> > プロミスの審査で使われる書類は源泉徴収・保険証で扱いが違う?

プロミスの審査で使われる書類は源泉徴収・保険証で扱いが違う?

プロミスのカードローン審査でも、一般的な借入と同じで必要書類が存在します。ですが、サラリーマン金融の場合は、最低限の書類で済むようになっているので安心です。

通常のカードローン審査では、各種書類が必要となってくるので注意しなければなりません。しかし、大手の銀行やサラリーマン金融では、基本的に所得証明などは求められることが少ないのです。

お金の借入の際には、できるだけ手軽に契約を済ませたい人も多いでしょう。今回は、そんな人にとって役立つ書類関連の情報をまとめてあります。

借入希望額によって必要・不要に分かれる

まず、「所得証明書類は絶対に必要?」という疑問にお答えします。

所得証明とは、本当に高額の借入を許可する場合に、返済において問題がないかを確認するための書類です。つまり、高額の借入を希望されないのであれば、サラリーマン金融では必要でないことが多いのです。

プロミスといった大手サラリーマン金融では、「50万円以上から必要」と定められています。

それに対して、サラリーマン金融以外の金融業者では、「初回の審査で必要」というケースが多いので注意してください。

また、このような情報はどこで確認するのか?というと、「審査時の必要書類の案内」で確認できます。

もし、所得証明書類も必要な場合は、以下のような書類の内どれか1枚の提出が必要・・・と案内されているでしょう。

  • 直近2ヶ月分の給与明細(※)
  • 給料振込口座
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書
  • 課税証明書

※ 賞与が発生している場合、賞与の明細も必要となります

これらの書類を用意できれば、基本的にカードローン審査で問題は発生しません。

近年では、「源泉徴収、保険証」ではなく、「直近2ヶ月分の給与明細」を提出されている方が増えています。提出しやすく、また必要な情報が多く記載されているので信用が高いため、よく用いられています。

このような書類の対応についてですが、「職業や性別」はあまり関係ありません。提出書類によっては、融資の優遇が違ってくることもないのです。

インターネットを使っていると、その点が曖昧になっている情報も見つかります。ですが、所得の信用のために提出しているだけなので、それ以上の効果がある・・・わけではありません。

初回の借入はプロミスでも制限されやすい

次に、借入に関する情報を案内していきます。

プロミスの場合、他のサラリーマン金融と同じで、初回借入はそれほど大きくないので安心して良いでしょう。

大きな借入が許可されるということは、提出する書類が増えるということなので嬉しいものでもありません。

その点、サラリーマン金融は気をつかってくれるので安心しても問題ありません。平均的な初回借入では、プロミスだと「20万円以下」ということが多いです。

近年では、50万円以上、100万円以上をポンと貸してくれるサラリーマン金融は減っています。これは、大手サラリーマン金融であっても同じです。

なので、「本人が希望しない限り」極端に高額な借入で審査されることもないのです。

信用を高めた場合でも所得証明は必要

気になる信用についてですが、サラリーマン金融では信用を重んじているので、所得証明にも影響があるのでは?と思われることが多いです。

ですが、あまり信用と所得証明書類は関係がありません。なぜ信用を重んじているのかというと、それは人によっては返済でトラブルを起こす人がいるからです。

昔であれば、「年収をベース」にして借入が許可されていました。ですが、現代では正しい対応と返済のスムーズさ・・・くらいしかチェックされない時代になっています。

そのため、「大きな借入を希望される人」より「小さな借入を希望される人」のほうが、カードローン審査では通りやすいのです。

また、長い間で利用されていた場合でも、対応は特に変化しないので、「最終的に所得証明書類は必要」となります。

インターネットで出されている広告を見ていると、「所得証明が不要」という広告を見ることがあります。ですが、こちらは最初から定められた金額までで借りた場合の話です。

そのため、通常のカードローンの場合は、本人の希望額で借入の設定ができるため、一定額以上の借入では書類が必要となります。

所得証明書類として扱われる書類は多い

前述しましたが、所得証明書類は数種類存在するので、基本的に必要となる書類を用意するのは大変ということはないです。

例えば、源泉徴収票ですが会社のほうに連絡をするだけで、後は手渡しか郵送にて入手できるようになっています。人によっては、年末調整で発生した源泉徴収票を保管している人もいるでしょう。

ただ、「古い書類」に関しては効果を失うので注意してください。

例えば、給与明細が該当します。給与明細の場合、過去に勤めていた会社の給与明細は使用できませんし、半年以上前の給与明細も効果は弱いです。

書類の効果が弱い・・・というのは、例えば業者によっては許可されないケースが該当します。業者のほうでマニュアルが存在するため、古い書類でも許可されるケースが存在するのです。

プロミスなどのサラリーマン金融でも、必要書類については「相談に応じることも可能」と案内されています。人によっては提出できる書類が違うため、そのような対応も行っているのです。

銀行とサラリーマン金融では所得証明の扱いが違う

銀行とサラリーマン金融で比較してみるとわかりますが、銀行のほうが所得証明は甘い設定になっています。

サラリーマン金融は50万円以内、銀行は200万円以内で設定されている場合が多いので、所得証明にこだわる場合は銀行のほうが都合が良かったりします。

ただ200万円という大金は、簡単に借りられない金額だと思っておいたほうが良いでしょう。というのも、銀行側のカードローンもサラリーマン金融と同じで厳しくなってきているからです。

実際にサラリーマン金融の借入は、平均では50万円未満が特に多い状態となっています。銀行は100万円未満で多いという状況なので、所得証明を意識している人そのものが少ないのです。

