> > プロミスの在籍確認を徹底解剖!任意のタイミングで対応可?

プロミスの在籍確認を徹底解剖!任意のタイミングで対応可?

カードローンを利用する場合には必ず審査を受けなければなりません。

また、自宅や勤務先にカードローン会社から電話連絡が来る「在籍確認」の審査は必ずあります。

そして、カードローン利用を考慮中の多くの人が、この「在籍確認」を心配したり不安に感じていると言って良いのです。

でも…在籍確認ってそんなに心配する必要はないのです!

そこで今回は、プロミスの在籍確認を取り上げるかたちで、在籍確認について徹底解剖してみます。

また、“在籍確認が自宅や勤務先に来るタイミング”といった、これからプロミスの利用を考えている人が特に知りたいと思われる点にも触れてみます。

プロミス審査で“在籍確認”欠かせない!

プロミスではカードローン審査の過程で必ず自宅や勤務先に電話連絡を入れる「在籍確認」があると考えておいてください。

また、プロミスだけでなく他の消費者金融の審査でも原則として在籍確認はあるのです。

でも、初めてプロミスを利用する方には「在籍確認ってなに?…」「在籍確認ってどんな事されるの?…」といった不安や心配もあるでしょうから、まずはプロミスの在籍確認について話してみましょうね。

在籍確認は原則避けられません!

まずはカードローン審査において“在籍確認の審査”を設けている消費者金融を見てみましょう。

消費者金融 在籍確認の有無 在籍確認免除の可能性
プロミス 原則在籍確認あり 条件次第で在籍確認免除ある
アコム 原則在籍確認ある 利用者の事情によって免除される場合あり
レイク 原則在籍確認あり 書類提出で在籍確認免除あり
アイフル 原則在籍確認ある 在籍証明書等の提出で免除可能
モビット 原則在籍確認あり 「Web完結申込」の利用で在籍確認無しでOK

プロミスを含めた知名度の高い大手消費者金融ではどこも原則として自宅や勤務先への在籍確認はある!となります。

その一方で、プロミス等の消費者金融では、利用者の事情や条件等によっては在籍確認を免除してくれる場合もあるのです。

つまり、在籍確認は重要かつ必須の審査項目とはなるものの、「どうしても在籍確認は難しい!…」とのケースでは柔軟に対応してくれると言うことなんですね!

プロミスではあくまでも在籍確認を受ける申込者の立場に寄り添った配慮をしてくれます。だから在籍確認で少しでも不安を感じたら、事前にプロミスにどんどん相談してみてくださいね!!
(⇒プロミスの評判ってどんな感じ?

在籍確認を不安視する必要なし!

在籍確認を甘く見てはいけませんが、他方で必要以上に不安がる必要もありません。

在籍確認での不安としては、「自宅や勤務先への在籍確認で会社の他の人や家族にプロミス利用がバレてしまうのではないか?!…」との点ではないでしょうか?

でも在籍確認でプロミスの利用が他の人に知られてしまうことはありませんよ!

なぜなら、プロミスの在籍確認の電話連絡では個人名で自宅や勤務先に電話をかけ、本人が直接電話口に出るまで絶対に「プロミスの○○です。」とは言わないからなのです。

また、プロミスからの電話連絡に応じた人が「△△は只今席を外しています。…」や「主人は今会社に行っています。…」との返答だった場合には、そこで「在籍確認が取れた!」と認めてくれるのです。

つまり、プロミスの在籍確認では必ずしも申込者自身が応対しなくても良い!と言うことなんです。

在籍確認は審査の“締めのタイミング”で行う!

プロミスが自宅や勤務先に在籍確認の電話連絡を入れるタイミングは審査の大詰め、審査の総仕上げの段階であると言えます。具体的なタイミングとしては、プロミスへの申し込みが午前中だと申込当日の12時以降の午後中に、また申し込みが夕方以降の場合は翌日に在籍確認があるようです。

それゆえ、在籍確認の審査さえ無事に切り抜けられれば、それ以上の審査はありません。

他方で、在籍確認が取れなくて審査に落ちてしまうと、それまでの審査段階をクリアしていても「融資不可!」とされてプロミスの利用はできなくなると憶えておいてください。

だからこそすべての審査の締めとなるタイミングで行われる“在籍確認”は絶対に落としたくないのです!

