> > プロミスでの限度額引き上げをスムーズに行う為の必要知識まとめ

プロミスでの限度額引き上げをスムーズに行う為の必要知識まとめ

プロミスには様々な融資の方法がありますが、消費者金融という事もあって、やはりそのメインはカードローンと言って間違いないです。

カードローンは自分の好きなタイミングでお金が借りられる便利な融資方法で、その使い勝手は限度額に依存しています。

この限度額が多いほど使いやすく、最初は少ない額で使っていても、後から増額する事でより使いやすくできます。

その限度額を上げる為に必要な事はたくさんありますから、必要な事を一つずつ見ていきましょう。

プロミスのカードローンってどう?人気の理由を条件から確認

プロミスには二種類のカードローンが存在しています。

  • フリーキャッシング
  • 自営者カードローン

フリーキャッシングは主に生計費に、自営者カードローンは事業にも使えるお金を借りる事ができます。

多くの人はこの二つのうち、フリーキャッシングに頼る事となりますので、このフリーキャッシングの条件についてまずは確認しましょう。

サービス名 限度額 金利 担保・保証人
フリーキャッシング 最大500万円 4.5~17.8% 不要

金利、無担保無保証人というのは標準的な消費者金融の範疇に入っていますが、やはり限度額500万というのは目を引きますよね。

ただし、プロミスが最大500万円と言っていても、最初から500万を希望するのは無謀です。

「500万円借りられると聞いたから申し込んだのに、これでは詐欺だ!」とたまに文句を言う人が居ますが、それは検討はずれの批判です。

融資を受ける為に必要な事を良く考えると、それはすぐに分かるでしょう。

何故500万は借りられない?プロミスの限度額の仕組みについて

プロミスの限度額において、500万円が最初からは借りられないというのは、簡単に説明する事ができます。

金融業者にて大金を借りるのには、まず信頼が必要です。信頼というのには実績も含まれていて、実績は最初から備わっているわけでは無いのです。

プロミスだけでなくどんな金融業者を使う場合でも、最初は500万どころか50万借りるのもなかなか楽とは言えません。

収入がものすごく良くて仕事も安定しているならまだしも、普通の人には信頼実績が欠けているというのが問題です。

信頼実績というのは、簡単に言えば『今までの融資できちんと返済をしてきたか』という事です。

特に始めて融資を使うという人にとって、これが欠けているというのは当たり前の事実であると言わざるを得ないでしょう。

また、プロミスには総量規制という決まり事があり、最大でも年収の三分の一までしか融資できません。

500万借りるのを目標とする前に、消費者金融からお金を借りるというのなら、自分の年収を起点に考えないといけないのです。

増額するなら審査を受けよう!カードローンの増額第一歩

プロミスでは、無条件で増額を希望すれば引き上げてくれるような都合が良いサービスはありません。

というより、全ての金融業者において希望するだけで増額するなんて事はまずあり得ません。

カードローンで増額をしたいのなら、審査を受けないといけません。この審査基準は概ね、最初の融資審査と同じです。

つまるところ、増額したいのならもう一度最初の審査のやり直し、くらいに考えておくとしっくり来るでしょう。

最初の審査基準というのは、以下の通りです。

  • 年収
  • 職業
  • 勤続年数
  • 融資の利用状況

他にもかなり細かく「こんな事まで融資で必要なの?」と思ってしまう部分もあるのですが、主に見られる重要なポイントは以上となります。
(⇒プロミスの審査基準とは?

