> > 無職でもプロミスで借りれるか?無職のキャッシングを徹底考察!

無職でもプロミスで借りれるか?無職のキャッシングを徹底考察!

プロミスは、たくさんのカードローンの中でも人気が高くて比較的に審査通過率も高いので借り易いカードローンと言って良いでしょうね。

でもプロミスって無職の人でも利用できるのでしょうか?…

そこで今回は「無職でもプロミスでお金を借りられるのか?…」との観点を中心に、“無職のキャッシング”の可能性について徹底的に考えてみたいと思います。

無職でもプロミスでお金が借りられるのか?!”…実に興味深い点だと思います!

“無職の人”は“プロミス利用不可の人”なんです!

一般的に“無職の人”ってどんな人なのでしょうか?…

多くの人は「無職」と言うと“働いていない人”“収入の無い人”を思い浮かべるのではないでしょうか。そして、無職だったり、無職で収入の無い人だとプロミスでお金を借りるのはダメなのでしょうか?…

プロミス審査で“無職扱い”とされる人

実はプロミスの公式HPを見ても、プロミスでは“無職扱い”と見做す明らかな基準は公表していないのです。

また、公式HPの利用条件では

「満20歳以上69歳以下で本人に安定した収入のある方で、主婦や学生の方でも、またパートやアルバイトで安定した収入のある人なら申し込み可能です。」となっています。また「無職」に関する明確な基準については何も触れられていません。

ここで注目したいのが“安定収入さえあれば一般的に無職と見られる学生でも利用可”と謳っている点なんです。

つまりプロミスでは「学生=無職の人」とは見做していません。また、“本人に安定収入ある人”とが利用条件として明記されている点を考慮しても、プロミスでは「無職でも安定収入さえあれば利用可!?…」と考えられるのではないでしょうか?

無職だと本当にプロミス利用できないの?

プロミス審査での“無職扱い”となる基準は、一般社会的な“無職扱い”となる基準とはやや異なる点があるように感じ取れますね。

そして、その“異なる点”において、無職でもプロミスでお金を借りれる可能性や余地が残されているように考えられるのです。が…それはあとの考察として!…まずは“無職扱い”と見做されるとプロミスが利用できない理由に関して考えていきましょうね!

そこでまずはネット情報の中で見つけた興味深い指摘から見てください。

それは失業中、つまり無職の人がプロミス、モビット、アコム、アイフルと言った知名度の高い大手消費者金融に電話でキャッシング可能かどうかを問い合わせた結果なんですね…

質問としては

  • 失業中でも審査パスできるのか?
  • 失業保険あれば審査通る可能性あるのか?
  • 再就職先が内定すれば審査大丈夫か?

です。しかし、4社すべてが上記の質問に対して、すべてNG!との回答になったようなのです…つまり、「失業中の無職だと審査に通る可能性はない!」と言うことだったんですね。

“無職扱い”だとプロミスがダメな理由

そのような結果となった理由は、実はハッキリしているのです。

つまり、プロミス等の大手消費者金融で“無職扱い”となってしまうと「お金を貸しても返済できない人!」と審査で判断されてしまうからなのです。

プロミスでは絶対に返済能力がゼロ!の人には融資を認めません。なぜなら、プロミスはお金を貸して利子を付けて返済してもらうことで成り立つ営利企業だからなのです。

翻って、あなただって返済してくれそうにない友人や知人にお金を貸せますか?…絶対に貸せないと思いますよ!プロミスだってまったく同じなんです!

そして、この場合の“無職扱い”とは、すでに指摘したように、安定収入の無い、あるいは収入の無い無職の人と言うことになるのです。

つまり、プロミスでは「安定収入の無い人=無職」になると考えて良いと思われますね。
(⇒プロミスを利用できる職業とは?

プロミスの利用条件は実は“甘め”なんです!

さて、ここでは上記で指摘した“プロミスの借り易さ”について掘り下げるかたちで“無職のキャッシング”に関する考察を進めていきたいと思います。

さらに、プロミスの利用条件と他の消費者金融の利用条件とを見比べることで具体的にプロミスの“借り易さ”について見ていくつもりです。

そして、プロミスの借り易さにおいて、いかなる条件を満たせば無職でもお金を借りれる可能性があるのかに関して触れてみたいと思います。

プロミス審査は厳しくない!

まずはプロミスの審査と他の大手消費者金融の審査とを比較することから始めてみたいと思います。

消費者金融 利用条件等
プロミス ・満20歳以上69歳以下で本人に安定収入ある事
・安定収入あれば学生、主婦、アルバイト、パートでも申込可
アコム ・20歳以上の安定収入があり、かつ返済能力がある人
アイフル ・満20歳以上で定期収入あり返済能力があると認められた人
レイク ・満20歳以上70歳以下の人
・原則安定収入を確保している方
モビット ・満20歳以上65歳以下で定期収入のある事が条件
・勤続年数1年以上ないと審査厳しい

以上の比較表を見ても分かるように、プロミスを含めたどの消費者金融でも「安定収入がある事」が利用での共通条件になっています。

他方で、各社の利用条件の中で「無職の人は利用できません。」との明記をあえて設けているところはないのです。

そして、そのような事から言えるのは安定収入さえあれば無職かどうかを問われて審査に落とされてしまう可能性は低い!と言ったことではないでしょうか。

さらに言えば“安定収入あればアルバイトやパートでも申込可!”となることで、「定職に就いていない人=無職の人」と言った見方もされないと考えられるのです。

プロミスで融資受けるなら“安定収入”は必須条件!

