> > プロミスのお借入れ診断は収入がどのくらいでOKになる?

プロミスのお借入れ診断は収入がどのくらいでOKになる?

融資というのは、借りたお金を返す事で契約が成立しますので、当然返済能力に直結する収入というのは大事です。

ただし、その収入がどれくらいあれば融資を受けられるかというのについては、消費者金融は明示しているとは言えないでしょう。

プロミスではお借入れ診断のようなサービスを提供している事もあり、こうした収入のハードルについても明確なのかが期待されます。

この診断の正確さ、そしてプロミスでは収入がどれくらいでOKとされているのか、融資と収入の関係をはっきりさせていきましょう。

総量規制が限度額の決め手?プロミスと収入の関連性

まず最初に言っておきたいのが、プロミスは収入によって借入限界額が設定されているという点です。

後述するのですが、プロミスの借入限度額というのは、収入だけで判定されているわけではありません。

しかし、総量規制が発生する以上、収入がプロミスの借入額にダイレクトに影響するのは、揺るぎない事実なのです。

総量規制とは、貸金業者(消費者金融や信販会社等)からの借入を年収の三分の一までに制限する決まりです。複数の貸金業者の合計で算出されています。

かいつまんで言えば、その人の年収が300万あれば、プロミスからは100万までなら融資を受けられる可能性があるという事です。

総量規制は絶対に三分の一までなら貸すという決まりではありませんが、総量規制を超えてカードローンの枠を設定する事はありません。

プロミスは消費者金融、つまりは総量規制が摘要される貸金業者であります。

貸金業者としてこの国で融資を行っている以上、これは絶対に守らないといけないルールなのです。

この制限を疎ましく感じている人が多い一方で、この制限により一つ明確になる事もあります。

総量規制で自力診断!プロミスの診断前に出来る事

総量規制というのは大前提として、金融業者の為では無く、私たち消費者を守る為の法律です。

かつてこの総量規制が無かった頃、総量規制が無いという事は収入が無い人でも貸せたという事で、多くの消費者金融が収入の無い主婦などに高利貸しをしていました。

その結果として破産者が続出してしまい、その人たちがこれ以上融資で失敗しない為に作られたのですね。

それだけは確かですし、何よりも収入の三分の一までという制限が必ずある以上、これを利用する事ができます。

融資審査は受けてみるまで結果が分からないのですが、総量規制があれば、自分の年収を元にそもそも借入出来るかどうかが自力で判断出来ます。

融資審査の基準は本来公にはされないのですが、この総量規制は法律なので、全ての国民が認識する事が可能です。

総量規制がある事で、プロミスの診断を使わなくても以下のような判断ができます。

  • 収入が600万でまだ融資を受けていない→200万まで融資が受けられる
  • 年収300万ですでに60万借りている→40万まで融資が受けられる

総量規制が関係ないぎんこうかーどろならこうした判断はなかなかできませんが、プロミスなら総量規制で目安が付けられます。

絶対にそのような結果が出る訳ではないのは説明した通りですが、こうした事が分かるのもメリットとして挙げる事ができますね。

プロミスの便利なお借入れ診断のメリットを紹介!

総量規制に当てはめる事で、プロミスは事前に借入額を絞り込む事ができます。

ただし、これはあくまでも金融の素人である私たちが、法律という絶対条件を元に算出しただけの数値です。

餅は餅屋ではありませんが、融資の事はやっぱりプロであるプロミスの方が、より正確な診断をしてくれると言えます。

実際に、プロミスにはお借入れ診断と呼ばれる、お試し申し込み&審査が用意されており、誰でも使う事ができます。

お借入れ診断というのは、言ってしまえば事前に必要事項を記入する事で、審査に落ちるかどうかを簡単に調べられるツールです。

プロミスのお借入れ診断の特徴は、とにかく早い事です。必要事項に入力すれば、瞬時と言って差し支えないほどの早さで診断結果がでます。

そしてその他の業者の診断に共通する利点としては、結果がどうであってもノーリスクであるという点でしょう。

普通の融資審査の場合、審査落ちした場合は記録が残ってしまい、他の借入先に申し込む時に悪影響があります。お借入れ診断の場合、記録が残らないのでペナルティにはなりません。

