> > 徹底調査!プロミスは審査が甘いという評判は本当?

徹底調査!プロミスは審査が甘いという評判は本当?

キャッシングは利用したいのに、どうしても審査が気になる方!
その気持ち、わかります。後ろめたいことはないけれど、審査されるのって嫌なものです。

審査されることも嫌だけど、自分が審査に通るかどうか、心配になるのも当然です。
どうせ申し込むなら、審査の甘いところで申し込みたい!のが、本音ですよね。

キャッシングの中では、プロミスが審査に甘いと評判なんだけど、本当?
口コミだけではなかなか信頼できない人もいるでしょう。

そこで、プロミスの審査について徹底調査してみました!
これを読めば、安心してプロミスで申し込めるはずですよ。

徹底調査!キャッシングのプロミス

「キャッシング」といえば、「プロミス」を思い浮かべる人は多いでしょう。
そう、消費者金融の中でもトップクラスのプロミスは、キャッシングで有名ですね。
(⇒プロミスの評判を教えて!

実際、プロミスでキャッシングをした人であれば、細かいことも知っているでしょう。
しかし、これからキャッシングをしようと考えている、初心者のあなた!
プロミスは有名だけど、どうして人気があるの?と、不思議ではありませんか?

「キャッシングといえばプロミス」の理由を徹底調査してみました。

プロミスが人気の理由はこんなところでしょう。
簡単に説明していきます。ふむふむ、と頷いた人もいることでしょう。

  • 審査が甘い
  • 融資までスピーディ
  • 担当者の対応が良い
  • 気軽に借りられる
  • 三井住友銀行グループの安心感
  • 大手消費者金融の中では金利が低め

審査が甘い

審査が甘い!というのは、今回のテーマでもあります。
世の中、消費者金融は比較的審査が甘い傾向にあるのですが、プロミスは群を抜いています。
審査が甘い理由は、のちほど詳しくご紹介いたします。

融資までスピーディ

ここ最近、「即日融資」という言葉が飛び交っていますが、実はこれ、必ずしも「申し込んだその日」というわけではありません。

即日融資にもいろいろあって、「○○時までに契約が完了している場合、即日融資」など、前提条件があるということを頭においておきましょう。

ぶっちゃけ「即日融資」だけだと、ちょっとわかりづらいですね。
わかりやすく言うと・・
「即日融資」を受けるためには、「ある条件が必要」だということ、です。

プロミスの場合はどうでしょう?
「14時までに契約が完了」していれば、その日の融資が可能です。

キャッシングの流れは、「申し込み→必要書類の提出→審査→契約→融資」です。
契約までにやるべきことがあるので、逆算して申し込めば、即日融資が受けられます。

担当者の対応が良い

キャッシングの申し込みで、担当者の対応が悪いと誰でも不快ですよね。
初めてならなおさら、キャッシングのルールなんぞ理解していません。

そんなとき、担当者が親切に対応してくれると、嬉しくないですか?
プロミスは、とにかく担当者の対応が良いと評判です。

わからないことでも親切丁寧に教えてくれるし、不安も解消してくれます。
担当者に悩みを相談する人もいるくらい、対応の良さはピカイチです。

気軽に借りられる

キャッシングで、手続きや申込みが面倒なのは、嫌ですよね。
簡単に申し込めて、サクッと借りることができるほうがいいに決まってます。

プロミスは、インターネットや自動契約機などを利用して簡単に申し込めます。
どちらも人と会う必要がないので、気軽さはバツグンですよね。

借入は、提携の銀行やコンビニのATMが利用できるので、周りから見ると「借金」だとバレる心配はありません。
自分の口座からお金を引き出している感覚で、融資が受けられます。

三井住友銀行グループの安心感

プロミスは消費者金融ですが、三井住友銀行グループだと知っていましたか?
意外と知られていないようですが、れっきとした銀行傘下の消費者金融です。

そんなわけで、消費者金融に抵抗があった人たちも、気兼ねなくプロミスを利用しています。
銀行グループという安心感も、プロミスが人気の理由といえるでしょう。

大手消費者金融の中では金利が低め

大手消費者金融の金利平均は、4.7%~18.0%です。
そんな中、プロミスは、4.5%~17.8%となっています。
ちょっとの金利の差が、返済額に大きく影響するのが、キャッシングです。

しかも、プロミスには「無利息期間」というサービスがあることを知っていますか?
借りてから30日以内に返済できるなら、利息は0円ですよ!
借りてすぐに返済できる人は、やっぱりプロミスでしょう。