プロミス審査に通りたいなら「安定収入さえ確保していればプロミス利用は可能になる!」との観点に注目する必要があると思います。

なぜなら「安定収入の確保こそがプロミスの審査に通る為の絶対条件になる!」と言うことであり、定職に就いていてもいなくても差し当たってアルバイトやパートで働いて定期収入を得ていれば審査はどうにかなると考えて良いと思われます。

さらに言えば、無職でも収入が安定している場合にはプロミスの審査に通るのも可能なのです。

他方で、もちろん無職でない方がプロミスの審査に通り易い事は確かですよ。それゆえ、きちんと定職に就いて安定収入を得てからプロミスに申し込むことが王道となります。

しかし、仮に無職であっても何かしらの手段で安定収入を確保しており、その上での条件次第ではプロミス審査に通る可能性は残されていると考えられます。次章ではこの観点についてさらに具体的に掘り下げてみます。

無職でもプロミスで借りる方法ある!?

さて、ここではこれまでの考察を踏まえた上で、読者の皆様が知りたい、興味津々な「無職でもプロミスで借りる方法はあるのか?…」に関して見ていきましょうね!

しかし、解説を進める前にひとつ述べておきたいのは、以下で触れる方法論なら必ずプロミスの審査に通るのは可能である!…とは断言できないと言うことなのです。

この点だけはしっかり憶えておいてください。

“完全無職”だとプロミス諦めよう!

定職にも就いてなく、アルバイトもパートもしていないようなまったくの収入ゼロ!と言った「無職=無収入」の“完全無職”の人はプロミスの審査には絶対に通りません。

なぜなら、“完全無職”の人は「返済能力ゼロ!」と判断されるのでプロミスの審査に通るのは無理だからです。1円も収入の無いような人はいくら手を尽くそうともプロミスは利用できないと憶えておいてください。

さらに言えば、

プロミスは年収の3分の1までしか融資できない総量規制の対象となるので、収入ゼロの完全無職の人だと年収ゼロとなるので総量規制に照らし合わせると“融資可能枠がゼロ!”となります。そして、その点から言ってもプロミスではお金を借りれないのです。

以上の事から、無職無収入の“完全無職”の人はプロミスの利用は諦めてください。

無職無収入の「専業主婦」は例外となります!

総量規制の観点から言えば、無職無収入の「専業主婦」も“融資枠ゼロ!”となることからプロミスの利用はできないことになります。

しかし、無職無収入の「専業主婦」は例外となるのです。なぜなら専業主婦の場合は夫の年収を担保にして「配偶者貸付制度」を利用すれば制度上ではプロミスでの借り入れは可能になるからです。

専業主婦が「配偶者貸付制度」を利用する為の条件は以下の通りです。

  • 配偶者の同意書
  • 結婚している事実を証明できる住民票あるいは戸籍抄本
  • 配偶者の収入証明書

以上の3つの書類をすべてそろえて提出しないと配偶者貸付制度は利用できません。また、配偶者に安定収入が無い場合には専業主婦はプロミス審査に通りません。

さらに言うと、大手消費者金融では事務処理手続き等の煩雑さを理由に専業主婦の配偶者貸付を断っているのが実情と言えるのです。

ただし、中小消費者金融なら配偶者貸付制度を認めてくれるところはあります。

無職でも“定期収入”あれば借りれるチャンスあり!

ここで取り上げたい「無職」とは、「無職≠無収入」の人なのです。社会的には会社に勤務せず定職に就いていないような無職と見做される人の中には、きちんと定収入を確保している方はいるのです。

たとえば、以下のような人たちが該当すると考えられます。

  • 株売買で定期収入ある人
  • アパートやマンションの不動産収入ある人
  • ネットショップ運営で安定収入ある人
  • 派遣業登録している人

株のデイトレーダーで株式売買で安定収入を確保していればプロミスで「無職=無収入」と見做されずに審査に通る可能性はあります。

また、アパート経営などで安定した不動産収入がある人は働いて収入を得ている訳ではありませんが、定期収入はありますよね!?

さらに言えば、派遣社員の場合には「たまたま現在仕事が無い…」と言った状況では無職となるものの、派遣会社に登録して過去に勤務実績を積んでおり、「再び収入を見込める…」と判断されればプロミス審査に通る可能性はありますよ。

「転職先内定」では“返済見込みあり”とは見做されない!

一方で、現在は失業保険で暮らしているものの、転職先がすでに決まっており2~3か月後くらいにはその会社に勤める予定と言った場合はどうなるのでしょうか?…

この場合ではプロミスの審査には通らないと思われます。なぜなら、プロミスに申し込みをした時点では失業保険の給付以外には“収入ゼロ!”となることで「返済の見込みが立たない人…」と見做されてしまうからなのです。

ただし、プロミス等の大手以外の中小消費者金融なら、先に就職先が決まっていれば「見込み収入あり!…」とされて融資してくれるところはあると思いますよ。
(⇒プロミスと他社カードローンの比較

とにかく、2~3か月後に会社に勤めるとしても、現在は“無職無収入”の完全無職となるので、「返済の見込み無し!…」と見做されてしまうのは当然の事と言えるのではないでしょうか?

そして、なによりも返済能力の無い無職無収入の人は絶対にプロミスでお金を借りる事は無理なのです。

【参考ページはこちら】
学生でプロミスを利用したことがある人の満足度とは

新着記事
TOPICS