そして、在籍確認は自宅や勤務先での“本人確認”が審査の目的なので、電話口で行われる審査は年令や住所確認と言った極めて簡単な質問で1~2分くらいで終了します。

本章で触れた在籍確認に関する留意点は以下の通りです。

  • 在籍確認のタイミングは審査の締め括り!
  • 在籍確認不可だと融資不可!
  • 在籍確認審査は1~2分程度

プロミス在籍確認でNG!避ける方法

プロミスの在籍確認は審査全体の最終段階のタイミングで行われるので絶対に落としたくない審査となります。一方、プロミスの在籍確認でNG!となってしまう場合は次の通りと思われます。(こちらもご参考に→プロミスからの在籍確認電話が怖い!

在籍確認NGとなるケース 在籍確認NGとされる理由
確認先に本人いない 申込書の「勤務先」で虚偽記載
勤務先に「該当する人物ナシ!」との返答 ・申込書の「勤務先」での虚偽報告
・他の社員の勘違い
(※ このケースでは違うタイミングで再度在籍確認ある)
在籍確認に応対した者が不明瞭な返答 ・応対した者の勘違い
・名前の聞き誤り
(※ この場合には後日に再度在籍確認行う)

最初のケースでは、在籍確認がNGとなる確率が高いと言えます。なぜなら、申込書の「勤務先」の記載項目での虚偽申告と判断されてしまうからです。

そして、申込書の記載事項でのいかなる虚偽申告も重大なペナルティーと見做されて審査に通してくれません。

一方、他の2つのケースでは“在籍確認の行き違い”や“在籍確認の連絡のすれ違い”との場合もあることから、後日に別のタイミングでプロミスから在籍確認が来ると考えておけば良いと思います。

しかし、後日のタイミングでの在籍確認でも同じような状況だと在籍確認がNGとなる公算が大きいと言えますね。

つまり、プロミスの在籍確認で失敗しない方法は以下の事になるでしょうね。

  • 嘘の勤務先を書かない
  • 職場の責任者に在籍確認ある旨伝える
  • できれば自分で応対する

プロミスは在籍確認で柔軟対応してくれます!

プロミスは決して「在籍確認に関する利用者の事情や要望には一切応じない!…」と言ったような高圧的な態度ではありませんよ。

もし、利用者にどうしても避けられない事情や、「どうしても在籍確認は勘弁してもらいたい…」との要望にきちんとした理由があれば在籍確認のスケジュールや方法等に関して柔軟に対応してくれるのです。だからもし利用者に特別な事情や困った事があるなら、事前にプロミスと相談して在籍確認に対する様々な便宜を図ってもらうことをお勧めしますよ!

プロミスは“利用者の立場”を尊重します!

プロミスに申し込む人たちは各々に立場や事情があり、あるいは会社の様々な規則に縛られて働いていると言えます。

そのことから申込者の中には「どうしても在籍確認が難しい…」や「できるならば在籍確認は勘弁して欲しい…」と言った特殊な事情のある人も少なくないと思われます。

そして、そのような避けられない事情がある申込者に対してプロミスでは利用者の立場を尊重した配慮をしてくれるんですよ!

申込者の立場・事情 プロミスの対応例
個人名での在籍確認は避けたい… ・保険勧誘や不動産契約の確認等の連絡にしてくれる
・可能ならば取引先企業の社員を装って電話する
個人宛ての電話では利用がバレる可能性高い… ・利用者本人が電話応対可能なタイミングで在籍確認入れる
・勤務先への在籍確認の免除
プライバイシーを侵害される恐れあり… ・在籍確認の日時指定に応じてくれる
・在籍確認の電話連絡を免除する

個人情報保護法の観点から在籍確認の連絡が難しい会社で働いている人の場合には、在籍確認が無理なので在籍確認を免除してくれることがあります。

また、在籍確認の電話が職場に来るとプロミス利用が他の人に知られてしまう公算が大きい場合も在籍確認が免除されるケースがありますね。

つまり、

プロミスはできるだけ在籍確認で申込者に迷惑がかからないような工夫や配慮をしてくれる!と言うことなんですね。

任意タイミングでの在籍確認の日時を指定!

