> > 就業年数が関係する?プロミスの審査基準を大解剖!

就業年数が関係する?プロミスの審査基準を大解剖!

プロミスと言えば誰もが知っている消費者金融、有名な業者だと思います。消費者金融やカードローンの会社はたくさんありますが、プロミスを使っている人は昔から多いでしょう。ただし、審査に通るか落ちるか不安に思う人もいると思います。

今まで審査に落ちたことがないという人もいれば、逆に審査にとおらないという人もいると思います。プロミスでは就業年数や年収、働いている仕事や結婚など、どういった部分が審査で関係しているのでしょうか。関係している点を調査して公開します。

プロミスの審査内容の中で実な審査項目とは

まず原則として考えておきたいのがプロミスの審査というのはどういったものが見られているのか、どこがポイントとなるのでその対策をした方がいいといったことが書かれてはいません。公開されていない非公開状態なのです。

プロミスはといいますが、実際にはプロミスがというよりも他の消費者金融も同じように非公開の状態になっています。審査で重要な点やどの項目が重視されていて、どのくらいの点数配分になっているかというのもわからないのです。
(⇒他社審査に落ちた派遣社員もプロミス使える?

ただし、一般的に「これは重要である」とされている部分はいくつかありますし、すでにわかっています。プロミスでも確実です。それは気の3点が大きく影響すると言われています。

  • 職業と収入
  • 他社借入があるかないか
  • 返済実績や金融事故があるかないか

収入と職業は高くて安定しているほどプロミスは評価する

まず一つ目である収入と職業についてですが、これは収入は高いほうがいいでしょう。200万円よりも400万円、更に高くて800万円もらっている人のほうが圧倒的にプロミスでは評価されます。もう一つ安定しているということも重要です。

特に不安定なのは自営業の人たちです。自営業、フリーランスと言われている人たちは毎月の収入というのも安定していませんし、毎年の年収も変わります。景気に大きく影響されますし、全く収入が無くなる可能性もあり不安定です。

それよりも収入は多少低かったとしても、クビになる可能性の少ない大企業の正社員であるとか、公務員で働いているという人のほうが評価が高くなり、審査に通りやすくなるということがあるのです。収入が高いだけではダメなのです。

この項目はプロミスでもよく見られているし、他の業者でも同じように重視されている確実な項目です。

他社借入があることでプロミスの審査に落ちることも…

次が他社借入です。他社借入金額がどのくらいあるのか?によってプロミスの審査は変わっていきます。プロミスの審査でも他の審査でも方向性は同じで、出来る限り他社借入というのは少ないほうが審査には通りやすくなります。

例えば年収300万円の人の総量規制は100万円になりますが、100万円ギリギリまで借入をしていた人はプロミスに申込みをしても追加融資出来る枠はありません。80万円の人は20万円、50万円の人だと50万円の追加融資が可能になります。

つまり借入をしている金額が少ないほうがプロミスとしてたくさん貸せるし、他への返済も少ないので安心できるということです。プロミスの審査にとおらないのであれば、他社借入の可能性もありますので、まずは一本化も考えるべきでしょう。

返済をしっかりしていることはプロミスは高く評価する

最後が返済実績と金融事故についてですが、プロミスはたくさん借入をしてたくさん返済をしているという人を高く評価します。返済をしっかりと遅れずに行ってきたという過去を持っている人は審査に通りやすいという事例があります。(こちらもご参考に→プロミスのキャッシング審査はどうなの?

逆に返済を遅れてしまったり、元金の返済を待ってもらったり、遅延や延滞をしてしまったという場合にはプロミスの審査に通りにくくなります。金融事故はブラックになるものですが、この場合はまず審査にとおらないと思っていいでしょう。

つまり今までどれだけのお金を借りて返済してきたか、クレジットカードの利用で返済不能になっていないか、自動車ローンは払ってこれているかなどが見られるのです。この返済がしっかりしている人ほど、審査に通るというわけです。

就業年数は長ければ長い方が審査に通りやすい!

以上の3点が基本の審査で見られる項目ということです。では表題にもあるように就業年数っていうのは関係ないの?と思ってしまうかもしれません。確かにこの3点に比べると、就業年数が長いとか短いとかというのはあまり影響は大きくないでしょう。

しかし全く影響がないわけではなく、ちゃんと影響はあります。そして就業年数はやはり長ければ長いほうがいいといえるのです。長ければ長いほうがそれだけ審査で高評価になります。逆に言えば短い人は非常に厳しくなるでしょう。

例えば一番良く言われているのはアルバイトの人がコロコロと職業を変える時です。アルバイトやパートは職を転々と出来る、転職をしやすいというのはメリットではありますが、半年も続けないでどんどん職を変える人もいます。

こういった人は就業年数が短いということで、マイナスに働くことがあります。就業年数が短すぎると、それだけ安定した収入がないということになります。返済出来るだけのお金を稼げるかわからないということで審査は厳しくなるのです。

何年くらい働いていればプロミスは評価してくれる?

ではどのくらい続けて働いている必要があるのか?ですが、プロミスも他の消費者金融も基本的には1年くらいは働き続けておきたいものです。ただ、非正規社員の場合は1年だと少し長いので、半年くらいからOKとも言われています。

つまりプロミスが「この人はちゃんと働いている」と判断するのは半年から、と思っていいでしょう。他の消費者金融や銀行系カードローンでもおおよそ半年と思っていいと思います。だいたい半年働いてから申込みをする方がいいと思います。

半年働いてから申込みをすることで、借金の審査に通りやすくなります。それが更に長くなって、1年とか2年と続けて仕事をしていれば「この人は長く仕事をしているから大丈夫だろう」と思われます。借入審査はだいぶ楽になるでしょう。

就業年数が短いと限度額や金利にも影響がある?