恐らく多くの人は気付いたと思いますが、どれも融資に申し込む際に自己申告していると思います。

その情報に大きな変更点が無い場合、最初の申し込み内容に今までの利用実績も加えてみるという感じですね。

どうして再審査があるの?増額でも審査が必要なワケ

「一度審査に通っているし、別に問題が無いなら審査しなくても良く無い?」…こうして考えてしまうのは、最もかもしれません。

しかし、良く考えてみて下さい。最初に設定された限度額というのは『金融業者が今現在はこの限度額が限界』と考えたものです。

それ以上に借りるという事は、自分自身の限界を超えないといけないわけであり、それが単なる増額希望の意思表示だけで完遂するのは無理があります。

新しい条件で借り入れるなら、それに対応できる状態か否かを審査するのは当たり前の事です。

よって、増額を希望するのなら、その増えた限度額でも大丈夫であるかどうかを『再審査』する必要があるわけですね。

しかしながら、特に変更点がないなら最初に申し込んだ条件で再度審査をする事になるように、変化が無いなら審査の意味が怪しいかもしれません。

そこで、再三言っているように返済実績…今まできちんとお金を返してくれているかを見ているわけです。

尚、プロミスの増額には以下の方法を使って申請します。

  • ホームページ上の会員サービスから
  • 電話による連絡から

どちらからでも非常に簡単に増額に申し込めますが、頻繁に希望を出す事はできないので、タイミングは大事なります。

プロミスで増額するコツとは?最低限大事な事は知っておこう

インターネット上では、良く『融資審査に通るコツ紹介!』みたいな感じの記事がありますよね?

真偽はさておき、プロミスにもそうした記事が多数あるという事は、ある程度参考になる情報はあるという事です。

審査に関するコツがあるというのなら、限度額を増やす為のコツもあって不思議ではありませんね。

実際、プロミスで増額する為の必須条件というのは存在しています。

その必須条件として様々な場所でも取り上げられているのは、以下の二つと言われています。

  • 最低でも半年は利用をしている
  • 一度も返済に遅れていない

この半年と言われている基準ですが、正確には『最後の審査から半年間は普通に利用をしている』という事になります。

最初の申し込みから半年経過する前に増額を希望しても、例外でも無い限りはあっさりと審査に落とされてしまいます。

これは多数の実体験からも言われており、実際に尋ねてみても「半年ほどお待ち下さい」と言われる事が多いです。

そして何より、返済に遅れていないという事は、最低限かつ最重要とも言えるくらいのポイントです。

そもそも多くの方がご存知のように、返済に遅れた記録があると、新しく融資を受ける審査にて非常に不利になってしまいます。

新しく借りるのが駄目なのに、さらに限度額を増やしてもらうなんて不可能なのは、あまりにも当然の事と言えるでしょう。

実は限度額が下がる事も?融資増額の意外な注意点!

