> > 前回プロミスで審査不可!再度新しく申込し借りるための注意点

前回プロミスで審査不可!再度新しく申込し借りるための注意点

以前、プロミスに申し込んだけれど、審査に通ることが叶わなかった、と落ち込んでいる、そこのあなた。

プロミスは消費者金融の中でも最大手と言われている会社。人気の高さに比例するように、利用者の評判も上々なのです。

プロミス以外の他社での借入を検討しているかも知れませんが、できるならば、やはり、プロミスで借入をしたいと思いませんか?

気分をあらたにして、もう一度プロミスに申し込んでみてはいかがでしょう?

今度はプロミスの審査に必ず通り、希望額を借入するにはどうしたらよいか、一緒に考えてみましょう!

プロミスの審査に通る人、通らない人の違いとは?

まず、プロミスに借入を申し込んで、審査に通る人と、残念ながら通らなかった…、という人の違いを、その傾向から探ってみます。

年収500万の人が同時期、ほぼ同金額を借りようとして、「借りられる」「借りられない」とくっきり明暗が分かれてしまう…。

そんなことって実際にあるの?と思わず聞き直してしまいそうですが、…実際にあるんですよ!

年収500万でプロミスの審査に通過し希望額を借りた人の特徴

まず、プロミスに融資を申込み、無事、審査に通過し、希望額を借りられたという人のケースを以下三点に着目して考えてみましょう。

  • 収入形態
  • 融資希望金額
  • 他社からの借入状況

年収500万でプロミスの審査に通ったという人について調査したところ、多くの人が、このような状況にあることが分かりました。

  • 月々決まった額の収入がある
  • 借入希望金額は50万円(年収の十分の一)
  • 他社から借入があったがすでに完済済み

年収500万でプロミスの審査に通らなかったという人の特徴

では次に、残念ながら、プロミスの審査に通らなかった、という人のケースを見ていきましょう。

年収500万でもプロミスの審査に通らなかった人はこのような状況にあることが多いようです。(こちらもご参考に→年収180万の場合、プロミスでいくら借りられる?

  • 年収はトータル500万あるが、収入は月々バラつきがある
  • 希望金額は130?160万円(年収の三分の一以内)
  • 他社からの借入が現在もある

このうち、どれかひとつでも当てはまると、プロミスの審査に通ることは難しい、とされています。

いかがですか。プロミスの審査に通らなかったあなた、うっかりこれらのケースに当てはまってしまいませんでしたか?

プロミスの借り入れにとって不利となってしまう条件の解決法

先に挙げた条件のどれかひとつが当てはまってしまえば、プロミスでの融資の夢は遠のいていってしまいます…。

プロミスでの融資を強く希望するなら、借入に不利となってしまうような条件をすべて解消し、次回の申し込みに備えていきましょう。

収入が不安定なフリーランスなどの職種のときは?

フリーランスなどの職種で、月々決まった金額をもらってはいないのだけれど、収入が多いときはそれなりに多い、というような場合。

昨年度の収入を合計したら、500万円ほどあった。だから、自分の年収は500万。

そう、言い切ってしまうのには、じつは多少の無理が生じるのです。
お金を貸す側に立って考えてみれば、分かりますよね?

昨年度の年収は500万と書いてあるが、収入明細を見ると、収入のほとんどないような月もある…。

その月にはもしかしたら返済は滞ってしまうのではないか…。そう思われてしまっても仕方ないということなのです。

プロミスはフリーランスでも、もちろん利用可能!

しかし、「そのように収入の不安定なフリーランス稼業には絶対に貸さないぞ」というような狭量なプロミスでは決してありません。

プロミスで融資を受けたい、審査に絶対に通りたい!そのように強い思いを抱いているフリーランスの方は…。

フリーランスの方の借入時、重要となる収入証明書類

とにかく、日頃から自身の収入に関する書類をキッチリ揃えておくことをオススメします!

プロミスの担当者に収入の件で尋ねられたとき、きちんと答えられるようにしておきましょう。

できれば、たとえ少額でも月々収入を得られるようなクライアントを持つように努力しれおくのも、よい手かもしれませんね!

プロミスの申込時には、借入希望金額が重要となる!

次に、借入金額の設定について考えていきたいと思います。

プロミスの申込時には、この 借入金額の設定というのが非常に重要となってきます。

借入金額は、通常、貸金業者が定めた限度額の範囲内で、自身の年収の三分の一までの金額までは借りられることになっています。

この年収の三分の一の金額までしか、借入ができないというルールは、〝総量規制〟という法律に基づいています。

貸金業者が対象となる、〝総量規制〟って一体なに?