どんなことをやるの?プロミスの審査

プロミスが人気なのはわかったけれど、実際の審査はどんなことをするの?
プロミスの審査は、大きくわけてふたつにわけられます。

  • 申込内容を審査する
  • 個人の信用情報を審査する

申込内容を審査する

プロミスでキャッシングを申し込むときに、申込書を記入して提出しますよね。
この、申込書の内容をまずチェックするのがひとつ目の審査です。

ここには、申し込み本人の個人情報が記載されています。
はっきり言うと、ここに記載されている内容が合っているかどうかの確認ですね。

名前・住所・年齢などは、身分証明書で確認します。運転免許証などですね。
そのために、本人確認書類の提出が必要になります。

電話番号は、申し込みのあと「確認の電話」ということで、電話がかかってきます。
申込者本人の電話かどうか、実際に電話をかけて確認します。

勤務先は、「在籍確認」という方法を取ります。
「勤務先電話番号」として記入したところに、個人名で電話がかかってきます。
本人と電話口で話をするのが目的ではなく、在籍が確認できればそれでOKです。

「プロミス」「消費者金融」などは名乗らないので安心してください。

個人の信用情報を審査する

個人の信用情報とは、いったいなんぞや?と、思った人もいることでしょう。
世の中には、「個人の金融に関する情報」を登録している機関があります。

「え?なにそれ?個人情報を勝手に登録しているの?」と、ビックリしましたか?
確かに個人情報なのですが、厳密に管理されているので安心してください。
もちろん、登録されてしまうことは違法ではありません。

お金の貸し借りに関する、銀行・消費者金融・信販会社などが、この機関に加盟しています。
加盟している金融機関は、顧客との取引内容をリアルタイムで登録する義務があります。

登録するだけではなく、必要に応じて顧客の情報を閲覧することが可能です。
加盟している金融機関は、顧客の情報を共有しているってことですね。

申し込み時に「現在の他社からの借入金額」という項目があります。
これは、「プロミス以外にいくら借金があるの?」と、聞かれています。

ここで、正直に申告すれば問題はありませんが、ウソを申告するとどうなるでしょう?
例えば、消費者金融A社から30万円の借金があることを隠して、プロミスで申し込んだとしましょう。

申し込み時に「他社からの借入金は0円」と、ウソを申告したとします。
プロミスは、審査で信用情報機関に問い合わせをしますよね。
そうすると、A社から30万円借りている事実はすぐに判明するわけです。

これが、「ウソをついても必ずばれる」というカラクリです。

申し込み時にウソをつくというのは、まったくムダなことだとわかりましたか?
ウソがばれた時点で、審査は終了です。
もちろん、プロミスから借り入れることはできません。

それどころか、信用情報機関に「ウソをついた」という情報がひとつ追加されます。

プロミスは審査が甘いと評判のワケ

プロミスは審査が甘いと世の中では評判です。しかし、本当なのでしょうか?
なぜプロミスは審査が甘いと言われているのか?徹底調査してみました。

審査が甘いと言われるゆえんは、こんな理由からのようです。

  • 融資までの時間がスピーディ
  • 薄利多売の精神がある
  • 雇用形態に関係なく収入があればOK
  • 50万円までは収入証明書が不要

融資までの時間がスピーディ

プロミスは融資までの時間がとにかくスピーディです。
このため、「審査が甘いのでは?」と、ウワサになっているようですね。

あまりのはやさに「本当に審査しているの?」と、思っている人もいるようです。
実際のところはどうなのでしょうか?
大丈夫です。ちゃんと審査はしています。

あまりにもはやいのは、プロミスがキャッシングに長けているからでしょう。
プロミスは、プロの集団なので審査に関しても素早いといえるのでしょう。

薄利多売の精神がある

プロミスは消費者金融なので、お金を借りてくれないと成り立ちません。
お金を借りてくれて、金利を払ってもらうことで、利益が生まれます。

プロミスは、銀行のように大口の顧客はあまり求めていません。
プロミスを利用する人は、融資額30万円以下が最も多く、ついで50万円となっています。
すなわち、低い低額融資の割合が多いことになります。

低額融資だと、金利での儲けは少ないはずですが、借りる人が多いとどうなるでしょう?
たくさんの人が借りてくれるので、少ない金利だとしても、ちりも積もれば山となる、です。
すなわち、薄利多売の精神があるからこそ、人気があるのでしょう。

多少審査を甘くしても、たくさんの人に借りてもらいたい!わけです。
ゆえに、「プロミス審査は甘い」と評判になったのでしょう。

雇用形態に関係なく収入があればOK

キャッシングでの雇用形態を、重要視する金融機関はたくさんあります。
「公務員・正社員」など、安定した雇用形態であれば、難なく審査に通るはずですよね。

しかし、プロミスは違います!
雇用形態を重要視するのではなく、「安定収入」に目を向けたわけです。
「安定した収入があれば雇用形態はさほど重要視しませんよ」ということですね。

今まで、雇用形態が不安だと判断されて、キャッシングが厳しかった人たちの反応は?
派遣社員・契約社員・パート・アルバイト・フリーターは、「やったー!」です。

プロミスは、これらの人たちにも快く融資をしてくれるようになった結果・・
「プロミスは審査が甘い」と、評判になったのは、言うまでもありません。

50万円までは収入証明書が不要

今まで、キャッシングの審査につきものは、「本当に収入があるかどうか」でした。
収入があるかどうかを判断するには、「収入証明書」が必要だったわけですね。

ところが、ここでもプロミスは違います!
「50万円以下の低額融資は、収入証明書は不要です」と、したわけです。

これ、借りる側にしてみれば、意外と嬉しいですよね。
収入証明書といえば、源泉徴収票であったり、確定申告書が必要でした。
しかし、これらの書類、すぐに用意できるものではありません。

