> > 事前に確認しておきたい!プロミス仮審査、本審査の審査内容は?

事前に確認しておきたい!プロミス仮審査、本審査の審査内容は?

プロミスでの審査が2段階あるって本当?と、不思議に思っている人いませんか!
正確には審査が2段階あるのではなく、仮審査と本審査と呼ばれる2種類があるといったほうがいいでしょう。

何のためにプロミスは、仮審査と本審査があるのか?これにはちゃんとした理由があります!
理由を知ると、ますますプロミスが好きになりますよ!

プロミスの仮審査と本審査、何のためにあるのか!仮審査と本審査の違いは何か!
それぞれの審査内容も徹底的に調べてみました。

なんのため?キャッシングで審査がある理由

プロミスでのキャッシング、必ずあるのが審査ですよね。
キャッシングを申し込むのであれば、避けては通れないのが、この審査です。

「私はちゃんと返済するから、審査なんてやらなくてもいいのに!」
「安定した収入はあるので、審査はやらないでほしい!」
「正直に申告しているのに、調べられるなんてなんか嫌だなー」

こんな風に思っている人は、たくさんいるでしょうね。
それなのに、なぜ申し込んできた人の審査をいちいちやるのでしょうか。

実は、世の中正直な人ばかりではありません。プロミスだって疑いたくないのは山々です。
しかし、悲しいかな、ウソをついてお金を借りようとする人が、たくさんいるのも事実なわけです。

プロミスをはじめとする金融機関は、お金を貸して、貸し賃として少しの金利をもらうことで利益を得ています。

お金を貸しただけで、返済してもらえないとなると、どうなるか?
貸したお金が帰ってこないと、そっくりそのまま丸損になってしまいますよね。
これが続くと、もう商売どころではありません。

そのため、お金を貸してくれてと頼んできた人が「信頼できるか」「返済できるだけの収入があるか」「返済してくれる人か」などを調べるのが、審査です。

この審査は、プロミス独自の方法で、調べることになります。
審査の元となるのは、「本人が申告してきた申込書の内容」「本人の信用情報機関に登録されている内容」です。

把握しておこう!審査の元となるもの

ここでは、キャッシング審査の元となるものをきちんと理解しておきましょう。

  • 申込書に記載されている内容
  • 指定信用情報機関に登録されている内容

申込書に記載されている内容

キャッシングを申し込むとき、必ず申込書に記入して、提出しますよね。
まず、この申込書に記載された内容を元に、審査をおこないます。

  • 書かれている内容は本当かどうか
  • 信頼できる人物かどうか
  • 返済できるだの能力があるか

このような内容を、プロミス独自の審査方法で調査し、判断することになります。

キャッシングの審査に通りたいがために、この申込書にウソの記載をする人がいます。
しかし、見栄をはってウソを記入したとしても、審査で必ずばれてしまうと思っておきましょう。

ウソがばれてしまうと、「信頼なし」となり、それだけで審査には落ちてしまいます。
本来なら通っていたのに、ウソをついたために落ちてしまった!なんてこともあり得ます。
こんな馬鹿らしいことはありませんよね。

「こんなに低い年収じゃ審査はムリかな?」と、思ったとしても正直に申告してください。
「低い年収」が理由で審査に落ちる可能性は少ないですよ。
「ウソをついた」ことがばれたら、100%審査に落ちてしまいます。

「申込書は正直に記入する」ことがとても大事なわけです!

指定信用情報機関に登録されている内容

指定信用情報機関って聞いたことありますか?
聞いたことのない人は、ここでしっかりマスターしておきましょう。

消費者金融・銀行・信販会社など、お金にかかわる金融機関が加盟している機関のことです。
加盟している金融機関が、取引のある顧客の金融情報を登録する場所だと思ってください。

顧客の情報を登録する?
となると、個人情報保護法にひっかかるのでは?と、思いますよね。
大丈夫、安心してください。個人情報が世の中に流出することはありません。
加盟している金融機関と、登録されている本人にしか見ることはできません。

ブラックリストのこと?」と、勘違いしている人もいますが、それは違います。
金融にまつわるすべてのことなので、良いことも悪いことも全部だと思ってください。

自分は登録されていないはず!と、思った人もいるでしょうが、身近なところで考えてみましょう。

クレジットカードは持っていますか?
持っている人は、クレジットカードを作成した時点で、信販会社から信用情報機関に情報が登録されています。

すなわち、クレジットカードを持っている人は、信用情報機関に登録されています!

登録内容は、個人情報である、氏名・生年月日・性別・住所・電話番号などです。
そして、クレジットカードの情報である、ショッピング枠・キャッシング枠の限度額などになります。

キャッシングを利用したときと、クレジットカードを作成したときの登録内容は違うの?
キャッシングとクレジットカードでは、目的が違うので、登録内容も多少異なります。
キャッシングの場合は、以下のようなことが登録されています。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所
  • 電話番号
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 年収
  • 家族構成
  • キャッシングの商品名
  • 融資の限度額
  • 返済日
  • 返済額
  • 完済日

指定信用情報機関に登録された内容は、加盟している金融機関であればいつでも見ることができます。
すなわち、他の金融機関での借金履歴が一目瞭然!ということですね。

キャッシングを申し込むとき、「他社からの借り入れ状況」というのは必ず申告しないといけません。
「借りていない」と、ウソの申告をするとどうなるかわかりますよね?
ウソの申告をしたところで、金融機関にはすべてお見通しだということです。

