> > プロミス自社ブラックでもモビット審査なら通過できるの?!

プロミス自社ブラックでもモビット審査なら通過できるの?!

カードローンはとても便利ですが、使い方を誤ってしまうと利用に厳しい制約をかけられたり、場合によっては半永久的にカードローンの利用ができなくなることもあります。

そして、カードローン利用で大きな問題となるのが“ブラック”なんです!

そこで今回は、カードローンの“ブラック”について徹底的に考えてみます。具体的にプロミスを取り上げて、あまり良く知られていないと思われる「プロミス自社ブラック」にスポットライトを当てて見ていきますよ!

「自社ブラックってなんなの?…」との疑問に対してしっかり理解できる内容になっていると思うので是非とも目を通してみてください。

また、「プロミス自社ブラックでもモビット審査なら通るのか?…」についても考えてみます。

自社ブラックと信用情報機関ブラックとは“似て非なるもの!”

カードローンを利用していても絶対に“ブラック”だけにはなりたくないものですよね!

だってブラックになってしまうとカードローン利用に厳しい制限を課されたり、カードローンそのものの利用ができなくなってしまうからです。

でも…「ブラックには実は2通りある!…」って事実を知っていましたか?…

「一方のブラックではないけど、もう一つのブラックになっていた!?…」なんてことも十分にあるんですよ。だからカードローンを安心して利用し続ける為にも“ブラック”についてしっかり理解しておく必要があると思うのです!

信用情報機関のブラックは“期間限定ブラック”です!

カードローン初心者の方は良くご存知ないと思うのですが、ある程度カードローン利用歴のある人なら、一般的に“ブラック”と言うとプロミス等の消費者金融が利用している『CIC』や『JICC(日本信用情報機関)』と言った信用情報機関で金融事故扱いとなった場合に登録されてしまう“ブラック”を思い浮かべることでしょうね。

『CIC』と『JICC』では、カードローンやクレジットカード利用者の様々な個人情報が記録されています。

『JICC(日本信用情報機関)』の登録内容

情報名 個人情報の内容
ファイルD ・借入情報を中心とした信用情報
・利用した消費者金融
・契約日付
・ブラックリスト情報
・借入残高
照会記録情報 ・新規申込での与信診断の為の契約紹介の情報
・借入前の返済能力の審査を目的とした途上管理の照会情報
・借入後の返済能力の調査を目的とした債権管理の照会情報
ファイルM ・クレジット情報を主とした信用情報関係
・新規利用の登録等の情報

『JICC』では、以上のような情報が主に登録されており、各々の情報ファイルの中には、カードローン利用者の氏名・生年月日・住所・勤務先と勤務先の電話番号・運転免許証等の記載内容等の具体的な様々な個人情報が網羅されているのです。

『CIC』の登録内容

情報名 個人情報の内容
申告情報 ・氏名・生年月日・勤務先と勤務先電話番号・運転免許証等の記載内容情報といった個人情報
クレジット情報 ・返済の過去の履歴等
・残高情報
利用記録情報 ・原則として申込記録の情報
・氏名等の個人属性情報

『CIC』で記録されるカードローン利用者の個人情報も先の『JICC』と基本的に同じと言って良いでしょう。

ブラック登録期間は事由によって1~10年くらいになる

返済の遅延を繰り返したり長く滞納してそれが事故扱いになった場合にはこれら信用情報機関にブラックとして登録されるのです。また、自己破産や任意整理等の債務整理だと“完全事故扱い”となってブラック登録されます。

一度事故扱いとなって信用情報機関にブラック登録されると、一定期間に亘って記録が残ります。

一般的には返済の延滞でブラックだと1年~3年くらい、任意整理等の債務整理の場合は5年~7年くらい、そして自己破産の場合は10年ほどブラックとして名前が残ります。

そして、ブラック登録されている期間は、プロミスを含めたほとんどの消費者金融でカードローンの利用ができなくなります。

しかし、信用情報機関から登録が抹消されれば、またプロミスでお金を借りられるようになるとの点が信用情報機関ブラックの特徴と言って良いのです。

自社ブラックになると“半永久的ブラック”になってしまう!?

自社ブラック(または社内ブラック)とはプロミス等の各消費者金融で独自にもっている「顧客情報」あるいは「企業情報」なんです。

そして、先の信用情報機関ブラックと同じ「ブラック」ではあるものの些か異なる点もあるのです。

そのような観点を列挙してみると…

  • 自社顧客情報には登録期間の制限ない
  • 半永久的ブラックとなる可能性あり
  • 各社によって“自社ブラック”の基準異なる
  • 通常ブラックにならない事も自社ブラックになる場合あり

以上の指摘の中で、一番異なる点は自社ブラックは半永久的ブラックとなる可能性ある!なのです。

つまり、プロミス自社ブラックになってしまうと半永久的にプロミスでは利用不可となる可能性があると言うことなんですね。

また、

プロミス自社ブラックとなった問題が信用情報機関にも提供されて、双方でブラック扱いとなるケースも少なくありません。が、その場合でも信用情報機関で一定期間経てばブラック登録は抹消されるものの、依然としてプロミスでは自社ブラック情報が残るのでプロミス審査には通らないのです。

