> > プロミスの審査に落ちてもレイクだったら借りれるって本当?

プロミスの審査に落ちてもレイクだったら借りれるって本当?

プロミスで借りようと思っていても審査に落ちてしまうと借りることはできませんよね。

審査に落ちてしまったらどうしたら良いのでしょうか?

審査に落ちたからと言ってお金を借りずに済むなら借りない方が良いのですが、借りずに済む話しではないですよね。

そこで次の借入れ先を検討する必要が出てきます。

アコム、モビット、レイクなどいろいろな金融機関がありますがプロミスの次に申し込むならどこが良いのでしょうか。(こちらもご参考に→プロミスと他社カードローンの比較

ここではプロミスとレイクを比較しながらプロミスでは審査に落ちたけど、レイクなら借りれる事例をあげています。

プロミスとレイクでは何が違うのか、レイクで借りるポイントを紹介していきますね。

プロミスとレイクの審査基準の違いは?レイクで借りれる?

審査基準を見ていく時には、まずは利用条件を比較してみると見えてくることもありますよ。

金融機関 利用条件
プロミス 20歳以上69歳以下の安定した収入がある方
レイク 20歳以上70歳以下の安定した収入がある方

いかがですか?

70歳の人が申し込む時はプロミスの審査には落ちますが、レイクの審査には通る可能性がありますね。

もう一歩踏み込んでみましょう。

安定した収入と言えば正社員!アルバイトやパートは借りれない?

さてプロミスもレイクも「安定した収入がある方」と表示していますね。ここがポイントです。

安定した収入の判断が各社で違うのです。

金融機関名 安定した収入とは
プロミス 正社員・アルバイト・パート・派遣社員・契約社員
レイク 正社員・アルバイト・パート・条件によって派遣社員・契約社員・年金

利用条件の違い=審査基準の違いが表れてきましたね。

プロミスではアルバイトやパートでも本人に収入があれば主婦や学生でもOKとなっています。(こちらもご参考に→プロミスを利用できる職業とは

ただし、年金のみで申し込みするのはNGとなっています。

一方レイクでは派遣社員はお勤め先が一定であることが条件になっています。そのため短期派遣や単発の派遣ではNGとなりますよ。

けれど年金のみの収入でも申し込みOKとなっていますので年金で申し込もうと思ったらレイクの審査には通る可能性がありますよ。

借入れ希望額に注目!プロミスは総量規制適用

総量規制は知っていますか?

年収の1/3を超える借入れは出来ないとする決まりですね。これは貸金業法が適用となっているプロミスは対象になります。

そのため年収300万円の人が150万円の借入れを希望していると審査に通ることはありません。

しかし、レイクは銀行カードローンとなります。銀行カードローンは銀行法が適用となっているので貸金業法は適用外です。

そうすると融資額は自社の判断となります。

金融機関名 融資限度額
プロミス 総量規制により年収の1/3まで
レイク 自社の判断(信用関係・返済能力)

年収300万円の人が150万円の借入れを希望する時には銀行カードローンのレイクに申し込むと審査に通る可能性はあります。

けれど年収の半分の借入れ希望となると金融機関との信用関係や申し込む人の返済能力が求められますよ。

専業主婦こそお金が必要!専業主婦でも借りれるところは?

利用条件のところでプロミスもレイクも安定した収入がある人をあげていましたね。

それでは専業主婦はどうなるのでしょうか?専業主婦は家計を任されていることが多いですよね。

そのため急な出費があるとお金を借りたいと思う人も多いです。

けれど専業主婦は本人に安定した収入はありませんよね。

金融機関名 専業主婦への対応
プロミス 配偶者貸付なし
レイク 借入れの可能性あり

プロミスでは総量規制があるため本人の年収の1/3を超える貸し付けはできません。

ただし、総量規制には例外があり専業主婦は配偶者貸付を利用すると消費者金融でも借入れができるようになっています。

けれどプロミスでは配偶者貸付の制度を利用した商品がないため専業主婦の申し込みでは審査に通る事はありません。

一方レイクは総量規制の対象外なので配偶者の収入に応じて借入れできる可能性があります。

そのため専業主婦でプロミスの審査に落ちてもレイクだったら借りれる可能性がありますよ。

プロミスで審査に落ちてもレイクで借りれるポイントは?

ここまで見てきたとおり、プロミスの審査に落ちてもレイクなら借りれる可能性があるのです。

しかしレイクにも審査があるので審査に通るポイントが必要になりますよ。 具体的には以下の3点ですね。

  • 申込みブラックにならない
  • 借入診断チェック
  • 金融ブラックではない

申し込み先は2社まで!申込みブラックにならない方法

審査に落ちると次々申込んでしまいがちですが、これが申込みブラックになる原因となります。

借入れ先を2社程度に絞って申し込みましょう。

既にプロミスに申し込みをした後であればレイクだけに申し込みをしましょう。

一度に複数社申し込みをすると審査に通らない原因となります。

次に申し込みをする時には3ヶ月の期間を空けると信用情報機関の記録がなくなり、再び1社目の申し込みとなりますよ。

  • 一度に複数社の申し込みは避ける
  • 複数社申込んだ後は3ヶ月期間を空ける

借入診断チェックで借りれるかどうかを事前に把握!

プロミスにもレイクにも借入診断があります。

診断項目\金融機関名 プロミス レイク
生年月日
年収
他社からの借入れ件数
現在他社からの借入れ金額

3~4項目に答えるだけで借入可能かどうかを診断してもらえます。

診断結果は入力した画面にすぐ出るので借りれるか不安な時には助かりますよ。

新たな借り入れは難しい?金融ブラックにならない方法

遅延などのブラック情報があると新たな借り入れは難しくなります。

「うっかり支払日を忘れてしまった!」「返済額を勘違いしていて返済額が不足してしまった!」

こんなうっかりには日ごろから気をつけておきましょう。

  • ブラック情報は新たな借り入れが難しくなる
  • ブラック情報には債務整理・自己破産・返済の遅延が該当

金融ブラックと聞くと、債務整理や自己破産などを想像する人が多いですが遅延も立派なブラック情報です。

「クレジットカードの口座引落としができていなかった」「携帯電話の引落しができていなかった」これらも審査に影響してきます。

新たな借り入れを考える時には、これらに該当していないかチェックしておきましょう。

【参考ページはこちら】
プロミスとレイクの審査、どっちがお得?

新着記事
TOPICS