> > 学生でプロミスを使用したことがある人の満足度が高い理由とは?

学生でプロミスを使用したことがある人の満足度が高い理由とは?

学生のうちはあまり贅沢をするべきでは無い…これは確かに間違っているとは言えませんが、それでも必須とも言える出費は発生します。

そうした必要なお金を学生の身分でまかなうのは大変で、バイト代だけでは不況の現在ではなかなか難しいと言えます。

そんな時は学生であっても融資の利用を検討すべきです。特にプロミスは学生であっても使いやすい融資として有名ですね。

学生で尚且つプロミスを使用した人の満足度は全体に高めなので、その理由を是非とも知っておき、自分自身の利用を検討しましょう。

プロミスは条件も良い?まずは見ておきたい使い勝手について

プロミスはもはや説明不要と言える規模の、大手消費者金融となっています。名前だけは聞いた事があるでしょう。

連日CMなども見かけるプロミスですが、その詳しい条件についてまで知っている人は、若干少なくなっているでしょう。

プロミスが気になっている方向けに、その融資条件について簡単にまとめます。

商品名 限度額 金利 用途
フリーキャッシング 最大500万円まで 4.5?17.8% 生計費に限り自由

プロミスには他にも融資方法が多数ありますが、一番多く使われて人気もあり、学生さんにもおすすめできるのがフリーキャッシングです。
(⇒プロミスでお金を借りたい方におすすめ

プロミスのフリーキャッシングは一般的にカードローンと呼ばれているタイプの借り入れ方法で、使い勝手は抜群です。困ったらこれを選びましょう。

カードローンは一枚のカードを使った借り入れ方法であり、いつでも自由にお金を借りて返してが出来ます。

他の借り入れ方法も便利ですが、学生に必要である用途を考えると、これが大抵選ばれる事になるでしょう。

プロミスは学生さんでもOK!どうすれば使えるのかチェック

今回は学生さんがプロミスを使う場合についてのご説明をしているように、プロミスは基本的に学生でも融資を受ける事が可能となっています。

さすがに自営者ローンは学生のうちは使えないと思いますが、学生にとっては実際無縁とも言える借り入れ方法なので、特に問題ないでしょう。

フリーキャッシングは、学生でもアルバイトをしていれば、普通に会社員の方のように申し込んで審査を受ける事が可能となっています。

「学生が審査を受ける場合、色々聞かれたりしないの?」と不安に思うかもしれませんが、その点プロミスは学生だからと言って不利にしたりしません。

会社員と同等に借りられるとは言えませんが、以下の条件を満たしていれば良いのです。

  • 満20歳以上
  • アルバイトにて定期的な収入がある

アルバイトの収入だけでも定期的って言えるの?とたまに質問がありますが、時給などで収入が明確になっているなら大丈夫です。

同じ理屈として非正規雇用のアルバイトのみで生計を立てるフリーターでも融資を受ける事が出来るので、バイト学生でも大丈夫という事です。

融資に絶対は無い?学生でも審査通過が必須です!

ここまでの説明だと「プロミスは学生でも簡単にすぐ貸してくれるんですよね!」と稀に勘違いしてしまう人が居ます。

もちろん現実はそんな事は無く、学生と言えどプロミスの融資審査に通過しない限りは融資はしてくれません。

融資審査に通るとしたら、必要なのは主に以下の点となります。

  • 年収
  • 仕事内容
  • 今までの借り入れで金融事故を起こしていないか

年収や仕事内容に関しては、学生という事でアルバイト以外はほぼ無いですし、年収に関しても多いよりもあるかどうかが第一です。

ただ、今までの借り入れで延滞などしてないか…というのは気をつけましょう。学生ならまず無いと思っていませんか?