では、どうして200万円以上からで所得証明書類が必要なのか?というと、それは「おまとめローン」の利用者が増えてきているからです。

人によっては、数件のローンを銀行カードローンでまとめてしまう人は多くいます。その際に、数件のローンをまとめてみると、200万円超という人が多いため、所得証明書類の提出が必要なのです。

しかし、銀行にしてみると今までに取引のなかった相手も紛れ込みます。そのため、所得証明書類により「正確な収入」を確認する必要があるのです。

所得証明書類は、その他の理由でも必要とされています。

例えば、借入額に関係ないケースでは、以下のような条件を満たす場合に必要となるケースが存在します。

  • 銀行そのものでローンを組んだことがない
  • 今までに返済で何度も遅延されている記録が存在する
  • 転職、引越しが多いため信用がいまひとつ高くない

銀行は所得証明が各銀行ごとで違う

銀行について補足を入れておきますが、プロミスなどのサラリーマン金融とは違い、所得証明の条件は各銀行で違っているという特徴があります。

例えば、200万円以上で必要というケースもあれば、300万円以上で必要というケースもあるのです。

また、所得証明の金額に関してはあまり大きな意味がないので、300万円以上で必要となるケースは有利になるばかりでもありません。

というのも、「借入・返済によっては急遽で提出を求められる」ケースもあるからです。

具体的なケースでは、以下に該当するケースにおいて提出が求められます。

  • 現在契約中の方が増額審査の申請を行った場合
  • 同銀行で複数のローンを組もうとする場合
  • 他の銀行からローンを借換する場合

このような場合、「再度で源泉徴収、保険証なども必要」となりやすいです。

基本的にローンというのは、種類別で申込んだほうがあまり面倒はない・・・場合が多いです。なので、特に理由がないのであれば、ローンは種類別で期間を空けて申込むようにしてください。

また、「変則的なケース」においても所得証明書類が必要となりやすいです。

以下のようなケースで借入を希望されている場合は、特殊なケースで判断される場合が多いと思っておいたほうが良いでしょう。

  • 高年齢に達してからローン申請を行う場合
  • 親から子へとローンが移譲される場合
  • 複合的なローンを組む場合

「複合的なローン」についてですが、現代では投資に関するローンが該当します。

投資に関するローンとは、例えば株式投資などを始める際にローンを組む場合が該当します。

株式投資といった商品の場合、銘柄によってローンを組むケースが多いです。そのため、変則的なケースとして判断されることが多い、と思っておいたほうが良いでしょう。

その他の複合的なローンについてですが、「有担保型ローン」でローンを組む場合が該当します。ただ、審査そのものが厳しいため、近年では利用者そのものが減ってきている状態でもあります。

このような商品・対応についてですが、プロミスといったサラリーマン金融では対応していません。

というのも、プロミスでは「個人向け小口融資」として、カードローンの販売を行っているからです。複雑にローンが絡むのは、大手銀行で行うローンくらいです。

なので、一般の人はこのタイプのローンに関して悩む必要はありません。

所得証明には特殊なケースも存在する

前述しましたが、信用が低いと判断された場合にも、源泉徴収、保険証などの提出を求めれるケースが存在します。

簡単にまとめると、一般の人では以下のようなケースで求められることが多いです。

  • 転勤、引越しがあまりにも目立つ場合
  • 特殊な仕事先で働かれている場合
  • 収入が不安定な場合

転勤、引越しがあまりにも目立つ場合というのは、「派遣社員」として働かれている場合が該当します。

近年では、男女に関係なく派遣社員として勤務されている方は増えています。ですが、転勤される際には「前職と同じ勤務先(地域)」でない場合が多いものです。
(⇒派遣社員がプロミスの審査に通る方法

そのため、派遣社員としてカードローン申込をした場合、あまり高い評価がつかないことが多いです。

次に特殊な仕事先についてですが、「夜間専門の職業」が該当します。人によっては介護職として働かれている人もいますので、勤務内容が不透明なことが多く、信用がいまひとつ低いのです。

夜間専門の職業に就いている場合、なるべくプロミスのようなサラリーマン金融でカードローン審査を受けると良いでしょう。

その理由ですが、収入が不安定な場合でも信用を得やすいからです。サラリーマン金融の場合、「安定して返済できる人物」であれば、あまり職業について細かいことは聞かれません。

逆に銀行カードローンなどの場合、このような職業は最初から審査対象外となっているケースが多いです。必然的にサラリーマン金融のほうが、特殊な職業の場合は相性が良い場合が多いです。

所得証明を介さずにプロミスでお金を借りる方法

所得証明にあまり気を回さずに、プロミスでお金を借りる方法ですが、無いように見えて意外と多く存在していたりします。

今回は、クレジットカードで間接的に契約する方法について案内します。

クレジットカードというと、「審査が厳しい」イメージがありますが、実は特にローン審査では通りやすい部類となっています。

プロミスの場合、「JCBブランド」と提携しているので、これからクレジットカードも持ちたい場合は、プロミスで審査を受けてみましょう。

また、どうしてわざわざクレジットカードを介して、カードローンを組むのか?というと、キャッシング枠が存在するからです。

つまり、カードローンとクレジットカードを1枚にまとめることも可能というわけです。ショッピング枠に関しては、クレジットカードに最初から設定がされています。

そのため、審査に通った時点で「現金の引き出し、分割払いによる支払い」の両方が利用できるようになるのです。

所得証明に関しても、クレジットカードでは特に制限のようなものが存在しません。存在する場合、初回の審査時に提出を求められるようになっています。

プロミスで契約できるクレジットカードには、そのような要素も省かれているので、面倒が嫌いという人とも相性が良いでしょう。

【参考ページはこちら】
プロミスでお金を借りたい方におすすめ記事

新着記事
TOPICS