> > 過去に金融事故あり!プロミスで融資出来るか実態調査

過去に金融事故あり!プロミスで融資出来るか実態調査

カードローンキャッシングを利用したことのある皆さんはちゃんと滞ることなく返済をしていますでしょうか?借りた分は返済日までに必ず返金する。

これは常識であり、当たり前のことでもあります。

ですが、一度でも返済が遅れてしまうと「1回くらいいいかな?」なんて考えることが発生し、その後どんどん延滞に繋がるってことが多々あります。

2~3日くらいなら遅れても仕方ないってことは許容範囲でもあります。が、1週間、2週間とずるずるいってしまうと段々返済しずらくなります。

そんな時になった場合、皆さんはどうされてますか?今回は過去に金融事故があってもプロミスで融資出来るかどうかについて探って行きます。

あってはならない金融商品事故!どんな事態に陥るのか

金融商品事故と言うのは以前消費者金融、銀行からの融資を受けたカードローンキャッシング、あるいはクレジットカードキャッシングの返済が遅れた、延滞した事故顧客のことを言います。もっと詳しく言いますと。

  • 3カ月以上の延滞履歴
  • 自己破産
  • 任意整理

などです。余りにも延滞を繰り返したり、自己破産や任意整理になってしまうと大きな事故金融商品顧客となってしまいますね。

本来は延滞とか自己破産はあってならないものなんです。特に自己破産などで「今までの借金を支払わなくて済む」といった言葉をよく聞きますが、これは大変甘いのです。

自己破産は何故甘く見てはいけないのか?

自己破産は専門家を通じて裁判所に「破産申告」を提出することにより、今まで抱えていた借金が全てチャラになると言うことではありますが。

でも自己破産になって楽になった!と思われてる方。それはちょっと待ってください。大変なことなんですよ。
(⇒自己破産後にプロミスで借りる時の注意点

裁判所に自己破産申請をしたからと言って確かに借金は0にはなります。ですが失うものって沢山あるんですよ。それが何かお分かりですか?

  • 自己所有の不動産
  • 金融業界との信頼関係崩壊
  • 家族間との溝

特に自分名義の不動産は失うと後々大変なことになります。だってもし自分が万が一亡くなった時に子供や兄弟に相続する権利が一気に失うことになるからです。

これは大事です。借金からは解放されても財産を失う!これを分かってほしいものです。

それから金融業者との信頼関係崩壊は逃れることは出来ません。自己破産は所謂金融事故扱いになるのです。新たに借り入れやクレジットカードを作ること等一切出来ません。

家族間の溝は深まりますね。あなたが多額の借金を背負い、返済出来なかったことによりこれまた信頼関係を失う。

自己破産は一見楽になったと思えても、実は失うものが意外とこんなにあるものだと認識していただきたいのです。

過去の金融事故が発覚!プロミスで借り入れは可能か

さて肝心の大手消費者金融プロミスで金融事故があっても借り入れ出来るのかどうかについて入って行きましょう。

まずプロミスのサービス内容について簡単に挙げます。

  • プロミスの人気金融商品はフリーキャッシング
  • インターネット(パソコン、スマホ)から24時間いつでも申し込み可能
  • 限度額500万までと幅広い融資額
  • 女性専用のレディースキャッシングあり
  • 即日融資可能
  • 初回のみ30日無利息サービス

こんなにサービス内容満載のプロミスですが、過去に金融事故があっても融資ってOKなんでしょうか?深く掘り下げてみましょう。

  • 1日~2日の払い忘れなら許容範囲なので融資不可になることはない
  • 延滞履歴さえなければOK

やはりほんの2~3日の支払いの遅れならまだ許される範囲。過去の金融事故ってどんな状態のことを言うのでしょうか?

  • クレジットキャッシングの延滞の繰り返し
  • 過去のプロミスでの返済の遅れ
  • 数年前に自己破産申請をしたことがある→ブラック入り

特に「自己破産」などはブラック入りになりますので、一切融資は受けられません。完全に金融事故顧客扱いにされ、信用情報機関局にある一定期間掲載されてしまいます。

ブラック(金融事故顧客)はどの位掲載されるのか

実際にブラックリストは存在しませんが、信用情報機関局に金融事故顧客として5~10年間は掲載されると言われております。

ですからその間はキャッシングなどの申し込みも利用も一切出来ません。

他にブラック情報が流れてしまうのか?

いくらブラックであっても現代は個人情報保護法にてうるさく言われてる時代ですので、他に流れるようなことはありません。管理はあくまで信用情報機関局でしてますから。

プロミスはブラック融資NG!やっぱり諦めるしかないのか

ブラックはもう完全に事故顧客なんです。ですからプロミスはおろか何処の金融に新しくキャッシングを申し込む等絶対に無理です!いえ、100%無理だと思って諦めてください。

プロミスの初回のみの「30日無利息サービス」も不可能です。審査にはブラックは通りません。信用情報機関局に5~10年間は掲載中ですから。その掲載が消えないと申し込みは出来ません。

金融情報は常に厳しく管理されている!

金融事故は本当に皆さんの個人情報に傷を付けるようなものです。その為にデーターが掲載されてその間は何も融資が受けられません。こんな損な状態に陥らないように日後からキャッシング利用の見直しをしてほしいものです。

以前にプロミス利用して金融事故!再度の利用は遠慮すべきか

先ほども述べましたように、ブラックデーターは5年から10年間は信用情報機関局に掲載されます。10年経過したら改めてキャッシングを申し込むことは可能になるかもしれません。

しかし・・・!!以前にプロミスでキャッシング利用して延滞などを繰り返したり、自己破産になってしまった方!少し待ってください。

ここで強く申し上げておきたいのはブラックから解消されたとしても同じプロミスでの利用は極力控えて頂きたいのです。

「それは何故?もうブラックじゃない、真っさらになったはず。どうしてプロミスで借り入れしてはいけないの?」

ではそう意見される方の為にお答えいたします。

  • プロミスでは過去の利用者のデーターを約5年間保管している
  • ブラックが消えてもプロミスに申し込み記録が残ってるので敬遠される

いくら大手消費者金融のプロミスでもさすがに「金融事故」の利用者に対しては再度の融資を行うことに対して敬遠してしまいます。また返済が遅れるのではないか?と懸念を抱きますから。それがブラックから消えたとしてもです。
(⇒ブラックでもプロミスで借りられる?

ブラックから消えた場合、またキャッシングしたいと言うことであれば、比較的審査の甘い消費者金融を選ぶか、他社の金融業者にあたってみましょう。

金融商品を利用する時は常にいい信頼関係を!

やはり過去に1つでも金融事故があれば、キャッシングは利用できないことが分かりました。それほど厳しく管理されているのです。

ですから融資を受けられない間はお金の大切さ、上手に貯めるということを1から学んでほしいものです。

お金は降って湧いて出るものではありません。

どうしても足りない、必要だと感じた時にプロミスをはじめとした金融業界と「信頼のおけるお客様」として申し込んで利用しましょう。

そうすれば何も問題は起こらないし、プロミスもあなたに対して信頼度を深めてくれます。

まずはプロミスと良い信頼関係を結ぶこと!それが上手なキャッシングを利用する第一歩
になります。

【参考ページはこちら】
プロミスで突然借りられなくなった理由とは

新着記事
TOPICS