> > 即日融資はお手のもの!キャッシングはプロミス

即日融資はお手のもの!キャッシングはプロミス

とにかく急いでお金を借りたい!一刻もはやくお金が必要!と、焦っているあなた!焦ってばかりいると、ミスしてしまったりと、まずロクなことはありません。急いでいるからこそ落ち着いて、金融機関選びが大事ですよ。

どうしても急いでいる人は、即日融資が得意技のプロミスで、申し込んでみてはいかがでしょうか。プロミスがどれだけ即日融資に長けているのか、はたまた急いでいる人に向けたサービスなど、プロミスの融資についてご紹介します。

即日融資だけで選んではダメ

最近、融資をうたっている金融機関で「即日融資」という文言をかかげているところをよく見かけませんか?「即日」という言葉、なんだかわかるような、わからないような・・。いったいどういうことなのでしょうか。

「即日融資」という解釈は、人によってさまざまでしょうが、金融機関にとっても「即日融資」の解釈は違ってきます。「申し込んだ当日に融資」の場合もあれば、「審査が終われば即日融資」という場合もあります。

例えば「審査が終われば即日融資」となっている場合、もしかしたら審査に3日程度かかるかもしれません。そうなると、即日融資にも関わらず、申し込んでから3日はかかることになりますよね。

金融機関で融資を受ける場合、「申し込み・必要書類の提出・審査・契約・融資」という流れがあるので、融資だけが即日だとしても、その他に時間がかかってしまっては本末転倒です。

すなわち「即日融資」だからといって、単純に「すぐに融資してもらえるだろう」と、早合点してはいけません。金融機関によって「即日融資」の意味合いが違ってくるので、きちんと確認してから申し込むべきだといえるでしょう。

急いでいる人必見!金融機関の見極め方

では、本当に急いでいる人、すぐにでも融資を受けたい人は、何を基準にどのようにして金融機関を選べばいいのでしょうか。確かに「即日融資」という文言をかかげている金融機関が目にいきますが、その中の意味合いをじっくり吟味しましょう。

「即日融資」だけで選ぶなかれ

最近、どの金融機関でも「即日融資可能」という風にアピールしていますが、上記で説明したように、この言葉だけに惑わされてはいけません。即日融資にも意味はいろいろあるわけです。

「即日融資」と言いながら、よく見ると「最短即日融資」となっているところが多いようです。これは、「最短で即日融資が可能」ということなので、あくまでも最短時間での意味合いになりますよね。

すなわち、裏を返せば「融資が翌日になる場合もあり得る」ということになります。必ずしも即日融資が可能というわけではないので、「即日融資」となっているからといって、むやみに申し込んではいけません。(こちらもご参考に→プロミス自営者カードローンは即日融資できる?

申し込んだのはいいけれど、いつまで経っても審査結果が返ってこなかったり、契約などで時間が取られてしまう場合もあるわけです。

申し込む時間が大事と心得よ

必ず即日融資を受けたいのであれば、申し込む時間をきちんと説明してくれているところがおすすめです。「○○時までに契約が完了している場合」などと、明確に知らせてくれているところは、親切な金融機関だといえるでしょう。

契約が完了するまでには「申し込み・必要書類の提出・審査」があるので、指定された時間までに、これらのことが終わっていれば、その日に融資してもらえることになります。

そのため「○○時までに○○が完了していれば即日融資可能」と、細かい時間などを教えてくれるところを選ぶようにしてください。インターネットなどに表記されていなければ、金融機関に問い合わせてみましょう。

プロミスの得意技、即日融資!

プロミスでの即日融資はどのような対応となっているのでしょうか。プロミスは、はっきりいって即日融資が得意中の得意です。即日融資に関しては、右にでるものはいないと言っても過言ではないくらい、自信をもっています。

まず、プロミスでは「平日14:50までに契約が完了した場合、即日融資が可能」としています。すなわち、14:50までに契約が完了していないといけないわけです。

契約が完了するまでには、申し込みをしないといけないし、必要書類の提出も必須です。そして、審査があります。審査にどの程度時間がかかるかは、その人によって違ってくるはずなので、事前に確認しておいたほうがいいでしょう。

とはいえ、14:50までに契約が完了すれば、その日のうちに融資を受けることができるので、ここは14:50までに契約を終わらせてしまいましょう!

プロミスでは、14:50までに契約が完了していれば、必ずその場で融資が受けられます。これぞ「即日融資」だと言えるでしょう!

申し込むときに気を付けることはコレ!

プロミスで即日融資を受けるためには、14:50までに契約が終わっていないといけない、というのがわかったと思います。では、14:50までに契約を終わらせるために、気を付けることとはいったいなんでしょうか。

まず、プロミスでの申し込み方法をみていきましょう。プロミスでキャッシングを申し込む場合、以下のような方法があります。

  • インターネットから申し込む
  • 自動契約機で申し込む
  • 店頭窓口で申し込む
  • 郵送で申し込む

この中でスピーディに対応してくれるのは、「自動契約機」での申し込みです。プロミスの自動契約機で申し込むと、その場で審査結果を知らせてくれて、そのまま契約、そしてキャッシングまですべて完了することが可能です。

インターネットからの申し込みも、審査結果は最短30分で返ってくるので、かなりスピーディではありますが、そのあとの契約と融資のために、自動契約機まで足を運んだり、郵送での処理になるので、最初から自動契約機での申し込みがおすすめです。