学生でもクレジットカードなどを作る事ができますが、その支払いに遅れていても金融事故としてプロミスは知る事ができます。

金融事故は信用情報機関と呼ばれる融資に関する情報が保管される場所にリアルタイムで残り、プロミスなどの金融機関はそこに問い合わせる事ができます。

融資に申し込むとこれを調べられますから、学生と言えど何かの支払いがあれば、遅れない事が融資を受ける基本なのです。

無職と未成年はアウト?学生が融資審査に通れない理由とは

冒頭にて、学生であってもプロミスが貸してくれる為の条件を記載しましたが、裏を返せば『その条件を満たせないなら貸せない』という事になります。

その二つの条件というのは、以下の通りです。

  • 仕事を一切せず収入が無い
  • 20歳未満の未成年である

学生というのは、そもそも無職では無く学生が職業の一種として様々な書類に記入する事になると思います。

無職じゃない、つまりは仕事をしているならそれだけで融資を受ける事が出来る…なんて言うほど、融資審査は甘くはありません。

そもそも、収入が無い人はどうやってお金を返すのでしょうか?融資を受ける為には返済が出来ないと駄目なので、もうこれで答えは出ますね。

また、融資を希望する学生と言えば大抵が大学生ですが、大学生には早ければ18歳でなれるというのが一般的です。

つまり大学生には未成年と成人が入り乱れているという事であり、成人なら良いのですが、未成年のうちは融資を受ける事ができません。

未成年が融資を受けられないのは、本人に責任能力が無いからであり、責任能力が無い人が責任者…つまり親の同意無しに融資を契約する事はできません。

そうした決まりを無視して融資をしてしまうと、後から取り消す事が出来るので、下手をすると貸した側であるプロミスが訴えられます。

そんなリスクを冒して貸し付ける旨味が消費者金融にはありませんから、未成年にはまず融資をしないというわけです。

学生ならではの選択肢!学生特化の融資も検討の余地あり?

プロミスは学生『でも』使える融資であり、多くの人にとって選ぶ価値がある借入先と言えます。

しかし、プロミスは学生専用の融資を提供しているわけでは無く、世の中には学生だけに融資を提供しているプランも存在します。

学生特化の融資プランを提供していると言えば『アミーゴ』と『ライフカード』です。そのプランをチェックしてみましょう。

サービス名 限度額 金利
学生ローン(アミーゴ) 14.40~16.80% 最大50万円
学生専用ライフカード 最大10万円 15.0%

※学生専用ライフカードはクレジットカードのキャッシング枠について記載

この二社以外にも、最近は意外と学生向けの融資を提供している業者が増えてきていると言えます。

やはり昔と違って学生本人が様々なお金を自己負担しなくてはならず、両親の仕送りも難しいという事情があるのでしょう。

学生専用というと学生さんにとっては非常に聞こえが良いし、実際安心できるとは思いますが、学生特化ではないプロミスよりも良いのでしょうか?

学生で融資を受けるというのなら、社会人以上に慎重さも必要となりますので、もう少し掘り下げて考えていきましょう。

やっぱり学生専用が良い?プロミスと学生特化の融資を比較!

まずは、先ほども説明したプロミスのフリーキャッシングと学生特化の融資に種類を分かりやすく比較しましょう。

会社名 限度額 金利 学生向け特典
プロミス 最大500万円 4.5?17.8% 特に無し
アミーゴ 最大50万円 14.40~16.80% 学生向け特別金利
ライフカード 最大10万円 15.0% 学生専用問い合わせ窓口

借入額についてはプロミスが圧倒的…なのですが、そもそも学生のうちから500万も融資を受ける事は出来ず、限度額は結果的には三社横並びとなるでしょう。

そう考えると、アミーゴは最も金利が低くなりやすい為に、学生への負担はかなり小さくなりますね。

ライフカードは限度額こそ低いものの、なかなかの金利に加えて、クレジットカードであるというのが魅力です。

買い物でも使えますし、海外留学をすれば海外でも買い物と融資が使えます。さらに専用相談窓口も完備と、クレジットカードならではの良さがありますね。

となれば、学生向けの特典が存在しないプロミスというのは、微妙と言わざるを得ないのでしょうか?

プロミスは微妙じゃない!学生にも人気がある理由とは?

しかしながら、冒頭でもお伝えさせていただきましたように、プロミスは学生からの評価が決して低いわけではありません。

むしろ、プロミスは学生でも愛用されている方がいらっしゃるように、学生特化の融資と並んでも劣らない点があると言えるのです。

プロミスの最大の利点というのは、学生のうちから使えて社会人になっても長く使えるという点です。

例えば限度額について見てみましょう。プロミスのカードローンは学生のうちこそ大金は貸してくれませんが、社会人になればどうでしょうか?

