> > メインは年金収入!プロミスで融資できるか?

メインは年金収入!プロミスで融資できるか?

定年退職後、年金受給者になった人でも、突然お金が必要になることってありますよね。お金が必要になるのに、年齢は関係ありません。そんな年金受給者でも、プロミスからお金を借りることはできるのでしょうか。

定年になるまでは、問題なく融資してもらえたけれど、年金がメインの収入になってしまったのでは、やっぱり借りるのはムリかな?と、諦めてしまう人も多いかもしれませんね。

メインの収入が年金収入の人とプロミスについて考えみました。

どうすればいい?年金収入だってお金が必要

メインの収入が年金収入の人が、金融機関でお金を借りることはできるのでしょうか。これは一概には言えません。「年金収入でもOK」としているところもあれば、「年金収入不可」としているところもあります。

年金収入を「安定した収入」と、捉える金融機関であれば、融資は可能ということになります。不景気などを理由に、年金収入を「不安定な収入」と、捉える金融機関では、融資は受けられないということになります。
(⇒プロミスを利用できる職業とは?

ただし、すべての金融機関で「年金収入の人は不可能」となっているわけではないので、「年金収入でも可能」なところを探して申し込むべきだといえるでしょう。

年金収入OKでも年齢制限に注意が必要

「年金収入でもOK」となっている金融機関であったとしても、年齢制限に注意が必要ですよ。年金をもらう年齢は、現在で60歳以降となっています。近い将来は、65歳以降となるはずですよね。

金融機関で融資を受ける際、年齢制限があることをご存じですか?たいていの金融機関では、65歳程度が上限となっています。しかも、「65歳であれば融資が可能」ではなく、「65歳までに返済できる人」ということになります。

言ってしまえば、「あまりにも高齢な人にはどこも融資してくれない」というのが現実のようです。これには理由があり、「年金受給者は自力で働いて得た収入ではない」ということと「高齢なため返済が焦げ付く心配がある」ということのようです。

変な話しになりますが、人間には寿命がありますよね。高齢になればなるほど、やはり寿命に近づいているということなので、返済せずに亡くなってしまうと「金融機関の丸損」ということになってしまうため、やはり避けたいわけですよ。

そのため「年金収入OK」ばかりに惑わされるのではなく、「年齢制限」もきちんと確認しておくようにしましょう。ちなみに「最高でも70歳まで」です。それよりお年を召している人は、融資を受けるのは難しいと思っておきましょう。

ちなみに、プロミスでも年齢制限があり、「20歳~69歳まで」となっています。70歳になってしまったのでは、残念ながら、もうプロミスは利用できないということです。

年金収入といってもいろいろある

ひとくちに「年金収入」といっても、いろいろなパターンが考えられます。「年金収入のみ」という人もいれば、年金以外にも収入源がある人もいることでしょう。考えられるのは、以下のようなパターンではないでしょうか。

  • 収入は年金のみ
  • 年金収入+働いて別収入がある
  • 年金収入+働いていないけれど別収入がある

収入は年金のみ

これはもうわかりますよね。年金収入のみで生活している人のことです。生活費全般を年金に頼っている人を指します。年金額は人によって違いますが、景気に左右されるため、不景気で年金額が下がることもあり得る、ということになります。

定年退職後、働いておらず、年金収入のみに頼って生活しているので、生活費が足りなくなったとして、金融機関から融資を受けたとしても、「返せる可能性があるかどうか」が、審査の対象になるかと思われます。

「年金収入の人にも融資OK」となっている金融機関であったとしても、返せるアテがなければ、審査に通るのは難しいと思っておきましょう。

年金収入+働いて別収入がある

年金収入だけではなく、企業の再雇用制度を利用していたり、アルバイト・パートなどで、別収入がある人のことを指します。もちろん、定年退職後に正社員として雇われている人もいることでしょう。

とにかく、年金収入+自ら働いて安定した収入がある人、のことですね。この場合は、「年金収入者」としてではなく、働いてきちんと収入があるので、問題なく融資は受けられるはずです。

すなわち、「収入形態」を申告するときに、「年金受給者」ではなく「パート」「アルバイト」「正社員」で申し込めばまったく問題ありません。(こちらもご参考に→70歳でもプロミスの審査には通れる?