審査そのものに対しての影響は就業年数もある程度あるので、半年以上は働いてから申込みをした方がいいということです。であれば、就業年数は審査に落ちるかどうかだけに影響するの?というとそうではありません。限度額や金利にも影響すると言われています。

限度額や金利にも影響するというのは簡単にいえば長く働いていればいるほど、金利も限度額も良い条件で借り入れが可能になるというわけです。もし短い就業年数で申し込みをすれば、条件は厳しい物にる可能性が高いでしょう。

プロミスの場合はどのような限度額・金利になるか

ではプロミスの場合をシミュレーションしてみましょう。正確な数字ではありませんが、近い数字になると思ってください。なのでできるだけ就業年数は長くしてから申し込みをするようにすれば、良い条件で借りられるでしょう。

同じような時給で働いていて、年収200万円の人を例に考えてみます。パート・アルバイトで年収200万円の人で、1人は入ったばかり、もう一人は半年ほど働いている人、もう一人が2年ほど働いているベテランという3人を例に取ります。

まず年収200万円で働いていて新しく働き始めた人ですが、この人は借入自体がプロミスで断られる可能性があります。働き始めて給料ももらっていないとなると、年収200万円の可能性があったとしても、貸出しづらいと判断されます。

もし審査に通ったとしても限度額も金利もかなり厳しい物になるでしょう。金利はプロミスで最も高い17.8%になるでしょうし、限度額はおそらく10万円か20万円といった少ない金額になることが予想されます。最低でも1回は給料をもらってからにしたいものです。

審査に通ってもプロミスの金利や限度額が変わる事例

次に半年ほど働いている人、そして2年働いている人ですが、まず借入は出来るでしょう。プロミスに申込みをして、審査で落ちるということはまず無いと思います。他社借入が多いとかブラックであるとかそういうことがない限りは大丈夫です。

ただし、2年間働き続けている人と比べれば半年しか働いていないという人は条件面で悪い評価を受けることになるでしょう。金利というよりも限度額については少なめになるかと思います。2年働いている人よりも数十万円減らされるでしょう。

それでも借入自体はできるので、プロミスを使って損をするということはありません。もっと借入をしたい、限度額を挙げたいというのであれば、半年働いてすぐに借入をしても、返済を続けて仕事も続けていくのがいいと思います。

就業年数が長くても借りられない場合はあるの?

さて、半年以上は借入をする前に働いておいたほうがいいというアドバイスはここで話しているとおりですが、就業年数が長くても借りられないという場合があるのか?という疑問もあるでしょう。これは就業年数が長くてもダメな時もあります。

  • 自営業者
  • ブラック

この二つのパターンは借り入れが難しいといえるでしょう。

自営業は注意して申込みを、ブラックは待つしか無い

まず自営業者ですが、自営業であると長く働いていたとしてもその働いていある間にどのくらいの稼ぎがあったのか、そしてその稼ぎがどのくらい安定しているのかというのを見られるでしょう。プロミスはさほど厳しくはないと思いますが。

自営業の場合はそれこそ毎年100万円も年収がないのに、自営業主という人もいたりします。そういう人はいくら長く働いていたとしても、評価されません。また不安定でマイナスになってしまうようなことがあるときにも注意が必要です。

できるだけ自営業主は安定させる必要があるのですが、およそ2年分の確定申告書を見せることになります。ですので2年は安定することができれば借入はだいぶ楽になります。最初に借りていれば、実績もついて追加融資は楽になるでしょう。

ブラックについてはもう待つしかありません。ブラックはおおよそ10年、短い人であれば7年間待てば解けるとされています。その間は借り入れはできませんし、当然プロミスも貸してくれません。どんなに就業年数が長くなっても一緒です。
(⇒プロミスはブラックでも使える?

待つしか無いのはジリジリするかもしれませんが、それもひとつの試練だと思って待つのがいいでしょう。ブラックはなくなってしまえば、なにもないところから、ゼロからスタートできるので、待つことも悪くはないのです。

就業年収が短い新卒社員も借入のために我慢が必要

以上、プロミスがどういう風に審査を行っているのか、その審査の中身を出来る限り公表させていただいたというわけですが、年収や職業、他社借入の金額がどのくらいか、そして返済実績などがどのくらいあるかが重要になってきます。

そこに就業年数がどのくらいあるか、短くないかどうかが見られるというわけです。就業年数が短すぎるとマイナスに働いて借りられない可能性もあるのです。パート・アルバイトを中心に話してきましたがこれは新卒社員にも言えることです。

最近では新卒で就職しても多くの若者が辞めていくと言われています。転職をするというのもいいかもしれませんが、できれば長く働いておいたほうがいいでしょう。その方がプロミスも評価しますし、他の消費者金融も評価をします。

もちろん消費者金融だけではなく、一般の企業も長く働いている人を募集していますから、ポンポンいろいろなところに転職している人よりも、長く働いている方がプラスに働くでしょう。ですので最低でも数年は働くようにしましょう。

結局、日本は長く働いている人が有利という国であり年功序列や終身雇用がまだまだ続いている国でもあります。消費者金融でもプロミスでも就業年数が長いほうが有利です。できるだけ一つの企業に長く働く方をおすすめしたいですね。

【参考ページはこちら】
プロミスの審査で勤続年数は確認される?

新着記事
TOPICS