> > プロミスの審査に通るためのチェックポイント!こんな点に注意!

プロミスの審査に通るためのチェックポイント!こんな点に注意!

人生にはお金が必要になることが多々ありますが、キャッシングを利用するために必ずクリアしなければならないのが審査です。どんなに自分に合った好条件の借入先をみつけても審査に通らなければ借入はできません。

キャッシング審査に通るためにはどのようなことに注意すればいいのでしょうか。ここでは人気の借入先、プロミスの審査についてみてみましょう。

プロミスの審査基準を教えて!

キャッシングの借入先として人気が高く利用者が多いのがプロミスです。キャッシングと無関係の人でもプロミスという名前は一度は聞いたことがあるはずです。プロミスは老舗の消費者金融で、現在では三井住友銀行グループの傘下に入っています。大手消費者金融の多くが銀行の傘下に入り、カードローン業務を請け負っているのです。

プロミスのキャッシングの審査はどのようなことを審査するのでしょうか?

主な審査内容

  • 年収
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 過去の借入歴

年収は限度額を設定する上でとても重要です。キャッシング利用の最低条件は安定した収入があることなので年収は大事です。またとくに消費者金融は総量規制の対象ですので、年収の1/3以上は借入ができません。複数の会社から借入をしている場合でも総額が年収の1/3を超えることはできません。

勤務先に関しては大手企業や公務員は有利と言われていますが、中小企業でも問題はありません。パートやアルバイトでも安定した収入があれば借入は可能です。

ただし、通常は申告された勤務先が本当かどうか確かめる在籍確認という審査が必ず行われます。在籍確認は勤務先や年収をチェックする上で欠かせない作業なのですが、人によっては会社にキャッシングの利用がばれるのではないかと懸念する声も聞かれます。
勤務先の住所・電話番号・従業員数・役職などの詳細もチェックされます。

勤続年数ですが銀行のカードローンの場合には勤続年数が3年以上などと決められていることもありますが、消費者金融の場合は柔軟性をもって対応してくれます。それでもやはり勤続年数が長い方が勤勉で真面目な性格と判断されて審査に有利になると言えるでしょう。

最後の過去の借入歴ですがこれは審査の中でも最も重要です。過去に債務整理、自己破産、返済の遅れなどがあるとお金を返さない人と判断されて不利になります。そのうえ、過去の借入歴に関しては申告された内容と信用情報を照らし合わせて調べますので隠すことはできません。むしろ虚偽の申告をすると信用できない人と判断されて不利になります。

その他にも

  • 持ち家か賃貸か
  • 自宅に電話があるか
  • 既婚か未婚か
  • 家族と同居しているか

などの点についてもチェックされます。

審査前に確認しておきたいこと!

過去の借入歴は審査の中で重要といいましたが、過去にキャッシングやクレジットカードを利用したことのある人の中には自分の信用情報を把握できていない人もいます。

たとえば口座引き落としができずに返済が遅れてしまった場合など自分が気付かないうちに信用情報に傷がついていることがあるのです。自分の信用情報が不安な人は信用会社に問い合わせて自分の信用情報を開示してもらうことも可能なので申し込み前に確認しましょう。

【注意点】

  • 自分がなんのためにいくら必要なのか、毎月いくらなら無理なく返済できるのかなど返済計画を立てる
  • 職業や収入、借入歴などで嘘の申告をしない
  • すでに他社から借入がある場合にはどこからいくら借りているのかきちんと把握する
  • 信用情報に問題がないかどうか確認する
  • 借入希望額をあまり高額にしない

プロミスの基本情報について

金利4.5%~17.8%
限度額最大500万円
返済は残高スライド元利定額返済方式
選べる返済日
レディースプロミスあり

利用資格

年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方。主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入があれば借入可能。

申込に必要なもの

  • 本人確認証(運転免許証、パスポート、健康保険証)
  • 収入証明書(限度額50万円以上の場合)

プロミスの無利息ローンについて

プロミスの最大の特徴と言えば30日間無利息ローンです。無利息ローンとは一定期間金利が無料になるサービスです。プロミスの無利息ローンを利用するためには新規利用者であること、またEメールの登録をし、WEB明細を利用する必要があります。初回融資から30日間以内であれば追加融資分も無利息となります。

無利息ローンを利用する際の注意点は無利息期間中でも返済日があり、返済が遅れた場合には無利息サービスが利用停止になることがあります。早めに返済できる予定なら無利息ローンを利用するのがお得ですね。

もしも審査に通らなかったら場合の対処法

プロミスの審査は決して厳しくありません。安定した収入があり、過去の信用情報に問題がなければほぼ審査に通ると考えていいでしょう。しかし、万が一審査に通らなかった場合にはどうすればいいのでしょうか。

まずは審査に通らなかった原因について考えましょう。審査に落ちた理由というのは開示する義務はないのでおそらく聞いても教えてくれないと思います。ですので、自分である程度推測する必要があります。そうでないと、再度申込をしても同じ結果になる可能性が高いのです。

それでもプロミスがだめなら別の借入先を検討する必要があります。その場合にはプロミスと同等、あるいはプロミスより審査の緩い所を選ぶのが妥当だと思います。プロミスより審査が緩いところといえばやはり中堅の消費者金融ではないでしょうか。

中堅の消費者金融もおすすめです!

中堅の消費者金融と言われてもぴんとこない人も多いでしょう。しかし、中堅でもいい会社というのはいくつかあります。ただし、中堅の会社に関しては知名度が低く、なかなか情報を入手しづらいこともあるでしょう。そんなときネット上の口コミやランキングを活用すれば、実際に利用した人の意見や体験談を参考にすることができます。
(⇒プロミスと他社カードローンの比較

中堅の消費者金融のメリットはやはり審査が甘いことで、会社によっては過去の借入に問題があっても借入できるところもあるようです。ここでは人気の中堅消費者金融エニーについてみてみましょう。

キャッシングのエニーなら審査が甘い!

キャッシングのエニーは東京都台東区にある消費者金融です。窓口はもちろんインターネット、FAX、電話など全国どこからでも申込ができます。

申込の流れ

申込フォーム入力

エニーから本人確認の連絡

審査

契約

申し込みの際には年収や勤務先などの基本情報の他にも

  • 住居種類
  • 居住年数
  • 雇用形態
  • 他社の借入件数

などを申告する必要があります。

エニーの1 Day ダイレクトとフリーローンの基本情報

1day ダイレクト フリーローン
年率18.0%~20.0% 年12.6%~15.0% 
1万円~100万円未満 100万円~300万円迄

必要な書類等について

  • 身分証明書(運転免許証など)
  • 直近2ヶ月以内の給与明細書もしくは直近の源泉徴収票
  • ご融資の際には印鑑

【参考ページはこちら】
プロミスの審査は安心できる?

新着記事
TOPICS