ここで注意しないといけないのは、やはり年齢でしょう。金融機関で融資を受けるためには、年齢制限が必ず設定されているので、自分が年齢で引っかかっていないかどうかの確認が大事です。きちんと確認してから申し込むようにしましょう。

年金収入+働いていないけれど別収入がある

年金収入+働いていないのに収入がある人とは?いったいどんな人のことなのでしょうか。「働いていないけれど収入がある」のは、以下のような場合だと思ってください。

  • アパートなどを持っていて家賃収入がある
  • 駐車場を経営していて収入がある
  • 自動販売機などの設置で収入がある

このような場合、「働いていない」けれど「定期的な収入がある」ことになりますよね。このような収入を「安定収入」として捉えるか、「不安定な収入」として捉えるかは、これまた金融機関次第、ということになります。

とはいえ、年金収入だけではなく、このような定期収入があるわけなので、「年金収入のみ」の人に比べて、融資が受けられる可能性は高くなるでしょう。

この場合は、「働いていない別収入」を証明するための書類が必要となるので、ぬかりなく準備しておくことを忘れないようにしましょう。

年金収入だって問題ない!プロミスでの借入!

プロミスで、年金受給者の人が融資を受けることはできるのでしょうか。答えからいうと、「年金受給者の人でも融資を受けることは可能」です。

プロミスは、年金受給者を「継続した安定収入のある人」として捉えています。そのため、収入が年金のみの人でも、プロミスから融資を受けることができます。

ただし、年金受給者なら誰でも可能というわけではなく、毎月支払われる年金額によります。年金額が高ければ高いほど、借りられる可能性は高くなります。あまりにも低い年金額だと、厳しいかもしれません。

プロミスでは、年金を毎月きちんともらっており、年齢が69歳以下であれば可能性はある、ということになります。

プロミスで融資が受けられる優先順位

年金受給者にもいろいろある、と書きましたが、その中でも融資を受けやすい順位は以下のとおりです。

  • 年金収入+働いて別収入がある
  • 年金収入+働いていないけれど別収入がある
  • 収入は年金のみ

年金収入+働いて別収入がある

この場合は、年金受給者云々より、「継続して働いて安定収入がある」という条件で借り入れることが可能です。すなわち、年金収入がなくても、きちんと働いているので、それだけでプロミスから融資が受けられる、ということになります。

さらには、年金収入をも収入として合算できるので、審査ではさらに有利となります。

年金収入+働いていないけれど別収入がある

家賃収入などで安定した収入があれば、働いて収入がある人同様、年金収入がなくても、プロミスで融資を受けられる可能性はあります。ただ、家賃収入は入居者がいないと収入がなくなる危険がありますよね。

駐車場も借り手がいないと収入にならないし、自動販売機も売れなければ収入にはなりません。すなわち、若干「不安定な収入」とみなされる場合があります。

不安定な収入ではありますが、そこに年金収入が加算されるので、プロミスでの融資は受けられる可能性が高い、ということになります。

収入は年金のみ

「収入が年金のみ」という人がいちばん可能性は低くなります。理由はもうわかるでしょうが、年金のみで生活費全般を賄わないといけないので、「その中から借金の返済ができるかどうか」が、審査での最大の焦点となるはずです。

借りたはいいけど、返せないと判断されてしまうと、残念ながら融資は受けられないでしょう。借入を申し込む前に、毎月の年金額から生活費を引いて、余裕金がどの程度あるのか、きちんと計算した上で申し込むべきですよ。