プロミスの在籍確認で一番やっかいなのは、「いつプロミスから勤務先に在籍確認の電話連絡が来るのか?…」と言った“在籍確認の連絡のタイミング”ではないでしょうか?

プロミスでは原則として「○日の□時頃に在籍確認の電話をします…」と言った事前のお知らせはありません。しかし、社内での立場やプライバシーに関わるような場合や、また「どうしても在籍確認には自分が応対する以外に良い方法が無い…」と言った事情のある人がいるでしょう。

そのような止むを得ない事情の場合には、勤務先への在籍確認を任意のタイミングでしてもらうようにお願いしてみるのです!

必ずしも在籍確認の日時指定の要求に応じてくれるとは限りませんが、事情を理解してもらえれば可能になることもありますよ!

また、「この日のこの時間帯なら在籍確認に応じられます!…」となればプロミスでも要望に応じてくれる可能性は高いと思われます。

プロミスなら在籍確認免除だって可能!

プロミスでは会社の事情や利用者個人の都合等をきちんと事前に相談すれば、条件次第によっては自宅や勤務先への在籍確認の電話連絡を免除してくれることもあるのです。

だから「どうしても在籍確認の電話連絡を避けたい!…」と言った人の場合には、まず申し込み後にプロミスから届くメールの返信で「在籍確認は電話連絡以外の方法でお願いします…」とひと言付け加えることを憶えておいてくださいね!

必ず在籍確認の免除が適うとは約束できませんが、在籍確認の審査に落ちてしまう方がもっともったいない!と思いますよ。

“ネットキャッシング”なら在籍確認免除あるぞ!

プロミスの“ネットキャッシング”は、インターネットを使ってパソコンやスマートフォンでプロミスHPから申し込むWeb完結のキャッシング方法なんです。

そして、“Web申込&ネットキャッシング”なら自宅や勤務先への在籍確認を免除してもらうのも可能なんです。プロミスのネットキャッシングの申込手順での流れをまず見てみましょう。

Web申込&ネットキャッシングの手順 手順の方法
ステップ1:プロミスHPからネット申込 パソコンかスマフォでプロミスHPで申込む
ステップ2:申込完了メール届く パソコンのメアドかスマフォのメアドのどちらでもOK
ステップ3:書類提出の依頼メール&書類提出メール送信 ・本人確認は運転免許証、保険証、パスポートでOK
・収入証明書は源泉徴収票、確定申告書、給与明細書等でOK
・どれか1点をスマフォのカメラで撮ってメール添付やスマフォ専用アプリで送信
ステップ4:ネット上で契約内容を確認 プロミスHPで契約内容を確認する
ステップ5:最終的契約の確認メール プロミスからのメールに従って最後の契約内容を確認
ステップ6:指定URLでの契約承諾 プロミスが指定するURLにて契約の承諾行う
ステップ7:指定口座に振込 振込完了するとプロミスから完了メール届くので確認

そして、Web申込では勤務先を証明できる在籍証明書の送付で在籍確認の代替ともしてくれるので在籍確認が免除されます。

が、ネットキャッシングの場合も申込時に“在籍確認ができない事情”を必ず伝えておくことが必要なので憶えておいてください。

そして、“Web申込&ネットキャッシング”なら在籍確認が免除される可能性が高いと言って良いと思いますよ!

在籍確認免除では「在籍証明書」が必要!

会社の都合や個人の事情、あるいはネットキャッシングを利用してプロミスの在籍確認が免除されたとしても、勤務先を証明できるような書類の提出が必ず必要になります。

在籍確認の代替として認めてくれる書類としては、社員証や在籍証明書、社会保険証や直近2-3か月分の給与明細書+1年分の賞与明細書等の提出でOKとなりますよ。

ネットキャッシングなら、それら書類をスマホで撮影してメール添付かスマホ専用アプリを使って送信すれば良いのです。また、郵送やFAXでの送付ももちろん受け付けてくれます。

【参考ページはこちら】
プロミスの在籍確認を通過するコツ

新着記事
TOPICS