> > 銀行でカードローンを申し込んだらなぜかプロミスの名前が?!

銀行でカードローンを申し込んだらなぜかプロミスの名前が?!

三井住友銀行のカードローンに申し込んだらなぜかプロミスの名前が契約書にあってびっくりした!知らないうちに消費者金融から借りてしまったのかと思ってあせった!などという書き込みを目にしますが、これは騙されたわけではありません。

その謎を解くためには銀行と消費者金融の密接な関係について知る必要があるのです。

銀行のカードローンと消費者金融は決して無関係ではない!

急にお金が必要になったとき借入先として銀行と消費者金融があります。それぞれメリットデメリットがあります。

  メリット デメリット
銀行カードローン 金利が低い・総量規制対象外 審査が厳しい・遅い
消費者金融 金利が高い 審査が甘い・即日融資可能

金利が低いという点で銀行カードローンがおすすめですが、信用情報に問題があると借入が難しく、やむを得ず消費者金融から借入する人も少なくありません。しかし、近年銀行のカードローンと消費者金融の線引きはあいまいになっています。

一昔前、消費者金融は金利や限度額に制限がなく、高金利で借入をして、厳しい取り立てにあうというパターンが多かったのです。しかし、やがて総量規制などの法律が導入され、限度額や金利が制限されるようになると消費者金融は以前のような利益を得るのが難しくなりました。

そのため経営難に陥り、たくさんの消費者金融が姿を消しました。その際大手消費者金融は銀行と手を組むことで生き残りを図ったのです。

銀行側もまた不景気の影響で大口の借り手がいなくなり、個人融資に力を入れるようになります。そのため消費者金融と手を組むことでカードローンのノウハウを手に入れようとします。お互いの利害関係が一致し、現在では大手消費者金融のほとんどが銀行の傘下に入っています。

銀行と消費者金融の関係

消費者金融 銀行
アコム 三菱東京UFJ銀行
プロミス・モビット 三井住友銀行
ノーローン 新生銀行

三井住友銀行のカードローンはプロミスが保証?

三井住友銀行のカードローンを申し込んだら契約書にプロミスの名前があってびっくりしたという話を聞いたことがありますが、三井住友銀行のカードローンの保証業務はプロミスが行っているのでこれは不思議なことではありません。
(⇒プロミスって銀行系カードローン?

しかし、プロミスが保証業務を行っていてもあくまでも借入先は銀行なので心配はいりません。もちろん銀行金利が適応されますし、総量規制の対象外となります。

ここではプロミスで借入をした場合と三井住友銀行で借入した場合はどのように違うのか比較してみたいと思います。

プロミスのカードローンの基本情報について

金利4.5%~17.8%
WEB契約で来店不要
限度額最大500万円
女性専用ダイアルあり
返済は残高スライド元利定額返済方式
選べる返済日

申込資格

年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方
主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合でも利用可能

申込に必要なもの

  • 運転免許証などの本人確認証
  • 希望額が50万円を超える場合は収入証明書

【申込手続きの流れ】
インターネットなどで申し込み

審査結果・限度額の連絡

Web契約、来店契約、郵送契約のいずれかを選択

振込、窓口、自動契約機で借入可能

プロミスの人気のサービスと言えば無利息ローンです。無利息ローンとは一定期間金利が無料になるサービスです。プロミスの無利息ローンは30日間全額無利息になるというものですが、無利息ローンを利用するためには条件があります。

無利息ローンの条件と注意点

  • 新規利用者
  • Eメールを登録し、WEB明細を利用する

*返済が遅れた場合にはサービス停止になることがある

三井住友銀行カードローンの基本情報について

金利4.0%~14.5%
限度額800万円
審査最短30分
三井住友銀行の口座不要
限度額300万円以内なら収入証明書不要
自動融資あり

申込条件

  • 満20歳以上満65歳以下の方
  • 安定した収入がある方
  • 保証会社の保証を受けられる方

申込に必要なもの

  • 運転免許証などの本人確認証
  • 希望額が300万円を超える場合は収入証明書

申込手続きの流れ

申込

審査結果最短30分で連絡(メール、電話)

カード受取(自動契約機、郵送)

利用開始(三井住友銀行ATM、提携ATM)

三井住友銀行とプロミス、どちらがおすすめ?

結局のところ、三井住友銀行カードローンとプロミスどちらがおすすめなのでしょうか?それぞれメリットデメリットがありますのでどちらがおすすめということは一概には言えませんが、金利の面からすると三井住友銀行の方がおすすめと言えます。

しかし、銀行のカードローンは前述の通り審査が厳しいです。三井住友銀行のカードローン審査に通らなければ借入はできません。信用情報に問題があったり、すでに複数の会社から借入をしている場合にはプロミスの方が審査に通りやすいでしょう。

迷ったらぜひ口コミを参考に!

さらに2社を比較するために実際に利用した経験のある人による口コミをチェックしてみましょう。口コミやランキングなどは借入をする上でとても参考になりますので活用しましょう。

プロミスに関する口コミ

  • 地元の銀行カードローンはだめでしたがプロミスでは即可決でした。
  • 勤続年数が短いので不安でしたが借入できました。
  • かなりブラックでしたが五万円借入できました。
  • 過去に任意整理があり、現在も他社から60万円の借入がありますが可決でした。奇跡です。
  • 医療費が必要で増額希望でしたがすぐに対応してもらえました。
  • おまとめローンの審査に通りました。
  • 返済が何度か遅れましたがそれでも限度額アップできました。
  • 大手3社はだめでしたがなぜかプロミスは借りれました。
  • レディースコールの対応が良かった。

三井住友銀行カードローンに関する口コミ

  • 他社がだめだったのに借入できました。
  • 増額の申し込みも電話一本でできました。
  • 審査が40分で完了しました。あまりの早さにびっくりです。
  • 今まで借りた銀行カードローンの中で一番良かった。
  • 年収低いですが借り換えの成功しました。
  • 年収やクレジットに問題がなければすんなり借入できますよ。

三井住友銀行カードローンとプロミスを徹底比較してみました。やはりプロミスの方が消費者金融だけあって審査が通りやすいようです。

過去の借入に問題なし・安定した収入がある→三井住友銀行カードローン
信用情報に自信がない・他社から借入がある・勤続年数が短い→プロミス

自分に合った借入先を選ぶことでスムーズな借入ができます。まずは自分の属性や信用情報などを確認して、問題なく借入できるところを選ぶのがいいでしょう。

【参考ページはこちら】
三井住友カードの利用者はプロミスで借りられない?

新着記事
TOPICS