申し込み時にきちんと説明さえできれば、プロミスの担当者も融資をOKとしてくれるはずです。

年金収入の人がプロミスを利用するために必要なこと

年金収入の人がプロミスを利用するには、年金を受け取っているという証明書を提出する必要があります。年金を受け取っている証明書としては、以下のようなものがあります。

  • 年金振込通知書
  • 年金支払通知書
  • 年金額改訂通知書
  • 年金決定通知書
  • 支払額変更通知書
  • 公的年金等の源泉徴収票

年金の受け取りをはじめると、このような通知書が送られてくるので、きちんと保管しておくようにしましょう。これらの通知書を提示することで「年金を受け取っている」という証明になります。

プロミスで融資を受けるための裏ワザ

プロミスは消費者金融ですが、三井住友銀行グループだということを知っていましたか?三井住友銀行の傘下にいる消費者金融なので、プロミスで申し込む際、三井住友銀行と取引実績のある人は、審査に有利になると思っておきましょう。

いちばんいいのは、定年退職するまでの毎月の給与を、住友銀行に振り込むようにしていた人は、かなり有利になると思ってください。

そして、年金の受け取りも三井住友銀行の口座に振り込むようにしておいたほうがいいでしょう。今まで三井住友銀行と取引のなかった人は、プロミスでの融資を申し込む前に、三井住友銀行の口座を開設し、その口座に年金を振り込んでもらうようにしましょう。

やはり、金融機関というのは、信頼関係をとても大事にすることと、取引実績のある人には優遇してくれる可能性が高くなる、というのは事実です。そのため、プロミスの親会社である三井住友銀行をうまく活用するべきですよ。

三井住友銀行と取引のある人と、ない人では必ず対応が違ってくるはずです。「今までもこれからも、三井住友銀行と取引していくつもり」という姿勢を見せれば、プロミスにとっても嬉しいはずです。

プロミスが三井住友銀行グループだということを理解して、この際うまく活用するようにしましょう。

裏ワザはコレ!定年退職する前にプロミスを利用しておく

もうひとつ裏ワザがあります。「定年退職になる時期」「年金を受給しはじめる時期」というのは、必ずわかるはずですよね。いきなり定年が訪れるはずもないですし、いきなり年金が受給されるわけでもありません。どちらも計画的に訪れるものです。

計画的に訪れてくるので、「年金受給になる前に、プロミスで申し込みをしておく」というのも、ひとつの裏ワザだといえるでしょう。すなわち、仕事をしている間に、プロミスでの融資を申し込んでおけばいいわけです。

仕事をしている間は、継続した安定収入があるので、もちろん審査には通りやすいはずです。年金収入のときに申し込むこととくらべると、はるかに有利となるでしょう。

一度、プロミスで申し込みさえしておけば、定年退職後でも引き続き融資は受けられます。もちろん融資の限度額内ではありますが、プロミスからの再審査が入らない限り、引き続き利用はできることになります。

プロミスからの審査が入ったとしても、今までに取引実績があるため、新たに申し込むことにくらべたら、かなり有利になるはずです。年金受給になると、収入額が減るでしょうから、融資の限度額が多少低くなる可能性はあります。

限度額が低くなる可能性があったとしても、年金収入になって新たに申し込むことにくらべたら、審査はかなり緩いはずですよ。

年金受給が開始されて、「融資を受けるかもしれない」と、考えている人であれば、定年退職する前に、プロミスで申し込んでおくのも、ひとつの手だといえるでしょう。

大事なことはコレ!年金受給者が融資を受ける方法

年金受給者の人が融資を受けるにあたって、大事なことは「お金に困っている」ということだけを前面にだすのではなく、「年金受給者だけど計画的に返済できる」ということを、きちんと伝えることが大事ですよ。

年金受給者は、やはり「高齢であること」そして「自力で働いたお金ではない」ということなので、その中からどうやって返済できるのか?というのが、貸す側としていちばんの懸念どころだと思ってください。

「問題なくきちんと返済できる」ということが、プロミスに伝われば、融資は問題なく受けられるはずです。

【参考ページはこちら】
無職でもプロミスで借りられるの?

新着記事
TOPICS