もしブラックなら“通常ブラック”の方がまし!?…

まずはプロミス自社ブラックと通常の信用情報機関ブラックとを比較した内容を見てください。

ブラックの種類 規制事項等について
プロミス自社ブラック ・半永久的にブラック扱いとなる可能性あり
・自社ブラックな限りプロミス利用は無理
・原則自社ブラック情報は別会社の審査に影響しない
・自社ブラックとなる基準は各社まちまち
信用情報機関ブラック ・ブラック登録には一定期間あり期限過ぎれば登録抹消
・ブラック登録の期間中はほぼ全ての消費者金融で利用不可
・ブラックとなる基準は返済延滞や債務整理と理由は明確

さて…あなたならどちらのブラックを選びますか?…

選択のポイントは、「プロミスのみで半永久的に借りられない…」か「一定期間に亘ってすべての消費者金融で借りれない…」との点になると思います。

ハッキリ言えば、どちらのブラックも最悪の状態だと言えますね!だって便利なカードローンがとても使い難くなってしまうからなんです。

だからどちらのブラックにもならないように注意しながら丁寧にカードローンと付き合っていくことがとても大切になると思うのです!

でも、もしブラックになってしまったらひとつ留意して欲しいのは、先にも指摘したように、プロミス自社ブラックの人が信用情報機関でもブラックになっているとのケースなのです。

プロミス自社ブラックを徹底解剖する!

さて、ここでは“半永久ブラックになってプロミスでずっとお金を借りれなくなる!?…なんて言う、ちょっと怖い感じがしてしまうプロミス自社ブラックについて徹底的に掘り下げてみましょう。

さらにはプロミス自社ブラックにならないようにする為の方策に関しても考えますのでしっかり目を通してくださいね。言ってみれば、ここでの内容は“転ばぬ先の杖”なんですね!

プロミス自社ブラックになってしまうような人…

まずは気になるプロミス自社ブラックになってしまうと考えられるケースについて考えます。

  • 返済の延滞を繰り返す
  • 債務整理をする
  • カードローン契約を強制解約される
  • 申込書での虚偽記載
  • カードローン利用での違法行為
  • プロミスへ過払い請求した場合(?)

以上の6つの条件のどれかに該当してしまうとプロミス自社ブラックになってしまう可能性があると言って良いでしょう。

特に通常ブラックと同様に、返済の延滞や債務整理に加えて、プロミスでカードローン契約を強制解約された場合と申込書での虚偽申告ではほぼ100%の確率でプロミス自社ブラックになると考えておいて良いと思われます。

さらに言えば、“クレーマー”と見做されてしまうような顧客も場合によっては「要注意人物!」として自社ブラック扱いとなるようですね。

つまり、利用においてなにかしらの問題を起こしてしまうと自社ブラックになる可能性は否めないと言うことなのです。

“過払い請求”してもプロミス自社ブラックになるケースある?!

さて、この中で気になるのは「プロミスへ過払い請求した場合の自社ブラック」ですよね?…

実はこの点についてはあくまでもウワサの範疇を出ておらず、過払い請求をしてしまうと自社ブラックとして登録されてしまう可能性はあるかもしれない…と言った程度の話なのです。

それゆえ、プロミスでも過払い請求をしたせいでその後にカードローン利用ができなくなったり、利用限度額を減額されてしまうと言ったブラック扱いのような利用制限をかけられてしまうかどうかは実は分からないのです。

つまりはプロミスを含めた消費者金融での自社ブラックの基準は各社によってややまちまちな面がある!と言ったことになるのではないでしょうか。

プロミス自社ブラックがモビット審査に与える影響

まずは一般的な審査の基準について、プロミスとモビットを比較してみます。

消費者金融 審査基準
プロミス ・20歳以上69歳以下で本人に安定収入ある事
・安定収入あれば主婦や学生、アルバイトやパートでも申込可
・直近3か月以内に返済の延滞ない事
・申込書に虚偽記載しない事
モビット ・満20歳以上69歳以下で安定収入ある人
・安定収入あり同社基準満たせばアルバイトやパート、派遣社員や自営業者でも申込可
・過去直近3か月以内で返済滞納が無い事
・申込書の内容に嘘を書かない事
・勤続年数1年以上ないと審査厳しい場合あり

さて、プロミスとモビットの審査基準を比較してみてどのような感想を持たれたでしょうか?…実際のところはどちらの審査基準も同じようなものであり、「甘さ厳しさは同じ…」と言って良いのではないでしょうか?

また、申込者がブラックである場合は、プロミスでもモビットでもまず審査には通りません!

そのことから「もしプロミス自社ブラックである事実がモビット審査で分かってしまうとモビット審査には通らない!…」ことになると思いますよ。

そして、その点を鑑みると、問題なのは、果たしてモビット審査においてプロミス自社プラックが知られてしまうのかどうか?…となりますよね。

以下の考察では、プロミスとモビットの関係性からモビット審査でのプロミス自社ブラックが与える影響について触れてみたいと思います。

要注意!!プロミスとモビットが情報共有する可能性あるぞ!

私達プロミスやモビットを利用する第三者としての立場からはプロミスとモビットの間でどのような情報のやり取りや流れとなっているのかを把握するのは不可能なのです。

それゆえ、もう一つの見方としては、

「同じグループ会社に属するプロミスとモビットの間では情報が共有されている可能性ある!」との観点も否定できないと言って良いのです。そして、その場合にはプロミス自社ブラック情報がモビット審査になにかしらの影響を与えることを否めないのです。

加えて、プロミス自社ブラック情報によってモビット審査でも“ブラック扱い”とされて審査に落とされてしまう可能性も十分にあると考えておいてください。

【参考ページはこちら】
バンクイックとプロミス、お得に借りられるのはどっち?

新着記事
TOPICS