> > プロミスでの融資は、過去に自己破産経験があると絶対不可能?

プロミスでの融資は、過去に自己破産経験があると絶対不可能?

キャッシングやカードローンは、昔ほどではありませんが、結構種類がありますよね。中には、複数のカードを持っている人もいて、今では非常に便利で使い勝手がいいものになっています。

ただ、注意して使っていかないと「自己破産」まで追い込まれてしまうこともあるのです。カードを使いすぎてしまって、実際に経験したことがあるという人も、いるのではないでしょうかね。

今回はその「自己破産の経験」をした人が融資を受けられるのかどうか?カードは便利なので、使えなくなると不便になりますが、自己破産後はどうなるのでしょうか。

過去、自己破産していると融資は無理なの?

過去にキャッシングやカードローン、ローンを組んだことがある人は、自己破産を経験した人も多いですよね。自己破産と聞くと、今後一切、どこからも融資を受けられないというイメージもあるのではないでしょうか。

プロミスのような大手の消費者金融の場合、融資を断られてしまうことが多いようです。絶対に無理というわけではありませんが、一度自己破産してしまうと、融資を受けづらいのは事実になりますよ。

自己破産した人が融資を受けられたという情報は?

自己破産を経験した人でも、融資を受けられたという話は実際にあります。まあ、ネットの情報になってしまうのですが・・・。ですが、自己破産の後に融資を受けられるという人は、よほどいい属性を持ってない限り難しいといえますよ。

とはいえ、実際に融資を受けられたという情報はあるので、プロミスで融資を受けたいならば、申し込みしてみるのもよいでしょうね。

自己破産後に融資を受けるにはいくつか条件あり!

自己破産後にプロミスで融資を受けることは、無理ではありませんが、条件がありますよ。条件をクリアしていないと、お金を借りることは無理になってしまいます。

  • 免責が認められているのか?
  • 自己破産後5年から10年

免責が認めてもらえないと融資はできない

今回は自己破産後という条件で書いているので、ないかもしれませんが、免責許可が出ていないと融資は受けられませんよ。

申請を出してみたけれども、許可が出なかったという人は融資を受けられない可能性が高いので、注意してください。

自己破産後、何年経過しているのか把握しておく

自己破産しても融資を受けられる人はいますが、破産後すぐにプロミスに申し込みしても審査には通らないのです。聞いたことがある人もいると思いますが、自己破産すると金融事故情報に記録されてしまうことになります。

わかりやすく言うと、ブラックリストにあなたの名前が載ることになるのですよ。この言葉ならば、聞いたことあり、知っている人も多いのではないでしょうか。この情報はすぐに消えるというものではなく、ある程度年数が経過したら、クリアになりますよ。

  • 5年・7年・10年

具体的な数値はわかりませんが、だいたい上の年数の間だけブラックリストの情報は残るようです。長く感じるかもしれませんが、自己破産後ということなら仕方がありませんね。

ブラックリストの記録は確認することができるのか?

ブラックリストの情報はプロミスに聞いたところで教えてもらうことができません。ではどこに聞けば教えてもらうことができるのか?ブラックリストの情報が消えたのか、知りたいと思う人もいますよね。
(⇒プロミスにブラック情報を伝えるべき?

  • 信用情報機関

金融関連の信用情報は、上の機関に記録されるようになっていて、ここにブラックリストなのか、載っているのですよね。ここに情報の開示を求めれば、自分の信用情報を確認することができます。

ブラックリストはいつ情報がクリアされるのか、わかりにくいので、ある程度年数が経過したのちに、信用情報機関で確認してみるとよいですよ。

条件を満たしていても、プロミスで融資を受けられない人もいる

自己破産後で融資を受けるには、いくつか条件があると少し上で紹介しましたね。免責と時間の経過だったと思いますが、これを満たしていても、プロミスで融資を受けられない人もいます。

自己破産というだけでも、融資を受けることは難しいですが、次のような人はさらに難しいといえますよ。

プロミスでの融資が原因で、自己破産してしまった、というような場合がこれに当てはまりますよ。大手の消費者金融になっているので、これに当てはまる人も多いのではないかと考えられます。

プロミスで融資をしていた人がなぜ、融資を受けられないか

自己破産する前に、プロミスから融資を受けていたという人が、なぜもう一度融資を受けることができないのか。これは、信用情報のブラックリストがクリアされても、社内に情報が残っている場合が多いからですよ。

つまりは、信用情報機関ではなく、プロミス自体に要注意人物として名前が載ってしまうということになりますね。自己破産する前に、借りていたところでは融資を受けられる可能性が低いので、避けるようにするといいですよ。

同じグループの会社でも融資を受けられなくなるのか?