そのため、書類を用意するのに一苦労、それだけ時間がかかったわけです。
プロミスは50万円以下の融資が多いわけなので、ほとんどの人が収入証明賞は提出していないはずです。

収入証明書がいらないなんて!そうか、プロミスは審査が甘いんだ!
と、ウワサされるのも確かに不思議ではありませんよね。

プロミスといえども最低限の条件はある

そんな、審査が甘いことで有名なプロミスですが、調子にのってはいけませんよ。
プロミスといえども、最低限の条件はあります。

  • 成人していること
  • 働いて収入があること
  • あちこちから借金していないこと

成人していること

まず、成人しているというのは、最低条件のひとつです。
未成年にお金を貸しても、返済義務を放棄していいという法律があります。
今の法律は「未成年だと知って貸したほうが悪い」と、みなされます。

こればっかりは、さすがにプロミスが優しくても、法律なのでどうにもなりません。
プロミスだって、面倒なことはに巻き込まれたくないと考えます。
そのため、20歳を過ぎてから、というのが条件ですよ。

働いて収入があること

雇用形態は重要視しない寛大さがありますが、収入0はいただけませんよ。
どういう形態であれ、働いて収入があることが大事です。
年収はさほど気にしなくても構いません。

プロミスは、一生懸命働いている人を応援してくれるわけです。

あちこちから借金していないこと

プロミス以外から、借金しまくっている人は要注意です。
いくら審査に甘いからといっても、やはり借金まみれの人には貸してくれません。
貸したところで戻ってくる確率が低いとなると、やはり厳しいですよね。

たくさんの金融機関から借りている人、借金総額が大きい人は要注意。
いくらプロミスの審査が甘いといっても、限度がありますよ!

ここに注意!プロミスの審査を突破するコツ

世間一般では、プロミスの審査が甘いのは確かだといえるでしょう。
そんなプロミスですが、さらに審査を突破するためにやっておくべきこととは?

  • 融資の限度額は低めで申し込む
  • 借金は返済しておくことが大事
  • 継続して働いておくこと

融資の限度額は低めで申し込む

プロミスで申し込むとき、融資の限度額は低めで申告しましょう。
え?なんで限度額を低めで申し込むの?と、不思議に思うでしょう。

どうせ融資を受けるのなら、限度額は多めのほうがいいと考えるかもしれません。
しかし、初めての申し込み時に高額の融資を希望してくると、プロミスはどう思うでしょう?
やはり、警戒します。

今まで取引のない人に対して、いきなり高額の融資をするのは勇気がいるものです。
そのため、高額融資を希望してくる人に対しては、「融資額を低くする」「お断りする」といった対応となる場合があります。

プロミスの警戒が、審査に響くこともある、ということを覚えておきましょう。

借金は返済しておくことが大事

これはプロミスに限ったことではなく、当たり前のことですが・・・。
新たにキャッシングを申し込むのであれば、今までの借金はクリアにしておきたいものです。

新たに申し込みをしたとき、必ず他の借金の状況はバレてしまいますよね。
「他に借金があるのに、またウチから借りるの?」と、やはりプロミスは警戒します。
そして「相当お金に困っている人」と、判断されてしまうでしょう。

お金に困っている人の場合、やはり返済が滞ることをプロミスは恐れます。
少しでも「この人ヤバいな」と、判断されてしまうと、やはり審査には通りません。

審査に甘いプロミスですが、他の借金はきれいに返済してからにしましょうね。

継続して働いておくこと

雇用形態、年収より、継続して働いていることが大事です。
プロミスは、コツコツと一生懸命働いている人を応援してくれています。

アルバイトでも、継続して何年も働いていれば、それだけ審査には有利ですよ。
もちろん、どの雇用形態にも当てはまることですが。
(⇒プロミスを利用できる職業とは?

なるべく、長期間働いてから申し込んだほうが、有利になると思っておきましょう。

検証!プロミスの審査は甘いのは事実

ここまで読んでもらったら、プロミスの審査が甘いということがわかりましたよね。
世間一般の評判通り、プロミスの審査は確かに甘めの傾向にあります。

ただし、審査が甘いからといって、誰でも通るということでもありません。
プロミスの審査に通るためには、やはり最低限のことは必要ということです!

だけど、さほど構える必要はありませんよ。
最低限の条件さえ満たしていて、申し込み時にウソをついたりしなければ大丈夫。

プロミスだって、意地悪して審査に落とそうとはしてきません。
なるべくであれば、一人でも多くの人に利用してもらいたいと考えています。

そんなプロミスでのキャッシング、ぜひ利用してみてはいかがですか?

【参考ページはこちら】
プロミスの審査は甘い?厳しい?

新着記事
TOPICS