し込み書類なりを提出しますよね。この書類には、申し込みをする人の年収や勤続先、住所、連絡先などを事細かに記入します。

ただ、書類にちょいちょいと記入するだけでは、「本当にその会社で働いているのか」がプロミスからはわかりません。

キャッシングでは、相手への信頼や信用を担保にして貸付を行っています。申し込みをした人が嘘をついているかどうか、最低限確認するために行われるのが、書類に記載されている勤務先に電話をかけ、本人が在籍しているかを確認する電話確認なのです。

それでは、プロミスからの電話確認ではどのようなことを聞かれるのか、チェックしてみましょう。

個人名で電話がかかるので、プロミスからの電話とはわからない!

これもプロミスに限った話ではありませんが、キャッシング会社から職場に来る電話確認というのは、どこも大体同じようなものとなっています。

申し込みをした人の書類審査をするうえで、もしくは一旦審査に通してから、本当に正直なことを書類に書き込んでいるのかを確認するため、プロミスから職場に電話がかけられます。
(⇒プロミスは勤務先への連絡なしで借りられる?

このとき、「プロミスの○○ともうします。現在当社のフリーローンサービスにお申込み中の△△さんをお願いしたいのですが、よろしいでしょうか」なんてふうには電話は来ないので、安心してください。

電話確認、在籍確認が嫌な理由は、ずばり借入をすることが会社の人にバレてしまうのが嫌だからですよね。思い切り会社名を使って電話が来ることはないので、ひとまず電話確認のせいですぐに借入することが広まってしまう、なんてことはありません。

電話確認では、電話をかけてくる人の名前が使用されます。例えば、田中さんという人が在籍確認の電話をしてくる場合、「田中というものですが、△△さんはいらっしゃいますでしょうか」といった感じに電話がくるわけです。

個人名なので、基本的にバレる心配はありません。在籍確認では、長々と本人なのかを聞かれたりすることもないので、ごく短時間の電話だけになります。

会社にキャッシングしてることがバレる可能性は?

とはいえ、なにかがきっかけで会社の人にバレてしまうのでは? という不安が拭い切れない人もいるでしょう。

例えば、そもそも社外からの電話なんて滅多に鳴らない、という場合もありますよね。営業などであれば社外からバンバン電話が来てもおかしくないわけですが、内勤しかいない部署なら外から電話がかかってくるはずもありません。

このような場合、電話がかかってきた、という事実だけで、勘の良い人、キャッシングを利用したことがある人にバレてしまう可能性は、あります。

また、アルバイトとして働いている、勤め始めてから間もないので自分宛てに電話が来るはずがない、なんて場合もあります。どのみち怪しまれてしまえばそれまでなわけですが、しかし電話が来ることが一般的な職場であれば、電話確認でバレてしまうことはありません。

自分で電話に出なきゃいけないの?

電話確認でかかってくるプロミスからの電話には、申込者本人がでなければならないのでしょうか。考えられるパターンは、2つですよね。

  • 自分で電話に出る
  • 他人が電話に出てしまう

のどちらか一方になるわけです。例外として誰も電話を取ることができなかった、または誰かが電話に出たものの、本人確認ができなかった、ということもありますが、それに関しては次で説明します。

自分で電話に出る

申し込みをした本人が電話確認の電話に出た場合、なにごともなくそのまま本人確認が行われます。会話の内容といっても、本人ですか? と尋ねられたりする程度なので、ほとんど会話らしい会話もなく確認が終了することもあります。

他人が電話に出てしまう

電話番でなかったので、または仕事でちょっと外していて、電話に出られなかったので職場の人が電話に出てしまった。こんな場合も、問題はありません。

前述の通り、プロミスからの電話では、電話をかけてくる人の名前が使われます。田中なり鈴木なりといった個人名なので、電話に出た職場の人が「ただいま席を外しておりまして・・・」「少々お待ちくださいませ」といった対応をしてくれるだけで大丈夫です。

在籍確認では、文字通り申し込みをした人が本当にその職場に所属しているのか、が確認できれば良いので、同僚なり上司なりの一言で「在籍している」ということがわかれば、それで確認は終了なのです。