プロミスは大きな消費者金融なので、知っている人もいるかもしれませんね。ここは、三井住友銀行と同じグループの会社になっているのです。

同じグループ会社だから、情報を共有している可能性も高いということ。だから自己破産前にプロミスから借りていて、自己破産後に三井住友銀行のカードローンに申し込み。当然ですが、情報が共有されてしまっているので、審査に通らなくなってしまいます。

自己破産の経験がある人は、自己破産前に融資をしていたところと、そのグループ会社から融資を受けることができなくなる、ということになるのですね。

さらに保証会社が一緒だと融資を受けられない可能性も!?

さらに、保証会社がプロミスになっている場合、同じグループ会社でなくても融資を断られてしまう可能性が高い。キャッシングやカードローンは、基本的に保証会社が審査を行うといわれています。

保証会社がプロミス、ということは審査もプロミスがおこなうということですから、当然、社内の要注意人物も把握されてしまっていますよね。だから保証会社にも注意しなくてはいけません。

自己破産は一度経験してしまうと、融資は厳しい!

自己破産した後でも、融資を受けられる可能性はありますが、上を読んでもらえば分かる通り、かなり厳しくなってきてしまうのですよね。融資をしてくれる会社を探すのも、とても苦労すると思います。

だから、プロミスのようなところで融資を受けるならば、自己破産など起こさないよう、計画をよく立ててから、使う必要があるのですよ。

最近だと、消費者金融やカードローンといったものは気軽に申し込みができるものですが、お金の取引には十分注意しなくてはいけません。

自己破産後に、融資用のカードは使えなくなるのか?

自己破産の手続きをするという人は、キャッシングやカードローンのカードを持っているはずですよね。このカードについてですが、自己破産が認められた後に、使うことができるのか気になりますよね。

ATMで確かめればすぐにわかると思いますが、自己破産後、カードは使えなくなってしまうのです。お金を借りることはできなくなってしまうので、困った時に引き出すということはできませんね。

複数のカードを持っている場合はどうなるのか?

プロミスで契約しているけれども、ほかのカードを持っているという人もいますよね。そんな人は、自己破産後のカードはどうなるのでしょうか。

プロミスでの融資が原因で自己破産、ということならば、ほかのカードは使える可能性もありますね。ただ、ほかのカードも返済ができていなければ、使えないということも考えられます。

返済の状況や、会社によって変わってくるようなので、カード会社に確認するとか、実際に使ってみるとよいでしょうね。

どんな人が自己破産しやすいのか?

上のように、プロミスからも借りているけど、ほかの所からも融資を受けているという人は自己破産しやすいですね。よく多重債務とか呼ばれていますが、複数のカードを持っている人は注意が必要になりますよ。

キャッシングやカードローンを組むならば、できるだけ少ない数1つにまとめて融資をしたほうがよいでしょう。

今返済が遅れている人も注意?

返済が遅れてしまっている人も、自己破産してしまうかもしれませんね。遅れているならば、お金を借りるのではなく、返済をまずは考えるとよいでしょう。

また、今遅れていなくても、多重債務の場合、いつ返済が遅れてもおかしくはありません。まあまだまだ、余裕があるという人は大丈夫かもしれませんが、自分の収入でギリギリ返済できている、という人は危険ですね。

自己破産は悪いことではありませんが、一度してしまうと、そのあとローンを組むことが難しくなります。プロミスなどから現在融資を受けているという人は、返済が遅れないようにして、自己破産しないようよく計画を立てることが大事になりますよ。

最後に、自己破産経験があっても融資はできる可能性もある!

プロミスを始めキャッシングやカードローンは自己破産後であっても、取引できる可能性があります。ただし、あくまでも可能性がある、というだけで、実際には取引するのはかなり難しいと思っておくこと。

  • 免責許可
  • 破産後5年から10年経っている

以上の条件を満たしていれば、お金を借りられる可能性があります。取引できるのか?実際に申し込みをしてみないとわからないので、まずはプロミスの審査を受けてみましょう。

【参考ページはこちら】
プロミスはブラックでも借りられる?

新着記事
TOPICS