プロミスのカードローンというのは、収入や仕事、実績に応じて後から限度額を増やす事が可能です。これを限度額の増枠と言います。

社会人になれば収入は大きく増えますし、昇進などをすれば立場が安定します。そうなった時に増額を希望するのです。

すると、限度額というのはご自身の状況に応じてどんどん増えていくし、金利も下がっていくので、プロミスのカードローンは長く付き得るのです。

よりポジティブな表現をするとしたら、プロミスの限度額はゆっくり学生のうちから生涯に渡って育てる事が出来る…というわけです。

では、学生特化のローンについては、長く付き合う事は可能なのでしょうか?

長くは使えない?学生特化のローンが社会人では微妙な理由

学生特化の融資が学生じゃなくなっても借りられるかどうかですが、実は可能だったりします。

だから学生のうちから社会人になってもまだ継続して利用するという人は居たりしますが、お勧めかどうかは微妙です。

  • 限度額や金利が伸び悩む
  • 学生向け特典が卒業後は喪失

この二点が、学生特化の融資が卒業後はイマイチと言える理由です。

プロミスと学生特化の融資を見比べると一目瞭然だったように、限度額に関しては大きく差があると言わざるを得ません。

プロミスなら100万以上に大金を借りるのも夢ではありませんが、学生ローンで100万超えはまずありません。

そんな大金借りる事は無いと思うかもしれませんが、どんな時にどれだけ必要になるか、人生においてはなかなか分かりません。

そして、学生特化の融資なら学生のうちは様々な面で便宜を図ってくれますが、学生で無くなると『融資は受けられるけど特典は無い』となる事が多いです。

先に説明したライフカードの場合、海外保険やキャッシュバックサービスなどが無くなってしまいます。

総じて、学生特化なら学生以外には普通の融資になってしまいがちです。学生特化の融資はあくまで学生のうちに恩恵が強いという事になるのです。

学生特化では無いプロミスは学生でもOKで頼れる融資だった!

学生のうちに融資を受けるならなかなか悩む事も多いですが、プロミスを中心にお話しすると、以下のような結論が出ました。

  • プロミスは学生特化じゃないが学生でも普通に使える
  • 卒業後に関しては学生特化の融資よりも伸び代がある

やはり若いうちは目先の特典にばかり目がいきますし、それが損に繋がるとは一概には言えません。

しかしながら、早期のうちにプロミスを使って実績を身につけていると、社会人になってから早期のうちに条件が良くなる可能性が高いです。

長く使える物というのは日本において非常に尊ばれますが、それは融資においても同じです。

ましてや、プロミスの融資はカードローン形式という事もあり、いつも側に置けて、限度額が増えるほど余裕が増えていきます。

プロミスは将来を考える学生にとっては、自身が仕事の現役を退くまで使える可能性を秘めたカードローンです。

そういった部分に魅力を感じられる人であるのなら、学生のうちから一考の余地は十分すぎるくらいあると言えるでしょう。

一時しのぎには十分?学生特化の融資も選ぶ理由が存在します

プロミスは学生にも、そして将来にもお勧め出来るカードローンではありますが、どんな融資にも一長一短があります。

学生特化の融資は長い目で見れば今ひとつな面が目立つものの、一時的…学生のうちだけで十分と割り切れるなら、非常に魅力的です。

  • 学生のうちしか融資を使わない
  • 今ある特典を活かさないと厳しい

こうした事情があるのなら、目先の特典を最大限に活かす方が将来への影響よりも大事な事があるでしょう。

それに、学生のうちは専用ローンを、卒業したらプロミスに切り替えるというのもあながち間違ってはいません。

学生のうちに受けられる特典を全て活かし、卒業後は社会人向きな融資にシフトするのは賢い生き方の一つですね。

ただし、卒業直後の勤続年数が少ない立場のうちに新しい融資に申し込むというのは、なかなか難しいです。

卒業後に人付き合いなどが大事な仕事に就くとしたら、交際費捻出をすぐに確保する為に学生のうちにプロミスを選ぶ意味があります。

プロミスの満足度は、学生から社会人に繋がるからこそ得られているのかもしれませんね。

【参考ページはこちら】
プロミスは未成年でも親の同意があれば借りられる?

新着記事
TOPICS