審査落ちしたという事実が一件程度なら、そこまで大きなペナルティは無いと言えるでしょう。

しかし、何件もお試しせずに審査落ちしているようなら、確実に審査落ちの回数だけ新たな審査で不利になります。

それが無い上に無料で誰でも使えるのですから、本当にお試し感覚でも使っていけるわけです。

実践してみよう!プロミスの借入診断の記入事項

プロミスのお借入れ診断は早くて簡単と説明した通り、記入すべき事項もシンプルにまとまっています。

  • 生年月日
  • 年収
  • 借入額

わずかこの三つを記入するだけで、プロミスの審査基準に従って借入可能かどうかを判定してくれます。

プロミスの融資審査基準とは言ったものの、このお借入れ診断においては非常に簡易的な審査になっています。

「お試しとはいえ出来るだけ本格的な診断が良いのだけど…」という意見もありますが、そうなるともう普通の審査になります。

通常の審査なら診断ほど早く無いし、それで落ちてしまえば元も子もないですよね?

お借入れ診断の審査基準が簡易的になっているというのは、試す為にちょうど良いからプロミスが上手く調整しているのです。

尚、融資が難しい場合、すぐに無理だと突っぱねるわけでは無く、簡易的な基準では難しいとだけ指摘されます。

この事実が何を意味するかは後半でしっかりと説明いたしますが、難しい=融資は絶対に無理と諦めないのも意外と後々大事になってきます。

お借入れ診断の精度ってどう?どこまでアテにできるかを考える

プロミスのお借入れ診断が基本的にお試しであるというのは、ここまでで何度も説明しているのでご理解いただけていると思います。

そうなるとその精度についてですが、プロミスの診断といえど、その精度に関しては『それなり』レベルであると言わざるを得ません。

まず最初に言っておきたいのは、プロミスの診断がそれなりというわけではなく、お試し審査の全てが大差ないという事実です。

その上で何故精度がそうなってしまっているのか、その理由をまとめていきます。

  • 匿名で誰でも試せるから
  • 記入項目が少ないから
  • とにかく早く結果をお知らせする為

お借入れ診断の多くは、匿名にて行えますので、言ってしまえば架空の人物を想定しての診断テストが可能です。

悪用できるようなツールではありませんが、匿名で使える以上、プロミスにとってはさほど利益がありませんから仕方ありませんね。

また、記入項目が実際の融資審査に比べて少ない分、実際の審査と差異が生じるのは当然の事です。

従って、診断でOKが出たからと絶対に借りられると確信はできませんから、後押ししてもらえたという程度の認識が望ましいです。

そして、早く結果を知らせる為には、自動応答並みの反応速度が必要です。

実際にお借入れ診断はツールであり、入力した情報の照合結果をお知らせしているだけなので、とても早く精度もそれなりなのです。

全くアテにならないわけでは無いから無駄にならない借入診断

「プロミスの借入診断って聞いたから期待したのに微妙…別に受ける必要は無くない?」そう考える人も一定数存在しているでしょう。

ですが、このお借入れ診断に存在しているメリットを忘れてしまい、一切利用しないのは勿体ないという物です。

  • 時間がかからないから急ぎの場合でもマイナスは無い
  • 無料なので融資の可否に関わらず試せる
  • 他の人の条件も代わりに試せる

融資を受ける場合は即日融資を希望するほど切羽詰まっている事が多いですが、プロミスのお借入れ診断は入力から結果まで1分も要りません。

また、無料であるという事は、今現在融資を受けるかどうかはさておいても試せるくらいのハードルを低さを実現してはいませんか?

それに、このツールを試せるのは本人だけではありません。パート主婦の方が試してみてイマイチな結果なら、旦那さんの条件でチェックする事もできます。

そして旦那さんでOKならその事を相談して、旦那さんに申し込んでもらう…そんな柔軟な使い方が出来たりします。

そして何より、総量規制などの問題があれば先に説明した通り借入は難しいと教えてくれますので、うっかり計算ミスをしていたりしても安心です。

言うなれば、お借入れ診断は申し込み前の最後のチェックですから、その役目を果たすには十分と言えるでしょう。

駄目と言われたらどうするの?借入診断後の身の処し方

プロミスのお借入れ診断は簡易的な分、多くの人が良い返事をもらえますから、前向きになるという意味でも役に立ちます。

ただし、仮にこのお試しの段階でも拒否されてしまうようであれば、本審査に通る事は可能なのでしょうか?