例えば、融資を申し込もうと考えたのが、営業時間終了のあとだった場合は、インターネットから申し込みだけ済ませておきましょう。インターネットからの申し込みは、24時間365日可能なので、とりあえず申し込んでおきます。

翌日、営業時間が開始すると同時に、審査をおこなってくれるため、申し込んだ翌日になりますが、融資を受けることが可能となります。翌日申し込むよりスピーディに融資が受けられるはずです。

自分がプロミスで融資を受けようと思ったときが、平日なのか土日祝なのか、はたまた営業時間内なのか、時間外なのかによって、申し込み方法が変わってくるはずです。よく考えて、申し込み方法を選択するようにしてください。

急いでいるなら協力を惜しまずに!

いくらプロミスが「即日融資は得意!」だとしても、すべてをプロミスに任せっぱなしで、自分は何にもしないのでは、せっかくの即日融資が受けられなくなることもあります。

例えば、プロミスで融資を受けるためには、必ず提出しないといけない書類があります。必要となる書類は以下のようなものなります。

  • 本人を確認するための書類
  • 収入証明書

本人を確認するための書類

まず絶対必要となるのが、本人を確認するための書類です。申し込んできた人が、本当に本人なのかどうかを確認するために必要となります。世の中には悪い輩がいて、他人名義で申し込んでくる人もいるので、必ず提出が必要です。

本人を確認するための書類として、いちばんいいのは、運転免許証です。顔写真・住所・生年月日が記載されていることが理由でしょう。運転免許証があればそれでOKですが、免許証を持っていない人も中にはいることでしょう。

そんな人は、パスポート・健康保険証でも大丈夫です。これらの証明書は、融資の額に関係なく必ず必要となるので、事前に用意するようにしておきましょう。プロミスから言われから提出するのではなく、最初に提示するくらいの意欲でいてください。

収入証明書

そして、もうひとつ、融資の額が50万円を超える人は、収入証明書が必要となります。収入証明書とは、会社から支給される源泉徴収票などです。源泉徴収票が入手困難な人は、給料明細書でもOKとなります。

自営業の人は、確定申告書や納税通知書などが必要となるので、50万円を超える融資を希望している人は、きちんと用意しておいてください。運転免許証などと違って、常に持ち歩いているものでもないでしょうから、忘れないようにしましょう。

プロミスでは、50万円以下の融資に関しては、収入証明書が不要となっていますが、審査の過程で必要と判断されれば、提出が必要となる場合があります。そのため、50万円以下の融資だったとしても、用意しておいたほうがいいでしょう。

即日融資を考えていて、審査の途中で「収入証明書の提出をお願いします」と、言われてから準備していると、それだけ時間がかかることになります。タイムリミットの14:50は刻々と近づいているはずです。

当日になって慌てないためにも、また即日融資を可能にするためにも、自分ができることは惜しみなく協力しておくようにしましょう。結局は自分に返ってくると思っていいでしょう。

融資をスピーディに受けるためにやるべきこと

プロミスが、三井住友銀行グループだということ、ご存じですか?プロミスは消費者金融ですが、三井住友銀行グループの傘下にいます。そのため、三井住友銀行の銀行口座を持っていると、融資がスムーズに進みます。
(⇒三井住友銀行カードローンの利用者はプロミスで借りられない?

プロミスで融資の契約が完了後、キャッシングのためのカードを受け取って、ATMからお金をおろしてもいいのですが、自身の口座に振り込んでもらうという方法もあります。

カードができるまでの時間がない人にとって、自分の口座に振り込んでもらえると、とてもありがたいはずですよね。もちろん、どこの銀行口座でも問題はありませんが、銀行の振込といえば時間制限があったりします。

三井住友銀行の口座を持っていれば、なんと24時間振込が可能となります。さすがグループ会社!と、拍手を送りたくなりますね。

そのため、プロミスでキャッシングを申し込むのであれば、三井住友銀行の銀行口座をあらかじめ開設しておくことがおすすめです。ちなみに、ジャパンネット銀行への振込も24時間可能となっています。

三井住友銀行の銀行口座を持っているということは、三井住友銀行と取引実績がある、ということにもなるので、プロミスの審査にも有利に運びます。プロミスは三井住友銀行グループだということを覚えておきましょう!

即日融資はプロミスで決まり!

このように、プロミスでは「即日融資」を受けるための条件をきちんと明示してくれています。実際「即日融資」だけでは、はっきり言って抽象的な感がありますが、「いつまでに何をすれば可能なのか」がはっきりしていれば、申し込みやすいですよね。

そして、広告にウソ偽りは一切なく、14:50までに契約が完了した人は、その日に融資を受けています。すなわち、プロミスは明言実行の消費者金融というわけです。

ここまでプロミスが提示してくれているわけなので、あとは利用者側がその提示にうまく乗ればOKということになります。申し込んでから「こんなはずじゃなかった!」という声、プロミスではまったく聞きません。

どうしてプロミスが人気なのか、数ある金融機関の中からプロミスが選ばれるのか、これでもうわかりましたよね。「即日融資」という文言を有言実行している金融機関、それがプロミスです。

【参考ページはこちら】
プロミスの審査は甘い?

新着記事
TOPICS