ですから、気がつかない間に在籍確認が済んでいた、なんてことも十分に考えられます。

電話に出れないと即審査落ち!?チャンスは二度目の電話まで

もし、誰も在籍確認の電話が取れなかったら。電話に出た人が申し込みをした人のことを知らずに、「わかりかねます」なんて答えてしまった場合はどうなるのか。

それだけで、審査には落ちてしまうのでしょうか。在籍確認が取れなかった場合、再度連絡が来る可能性が高いです。

もちろん、他の社員が電話に出て、入念に確認したうえで「そんな名前の者は在籍しておりません」と断言されてしまった場合は別ですが、そうでないなら日を改めて電話がかかってくるだけです。

一度目の在籍確認ができなくても、二度目できちんと在籍が確認できれば、審査には問題がありません。

会社にバレたくない人向けのテクニック!「電話の時間帯希望」

「絶対に他の人には電話を取られたくない!」という場合は、在籍確認の電話がかかってくる時間帯を希望してみましょう。

確実に、絶対希望通りの時間に電話してくれるとは限りませんが、ある程度要望を聞いてくれる可能性はあります。

事前にいつ電話が来るかある程度絞り込んでいれば、その時間帯に職場にいるようにして、自分で在籍確認の電話に出てしまえばそれで万事解決です。

在籍確認ができたので審査に通る、というわけではありませんが、在籍確認が全くできない人は審査に通らないので、できれば時間帯希望を出しておいたほうが良いでしょう。

友人や知人として電話してもらえば、よりバレにくくなる!

在籍確認の電話について、これも時間帯希望と同様絶対に頼んだ通りしてくれる、というわけではないのですが、ある種のお願いごとをしておく、というのも効果的です。

例えば、働き始めてまだ間もないので、自分に電話がかかってくるのは不自然である、普段は電話が鳴らない職場である、といった場合、「友人の○○」「親戚の○○」といったふうに、何らかの関係性を含ませてもらうことで、自然な感じの電話にすることができます。

書類の提出で、電話による本人確認以外を避ける方法もある

どうしても、なにがなんでも職場に電話確認をされたくない。そんなときは、在籍確認に相当する書類などを提出してみる、というのも一つの手です。

要するに、本人が本当に職場に在籍しているという事実がわかれば良いわけです。会社の社員証や源泉徴収票、または社会保険証などを提出することで、本当に働いている、ということを証明することも可能です。
(⇒プロミスは職場に電話する?

ただ、プロミスでは電話確認が基本となっているので、これらの書類を提出すれば在籍確認の電話が来ない、とは限りません。あくまでもこういう手段が認められることもある、程度の認識でプロミスのオペレーターなりに頼むようにしましょう。

電話確認をパスできれば、後は審査結果を待つだけ!

電話確認は、本人確認をするもっとも一般的な手段です。場合によっては本人確認の電話が来ない、なんてこともありますが、基本的には電話はかかってくるもの、と思っておいたほうが良いです。

そのために覚えておいて欲しいのが、「電話がきたときのために準備しておく」ということです。例えば、プロミスから個人名で電話がかかってきて、それを職場の人が取ったとします。

「○○という人から電話があったぞ」といわれたとき、「え、それ誰ですか?」なんていうと、ちょっと不自然ですよね。一体誰から電話がかかってきたのか本人もわからない、というのは避けたい状態です。

そこで、事前に「電話が来るから対応できるように心の準備をしておく」「どんな人から電話が来たのか説明できるように簡単なストーリーを考えておく」と良いです。

また、電話がかかってくる可能性が高いわけですから、前もって職場の人に「こういう理由でこういう人から電話がかかってくるかもしれない」といったふうに伝えておくのも効果的です。

営業関係の人であれば、「飲み会で知り合った人から話が聞きたいと連絡が来るかも」といっておけば、不自然さもありません。

きちんと心の準備を整えたうえで、電話確認を乗り切りましょう。

【参考ページはこちら】
在籍確認の電話が怖い!プロミスは会社名を名乗る?

新着記事
TOPICS