> > プロミスのお勧めおまとめローン!上手な活用法教えます

プロミスのお勧めおまとめローン!上手な活用法教えます

毎月働いて決まった給料が入ると皆さんはどんなことで一番出費が多いのでしょうか?

既婚者の方々はやはり光熱費、食費、交際費、保険、雑費など生活に関するものばかりの出費が必ずと言っていいほどありますね。

さて一方の独身者の皆さんは如何ですか?既婚者とは違い、生活に縛られる責任がまだありませんからお金の使い道は比較的自由ではないのでしょうか?

しかし、色んな状況に置いて必ずお金は不足がちになります。そんな時にカードローンキャッシングを利用し、返済します。

が、一度に金融で利用しすぎて返済に困ってアタフタ!状態では?

今回はそんな皆さんの為にプロミスのおまとめローンの上手な活用法についてご紹介します。

利用前に知っておきたい!おまとめローンの詳細について

大手消費者金融プロミス推薦のおまとめローンとは一体どんな金融商品何でしょうか?

複数社からのカードローン利用中でそれをプロミスにて一本化にし、返済に充てることを言います。

おまとめローンはどんな人達が対象になるんでしょうか?

  • 他社の複数ローンを借り入れ中の人たち
  • 総量規制以上の借り入れ中の人たち

おまとめローンを利用することによって何かメリットはありますか?

  • 毎月の返済額が減る
  • 毎月の金利負担が減る
  • 返済日は月に1回
  • 徐々に借り入れ残高が減る

おまとめローンの申し込みの流れを簡単に教えてください。

①申し込み:自動契約機もしくは店頭にて直接申し込みます。
②審査:慎重な審査を行います。
③審査結果通知、そのまま契約:その場で出来ます。
④融資開始、借り入れ先へ振込:プロミスが利用者の名前で振り込みます。(手数料不要)

プロミスのおまとめローン商品内容について

おまとめローンの限度額は幾らまでですか?

限度額は300万までです。

おまとめローンの金利の範囲は何パーセントまでですか?

6.3%~17.8%までの範囲となっております。

返済日とかはどうなるんでしょうか?

毎月5日、15日、15日、末日のいずれかで申し込み者の希望日に合わせて出来ます。

申し込み対象年齢の範囲を教えてください。

20歳~65歳以下の安定した収入のある方限定です。正社員だけでなく、非正規の方(パート、バイト、派遣社員)でも申し込みは可能です。
(⇒プロミスはアルバイトでも借入OK?

もし延滞とかした場合の利率って何パーセントですか?

延滞利率は20.0%です。

おまとめローンですから、保証人とか必要ですか?

保証人は一切不要です。

おまとめローン利用希望!その前に注意点教えて

おまとめローンを利用する前の注意点とかあったら教えてください。

  • 低金利
  • 限度額が比較的高い
  • 安心度の置ける金融業者であること

「安心度」につきましては、プロミスは大手消費者金融、三井住友ファイナンスシャルグループの子会社ですから太鼓判を押します。

「低金利」とは一体どんなことでしょうか?

複数社で借り入れ中の金利よりも低いことを言います。つまり借り換え前よりも低い金利でないと返済は楽になることはありません。

おまとめローンを利用するその他の注意点があったら教えてください。

やはりおまとめローンを利用するからには長期戦の支払いになると覚えてください。

まず利用する際に何処の金融業者を選ぶか?それは皆さんの判断に委ねられますが、プロミスは大手金融業者です。やはり選ぶんでしたら大手を探すのがいいかと思います。

どうしてプロミスとかの大手金融業者を選ぶべきなんでしょうか?

やはりおまとめローンの今後の返済を考えていくと大手の金融業者が潰れる心配が無いと言うことに尽きます。

その点大手プロミスは誰もが知ってる知名度高い消費者金融なのでおまとめローンを利用するにはお勧めですね。

プロミスのおまとめローンは何年まで払うの?

やはり複数社からの借り入れを一本化にして処理していくわけですから、最長10年まではかかります。(額にもよりますが。)

プロミスのおまとめローン!上手く活用したい

大手消費者金融プロミスはキャッシングの場合は総量規制がかかると聞きました。ではおまとめローンでは一体どうなりますか?

プロミスはおまとめローン利用の場合は従来のキャッシング利用とは異なり、総量規制の対象ではありません。ですからその辺は安心ですね。

おまとめローンを上手に活用したいと思っています。その前に何をチェックしておけばいいのでしょうか?

  • 何社の金融からいくら借りているのか
  • 各自の金融の金利
  • 合計金額
  • 利息含んで毎月いくら返しているのか
  • 各自金融の返済日

今度は例題にして3社の金融から借りてプロミスのおまとめローンでどの位変わるのか挙げてみます。

例題:おまとめローン利用!借り換え前とこんなに変わる

とあるサラリーマンのAさん(架空人物・30歳・男性)は金融業者から合計100万円のカードローンを利用中で現在返済しております。

A金融業者→40万円(金利18%)、B金融業者→40万円(金利18%)、C金融業者→20万円(金利18%) 合計→100万円 返済期間→5年

毎月の返済額:25,665円→利息金額:8,999円
返済総合計(5年間)→1,539,900円→利息金額:539,900円

これをAさんがプロミスのおまとめローンに切り替えたとします。どうなるのでしょうか?

借り入れ後→プロミスに1社に絞る

総額100万円 金利:15% 返済期間:5年 返済日:毎月15日
毎月の返済額:24,999円→利息金額:8,333円
返済総合計(5年間)→1,499,940円→利息金額:499,940円

どうですか?Aさんがプロミスのおまとめローンに切り替えましたら利息だけで39,960円負担分が軽減されました!何とも凄いではありませんか!

予め申し上げておきますが、この計算法は自分が自己判断で算出したものでありますので、実際のプロミスのおまとめローンの計算法とは異なっているかもしれません。ご了承ください。

やはりプロミスのおまとめローンにしよう!

複数社の借入金でなかなか返済困難な時に借り換え制度はやはりありがたいものです。

一昔は流石の大手消費者金融プロミスでもそういったサービスはありませんでしたね。

おまとめローン=借り換えはやはり大手消費者金融プロミスを利用しましょう!プロミスのおまとめローンは非常に人気を博しています。

ホームページにも例題でおまとめローンの支払い例が掲載されていますので、そちらをご覧ください。(データー的にはホームページの方が正しいです。)

借り換え前は複数社から借りた金利、利息分で高かったのに、プロミスのおまとめローンに切り替えたことによって上手に活用できます。

まだ他社で借り入れ中の皆さんへ!この記事を読んだら是非プロミスのおまとめローン利用をお勧めします。ホームページにも詳細が掲載されています。専用フリーダイヤルも設けてあります。

通常のカードローンキャッシングのように「総量規制」もありませんからもし複数社の金融から返済にお困りを感じてらっしゃる方々には是非プロミスのおまとめローンのご利用を検討するべきと言えます。

【参考ページはこちら】
プロミスでおまとめローン希望!

新着記事
TOPICS