> > 勤務先への連絡なしで利用可能!?プロミスの在確方法をチェック

勤務先への連絡なしで利用可能!?プロミスの在確方法をチェック

カードローンの利用は周囲に内緒にしておきたい!特に勤務先には絶対知られたくない!そう思っていませんか?

プロミスは審査時に在確があります。在確があるということは当然、勤務先へ連絡をするという事になります。

しかし!プロミスの在確は勤務先への連絡なしで行う方法があるのです。その方法とは何か、どうすれば良いのかについて紹介しましょう。

勤務先への連絡を避けたいならこの書類を提出!

プロミスの在確、基本になるのは勤務先への電話確認です。これは他社カードローンと変わりません。

しかし!プロミスなら勤務先への連絡なしで在確を行う事も可能なのです。

勤務先への連絡を避けたいのであれば、まずはプロミスに相談をする必要があります。

在確をする際に勤務先に連絡しないでほしいということを伝えて対応をお願いするようにしましょう。

ただし、勤務先への連絡をしないというだけで在確がなくなるわけではありません。

勤務先を証明する書類・証明書の提出によって在確が行われます。

  • 勤務先記載の健康保険証
  • 給与明細書
  • 社員証

これらいずれか、もしくは複数の書類を提出することで在確を行うのです。

どの書類を提出するかについては、相談時に指示があり個々人によって異なります。まずはプロミスに相談しましょう。

給与明細書は1か月分だけではなく、直近数か月分を求められることがありますから、指示された分だけ提出するようにしましょう。

また、相談をしても勤務先への連絡を避けられないケースもあります。

プロミスは勤務先が確認できる書類・証明書を提出すれば勤務先への連絡を避けられる
ただし、全ての人が勤務先への連絡しないことを認めてもらえるわけではない

あくまでも在確の基本は勤務先への電話による確認です。

そのことはしっかりと覚えておきましょう。

収入の判断材料になる!?在確が必要な理由とは

勤務先への連絡はプロミスの申し込み者にとって好ましいものではありません。大半の人がない方が良いと思っているでしょう。

しかし、在確はプロミスにとって重要な目的のために行われているものなのです。
(⇒在籍確認の電話が怖い!プロミスは会社名を名乗る?

在確が行われる最大の目的は収入の安定性を判断するためです。勤務先の規模、業界、勤続年数からある程度収入の目安が分かります。

その業界が安定していてこれからも収入が保証されるのか、不安定で今後収入減少になる可能性があるのかも知ることが出来るわけです。

ですから、勤務先を偽ってしまえば収入面の正確な判断が出来なくなってしまうのです。

在確は勤務先が正しいかどうか、収入が今後安定して得られるかどうかを確認するために行われているのです。

在確は怖くない!?社名を名乗る電話はしない

勤務先への連絡が避けられないという場合は電話がかかってきてしまいます。

ただ、在確が行われることによってプロミスの利用がバレてしまうという事はありません。

プロミスの在確は以下の手順で行われます。

  • 担当者個人名で電話(山田ですが田中さんいらっしゃいますか?)
  • 在社時は申し込みの簡単な確認、本人確認を行って終了
  • 不在時も、席を外している、休みである等で在籍していることが確認できれば終了
    再度かけ直すことは無い

プロミスからの電話ということを知られることもありませんし、かけてくるのは1回だけです。

勤務先へ連絡が来ることでプロミスの利用を知られてしまうことを危惧しているのであれば、その心配はないのです。

ただ、社名を名乗らずに電話をすることで不自然さが感じられてしまう場合もあります。

その場合は、クレジットカードの在確がある等あらかじめ勤務先に伝えておくと安心です。

最近は在確に対応してくれない勤務先も増えてきました。その場合は勤務先が記載された書類等提出による在確が行われます。

プロミスから指示が来ることがありますので、連絡があった際は速やかに対応するようにしましょう。

在確以外にもある!勤務先に連絡するケースをチェック

勤務先への連絡は在確時に行われるだけではありません。他にも連絡をするケースがあります。

  • 返済遅れが生じた場合
  • 自宅・携帯電話に連絡が取れなくなった場合

基本的には自宅や携帯電話など、個人宛ての電話番号に連絡をすることになります。

ただ、何度電話をしても繋がらない、何度依頼しても返済遅れが解消されないという場合は勤務先に電話をすることがあり得るのです。

返済に関することで連絡を取るということが多いですね。まずは問題なく返済することを心掛けておきましょう。

そして、プロミスから携帯電話等に連絡が来た際は出るようにし、出られなかったときはかけ直すようにするべきです。

勤務先へ連絡をするケースは個人宛てに連絡が取れなくなった場合も行われる
返済遅れに気をつける、連絡が来た際は応対するということを心がけよう

勤務先に連絡が来ないようにしたいのであれば、プロミスからの連絡をスルーしないことが大切です。

連絡先の変更連絡をしないと危険!利用停止もあるかも

プロミスの申し込み、契約時には様々な情報を入力・記載します。

  • 氏名
  • 住所・電話番号
  • 勤務先・勤続年数
  • 年収
  • 他社借入件数・金額
  • 家族構成

これらの情報は時間が経過すれば変更が生じることもあります。

結婚して氏名が変わる、引越しで住所・電話番号が変わる、転職で勤務先が変わる等、何かが変わる可能性はゼロではありません。

申し込み時の情報に変更が生じた場合、公共料金や金融機関への変更届は行いますよね。

しかし!プロミスへ変更連絡をすることを忘れてしまう人は少なくありません。

特に連絡は不要なんじゃ?と思っている人も多いかもしれませんね。それは間違いです。

プロミスに変更を伝えていないことが突然のカードローン利用停止に繋がってしまうこともあるのです。

住所や電話番号、勤務先の連絡先が変更になったことを知らなければ、利用者と連絡を取ることが出来ませんよね。

勤務先が変われば当然収入も変わっているはずです。

今の限度額利用が問題なく行える収入があるのか、そもそも現在働いていて収入があるのかも分からないとなれば、返済能力が不安視されるのも当然です。

連絡先の変更連絡をしていなければ

  • 返済遅れや契約内容変更時の連絡・確認が出来ない
  • 勤務先が分からないため現在の収入が分からない

確認しようにもプロミス側から連絡が取れない為、カードローンを利用停止にしてリスクに備えるという手段を取る事があるわけです。

問題なく利用していても、連絡が取れないということは貸し倒れなどのトラブルが起きてしまうリスクがあることに変わりはありません。

急にローンカードが使えなくなった!!そんなときはプロミスに電話をして確認しましょう。

連絡先の変更をしていないことが原因かもしれませんよ。

【参考ページはこちら】
プロミスは仕事をしなくても借りられる?

新着記事
TOPICS