残念ながら、お借入れ診断の時点で難しいと言われてしまうと、基本的にプロミスから借入れるのは望みが薄くなります。

プロミスのお借入れ診断の項目の重要性に優先度合いを付けるとしたら、以下のようになります。

☆お借入れ診断の優先度

借入額≧年収>生年月日

このこの度合いで考えた場合、お借入れ診断で難しいとされる人には『すでに複数からの借入があって通りにくい』と判断された人です。

今現在他の金融業者から一切借りていないという人は、返済能力が額面通り存在する、所謂優良顧客候補となります。

プロミスは長く使っているとそのうち相手から条件を良くしてくれる事もありますので、プロミス一本で借りてほしいと願っているのです。

それなのに借入額がすでにたくさんある場合、総量規制の決まり事もあって診断でもシビアに見られてしまうのは、仕方の無い事です。

まだ希望あり?お借入れ診断で見られない部分で審査に通る可能性

プロミスのお借入れ診断では、審査が厳しい場合でも即座に『融資は不可能です』とは言いません。何故でしょうか?

それは、お借入れ診断がわずか三つの要素のみで構成されているという点に、答えが存在しています。

プロミスの本審査では、お借入れ診断でチェックする三つの要素以外にもチェックし、それらの条件が良いなら借入出来る事があります。

年収や借入額以外で大事な事なんて…と諦めてしまうかもしれませんが、結構たくさんあったりします。

  • 職業
  • 勤続年数
  • 今までの返済実績

この他にも無数に基準がありますが、特に重要となると以上の点です。

特に、職業に関してはかなりの意味合いを持ち、収入よりも職業の方が最終的に重んじられるケースが多いです。

例え収入が瞬間的に多い仕事であっても、並程度の安定した収入を継続してもらえる公務員の方が評価は確実に高くなるのです。

その他にも勤続年数が長いほど、そして過去に利用した融資の返済において問題なく返したかなどもしっかりと本審査では見られています。

プロミスが『入力した情報だけでは判断出来ない』と表示しているのは、他の要素も見てみない事には断定はできないと言っているのですね。

収入は大事でも絶対じゃない?お借入れ診断が教えてくれた事

プロミスのお借入れ診断というのは、簡易的でその結果が絶対でない代わりに、非常に大事な事を教えてくれます。

それは融資審査にて最も大事だと思っていた収入が絶対ではない、という事実です。

融資審査を受けた事が無い、そして詳細を調べた事が無い人で「収入が多いからどんな借入先でも楽勝で貸してもらえる」と慢心する人が後を絶ちません。

そしてそういう人が診断もせずに申し込んだ結果、審査に落ちてしまった…そういった報告もネット上ではいくつも見る事ができます。

お試し診断の結果が絶対でないというのは、収入だけが絶対ではない事と全く同じくらいの重みがある事実と言っても良いでしょう。

時折プロミスの借入診断結果を信用して、駄目そうならあっさりと諦める人も多いです。

でも、プロミスとしては即刻駄目と答えていないように、そういった時は普通に申し込んでみたり、相談をしてほしいと思っています。

電話での問い合わせなら快く聞いてもらえますし、女性なら女性専用のダイヤルも完備しています。

便利な借入診断ではありますが、あまり結果を思い詰めずに、収入がこうだからこう!と決めつけないのも必要となります。

収入と借入額が見合わないなら試してみたい解決策とは?

すでに借入が多い方は借りにくいとお伝えしたばかりですが、実はこの状態でも審査結果がまだ分からないように、ここから解決する方法があります。

  • おまとめローンを使う
  • 銀行の融資を受ける

特に、おまとめローンに関してはプロミスも完備している非常に便利でおすすめの方法です。

おまとめローンというのは、すでに借入が多数あって返済が大変な場合、プロミスがその借入総額を代わりに返済、そして自分はプロミスに返済をしていく…という形です。

複数の金融業者から借りていると金利が高く付く上に返済日の管理も大変ですが、プロミスにまとめるとその問題を一挙解決する事もできます。

さらに、おまとめローンは銀行の融資と同様に、総量規制の適用を受けませんから、どれだけ借りていても相談は出来ます。

これと同じように銀行の低金利カードローンを借りてまとめて…というのも解決策にはなりますが、カードローンはおまとめ特化ではありません。

そもそも銀行の審査は厳しく、消費者金融から多数借りているという状態では通りにくいのは自明の理です。

融資をまとめるというのなら、やはり専用のローンが一番です。借入診断で悪い返事が返ってきたら、そのままおまとめの相談も視野に入れて下さいね。

【参考ページはこちら】
プロミス以外の大手消費者金融もチェック!

新着記事
TOPICS