> > プロミスで借入があると自動車ローンが組めないって本当?

プロミスで借入があると自動車ローンが組めないって本当?

プロミスをはじめとするキャッシングで借入があると今後なにか影響することはあるのでしょうか。たとえば気になるのが自動車ローンが組めなくなるのではないのかということです。

自動車ローンや住宅ローンを組む際にキャッシングの利用はどの程度審査に影響するのでしょうか。借入前に疑問点をクリアにしておくことは重要です。

キャッシングは自動車ローンに影響するか?

人生には急にお金が必要になることが多々あります。家族や知人に借りることができればいいのですが、この不景気では他人にお金を貸す余裕などないのが現実です。やむを得ず借入をすることになりましたが気になるのがキャッシングを利用しているとその他のローンが組みにくくなったりするのではないかということです。

中でも気になるのが自動車ローンや住宅ローンです。どちらも今現在は必要なくても将来的結婚したり、家族が増えたりした際には必要になるものです。キャッシングで借入をしているとその他のローンが組みにくくなったりしないのでしょうか。

基本的にはキャッシングを借入していてもきちんと計画的に返済をすすめていれば問題はありません。しかし、キャッシングを利用している人の中には自動車ローンに通らなかったという人もいます。それはどんなケースなのでしょうか?

自動車ローン審査ではなにをチェックする?

自動車ローンは数あるローンの中では通りやすいものと言われています。自動車ローンではどのような点を審査するのでしょうか?
(⇒プロミスは車ローンの代用になる?

勤務先や勤続年数

自動車ローンに限らずローンの審査では必ず勤務先や勤続年数をチェックします。勤務先は大手企業や公務員だと有利だと言われていますがあながちウソではないようです。勤続年数が長い方が勤勉、真面目な性格と判断され、審査には有利になるようですね。できれば勤続年数3年以上は好ましいです。

年収

年収は返済見込みがあるかどうか確認するための最重要ポイントです。年収が多い方が有利ですが、自動車ローンの種類によってはおおよその年収を指定してある場合があります。年収に応じたローンの割合というのがあり、多くの場合35%前後です。

クレジットカードの有無

最近では誰もが一枚や二枚クレジットカードを所持していると思います。クレジットカードはとても便利でなくてはならないものですが、よく考えてみるとクレジットカードは借金をして商品を購入しているのです。ショッピング枠で多く借入があったり、不必要に何枚もクレジットカードを所持しているとあまりいい印象は持たれません。

年齢

審査の際には年齢もチェックされます。やはり10代、20代はまだ入社してからの期間が浅いということもあり、信用度が低いです。30代から50代が仕事も安定していてローンを組みやすい年齢と言えるでしょう。高齢になると病気等で仕事を失う可能性もあるのでローンを組む際には不利になります。

その他

その他のチェックポイントですが、たとえば持ち家か賃貸か、固定電話はあるか、既婚か未婚かというプライベートな事柄も審査に影響を及ぼす可能性があります。持家だと資産として価値がありますし、担保にもなります。既婚で家族がいれば責任能力があると判断され、また借金を踏み倒す可能性が低くなります。

最も審査に影響するのはどんな点?

そして最も気になるのがキャッシングの利用がどのくらい審査に影響するのかということです。

キャッシングを利用すると必ず「信用情報」に記録されます。信用情報とは個人の金融情報のことです。この情報はローンを組む際には必ず金融機関がチェックしますので隠すことはできません。また虚偽の申告をしたとしてもすぐにばれてしまい、かえって信用を失います。

金銭的なピンチの際に1,2回利用した程度ではそれほど影響しないかもしれません。しかし、数年にわたってずっと利用している、返済が遅れたことがある、返済できず債務整理や自己破産をしたなどの履歴があればローン審査にはとても不利になります。

またきちんと返済していても借入が多すぎる場合には、返済見込みが通常より低いわけですから不利になるのは間違いありません。

その他にも最近複数の消費者金融やカードローンに続けて申し込んだという場合も印象は悪くなります。信用情報には申込履歴も記録されますので続けて申込を行った場合には経済的にかなり困窮していると判断されてしまうからです。借入先に申込を行う場合には慎重になる必要があります。

キャッシングを利用で自動車ローンが組めない場合はどうしたらいいか?

では、残念ながらプロミスなどのキャッシングの利用によって自動車ローンが組めなかった場合にはどうしたらいいのでしょうか?

  • 自分の信用情報を確認して問題点を推測する。
  • しばらく時間を置いてから再度申込をする。
  • キャッシングで借入をし、残りは貯金などで賄う

キャッシングで借入をして自動車購入費にあてる方法

キャッシングで自動車を買うなんて現実的ではないと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

自動車ローンには金融機関でローンを組む、販売店でローンを組む、消費者金融で借入をするの3つの選択肢があります。もちろん自動車ローンを組むのが金利の点ではおすすめですが、事情があってローンを組めない人の中には消費者金融で借入する人もいます。

ただし、消費者金融で借入する場合には金利が高くなるので全額借入というのはあまりに負担が大きすぎます。その場合には

  • 中古車など低価格の自動車を選ぶ
  • 頭金などある程度自分で貯金をして、足りない分をキャッシングで補う

のがおすすめです。

借入するならやっぱりプロミス!

自動車購入資金を借入したい、そんなときは審査が緩く、即日融資可能なプロミスがおすすめです。プロミスは三井住友銀行グループの消費者金融でバックに銀行がついているので安心して借入ができます。

プロミスの基本情報

金利4.5%~17.8%
自動契約機なら22時まで申込OK
WEB契約で来店不要
限度額最大500万円
返済は残高スライド元利定額返済方式
選べる返済日
50万円以下は収入証明書不要

申込資格

年齢20歳以上、69歳以下の方
ご本人に安定した収入のある方(パート、アルバイト可)

申込に必要なもの

  • 運転免許証などの本人確認証
  • 限度額50万円超えの場合は収入証明書

プロミスの特徴の一つが無利息ローンです。無利息ローンを利用すれば30日間金利がゼロになります。たとえば10万円を30日間、金利17.8%で借入した場合利息は1463円となります。それが無料になるというのは大変お得なサービスですね。

無利息ローンを利用するための条件

  • 新規利用
  • Eメールアドレスを登録の上、WEB明細を利用

【無利息ローン利用の際の注意点】
無利息ローンの期間中にも返済日があり、返済が遅れたり、滞った場合には無利息サービスが停止されることもあります。

申込の流れ

インターネットなどによる申し込み

審査結果・利用可能額の連絡

契約(WEB契約、来店契約、郵送契約のいずれか)

借入(振込・自動契約機・店頭など)

【参考ページはこちら】
プロミスのおすすめQ&A

新着記事
TOPICS