総量規制とは、貸金業者に融資を申し込んだとき、年収の三分の一までしか、借入できないという法律です。

年収の三分の一以上の借入は、返済困難になる場合が多いことから、債務者を守る目的で制定されました。

この 総量規制が適用されるのは貸金業者だけで、銀行には適用されません。

ですから、銀行では、年収の三分の一以上の金額の借入が可能なケースもあります。

また、専業主婦など、自身が無収入の場合でも、条件によっては、銀行からの借入が可能です。

銀行系列のプロミスも総量規制の対象になるってホント!?

プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスが経営母体。つまり、大手都市銀行・三井住友銀行グループ系列の貸金業者になります。

しかし、大手都市銀行が経営母体だから、銀行のカードローンなのか、と思うのは早とちり。

プロミスはれっきとした消費者金融のカテゴリー。ですから、銀行には適用されない、総量規制の対象となります。

総量規制の範囲内のお金が借りられない!その理由とは?

総量規制の範囲を超える金額の借入を希望すれば、審査に通ることができない、ということが理解できました。

しかし、先ほど、審査に通らなかったとされるケースでは、年収500万の中で160万の借入希望をしていました。

つまり、借入希望額は年収の三分の一以下、に押さえられていたはず…。にも関わらず、どうして審査に通らなかったのでしょう?

それには、こんな理由があるのです…。

借入実績のない人が高額融資を受けることは至難のワザ!

初めての借入時に、限度額いっぱい、あるいは、総量規制の範囲内となる年収の三分の一ギリギリまで借りることはまず、できません。

それはまだ、あなたに〝借入実績〟がないからです。

借入実績とは、融資の申し込みをして借りたお金を返済期日までにきちんと返したかどうか、というようなこと。

借りたお金を返してくれるかどうか、まだ未知数の相手に、高額融資することがどれほど危険かは、すぐに推測できると思います。

つまり、プロミスでまだ借入実績がない状態では、高額融資を希望しない方が審査に通りやすくなる、と言えます。

他社からの借入があると、途端に審査は不可に…!

今現在、あなたにプロミス以外の他の貸金業者からの借入があったとします。

その借入金と、今回のプロミスの融資希望額を合わせても、総量規制の範囲をまったく超えてはいない。

たとえ、そのような状況でも、他社からの借入がある以上、プロミスの審査を通ることは難しくなると言えます。

他社からの借入は完済しておくのがプロミス借入時の鉄則!

他社からの借入はできるだけ早めに完済してしまいましょう。

その上で、改めてプロミスを申し込めば、審査通過の可能性は高まります。

過去の返済の遅延はプロミス借入時の障害に…

また、「すでに他社からの借入は返済しているけれど、かつて返済遅延してしまったことがある」。

あるいは、「クレジットカードの利用で、銀行からの引き落としができなかったことがある」。

そのような場合は要注意。それらはカード事故として、あなたの個人信用情報に不名誉な情報を残すことになります。

あなたが、プロミスに融資を申し込んだ際、あなたの過去のカード利用歴、借金歴がプロミスで調査されます。

その上で、過去に返済の遅延があったとされる人には、また同じ状況に陥るかもしれない、と融資不可の判断を下すのです。

事故情報が消滅するまでに最低でも三年はかかる

あなたの個人信用情報から、そのような
カード事故情報が消されるのは、短くとも三年、長いときでは十年
かかるとも言われています。

プロミスの審査に、今後スムーズに通りたい、と思うなら、返済の遅延などは絶対にしないこと。これが鉄則です。

次回、プロミスの審査にスムーズに通るために

前回、プロミスに申し込みをしたけれど、残念ながら審査不可の結果となってしまった方。

あらたにプロミスに申込みをし、借りるための注意点、よく理解していただけたでしょうか。

もう一度、最後に三つのポイントを確認しておきたいと思います。

プロミスで確実に借り入れするための三つのポイント

  • 定収入を得るよう努力する、または収入に関する書類を準備
  • 年収の三分の一ギリギリではなく余裕のある借入希望額を設定
  • 他社での借入は完済しておく、返済の遅延はしない

以上です。次回はプロミスの審査にスムーズに通ることができたらよいですね!

【参考ページはこちら】
プロミスの審査基準はここでチェック

新着記事
TOPICS