こうしたコツを抑えておけば、後は上記のように通常の融資審査基準に則って審査を受けるだけで良いでしょう。

しかし、実は増額審査において注意すべき一つのポイントがあり、それを知ったら驚く人が多いです。

融資の増額審査を受けたら、逆に限度額が下がったという報告が相次いでいます。増額審査では増やすだけでなく、減額も含めた見直しが行われています。

増額審査の際に電話をしたり、増額について説明しているページを良く見てみると分かりますが、増額審査で下がる可能性を示唆しています。

それどころか、審査の結果利用の停止なんて事もある、諺にある『薮をつついて蛇を出す』状態になってしまうでしょう。

特に、返済に遅れた事があるのに増額を希望したら、その事実を参照にして審査しますので、より減額などのペナルティを受けやすいです。

増額するにたタイミングも重要と言いますが、まさしくこうした可能性の事を指摘しているのでしょうね。

通常の審査基準を満たしているのに何故…と思ったら、自分の過去の融資利用履歴を確認するのも大事です。

似てるようで全然違う?増額と追加融資の違いを見比べる

融資に関わる用語というのは、非常に似ていてほぼ意味も変わらないものから、似ているけど内容は全く違うようなものまでたくさんです。

以下がその代表例です。

カードローン⇔フリーローン
消費者金融⇔貸金業者
キャッシング⇔ローン
金利⇔利息
限度額⇔極度額

そして増額に似た単語として『追加融資』というものがあります。これは一見すると、融資額を追加するという意味で増額と同じように見えますね。

しかしながら、増額と追加融資を同じように扱う人も居ますが、これは別物だと捉える見方の方が実は多いのです。

本人が同じだと考えていて、すぐに問題が生じる事は無いかもしれません。しかし、実際に金融業者と話す時に間違うと、思わぬ結果になる事もあります。

融資はお金に関わる事で、勘違いが予想以上の無駄を生む事があり得ないわけではありませんから、この機会に双方の違いをチェックしましょう。

どっちが必要?増額と追加融資を使い分ける為の違い

増額と追加融資の違いというのは、お互いがかなり違う分覚えやすいと言えます。

☆増額
主にカードローンの限度額を増やす事で、いつでも自由に借りられる金額を増やす事。

☆追加融資
すでに融資を受けている状態にて、別途新しく融資を受ける事。

以上のようになります。もう少し突っ込んでカードローンの実際の利用例を見てみます。

☆カードローンでの増額
本当は100万円借りたいけど限度額が50万しか無いから、増額に申し込んだ。

☆カードローンでの追加融資
100万円の限度額があってすでに50万借りていて、まだこの返済が終わっていないけど新たに30万必要だから、残りの枠から追加で融資を受ける。

このように例えてみると、どうでしょうか?増額と追加融資では、全く望む方向が違うと言えます。

プロミスにおいては、増額可能なのがカードローンの二種類、そして追加融資はカードローンの場合は自由、それ以外はその都度相談しないといけません。

とりあえず融資を受けたいけど、余分な出費が発生した時の余力が無い…そういう場合、増額も追加融資も出来るカードローンの方が良いですね。

プロミス増額で大事な事まとめ!希望する前にチェックしよう

今回は主にプロミスのフリーキャッシングを増額する事を念頭にお話してきましたが、いかがでしたか?

今回説明した増額で大事な事を、ここでまとめてみましょう。

  • 消費者金融の限度額は年収で最大値が固定
  • 増額も審査が必須となる
  • 増額を希望したら逆に下がる事もある

以上のようになりますね。すでに既知の事もあったかもしれませんが、融資の増額は楽とは言いがたい為、参考になった事も多いと思います。

プロミスは増額が簡単かどうかで言えば、銀行よりも審査基準は緩いけど、総量規制があるからどっこいどっこいと言える部分があります。

それにプロミスは三井住友銀行と提携状態にある為、昔に比較すると審査はややシビアになっている部分があるとすら言えます。

それに加えて限度額が逆に下がる事もあるのなら、無理に増額を希望する事で、逆に融資が使えなくなる恐れもあるのです。

でも、厳しくなった反面銀行のグループ企業と考えれば、非常に安定感は増して、単なる消費者金融だった頃よりも信頼性があります。

そんなプロミスから大金が借りられるというのは、将来に渡って役立つのは確実です。増額する価値は十分あるという事を忘れないで下さいね。

増額が出来ればさらなる恩恵も!低金利でプロミスを使おう

最後に是非とも知ってもらいたい、プロミスで限度額を増やす恩恵を紹介したいと思います。

カードローンは限度額が多いほど金利が下がるため、増額が成功すると今よりも低金利になる事があります。

プロミスの金利は消費者金融としては平均かやや低めの水準ですが、最大で4.5%まで下がるので、銀行並みの水準になります。

限度額はたくさんは要らないけど、やっぱり金利の負担を軽減したい…そう考えている人でも、増額はこのように役立つのです。

限度額の数値によっては、金利だけを下げるように交渉できるケースもあるみたいですが、基本的には増額とセットとなっています。

さらに、利用状況が非常に良いと判断された場合、プロミス側から「そろそろ増額してみませんか?」とお誘いが来る事があります。(こちらもご参考に→プロミスの増額案内は誰でも来るの?

お誘いが来てもこちらから申請して、尚且つ最低限の審査は発生するものの、相手からお誘いが来ればかなりの確率で成功します。

すぐに増額したいという目的が無いなら、敢えてこうしたお知らせをどっしり構えて待つという手もあります。

もちろん普段から使っていて、今回ご紹介したポイントを鑑みた結果、自信があるなら自分から申し込むのも良いです。

プロミスでの増額にはメリットが多いので、出来るだけ増額には前向きに、そして計画的に進めてみて下さいね。

【参考ページはこちら】
プロミスで増額するコツ大公開!

新着記事
TOPICS