仮審査と本審査の審査内容とは

審査の内容はわかったけれど、プロミスでの仮審査と本審査、いったい何が違うの?
仮審査と本審査の審査内容を調べてみました。

仮審査での審査内容

プロミスの仮審査は、「お借入診断」と呼ばれ、審査内容は、以下の3項目です。

  • 生年月日
  • 年収
  • 現在の借入金額
たったこれだけ?と、思うかもしれませんが、たったこれだけなんです。
だったこれだけの項目が、仮診断なんです。
実は、この3項目、キャッシングをするにあたって、重要視される項目ばかりです。

生年月日は、現在の年齢がはっきりわかります。
プロミスでは基本的に「未成年不可」なので、成人か未成年かをふるいにかけています。

年収は、「最低○○万円ないとダメ」という決まりは特にありません。
しかし、無収入だった場合などは、返済できないという判断をされてしまうでしょう。

現在の借入金額は、ないに越したことはありませんよね。
あまりにも多額の借金を抱えている人は、プロミスであったとしても敬遠したくなるでしょう。

このように、とても重要視される内容を抜粋して、仮審査としています。
この中のどれかひとつでもNGだった場合は、融資が厳しいということですね。

本審査での審査内容

プロミスでの本審査は、仮審査にくらべて審査する内容はたくさんあります。
この本審査で、融資できるか否かを決定するので、審査も慎重におこなわれます。

申し込み時に、自ら申告する内容は以下の通りです。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 家族構成
  • 電話番号
  • 固定電話の有無
  • 運転免許証の有無
  • 住所
  • 持ち家の有無
  • 勤務先
  • 勤務先住所
  • 勤務先電話番号
  • 社員数
  • 雇用形態
  • 最終学歴
  • 入社年月日
  • 年収
  • 業種
  • 職種
  • 健康保険証の種類

本審査では、申し込み本人から申告された内容を元に審査をおこないます。
簡単に言うと、申告した内容に虚偽がないかどうかを、まず確認します。

さらには、指定信用情報機関に登録されている内容を確認し、総合的に判断します。
これが、プロミスでの本審査となります。

なぜわかれているの?仮審査と本審査

わざわざ仮審査と本審査をわけないで、いきなり本審査をすればいいのに!と、思った方!
わかれているのには、ちゃんと理由があるんですよ。

仮審査と本審査、誰がおこなっているのか

仮審査と本審査の大きな違いは、「誰が審査をするか」です。
仮審査は、コンピュータが自動的に審査をおこなうので、ものの数秒で結果がでます。
3項目を入力すると、すぐに回答が画面に表示される仕組みです。

本審査は、人間が1項目ずつチェックしていくので、ある程度時間がかかります。
膨大な申告内容をひとつずつ確認するので、数秒で回答というわけにはいきません。

仮審査と本審査の大きな違いとは

そしてもうひとつ違いがあります。
仮審査は、個人情報を入力しないので、手軽に何度でも試すことができます。

本審査は、個人情報などすべてを入力するため、一度申し込むと結果がどうであれ「申し込んだ」という履歴が、信用情報機関に登録されてしまいます。

どうしてわかれているのか?これが理由

なんのために、仮審査と本審査がわかれているのか?
仮審査でチェックしている3項目は、キャッシングの審査をおこなう上での最低条件です。
この条件は、人間がやらなくても白黒はっきりさせることができるので、機械にでもできます。

例えば年齢で考えてみましょう。
未成年はNGなので、未成年が本審査に申し込んできたとしても、断られるわけですよ。
それを人間が、時間と手間をかけて判断し、連絡するのははっきり言ってムダですよね。

もちろん、申し込んでくる本人のためでもあります。
未成年がいきなり本審査に申し込んでしまうと、審査に落ちるだけではありません。
信用情報機関に「審査に落ちた」ことが記載されてしまうことになります。

そのため、「仮審査でまずは試してください」という、プロミスの気遣いだと思ってください。
特に初めてのキャッシングでは、条件を知らずに申し込んでくる人が、意外といます。
条件を知らずに申し込んで「審査落ち」のレッテルを貼られるなんてバカらしいですよね。

そんな人のために、プロミスは「無駄な審査落ち」をしないよう配慮してくれています。
その配慮が「仮審査」です。

例えば、仮審査でダメだったとしても、信用情報機関には登録されません。
個人情報を入力しないので、登録のしようがありませんよね。
安心して仮審査で試すことができるわけです!

仮審査は飛ばしても構わない

仮審査はやらなくてもいいの?
答えはイエスです。別にやらなくても構いません。
絶対の自信があるのなら、いきなり本審査を申し込むというのもOKです。

しかしながら、せっかくプロミスが用意してくれている、仮審査。
時間はかかりません。ものの数秒で結果がでます。
個人情報を入力することもないので、自分にキズがつくこともありません。

まずは、仮審査をやってみるべきでしょう。

仮審査をやってみることで、プロミスの審査に通るのか?それともヤバいのか?が判断できます。
少しでも悩んだら、まずは仮審査。悩まなくても仮審査、ですよ。

【参考ページはこちら】
プロミスの審査に落ちてもレイクだったら借りられる?

新着記事
TOPICS