> > クレジットカードの遅滞がプロミスの審査に与える影響

クレジットカードの遅滞がプロミスの審査に与える影響

プロミスからのキャッシングをこれから申し込もうという方に知ってほしいことがあります。

それはこれまでのクレジットカードの利用について見なおしていただきたい、ということです。

そして、もしこれまでクレジットカードの返済遅滞があれば、それは審査に影響を及ぼす可能性があります。

クレジットカードとプロミスからのキャッシングはまったく別次元の話のように思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

それどころか密接な関連があるのです。

誰もがクレジットカードを所有している時代にあって知ってほしいことを以下にご説明しましょう。

鍵を握るのは信用情報機関、正確に理解しよう

信用情報や信用情報機関、という言葉、キャッシングをした方、クレジットカードを頻繁に利用している方なら一度はお聞きになったことがあると思います。

個人の基本情報、過去の借り入れ履歴、あるいは金融事故に関する事柄 はすべて個人の信用情報として登録されています。

そして、信販会社にしても、銀行、消費者金融もこの信用情報を審査の際には参照します。

この信用情報が審査の基盤となるわけですから、どれだけ重要かがお分かりいただけると思います。

いくら申し込みの際に勤務先や過去の借入履歴について嘘を記入したとしても、結局この信用情報によってバレてしまう、というわけです。

そしてこうした個人の信用情報を管理しているのが信用情報機関です。

信用情報機関CICとJICCって何のこと?

さて、この信用情報機関ですが、実は1つだけではありません。主に銀行系、消費者金融系、信販会社系の3つの信用機関があります。

  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
  • 信販会社の信用情報機関「CIC」
  • 消費者金融の信用情報機関「JICC」

です。

この分類によると、クレジットカード会社はJICCによって信用情報を入手することになるわけですね。

それなら、銀行系カードローンであるプロミスからの借入とは関係ないのでは?

と思われるかもしれません。

しかし、残念ながら、これらの金融機関はお互いの情報を共有しています。

CRIN(クリン)によって共有されている!

それがCRIN(クリン)というシステム です。

もっとも、CRINによってすべての情報が共有されるわけではありません。

相互共有の対象となるのは、本人申告情報と事故情報です。

ここでいう事故情報とはもちろん交通事故のことではなく、金融事故のことですね。

ですから、もしクレジットカードの返済において金融事故を起こしてしまったら、それが銀行系カードローンであるプロミスの借入に影響があることは十分有り得る、ということです。

金融事故として登録されるのはどのくらいの遅滞なのか?

さて、問題は何をもって金融事故と評価されるのか?ということです。

例えば、クレジットカードの引き落としが残高不足で行えなくて、翌日すぐにそのことに気づき入金したら、すぐに引き落とされたとします。

遅滞はたったの一日です。それでもCICは金融事故として登録してしまうのでしょうか?

この点に関してCICのホームページには実はきちんとした基準が載せられています。

CICへ異動情報(延滞等)をクレジットカード会社が登録するのは正常入金日から61日以上経過しても入金してこない場合

とあります。簡単に言えば2ヶ月を超える遅滞が金融事故として登録 されるということです。

これを聞いて安心した方も多いかもしれませんね。

自分はちょくちょく延滞しているが、最終的にはきちんと返済しているから大丈夫!

と思われた方もおられるかもしれません。

しかし、その考え方は本当に正しいのでしょうか?ちょっとの延滞であれば繰り返しても問題ない、というのは本当でしょうか?

答えをズバリ言うと、その考え方は間違っています。

短い遅滞であっても繰り返すべきでない理由

借りたものはきちんと期日までに返す、という道徳的な理由は別として、短い延滞であっても繰り返すべきでないのは、それが繰り返されると金融事故としての登録になりかねないからです。

短い延滞はクレジットカード会社でこう処理される!

例えば、あなたが2,3日の延滞をクレジットカードの引き落としの際にしてしまったとします。

クレジットカード会社はあなたの個人的な事情をいろいろと考えてくれて、情状酌量をしてくれると思いますか?

「今回は延滞としての日数に入っていなから忘れます、次回はきちんとお願いしますね」と優しく扱ってくれるのでしょうか?

そんなことはありません。金融の世界はきわめてシビアです。

それで、一日でも延滞があれば、それはクレジットカード会社のシステムで「延滞者」扱いになります。

そして、その社内システムの情報保持期限は最大99年まで設定されるのです。

つまり、CICに登録されていなくても、社内システムにおいては半永久的に「延滞履歴あり」と扱われる可能性がある ということなんです。

短い延滞が「金融事故」となるかは紙一重

では、こうして社内システムでマークされた人がCICに「金融事故者」として登録されるのはいつなのでしょうか?

これはクレジットカード会社のさじ加減でどうにでもなる、と言っていいでしょう。

つまり、短い延滞を繰り返していれば、それが例え2ヶ月を超えるものになっていなくても、CICに金融事故者として登録される可能性はいつだってある、ということなのです。

そして、CICの信用情報に金融事故として登録されてしまえば、それはCRINによって共有されることになりますので、事実上すべての金融機関が知ることになるということです。

当然、プロミスがあなたの借入が可能かどうかを審査する際にも知ることになります。

金融事故として登録されればプロミスからの借入は難しくなる

プロミスは銀行カードローンであるにもかかわらず、審査が甘いことで有名です。
(⇒プロミスの審査は甘い?事故ありでも借りられる?

しかし、金融事故はプロミスだけにかぎらず、どの金融機関ももっとも嫌がる情報の一つです。

なぜなら、金融事故を起こしているということは、プロミスでも返済が滞る可能性が高いということをアピールしているようなものだからです。

そんな人にプロミスも喜んで貸したいとは思わないでしょう。

それで確立がゼロとはいいませんが、借りることができる可能性はかなり低くなります。

過去に金融事故を起こしていたらどうすれば良い?

可能性は低くなりますが、一つは申込金額を低くして審査を受けてみることです。

50万円、100万円を利用限度額と設定することはできないかもしれませんが、10万円なら可能性はあります。

もう一つの方法はおとなしく金融事故が消去されるのを待つことです。

最低5年 はかかると言われています。場合によってはもっとかかるかもしれません。

「ブラック情報を消します」なんていう怪しい業者の誘いには乗らず、その期間じっと待つしかないのです。(こちらもご参考に→プロミスはブラックでも借りられる?

でも一番賢明なのは、こうしたことにならないように、普段からクレジットカードの返済をきちんとしておくことです。

【参考ページはこちら】
プロミスにブラック情報は伝えるべき?

新着記事
TOPICS